【おすすめはどれ?】イヤーピース(イヤホンのゴム)を一挙紹介!サイズや内径、選び方も解説!– category –

イヤホンやイヤーピースなど、ポータブルオーディオ専門のブログを運営していますカジェットです。

イヤホンを使っていて耳に合わずポロっと落ちたり、耳が密閉されずに周りの音が聞こえすぎたり低音がスカスカになった経験はありませんか?その原因は、イヤーピースのサイズが耳にあっておらず、ぴったりフィットしていないからです。

こちらの記事では、おすすめのイヤーピースや、選び方や装着方法、種類などをご紹介していきます。

おすすめイヤーピースまで読み飛ばす

目次

イヤーピースとは

イヤーピースとは

イヤーピースとは、カナル型(耳栓型)イヤホンを購入した時についてくる、先っちょについているプニプニしたシリコン素材のパーツのことです。

イヤホンから出ている音を耳に伝える役目を果たしています。

イヤーピースを変える理由

イヤーピースを変える理由

イヤーピースの役割は、耳とイヤホンの音の出口部との間に隙間をなくし、密閉させることによる遮音性の向上と、イヤホン本来の音を耳にストレートに伝える役割があります。

音の通り道となるため、イヤーピースの素材が変わると音質も若干変化します。

自分好みの音にイヤホンをチューニングさせる役割もあり、この変化を楽しむために色々なイヤーピースを集める方もいます。

(ちなみに筆者は重度のイヤーピースマニアです)

イヤーピース一覧

イヤホンのフィット感をさらに上げ、装着感に対するストレスを軽減し、イヤホンで音楽や動画を快適に楽しむために最適なイヤーピースを選ぶ必要があります。

カジェット

イヤーピースでイヤホンが生まれ変わりますよ

イヤーピースの種類

イヤーピースの種類

イヤーピースには大きく分けて「シリコンタイプ」「フォームタイプ」の2種類の素材があります。それぞれの違いとメリットデメリットをお伝えします。

シリコンタイプ

シリコンタイプ

シリコンタイプは付属のパーツでついているような、ゴム状のぷにぷにしたもの。安価ながらも耐久性が高く、あらゆるイヤホンで広く一般的に使われています。

シリコンタイプのメリット・デメリット
  • 耐久性が高い
  • 水洗いができる
  • フォームタイプと比べると音がクリアに聴こえる
  • 適切なサイズを選ばないとフィットしない
  • フォームタイプと比べると密閉されにくい

シリコンタイプは高耐久性のため、1−2年以上使っても壊れないこともあります。また水洗いができるため衛生面でも安心です。

音の傾向としては種類にもよりますが、フォームタイプよりクリアに聴こえるものが多い印象です。

しかし、サイズ選びがシビアで、適切なサイズを選ばないと耳にぴったりフィットしないというデメリットがあります。

また、フォームタイプと比べると耳内が密閉されにくく、耳にフィットしていない場合は周りと音が聞こえやすかったり、低音がスカスカになることもあります。

イヤホンにもともと装着されているMサイズをそのまま使うのではなく、他のサイズも試してみて、耳にフィットするものを選びましょう。

フォームタイプ

フォームタイプ

フォームタイプとは、低反発まくらのように小さく押しつぶすと、ゆっくりじわ〜っと元の形状に戻っていく素材のイヤーピースです。付属ではついていないことが多く、別途購入する必要があります。

装着方法も特殊で、一度イヤーピースを押しつぶしてから耳に挿入し手で押さえ続け、耳の中で元の形状に戻ったら完了です。

フォームタイプのメリット・デメリット
  • 耳にぴったりフィットしやすい
  • 密閉されやすく遮音性が高い。・厚みのある音がでやすい
  • 耐久性が低い
  • 水洗いができない
  • 価格が高い・音がこもりやすい

フォームタイプのメリットとして、耳の中で低反発素材が元に戻ろうとするため、ある程度サイズを合わせれば、どんな耳の形状でもぴったりフィットしやすい傾向。

また、フィットすることによって密閉感があがり、周りの音が聞こえにくくなり音楽に集中することができます。

デメリットは耐久性が低いという点があります。毎日使っていると2-3ヶ月ほどで破れてきたり、反発性が悪くなったりとボロボロになってきます。

シリコンタイプと比べると、素材の特性上、高域が減衰して聴こえるため合わせるイヤホンによっては音がこもって聴こえることがあります。それを逆手にとって刺さりを押さえたり、低域に厚みをだすことができます。

イヤーピースの選び方

イヤーピースの選び方

ここからは、イヤーピースの選び方をご紹介します。どんなイヤーピースでも使えるわけではなく、イヤホンによっては装着できないものや充電ケースに収まらないものもありますので、購入前に確認しておきましょう。

イヤーピースの選び方
  • 付属のイヤーピースを全サイズ試してみる
  • イヤホンに装着できるか
  • 耳にフィットするかどうか
  • 充電ケースに干渉しないか

まず付属のイヤーピースを全サイズ試してみる

まず付属のイヤーピースを全サイズ試してみる

イヤホンを購入すると、付属品でイヤーピースがS,M,Lの3サイズが同梱していることが多いです。まずは付属のイヤーピースを全サイズ試してみて、ぴったりフィットするサイズがあるか確認してみましょう。

そこでフィットすれば、そのままそのサイズで運用しても問題はありません。フィットしない場合は音がスカスカになったり、耳から落ちる可能性が高いため、他社のイヤーピースを検討しましょう。

イヤホンに装着できるか

イヤホンに装着できるか

イヤーピースを選ぶ上で重要な点が、そもそもイヤホンに装着できるかどうか。

イヤホンによってイヤーピースを装着するノズルの口径が異なり、極端に細いノズルに対して普通の口径のイヤーピースを装着すると、イヤーピースが固定されずスカスカになってしまいます。

イヤーピースによっては、口径サイズを合わせるためのアタッチメントがついていることがありますが、基本的にはイヤホンに問題なく装着できるか事前に確認しましょう

耳にフィットするかどうか

耳にフィットするかどうか

イヤーピースの役割は、イヤホンを耳にフィットさせること。この役目を果たせない限りはイヤーピースを変える意味がないと言えます。

まずは付属のイヤーピースで試してみてフィットしない場合は、おおよその自分の耳のサイズを把握し、他社製でそのサイズに近いものか全サイズ入りイヤーピースを検討しましょう。

充電ケースに干渉しないか

充電ケースに干渉しないか

こちらはケーブルレスの完全ワイヤレスイヤホンを運用している方向けですが、イヤホン本体を充電ケースに収める際、イヤーピースの軸が長いタイプだと、充電ケースに干渉し蓋が閉まらず充電できなくなることがあります。

完全ワイヤレスイヤホン向けに制作された軸長の短いイヤーピースを選び、充電ケースへの干渉を防ぎましょう。

中には、完全ワイヤレスイヤホン向けのイヤーピースでも、イヤホン収納部に余裕がなく充電ケースに干渉してしまう商品もあります。全てのイヤホンに対して対応できるわけではありませんのでご注意ください。

イヤーピースの付け方、外し方

イヤーピースの着脱については難しくはありませんが、注意して行わないとイヤーピース装着部であるノズルが折れる原因となります。イヤーピースの付け方・外し方をそれぞれご紹介します。

外すときは根元から爪を立てて真っ直ぐに引き抜く

外すときは根元から爪を立てて真っ直ぐに引き抜く

まず、イヤーピースを外す時はノズルとイヤーピースの根元部分に爪を立たせ、そのまま真っ直ぐ引っ張るようにしましょう。

イヤーピースをもったままグネグネと捻ったり、無理やり引っ張ったりするとイヤーピースがちぎれたり、最悪の場合イヤホンのノズル部分が折れてしまう可能性もあります。

イヤーピースを外す時はくれぐれも慎重に抜くようにしましょう。

付けるときはノズルに対して斜めから

付けるときはノズルに対して斜めから

ノズルに対して垂直に入れると入らないことが多いので、イヤーピースを装着する時は、ノズルに対して少し斜めからイヤーピースを少し楕円形に変形させて挿入しましょう。

ただし、サイズの合わないイヤーピースを無理やり入れてしまうと、イヤーピースが取れなくなったり、取り外す際にイヤーピースが破損する可能性がありますので、イヤホンに対して無理のない程度に装着できるイヤーピースを選びましょう。

おすすめのイヤーピース|完全ワイヤレスイヤホン向け

ここからは、実際に筆者があらゆるイヤーピースを購入し、試した中でおすすめのイヤーピースをご紹介していきます。

まず、完全ワイヤレスイヤホン向けのおすすめイヤーピースをご紹介。

軸の長さが短く充電ケースに干渉しにくいものを選定しています。

AirPods ProとSONY WF-1000XM3のおすすめイヤーピースは別記事を用意していますので、そちらを参考にしてみてください。

オススメの完全ワイヤレスイヤホン向けイヤーピースはこちら!

スペック
※商品名をクリックでレビュー欄に飛びます。
AZLA
SednaEarfit Short
AZLA
SednaEarfit Light Short

AZLA
SednaEarfit XELASTEC

Comply
TG-200 TrueGrip
final
Eタイプ TWS専用仕様
Fender
SureSeal Tips
IKKO
i-Planet
NUARL
MagicEar+ for TWE
SpinFit
CP360

素材シリコンシリコン熱可逆性エラストマーフォームシリコンシリコンフォームフォームシリコン
対応ノズル径4.5〜6.0ほど4.5〜6.0ほど4.0〜6.24.5〜5.6ほど4.0〜6.5ほど3.2~5.0mmほど4.5〜5.5mmほど5.0〜5.3mmほど4.0〜6.0mmほど
軸長8.88.88.0S:9.64
M:9.34
L:9.11
SS:6.5
S:6.5
M:7.0
L:7.0
LL:7.0
6.58.07.2SS/S:7.0mm
M/L:7.5mm
傘径SS:10.4
S:11.2
MS:11.9
M:12.6
ML:13.3
L:14.0
SS:10.4
S:11.2
MS:11.9
M:12.6
ML:13.3
L:14.0
SS:10.4
S:11.2
MS:11.9
M:12.6
ML:13.3
L:14.0
S:10.91
M:12.11
L:13.91
SS:10.0
S:11.0
M:12.0
L:12.5
LL:13.5
S:12.8
 MP:13.4
M:14.2
L:14.8
S:11.5
M:12.5
L:13.5
S:10.3
M:12.0
L:13.0
SS:10.5
S:11.0
M:12.0
L:13.0
音質(4.5)(4.0)(3.5)(3.5)(4.5)(3.5)(3.5)(3.5)(4.0)
装着感(3.5)(4.0)(4.8)(4.0)(4.5)(4.0)(4.0)(5.0)(5.0)
総合評価(4.0)(4.5)(5.0)(4.0)(4.5)(4.5)(4.0)(5.0)(4.5)
カジェット

それでは一挙レビューしていきましょう!

完全ワイヤレス用おすすめイヤーピースTOP3

AZLA SednaEarfit Short

総合評価

4/5

SednaEarfit Short

SednaEarfit  Short
  • 完全ワイヤレスでも高い解像度を提供
  • クッキリはっきりとした音質
  • 6サイズと細かなサイズ展開
  • イヤーピースだけで支えている感覚が強い
素材対応ノズル径(mm)
シリコン4.5〜6.0ほど
軸長(mm)傘径(mm)
8.8SS:10.4/S:11.2/MS:11.9
M:12.6/ML:13.3/L:14.0

4.0

高音

4.5

中音

4.0

低音

4.0

解像度

4.0

遮音性

3.5

装着感

SednaEarfit Shortは完全ワイヤレスイヤホン向けに特化したイヤーピースです。医療用LSRシリコンを採用し、異物感がなく高い装着感を得られます。

他のイヤーピースと比べると"音質"に特化した商品であり、お気に入りのイヤホンの音像をビシっと定め、ひとつひとつの音が少し明瞭になります。

カジェット

音質にこだわりたいならコレ!音の輪郭が少しクッキリします。

▲イヤーピース一覧に戻る

AZLA SednaEarfit Light Short

総合評価

4.5/5

SednaEarfit Light Short

SednaEarfit Light Short
  • 完全ワイヤレスでも高い解像度提供
  • SednaEarfit Shortより柔らかく、高い装着感
  • 6サイズと細かなサイズ展開
  • SednaEarfit Shortと比べて音が少しマイルド
素材対応ノズル径(mm)
シリコン4.5〜6.0ほど
軸長(mm)傘径(mm)
8.8SS:10.4 S:11.2
MS:11.9 M:12.6
ML:13.3 L:14.0

4.0

高音

4.0

中音

4.0

低音

4.0

解像度

4.0

遮音性

4.5

装着感

SednaEarfit Light Shortは完全ワイヤレスイヤホン向けに特化したイヤーピースです。

SednaEarfit Shortと同様、医療用LSRシリコンを採用していますが、傘部の硬度が少し柔らかく、より耳の形状に沿ってフィットしやすくなった印象を受けます。

音質はSednaEarfit Shortより少しマイルドになりますが、それでもしっかりと音像を定めてくれます。

カジェット

音質と装着感を両立したイヤーピースやね!

▲イヤーピース一覧に戻る

AZLA SednaEarfit XELASTEC

TOTAL

5/5

SednaEarfit XELASTEC

AZLA SednaEarfit XELASTEC
  • 耳に吸い付くようなフィット感
  • 密閉感があるのに音がこもらない
  • あらゆるイヤホンに対応
  • 細かなサイズ展開
  • ホコリや耳垢がつきやすい
素材対応ノズル径(mm)
シリコン4.5〜6.0ほど
軸長(mm)傘径(mm)
8.8SS:10.4 S:11.2
MS:11.9 M:12.6
ML:13.3 L:14.0

4.0

高音

4.5

中音

4.0

低音

4.5

解像度

5.0

遮音性

5.0

装着感

SednaEarfit XELASTEC」は、完全ワイヤレスイヤホン向けに制作されたSednaEarfitシリーズのフラグシップモデルです。

通常のシリコンとは違い、「熱可逆性エラストマー」という体温によって形状が変化し、耳にフィットしやすい素材が使われています。

まるで耳に吸着するかのような密着性の高い装着感で、SednaEarfit XELASTECを使うことによってイヤホンが落ちたり、ズレる可能性が大きく解消されます。

音質もSednaEarfitシリーズということもあり、音のバランスを崩さず、音質を全体的に底上げしてくれます。

ホコリがつきやすく価格が高いというデメリットはありますが、イヤホンを使っていて装着感に悩みがある方は、導入するメリットは十分にあります。

カジェット

まじで耳から落ちる気がしなくなるので、個人的にイチオシのイヤーピース!

▲イヤーピース一覧に戻る

COMPLY TrueGrip TG-200

総合評価

4.0/5

TrueGrip TG-200

COMPLY TrueGrip TG-200
  • 装着感が全イヤーピースでトップクラス
  • 遮音性も大幅にアップ
  • 中低域に厚みが出る
  • 高域がややこもる
  • 耐久性が悪い
  • 価格が高い
素材対応ノズル径(mm)
フォーム4.5〜5.6ほど
軸長(mm)傘径(mm)
S:9.64 M:9.34 L:9.11S:10.91
M:12.11
L:13.91

2.5

高音

3.5

中音

4.5

低音

3.0

解像度

4.5

遮音性

5.0

装着感

TrueGrip TG-200はフォームタイプの代表的なメーカーCOMPLY(コンプライ)より販売している完全ワイヤレスイヤホン向けフォームイヤーチップ。

イヤーピースを押しつぶしてから耳に装着することによって、耳内で元の形状に戻り、耳に合わせた最適なフィット感を得られます。

素材の特性上、高域がやや減衰し中低域寄りの音質になりますが、この特性を生かして高域の刺さりを抑えることもできます。

耐久性が低いため定期的に買い替えが必要ですが、フィット感は紹介する商品の中ではトップクラス言っても過言ではないでしょう。

カジェット

装着感はトップクラス!気になるのは耐久性と高域のこもり...。

▲イヤーピース一覧に戻る

final TYPE E 完全ワイヤレス専用仕様

総合評価

4.5/5

TYPE E 完全ワイヤレス専用仕様

final TYPE E 完全ワイヤレス専用仕様
  • あらゆる完全ワイヤレスイヤホンに使える
  • 低域が締まり、中高域も伸びやかな音に
  • 5サイズ展開で適正なサイズを選びやすい
  • 特になし
素材対応ノズル径(mm)
シリコン4.0〜6.5ほど
軸長(mm)傘径(mm)
SS/S:6.5
M/L/LL:7.0
SS:10.0
S:11.0
M:12.0
L:12.5
LL:13.5

4.5

高音

4.0

中音

4.5

低音

4.0

解像度

4.5

遮音性

4.5

装着感

TYPE E 完全ワイヤレス専用仕様は高級イヤホンメーカーfinalから発売。その名の通り完全ワイヤレス向けのイヤーピースです。

5サイズ展開と細かく分けられており、耳に適応するサイズを選びやすい。

軸も短く完全ワイヤレスイヤホンの充電ケースにも干渉しにくく、耳もイヤホンも形状を選ばない適応力の高さ。

音質は低音の締まりと高域の明瞭さが強調されるメリハリ感のある音に変化。音質にこだわりたい方におすすめの完全ワイヤレス向けイヤーピースです。

カジェット

メリハリ感のある音が特徴!軸が短いから色々なイヤホンに使える!

¥980 (2021/03/05 16:02:20時点 楽天市場調べ-詳細)

▲イヤーピース一覧に戻る

Fender SureSeal Tips

総合評価

4.5/5

Fender SureSeal Tips

Fender SureSeal Tips
  • ポロっと落ちない密着するような装着感
  • 高い遮音性
  • 傘部が浅く充電ケースに干渉しにくい
  • ホコリがつきやすい
  • 対応するイヤホンが少ない
素材対応ノズル径(mm)
シリコン3.2~5.0ほど
軸長(mm)傘径(mm)
6.5S:12.8
 MP:13.4
M:14.2
L:14.8

3.5

高音

3.5

中音

4.0

低音

3.5

解像度

4.5

遮音性

5.0

装着感

Fender SureSeal TipsはSednaEarfit XELASTECより先駆けて、体温で変形する「熱可逆性エラストマー」を採用したイヤーピースです。

耳への吸着性が高く、滑り止めがついているかのようにピタッと耳にフィットしてくれます。激しい動きをしてもイヤホンが落ちたりズレたりする心配がありません。

ノズル部が細く形状が特殊なため、適合するイヤホンが少ないですが、他社のイヤーピースをほぼ装着できないAnker製の完全ワイヤレスイヤホンに装着できる数少ないイヤーピースです。

カジェット

SednaEarfit XELASTECを使えないイヤホンにFender SureSeal Tipsを使うとハマることが多い!

▲イヤーピース一覧に戻る

IKKO i-Planet

総合評価

4/5

IKKO i-Planet

IKKO i-Planet
  • フォームタイプながらも耐久性が高い
  • フォームタイプ特有の音のこもりがない
  • 軸が短く完全ワイヤレスイヤホンの充電ケースに干渉しにくい
  • とくになし
素材対応ノズル径(mm)
フォーム4.5〜5.5mmほど
軸長(mm)傘径(mm)
8.0S:11.5
M:12.5
L:13.5

3.5

高音

3.5

中音

4.0

低音

3.5

解像度

4.5

遮音性

4.0

装着感

i-PlanetはIKKO(アイコー)から販売している完全ワイヤレスイヤホン向けフォームタイプのイヤーピースです。

COMPLY TrueGrip TG-200と比べると、フィット感はやや劣りますが、表面が加工されているため耐久性が高く、軸長は浅く対応ノズル径も幅広いため、あらゆる完全ワイヤレスイヤホンに使うことができます。

フィット感が良いからフォームタイプを使いたいけど、耐久性の面から頻繁に買い替えたくないという方にオススメの高耐久性フォームタイプイヤーピースです。

カジェット

軸が短いフォームタイプ。充電ケースに干渉しにくいから色んなイヤホンに使えるよ!

▲イヤーピース一覧に戻る

NUARL Magic Ear+ for TWE

総合評価

5/5

NUARL Magic Ear+ for TWE

NUARL Magic Ear+ for TWE
  • フォームタイプならではの装着感の良さ
  • フォームタイプなのに耐久性が高い
  • フォームタイプなのに音がこもりにくい
  • 長時間つけていると圧迫感がある
素材対応ノズル径(mm)
フォーム5.0〜5.9ほど
軸長(mm)傘径(mm)
7.2S:10.3
M:12.0
L:13.0

3.0

高音

3.5

中音

4.0

低音

3.5

解像度

5.0

遮音性

5.0

利便性

NUARL Magic Ear+ for TWEはNUARLが販売する完全ワイヤレス向けフォームタイプのイヤーピースです。

低反発設計なのに劣化しにくい高い耐久性を誇り、表面もツルっとしていてホコリや耳垢が付きにくくメンテナンスもしやすい。

高域の音質劣化も少なく、フォームタイプの弱点を克服しつつも高い密閉性を提供する理想的なイヤーピースです。

価格も抑えめで、コストパフォーマンスにも優れています。

カジェット

フォームタイプなのに高耐久性、音のこもりもない!最強のイヤーピース!

▲イヤーピース一覧に戻る

SpinFit CP360

総合評価

4.5/5

CP360

SpinFit CP360
  • 良好な装着感
  • 痒みを感じにくい
  • さわやかな中高域
  • とくになし
素材対応ノズル径(mm)
シリコン3.4〜6.4mmほど
軸長(mm)傘径(mm)
SS/S:7.0mm
M/L:7.5mm
SS:10.5 S:11.0
M:12.0 L:13.0

4.5

高音

4.0

中音

3.5

低音

4.0

解像度

4.0

遮音性

5.0

装着感

SpinFit CP360は、医療用グレードのシリコンを採用しており、異物感がでにくく痒みや痛みが発生しにくいイヤーピースです。

SpinFit社のイヤーピースは軸にくびれがあり、耳穴に対して傘部がまっすぐに挿入されるため、歪みのない音をストレートに伝えることができます。密閉感はやや浅く、軽やかでフレッシュな音質です。

対応ノズル径が幅広く軸長も短いため、あらゆる完全ワイヤレスイヤホンと適合します。どれを選べばいいかわからない場合はCP360をおすすめします。

カジェット

イヤーピースの大定番!長時間つけていても耳が痒くなりにくい!

▲イヤーピース一覧に戻る

おすすめのイヤーピース|有線イヤホン向け

次に有線イヤホンにおすすめのイヤーピースをご紹介します。完全ワイヤレスイヤホンとは違い、充電ケースに干渉する心配がないため軸長は気にしなくても大丈夫です。

音質や装着感、イヤホンのノズル径に着目し、自分に最適なイヤーピースを選ぶようにしましょう。

スペック
※商品名をクリックでレビュー欄に飛びます。
AZLA
SednaEarfit
Comply
Tシリーズ
Comply
Tsシリーズ

final
Eタイプ
JVC
スパイラルドット++
radius
ディープマウントイヤーピース
素材シリコンフォームシリコンシリコンシリコンシリコン
対応ノズル径4.5〜6.0ほどこちらを参照こちらを参照3.0〜6.0ほど5.4〜6.1ほど5.4〜6.0mmほど
軸長10.010.67S:10.16
M:10.67
L:11.18
9.48.0XS:6.5mm
S:7.7mm
M:9.0mm
L:9.3mm
傘径SS:10.4
S:11.2
MS:11.9
M:12.6
ML:13.3
L:14.0
S:10.67
M:12.45
L:13.97
S:12.27
M:13.31
L:14.48
SS:10.0
S:11.0
M:12.0
L:12.5
LL:13.5
S:10.0
 MS:11.0
M:12.0
ML:13.0
L:14.0
XS:10mm
S:11.5mm
M:12.0mm
L:13.2mm
音質(4.5)(3.0)(3.5)(4.0)(4.5)(4.0)
装着感(3.5)(5.0)(5.0)(4.5)(3.0)(5.0)
総合評価(4.5)(4.0)(4.5)(5.0)(3.5)(4.5)
有線イヤホン用おすすめイヤーピースTOP3

AZLA SednaEarfit

総合評価

4.5/5

SednaEarfit

AZLA SednaEarfit
  • 音像がビシッと定まる
  • くっきりはっきりとした音質
  • 6サイズと細かなサイズ展開
  • イヤーピースだけでイヤホンを支えている感覚が強い
素材対応ノズル径(mm)
シリコン4.5〜6.0ほど
軸長(mm)傘径(mm)
10.0SS:10.4 S:11.2
MS:11.9 M:12.6
ML:13.3 L:14.0

4.0

高音

4.5

中音

4.0

低音

4.5

解像度

4.0

遮音性

3.5

装着感

音質に特化したイヤーピース「SednaEarfit」シリーズの初代作です。音質に特化するため軸の長さを傘の硬さを最適化し、2層構造の軸により制振を施すことによって、イヤホンの音を最大限に引き出してくれます。

傘部が硬く耳に装着すると、イヤーピースだけでイヤホンを支えてくれるかのような芯のある装着感を得られます。

SednaEarfitをつけて聴いてみると、一音一音の音像がビシッとさだまり、音の芯をくっきりと感じ取れるように感じます。

カジェット

音質をアップさせたいときは、絶対このイヤーピースを使ってるわ。

▲イヤーピース一覧に戻る

COMPLY Tシリーズ

総合評価

4.0/5

COMPLY Tシリーズ

COMPLY Tシリーズ
  • 耳に完全にフィットする
  • 高い遮音性
  • 中低域が豊かになる
  • 耐久性が悪い
  • 高域がこもる
素材対応ノズル径(mm)
フォームこちらを参照
軸長(mm)傘径(mm)
10.67S:10.67
M:12.45
L:13.97

2.0

高音

3.0

中音

4.5

低音

3.0

解像度

5.0

遮音性

5.0

装着感

フォームタイプの大定番「COMPLY(コンプライ)」より、有線イヤホン向けのイヤーピース。イヤーピースを小さく潰してから耳に入れることによって、中で元の形状に戻ろうとするため耳の形に合わせてぴったりフィットします。

COMPLY社の中でもTシリーズは特に密閉度が高く、圧倒的遮音性と装着感を提供してくれます。高域が少し減衰し、篭ったように感じることがありますが、高音の刺さりを抑えられるため、特性を逆手に取って音のチューニングにも使うことができます。

T-○○○の○に入る番号によって対応するノズル径が異なり、シリコンと違い伸縮性がないため、お持ちのイヤホンに適合するサイズを選ぶ必要があります。また、耐久性が低いため毎日使用している場合は2ヶ月ほどで交換する必要があります。

カジェット

フィット感は最高!ただ音のこもりと耐久性の悪さが気になる!

▲イヤーピース一覧に戻る

COMPLY Tsシリーズ

総合評価

4.0/5

COMPLY Tsシリーズ

COMPLY Tsシリーズ
  • 耳に完全にフィットする
  • 高い遮音性
  • 中低域が豊かになる
  • 耐久性が悪い
  • 高域がこもる
素材対応ノズル径(mm)
フォームこちらを参照
軸長(mm)傘径(mm)
10.67S:10.67
M:12.45
L:13.97

2.5

高音

3.0

中音

4.0

低音

3.0

解像度

5.0

遮音性

5.0

装着感

アジア人向けに形状を最適化したコンプライ。Tシリーズと比べると形状が球体型になっており、快適な装着感を得られます。

装着感については、Tシリーズと比べると耳の浅い部分でもフィットするようになり、遮音性や装着感はそのままに、密閉されすぎず解放感を得ることができます。

音質についても同じ傾向で、音のこもりがTシリーズと比べると解消され、やや中高域が明瞭になった印象を受けます。

カジェット

Tシリーズと比べると高域のこもりが少し改善される!

▲イヤーピース一覧に戻る

final Eタイプ

総合評価

5/5

final Eタイプ

final Eタイプ
  • シリコンタイプなのに低域の量感が豊か
  • 高い密閉感
  • 細かなサイズ展開
  • サイズごとや左右の判別が色分けされて分かりやすい
  • なし
素材対応ノズル径(mm)
シリコン3.0〜6.0ほど
軸長(mm)傘径(mm)
9.4SS:10.0 S:11.0
M:12.0 L:12.35
LL:13.5

4.0

高音

4.0

中音

4.5

低音

4.0

解像度

4.5

遮音性

4.0

装着感

シリコンタイプのイヤーピースでも定番であるfinal「Eタイプ」。傘部と軸部に違うシリコン素材を採用し、耳に最適なフィット感を実現しています。

また、右と左の判別がつきやすいよう、同サイズで軸サイズを色分けしています。細軸タイプに対応させるためのアタッチメントもついており、対応ノズル径がかなり幅広くなっています。軸径が細いSHURE製のイヤホンにも問題なく装着ができます。

音質はシリコンタイプとは思えないほどの図太い低音が出ます。高域は決してこもらずクリアな音を保ったまま迫力のある低音になるため、重厚なロックを好む方や、イヤホンの音をもう少し低音寄りにしたい方にオススメです。

カジェット

シリコンタイプの中で特に低音が豊かになるイヤーピース!

▲イヤーピース一覧に戻る

JVC スパイラルドット++

総合評価

3.5/5

スパイラルドット++

スパイラルドット++
  • 超高域が伸びやかになる
  • 音像が定まる
  • 5サイズと細かなサイズ展開
  • 密閉度が低い
  • 価格が高い
素材対応ノズル径(mm)
シリコン5.4〜6.1mmほど
軸長(mm)傘径(mm)
8.0S:10.0
MS:11.0
M:12.0
ML:13.0
L:14.0

5.0

高音

4.0

中音

3.0

低音

4.0

解像度

3.0

遮音性

3.5

装着感

イヤーピースの内側に、ゴルフボールの表面のようなボコボコした穴があいているJVCの独自規格「スパイラルドット」を採用したイヤーピース。この機構のおかげでイヤホンの余計な反射音を拡散させ、歪みのない音をストレートに伝えることができます。

軸部は柔らかく、ノズル径も大きいためあらゆるイヤホンに装着しやすくフィットしやすいです。しかし、個人的には遮音性が少し甘いように感じました。

音質については、全体的に音場が広く音のブレのない歪みのない音です。高域がよくスーッと伸びるようになり、ストリングスやハイハットなど繊細な音が際立ちます。

1ペアあたりの価格が2,400円ほどとイヤーピースにしては高価で、初心者にはおすすめしにくい...。さらなる音の高みを目指したい方はぜひ。

カジェット

超高域がめっちゃ伸びやかになる!

▲イヤーピース一覧に戻る

radius ディープマウントイヤーピース

総合評価

4.5/5

ディープマウントイヤーピース

ディープマウントイヤーピース
  • 深みのある中低域がでる
  • 高域の刺さりが少ない
  • 安定した装着感
  • 密閉感があり遮音性が高い
  • とくになし
素材対応ノズル径(mm)
シリコン4.0〜6.0mmほど
軸長(mm)傘径(mm)
XS:6.5mm
S:7.7mm
M:9.0mm
L:9.3mm
XS:10mm
S:11.5mm
M:12.0mm
L:13.2mm

3.5

高音

3.5

中音

4.5

低音

4.0

解像度

4.5

遮音性

5.0

装着感

ディープマウントイヤーピースはその名の通り、深い装着感と密閉感を提供するシリコン製イヤーピースです。

耳内の設置面積が広いため、他のイヤーピースと比べると遮音性が高く、密閉度も高いため深みのある低音が出やすい傾向です。

完全ワイヤレスイヤホンにも使えて、シリコンタイプながらも低音を強調させるイヤーピースを探している方にオススメのイヤーピースです。

カジェット

シリコンとは思えないほどの密閉感!シリコンで低音を増やしたい方におすすめですよ。

▲イヤーピース一覧に戻る

おすすめのイヤーピースまとめ

おすすめのイヤーピースを完全ワイヤレスイヤホン向け、有線イヤホン向けにご紹介しました。

今回紹介した商品から、個人的におすすめ順でTOP3をつけると以下の通りです。

完全ワイヤレス用おすすめイヤーピースTOP3
  1. AZLA SednaEarfit XELASTEC
    →吸い付くような装着感で、イヤホンが耳から落ちる気がしない
  2. NUARL MagicEar+ for TWE
    →フォームタイプなのに耐久性が高く、音がクリア。
  3. SpinFit CP360
    →色々な完全ワイヤレスイヤホンに合わせられる。
有線イヤホン用おすすめイヤーピースTOP3
  1. final Eタイプ
    →細軸・太軸、あらゆるイヤホンにも使え、低域の量感もアップ。ひとつは持っておきたい初めての他社性イヤーピースにおすすめ。
  2. AZLA SednaEarfit
    →音質特化型のイヤーピース。一音一音の音像がクッキリとする。音にこだわりがある人はこれ!
  3. COMPLY Tsシリーズ
    →装着感抜群。高域がやや減衰するが、組み合わせるイヤホンによってはちょうど良いチューニングになることも。

完全ワイヤレス向け・有線向けどちらも含めて総合的におすすめはAZLA SednaEarfit XELASTEC。

AZLA SednaEarfit XELASTEC

何より装着感の安定さが凄まじく、イヤホンがずれる心配や落ちる心配がなく、安心感があります。

音のバランスも崩さず、イヤホンの音を最大限に引き出してくれます。価格が高いという点と、ホコリがつきやすいという点以外は弱点のないイヤーピースです。

あくまで僕の使用シーンと、使っているイヤホンに対してのイヤーピースランキングなので、人によってベストな商品はさまざま。参考程度にみていただければと思います。

カジェット

1つと言わず5個以上イヤーピースを持っていると、イヤホンごとに装着感を最適化できて楽しいよ!(マニア論)

イヤーピース記事一覧