>>【11/27-12/1】AMAZON ブラックフライデー&サイバーマンデー開催!詳しくはここをタップ

【レビュー】IKKO i-Planet|充電ケースに干渉しにくいフォームタイプ

フォームタイプのイヤーピースは装着感は良好ですが耐久性が低く、また一部イヤーピースだと軸が長すぎて完全ワイヤレスイヤホンの充電ケースに収まらないこともあります。

それらフォームタイプの弱点を克服したイヤーピースをご紹介します!それがこちらの「ikko i-Planet」!

特徴
  • 完全ワイヤレスイヤホンの充電ケースにも干渉しにくい
  • 軸が短く、耳にイヤホンの音をダイレクトに届ける
  • 耐久性の高いフォームタイプ

今回はこちらの「IKKO i-Planet」をレビューしていきます!

目次

IKKO i-Planet レビュー

総合評価

4/5

IKKO i-Planet

IKKO i-Planet
  • フォームタイプながらも耐久性が高い
  • フォームタイプ特有の音のこもりがない
  • 軸が短く完全ワイヤレスイヤホンの充電ケースに干渉しにくい
  • とくになし

3.5

高音

3.5

中音

4.0

低音

3.5

解像度

4.5

遮音性

4.0

装着感

サイズ:同サイズ2ペアでの販売

i-Planetは同サイズ2ペアでの販売

IKKO i-Planetは同サイズ2ペアの販売で、サイズは「S,M,L」の3ペア展開。傘径がそれぞれ異なります。低反発のため一度小さく窄めてから耳に装着し、耳内で元の形状に戻ります。

ある程度は耳のサイズに合わせないと圧迫感を感じることや、フィットしないことがあります。普段使用しているサイズに近いものを選びましょう。

ikko i-Planetの軸の色は Sは黒、Mは青、Lは緑
引用:i-Planet公式ページ

また、現在の仕様はサイズによって軸の色が異なるため、パッと見でもどのサイズか判別しやすくなりました。

デザイン:フォームタイプながらもツルッとした表面

ikko-i-Planetのデザイン

IKKO i-Planetは、フォームタイプながらも耐久性の高くなるよう表面に特殊なコーティングが施されています。

また、シリコンタイプのイヤーピース同様、ウェットティッシュなどで拭き取ることもできます。フォームタイプは今まで乾拭きくらいしかできませんでしたが、この仕様であれば衛生面も安心ですね!

強く拭きすぎると、表面のコーティングが取れてしまうと公式でも注意喚起しているためお気をつけください。

寸法

ikko i-Planet サイズ表
引用:i-Planet公式ページ

引用:i-Planet公式ページ[/caption]

寸法(mm)IKKO i-Planet
傘径S:11.5
M:12.5
L:13.5
軸長全サイズ:8.0
ノズル径適合サイズ全サイズ:4.5〜5.5

IKKO i-Planetはサイズによって傘径が異なりますが、それ以外の寸法は統一されています。

軸部には図形のように高弾力性のシリコン軸を採用。イヤホンのノズル部を図形の赤いエリアまでギュッと差し込みましょう。

音質:フォームタイプながらも音のこもりがない

ikko-i-Planetの音質
高音
中音
低音

IKKO i-Planetは軸が短く傘部分がほとんどないため、フォームタイプ特有の”音のこもり”をあまり感じさせず、イヤホンの音をダイレクトに伝えてくれます。密閉感は増すため、少し低音が増えたようには感じます。

僕はXROUND VERSAで使ってみましたが、やや中低域の量感が増えましたが、音場はやや近くなったような印象を受けました。

イヤーピースの軸の長さありきでチューニングしているイヤホンもあるため、音が自分の好みのバランスになるかどうかは一度試してみるしかないですね。

装着感:耳の形状に合わせてフィット

i-planetで装着
装着感

IKKO i-Planetの装着感のフィット感は、フォームタイプを採用しているため耳の形に合わせてフィットしてくれます。また表面のコーティングの恩恵か、異物感が少ないため痒みがでにくい印象を受けました。

i-Planetとコンプライを比較

コンプライと比べると反発性が強く軸が短いため、耳の奥まで完全にフィットという感覚ではなく、耳の手前を隙間のないように塞ぐような感覚ですね。

「フォーム7:シリコン3」くらいの割合で、両者の良いところをいい具合に配合したようなイヤーピースです。

IKKO i-Planet 完全ワイヤレスイヤホン対応表

完全ワイヤレスイヤホン一覧
機種名AirPods Pro
WF-1000XM3
MOMENTUM True
Wireless 2
EAH-AZ70W
適合
機種名Soundcore
Liberty Air 2
Soundcore
Liberty Neo
TW-E3A
TWS03R
適合

IKKO i-Planetの最大の特徴は、対応できる完全ワイヤレスイヤホンがとても多いことです。特殊なシリコン軸の形状と軸の短さにより、フォームタイプながらも充電ケースに干渉しにくく、あらゆる完全ワイヤレスイヤホンに対応できます。

EAH-AZ70Wにi-Planetを装着

公称ではノズル径は5.5mmまでと記載していますが、6.1mm以上ある「EAH-AZ70W」でも装着できました。

Soundcore Liberty Air 2にi-Planetを装着

充電ケースの収納部が狭く、他社のイヤーピース泣かせの「Soundcore Liberty Air 2」でもこの通り問題なく装着できます。

裏技を使えば、AirPods Proでもギリギリ使えます。ノイズキャンセリング効果が最強になります。

AirPods Proにi-Planetを装着

ただし、充電はできるけど蓋が閉まりにくかったり、Lサイズだと完全に閉まらなかったりと弊害はありますのでお試しくらいでお考えください。

詳しくはこちらをご参照ください。

IKKO i-Planet レビューまとめ

総合評価

4/5

IKKO i-Planet

IKKO i-Planet
  • フォームタイプながらも耐久性が高い
  • フォームタイプ特有の音のこもりがない
  • 軸が短く完全ワイヤレスイヤホンの充電ケースに干渉しにくい
  • とくになし

3.5

高音

3.5

中音

4.0

低音

3.5

解像度

4.5

遮音性

4.0

装着感

フォームタイプは耐久性が低くランニングコストが高いですが、i-Planetは耐久が高く2ペア付属しているためコスパも高いイヤーピースです。

「Soundcore Liberty Air 2」のようにイヤーピースの収納部が狭い完全ワイヤレスイヤホンをお持ちの方でしたら、i-Planetは干渉しにくくフィット感も向上するためおすすめですよ!

▼関連記事

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる