2024年最新版 おすすめの完全ワイヤレスイヤホンはこちら>>

話題のイヤーピース「日本ディックス COREIR -コレイル-」レビュー|WF-1000XM4に超絶おすすめやった件

当ページのリンクには広告が含まれています。

最近気になっているイヤーピースがありまして、ちょっと買ってきました。

日本ディックスというメーカーの「COREIR -コレイル- 」というイヤーピースです。

オーディオ界隈でとても話題になっていまして、発売前から注目されていたイヤーピースだったんですけど、2ペアで3850円もするのに、e☆イヤホンで売り切れが続出しているみたいです。

総合評価

4.8/5

COREIR

  • 音がとても華やかになる
  • かなり安定した装着感
  • 耳も痒くなりにくい
  • 金属コアもイヤホンに干渉しない
  • サイズ別に色分けされている
  • イヤーピースとしては価格が高い
  • 完全ワイヤレスで使えるものは限られる

4.8

音質

4.5

迫力

4.8

装着感

4.5

遮音性

動画版はこちら

目次
かじかじ
元イヤホン専門店スタッフ
オーディオ販売歴9年。元々イヤホン専門店で店長やWEBマーケを担当してました。

イヤホンをレビューすることは空気を吸うようなものだと思ってます。


2024年1月時点で月間100万PV。
YouTubeチャンネル登録者は7万人ほど

日本ディックス COREIR 概要

日本ディックスってどんなメーカー?

販売元の日本ディックスはオーディオ界隈ではかなり有名なメーカーですが、一般の方はそこまで聴き馴染みがないかもしれないですね。

「Pentaconn」というブランドで、ケーブルやプラグ・ジャックなどを販売するメーカーです。こちらの名称の方が有名かもしれません。

僕も愛用しているウォークマン「NW-WM1AM2」や最近発売された「NW-ZX707」の4.4mmジャックにも、実は「Pentaconn」のジャックが採用されています。

今でこそ主流になった4.4mmのバランス端子ですが、その規格をSONYとともに広めた立役者のようなメーカーです。

COREIRについて

COREIRについては、発売前から非常に注目を浴びていたイヤーピースですが

その特徴は、イヤーピースのなかに「金属コア」を内蔵している特殊な構造で、なかに5円玉とかにも使われる黄銅が入っています。

この構造で音の出口の形状を固定して、音を安定させるだけでなく、金属コア特有の「響き」もイヤホンに与えることができます。

シリコンの素材もかなり良く、AZLAのSednaEarfit XELASTECのようにめちゃくちゃ吸着性の高そうな素材を採用しています。

Softears (ソフトイヤーズ)の「U.C.イヤーピース」にめちゃくちゃ似てる。

Sはブラック、MSはブルー、Mはイエロー、Lはレッド色味もサイズ別に分かれていて、イヤーピースを複数所持していたとしてもパッと見でサイズがわかりやすいです。

S
MS
M
L

イヤピマニアとしてはとてもありがたい仕様。

M/LやS/MS など、異なるサイズのパッケージ販売も行っています。

今回はM/Lサイズを購入しました。

日本ディックス「COREIR」レビュー

それでは実際に試してみましょう。

金属コアに干渉しないのがGood

イヤホン装着時に思ったのですが、これ金属コアにちゃんと干渉しないようになっているんですね。金属コアの手前にクッションパーツが入っているみたいです。

SENNHEISER IE900みたいに金属系のノズル同士だと、ぶつかってノズルが変形したり、腐食したら怖いなと思っていたけど、めちゃくちゃ丁寧な作りになっていますね。

ノズル口径の大きいイヤホンだと入口がちょっと変形はしますが、なんとか装着できているような感じですかね。

あまりに大きいサイズだと、ノズルからヒュッと取れてしまうかもしれません。

装着感について

装着感もかなり良いですね。さきほど例に挙げた「SednaEarfit XELASTEC」みたいにキュポッと耳に吸着されるような装着感です。

あと、コアのおかげでイヤーピースが全然潰れなくて、メーカーが謳っている通り、耳の奥に対して音導管がまっすぐ入ってくれますね。

音の出口が少し潰れてしまったら、それだけでも音に影響ありそうですもんね。

音質

IE 900に装着して試してみましたが、音質もすごいですねコレ。ちゃんと金属の響きが乗っています。

JIJUみたいに余韻たっぷりの艶っぽい響きではなく、少し高域に乾きがあって軽快に鳴らすような感じでしょうかね。ハイハットやシンバルの音がよりリアルに近づく感じがします。

響き方的には100円玉を落とした感じではなく、1円玉とか5円玉とか、けっこう軽い硬貨を落とした時の響きに近い感じがありますね。

金属コアによる音の響きだけではなく、音像もビシっと定まっている感じもあって、音のブレも若干少なくなった気もしますね。

密閉感もかなり高いので、低音も深いところから輪郭を定めた状態でズンっと鳴らしてくれますね。

IE 900で試した感想としては、「密閉感が増して低音の量感や迫力は増えているのに、高域は刺さらないのに、さらに鋭く伸びるようになった」って感じでしょうかね。めちゃくちゃ良いなコレ。

ただ、ピヤホンとかBQEYZ Winterのように元々高域が鋭い機種とは相性が悪いですね。高域がツンっとしすぎます。音が柔らかすぎると感じるイヤホンに対して、すこし華やかさを加えてくれるようなイヤーピースですね。

今までIE 900にはスパイラルドットイヤーピースを使っていましたが、音の伸びやかさや広がりの良さはスパイラルドットイヤーピースの方が上ですね。

煌びやかでエネルギッシュに鳴らすなら「COREIR」、伸びやかに鳴らすなら「スパイラルドット++」って感じですかね。

完全ワイヤレスイヤホンでも使えるの?

有線イヤホンで使えることは分かりましたが、みんな多分「完全ワイヤレスイヤホンでは使えるの?」って気になっているかと思います。

結論からお伝えすると、ほっとんど使えませんでした。

「MOMENTUM True Wireless 3」も「ピヤホン6」も「TOUR PRO 2」も「FoKus Mystique」も全部アウトでした。

装着自体はできるんですけど、全部充電ケースに干渉してしまいます。充電ケースが閉まりません。

ただ、僕が試した中で一つだけ充電ケースに収納できて、相性もめちゃくちゃ良いものがありました。

WF-1000XM4と相性がめちゃくちゃ良い

それが「SONY WF-1000XM4」です。

この子、充電ケースのイヤーピース収納部がめちゃくちゃ深いので、COREIRを使っても全然干渉しません。

そして、装着感と音質がめちゃくちゃ良くなります。

装着感は付属の「ノイズアイソレーションイヤーピース」でも十分良いのですが、フォームタイプは苦手という方もいたり、毎回先っちょを潰してから装着するのもめんどくさいという方も多いはず。

なんだったら僕がそう。

先ほど伝えた通り、シリコンでありつつも装着感がめちゃくちゃ安定するし、潰す必要もなくスッと装着できますね。シリコンの質感も良いのか、耳も痒くなりにくいようにも感じます。

音質の変化が何より素晴らしく、純正イヤーピースではノッペリとした音に華やかさが生まれたように感じました。

カメラで例えると、色素の薄いデフォルト状態のモードから、ビビッドにして発色をすごく良くした感じ。あんな感覚です。めちゃくちゃ楽しい音になりますね。

以前おすすめのイヤーピースとして「SednaEarfit Crystal」をおすすめしましたが、それ以上の相性の良さですね! WF-1000XM4ユーザーマジで買って。めっちゃくちゃおすすめ。

まとめ

総合評価

4.8/5

COREIR

  • 音がとても華やかになる
  • かなり安定した装着感
  • 耳も痒くなりにくい
  • 金属コアもイヤホンに干渉しない
  • サイズ別に色分けされている
  • イヤーピースとしては価格が高い
  • 完全ワイヤレスで使えるものは限られる

4.8

音質

4.5

迫力

4.8

装着感

4.5

遮音性

こんな人におすすめ
  • 高域にきらびやかさを加えたい
  • 音質・装着感どちらも良くしたい
  • イヤーピースへの投資は惜しまない
  • WF-1000XM4ユーザー

今まで音を伸びやかにするイヤーピースはありましたが、金属的な響きを加えて煌びやかにするイヤーピースってあんまりなかったと思います。

COREIRは音の響きだけでなく、装着感も一級品ですね。

有線イヤホンを使っているイヤホンマニアはもちろんですが、WF−1000XM4を使っているユーザーにもホントにおすすめなんで、気になっている方は売り切れる前に買ってください。

相性はありますけど、おすすめです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次