>>【11/27-12/1】AMAZON ブラックフライデー&サイバーマンデー開催!詳しくはここをタップ

【レビュー】Magic Ear for TWE 最強の低反発イヤーピースを見つけた

イヤホンの装着感が合わない時、イヤーピースを変えるという選択肢があると思います。

その中でフォームタイプ(低反発)のイヤーピースは、耳穴に合わせて形状が変化し、自分に最適のフィット感を得ることができ、まさに理想のイヤーピースです。

しかしフォームタイプのイヤーピースにもデメリットがあります。

フォームタイプのデメリット
  • 耐久性が悪い
  • 音がこもる
  • 価格が高い

今回紹介するイヤーピースは、フォームタイプながらこれらの弱点を克服した最強のイヤーピースです!

それがこちらのNUARLより販売中の「Magic Ear for TWE」

Magic Ear for TWE
特徴
  • 完全ワイヤレス向けフォームタイプイヤーピース
  • 高密度ウレタンを使用した高耐久性の素材
  • 高域の減衰を抑えた設計

今回はこちらのMagic Ear for TWEを深掘りレビューしていきます!

※AMAZONでは取り扱いがありません。

目次

NUARL Magic Ear for TWE レビュー

Magic Ear for TWE パッケージ
気持ちが先立ちすぎて、少し破いてしまった

サイズはS/M/Lの3種類

Magic Ear for TWE サイズ比較

Magic Ear for TWEのサイズはS/M/Lの3種類のみで、MS〜MLなど絶妙なサイズはありませんが、フォームタイプなので耳の形状に合わせて変化するため、ある程度のサイズが合えば問題なし。

寸法

Magic Ear for TWE 傘径
Magic Ear for TWE 軸径
Magic Ear for TWE 軸長
Magic Ear for TWE 開口部
寸法SサイズMサイズLサイズ
傘径(mm)
(左上写真)
10.312.013.0
軸長(mm)
(右上写真)
7.27.27.2
ノズル径(mm)
(左下写真)
4.14.14.1
開口部(mm)
(右下写真)
4.54.54.5

対応ノズルサイズは公称では『5.0mm〜5.3mm』。ただ、それ以上のノズル径のイヤホンも装着できます。

完全ワイヤレスに特化していることもあり、軸長は短め。傘径もLサイズでもそこまで大きくはない印象です。

装着方法

スマートフォンと接続する際のペアリング方法はこちら!

STEP
少し斜めからノズルに装着する
少し斜めからノズルに装着する
STEP
イヤホンに装着
イヤホンに装着
STEP
耳に入れる前にイヤーピースを潰す
耳に入れる前にイヤーピースを潰す
STEP
耳に装着し、中で膨らんで装着が安定するまで押さえる
耳に装着し、中で膨らんで装着が安定するまで押さえる

これで装着は完了です。この動作を行わずにそのまま耳内に入れてしまうとフィットせず、低反発イヤーピースのメリットがなくなるため、必ずイヤーピースをクシュっと潰してから耳に入れるようにしましょう。

ホコリや汚れがつきにくい

Magic Ear for TWE 6つ

Magic Ear for TWEの表面はなんとコート加工なし。ゴミや汚れがついても取れやすく、コート剥がれによる劣化を防いでいます。

触ってみるとわかるのですが、低反発なのに破れたり千切れそうな感触はなく、まるでコート加工のようにツルッとした見た目なのです。どれだけ高密度で質の良いウレタンを使用しているのだろう。

実際に耳垢やホコリがつきにくく、ウェットティッシュでもキレイに拭き取れるため、清潔な状態を保つことができます。

低反発なのに耐久性が高い

Magic Ear for TWE 伸縮性

フォームタイプのイヤーピースは、反発性を低くするとフィット感は上がるが耐久性も低くなり、反発製が高くなると耐久性も高くなるがフィット感は低いものが多い印象です。

しかし、Magic Ear for TWEは手で潰しても元の形状にはすぐ戻りにくい低反発設計なのに、劣化しにくい高い耐久性。まさに理想のフォームタイプです。

装着感:耳内でピタッと固定される

Magic Ear for TWE 耳に装着

Magic Ear for TWEはフォームタイプということもあり、耳内の形状に合わせて変形し、その人にあった最良の装着感を得ることができます。

密度の高いウレタンを使用されているため、装着するとイヤホンが耳内でピタッと固定され、グラつきやイヤホンがポロっと落ちるリスクを大幅に軽減されたように感じます。

また、表面がすこしツルっとしているおかげか、フォームタイプにしては異物感が少なく、痒みや痛みなどは発生しにくい印象ですが少し圧迫感を感じます。装着感と密閉感とのトレードオフなので仕方なし。

総評すれば大満足の装着感です。

音質:本当にフォームタイプ!?

Magic Ear for TWE 装着

Magic Ear for TWEを使うと、ほんの少しだけ高域が減衰するものの、音はこもらず元のバランスを極力崩さない印象です

これは結構すごいことで、フォームタイプを使うと高域が減衰してバランスが悪くなることや、こもった感じの音になることが多いのですが、Magic Ear for TWEはその心配はほぼなし。

密閉度が増すため、相対的に迫力や低域の量感は増えたように感じますが、正常にフィットしたためイヤホンの本来の音を感じやすくなったとも言えます。

フォームタイプの装着感を得ながらも、音質を変えたくない人にオススメです。

完全ワイヤレスイヤホン対応表

機種名AirPods Pro
WF-1000XM3
MOMENTUM True
Wireless 2
EAH-AZ70W
適合✖︎
機種名Soundcore
Liberty Air 2
Soundcore
Liberty Neo
TW-E3A
TWS03R
適合×

対応ノズルサイズは公称は『5.0mm〜5.3mm』ですが、5.9mm以下のイヤホンは装着できます。

ノズル径6.0mm以上ある「EAH-AZ70W」には一応装着できましたが、取り外しの際になかなか抜けず、イヤーピースが千切れかけたためオススメしません。

「Soundcore Liberty Air 2」は充電ケースには収まりますが、イヤーピース同士が干渉しあうため、低反発性のおかげでなんとか収まっているような感じです。こちらもオススメしません。

それ以外の◯表記の完全ワイヤレスイヤホンは、問題なく使用できました。

Magic Ear for TWE まとめ

総合評価

5/5

Magic Ear for TWE

Magic Ear for TWE サイズ比較
  • フォームタイプならではの装着感の良さ
  • フォームタイプなのに耐久性が高い
  • フォームタイプなのに音がこもりにくい
  • 長時間つけていると圧迫感がある

3.0

高音

3.5

中音

4.0

低音

3.5

解像度

5.0

遮音性

5.0

利便性

完全ワイヤレスのフィット感をあげたい方にオススメ

こんな人におすすめ
  • 完全ワイヤレスのフィット感が合わない方
  • フォームタイプ派の方

完全ワイヤレスイヤホンを使っていて装着感に悩みがある方や、フォームタイプが好きだけどランニングコストが高かったり、音がこもるのが嫌という方にオススメのイヤーピースです。

僕も理想のフォームタイプのイヤーピースを見つけることができ、思わずテンションが上がってしまいました。ぜひ、一度お試しください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる