SENNHEISER CX400BT 25,850円→13,500円の超特価!3/24まで ▶詳しくはこちら

【18製品徹底比較】1万円以下/前後の完全ワイヤレスイヤホンおすすめはどれ?

悩んでいる人

予算1万円くらいで完全ワイヤレスイヤホンを探しているんだけど、なんかおすすめない?

カジェット

いろいろあるけど、いままでレビューした1万円前後の完全ワイヤレスイヤホンを全部ランキング形式で紹介していくよっ

ポータブルオーディオ専門ブログを運営していますカジェット (@kajet_jt)です。

いま話題の完全ワイヤレスイヤホンですが、種類が多すぎてどれを選べばいいかどうか分からないという方が多いかと思います。

今回はカジェログにてレビューしてきた1万以下/前後の完全ワイヤレスイヤホンをランキング形式で一挙ご紹介!

一番おすすめのイヤホンタイプ別おすすめのイヤホンを発表していきます。

ちなみに、予算1万円前後の完全ワイヤレスイヤホンだと

  • 周りの音を遮音する「ノイズキャンセリング機能」
  • イヤホンを装着していても周りの音が聞こえる「外音取り込み機能」
  • 置くだけで充電できる「ワイヤレス充電機能」
  • 高音質で音の細部まで聴こえる

といった機能が備わる製品が多くなってきます。

ちなみに5000円前後だとこれらの機能が備わっておらず、2万円以上だとこれらの機能がさらに洗練されるようなイメージでお考えください。

カジェット

1万円前後のイヤホンは機能性と音質、そして価格のバランスが良いよ!

目次

1万円以下/前後の完全ワイヤレスイヤホンおすすめはどれ?

それではカジェログにて実際にレビューをした1万円以下/前後の完全ワイヤレスイヤホンをランキング形式で一挙ご紹介!

評価の基準として

  • 音質
  • コストパフォーマンスの高さ
  • 機能性(ノイズキャンセリングや外音取り込みなど)
  • 利便性(装着感やバッテリーの持ちなど)

それぞれを総合的に評価を行い、一番おすすめのイヤホンを発表します!

ランキング一覧の比較表はこちら!(商品画像をタップでレビュー欄までジャンプします。)

順位1位2位3位4位5位6位7位8位9位10位11位12位13位14位15位16位17位18位
商品名Soundcore Liberty Air 2 Pro
Soundcore Life A2 NC
TE-D01m
TE-D01gv
この画像には alt 属性が指定されていません
Soundcore Liberty Air 2
VERSA
TE-D01d mk2
EarFun Air Pro
SoundLiberty 94
H1
HA-A50T
FlyBuds NC
EP-N5
X3 ANC
SoundLiberty 88
MS-TW3
Truengine2
FreeBuds 3i
おすすめ度(5.0)(4.8)(4.7)(4.7)(4.6)(4.6)(4.6)(4.6)(4.6)(4.5)(4.3)(4.2)(4.2)(4.0)(3.5)(3.5)(3.5)(3.0)
Bluetooth5.05.05.25.05.05.05.05.05.15.05.05.05.05.05.05.05.05.0
コーデックSBC,AACSBC,AACSBC,AAC,aptX,aptX AdaptiveSBC,AAC,aptX,aptX AdaptiveSBC,AACSBC,AAC,aptXSBC,AAC,aptXSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AAC,aptXSBC,AAC,aptXSBC,AAC
防水IPX4IPX5IPX4IPX7IPX5IP67IPX5IPX5IPX4IPXIPX4IPX4IPX5IPX7IPX7IPX7IPX5IP54
再生時間本体:6時間
ケース込:21時間
本体:6時間
ケース込:30時間
本体:10時間
ケース込:50時間
本体:最大11時間
ケース込:最大50時間
本体:7時間
ケース込:28時間
本体:8時間
ケース込:32時間
本体:11時間
ケース込:120時間
本体:7時間
ケース込:25時間
本体:5時間
ケース込:20時間
本体:5時間
ケース込:20時間
本体:6時間
ケース込:24時間
本体:8時間
ケース込:24時間
本体:5時間
ケース込:20時間
本体:6時間
ケース込:24時間
本体のみ:4時間
ケース込:25時間
本体のみ:10時間
ケース込:60時間
本体のみ:7時間
ケース込:30時間
本体:3.5時間
ケース込:14.5時間
充電端子Type C
Qi(ワイヤレス充電)
Type CType CType CType C
Qi(ワイヤレス充電)
Type CType CType CType CType CType CType CType CType CType CmicroUSBType C
Qi(ワイヤレス充電)
Type C
質量本体:5.2g
ケース込:60.7g
本体:6.2g
ケース込:68.7g
本体:6.8g
ケース込:53.3g
本体:4.7g
ケース込:49g
本体:5g
ケース込:53g
本体:4.5g
ケース込:40g
本体:4.5g
ケース込:40g
本体:6.1g
ケース込:53.2g
本体:5.3g
ケース込:49.8g
本体:
ケース込:
本体:7.1g
充電ケース:62g
本体:5.6g
ケース込:53.4g
本体:
ケース込:
本体:6g
ケース込:44g
本体:4.6g
ケース込:51.8g
本体:5.6g
ケース込:52.2g
本体:6.1g
ケース:86g
本体:5.5g
ケース:51g
価格12,980円9,990円13,750円8,910円7,999円12,980円11,980円7,999円9,999円11,800円9,900円6,999円7980円8,980円7,599円12,000円8,980円10,300円
カジェット

まず1位から発表するでー!

1位 ANKER Soundcore Liberty Air 2 Pro

総合評価

5/5

Soundcore Liberty Air 2 Pro

  • AirPods Proと同等クラスの遮音性能
  • 音質もかなりの良さ HearIDでさらに化ける
  • アプリのカスタマイズ性が高い
  • ワイヤレス充電が便利
  • ケースもコンパクトで携帯性が高い
  • 性能と音質に対するコスパが高すぎる
  • なし(欲を言えばAirPods Pro級の外音取り込み性能であれば完璧)

4.1

高音

4.0

中音

4.2

低音

4.8

ノイズキャンセリング

4.3

外音取り込み

4.8

利便性

Bluetooth5.0最大再生時間
※ノイキャンON
本体6時間/
ケース込21時間
コーデックSBC,AAC充電時間約2時間
15分充電で2時間動作
ドライバーダイナミック型充電端子Type C
Qi
専用アプリ防水IPX4
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
5.2g/60.7g
外音取り込み保証18ヶ月
会員登録で+6ヶ月
自動装着検出公式サイトこちら

Soundcore Liberty Air 2 Proはモバイルバッテリーで有名なAnkerより2020年1月に発売した、同社初のノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤホンです。

2万円クラスの完全ワイヤレスに匹敵するノイズキャンセリング性能外音取り込み機能。さらにアプリワイヤレス充電にも対応。

音質も前作のSoundcore Libery Air2より良くなり、ドンシャリ傾向ですが高解像度で迫力もあり、ロックやポップスに最適!さらにHearIDという機能で自分の耳に対して最適な音に自動でチューニングもしてくれます。

音質、性能共に隙なし!まさに1万円前後でコスパ最強の名に相応しいイヤホンです。

カジェット

早くも2021年のベストバイの1つには入る完成度!1万円前後のおすすめイヤホンで堂々の1位です!

▲製品一覧に戻る

2位 ANKER Soundcore Life A2 NC

総合評価

4.8/5

Soundcore Life A2 NC

  • AirPods Proと同等クラスの遮音性
  • アプリのカスタマイズ性が高い
  • 音質も上位機種に匹敵する良さ
  • ケースもコンパクトで携帯性が高い
  • 再生時間が長い
  • これだけの性能を備えて1万円以下
  • HearIDに対応していない
  • 自動装着検出に対応していない
  • ワイヤレス充電には対応していない

4.1

高音

3.8

中音

4.2

低音

4.8

ノイズキャンセリング

4.3

外音取り込み

4.5

利便性

Bluetooth5.0
最大再生時間
※ノイキャンON
本体6時間/
ケース込30時間
コーデックSBC,AAC充電時間約2時間
15分充電で3時間動作
ドライバー11mm
ダイナミック型
充電端子Type C
専用アプリ防水IPX5
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
6.2g/68.7g
外音取り込み保証18ヶ月
会員登録で+6ヶ月
自動装着検出公式サイトこちら

Soundcore Life A2 NCSoundcore Liberty Air2 proと同時期に発売した姉妹機で、こちらもノイズキャンセリングと外音取り込みが搭載しています。

音質やノイズキャンセリング、外音取り込みはSoundcore Liberty Air2 proとほぼ同レベルの性能ですが、「ワイヤレス充電」と耳への着脱で音楽が自動で再生/停止する「自動装着検出」、そして自分の耳に対して音を最適化する「HearID」機能が省かれています。

それらの機能を使用しない方は1万以下で買える分、Soundcore Life A2 NCのほうがコスパが高いとも言えますね。ノイズキャンセリング搭載で1万円以下で買えるコスパ最強の完全ワイヤレスイヤホンです。

カジェット

個人的にはSoundcore Liberty Air2 pro派だけど、Soundcore Life A2 NCでも十分すぎる実力!

▲製品一覧に戻る

3位 AVIOT TE-D01m

総合評価

4.7/5

TE-D01m

  • 装着感がかなり良い
  • 外音取り込みが自然
  • デザインがおしゃれでカラバリも豊富
  • まろやかで聴き疲れしにくいサウンド
  • ノイキャンの効果が薄い
  • 外音取り込みモード時に再生音量が自動で下がる

4.0

高音

4.1

中音

4.2

低音

3.5

ノイズキャンセリング

4.3

外音取り込み

4.7

利便性

Bluetooth
/チップ
5.2
/QCC3040
再生時間本体10時間
/ケース込50時間
コーデックSBC,AAC,aptX Adaptive充電時間約1.5時間
ドライバー6mm ダイナミック型充電端子Type C
専用アプリ防水IPX4
ノイズキャンセリング質量
※本体片耳/ケース
6.8g /53.3g
外音取り込み保証1年
自動装着検出×公式サイトこちら
スペック一覧

TE-D01mは凛として時雨のピエール中野氏や、ヤバイTシャツ屋さん、石野卓球など邦楽アーティストとのコラボで話題のイヤホンメーカー「AVIOT(アビオット)」から発売された同社初のノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤホンです。

Soundcore Liberty Air2 proと比べるとノイズキャンセリング性能は効果があるかどうかも一瞬分からないくらいマイルドですが、音質や再生時間はTE-D01mが上。まろやかで女性ボーカルがとても艶やか、デザイン性も高くアクセサリー感覚で使えます。

外音取り込みモードにすると音量が自動で下がるのが気になりますが、それなりに周りの音を自然に取り入れてくれます。

カジェット

ノイズキャンセリングは度外視で、音質と再生時間にこだわるならTE-D01mを選ぶのもあり!

▲製品一覧に戻る

4位 AVIOT TE-D01gv

TOTAL

4.7/5

TE-D01gv

TE-D01gvの本体の再生時間は11時間、ケース込みで最大50時間
  • 1万円以下としては音質が最高クラス
  • 再生時間が11時間と長い
  • デザインがおしゃれ
  • 高い防水性
  • 外音取り込みの性能はイマイチ
  • ケースから取り出しにくい

4.0

高音

4.3

中音

4.1

低音

3.8

解像度

3.9

装着感

4.2

利便性

TE-D01gvは同じくAVIOTより1万円以下で購入できるハイコスパの完全ワイヤレスイヤホンです

TE-D01mと比べるとノイズキャンセリング機能はついておらず、外音取り込み機能もガサガサとした音でイマイチな性能ですが、それ以外の性能は同じレベルで高スペック。

音質はTE-D01mよりフレッシュで活き活きとした印象。ロックやアニソンをフレッシュで艶やか且つ高解像度。1万円以下で最強クラスの音質です。

カジェット

性能より音質にこだわりたい方はTE-D01gvが最強!

▲製品一覧に戻る

5位 ANKER Soundcore Liberty air 2

総合評価

4.6/5

Soundcore Liberty Air 2

充電ケースと本体
  • 充電ケースが超コンパクト
  • スタイリッシュな見た目
  • 音も操作も好みにカスタマイズ
  • ワイヤレス充電対応
  • マイク性能が優秀
  • 音質はイマイチ(アプリである程度は改善)

3.7

高音

3.5

中音

3.8

低音

4.7

コスパ

4.2

装着感

5.0

利便性

Soundcore Liberty Air 2はAnkerより2019年に発売した1万円以下で大定番の完全ワイヤレスイヤホンです。

後継機の「Soundcore Liberty Air 2 Pro」と比べると「外音取り込み」と「ノイズキャンセリング」が省かれていますが、それらの性能にはこだわらない方には高いコストパフォーマンスを発揮してくれます。

音質は価格相応ですが、「HearID」という自分の耳に対して自動で最適にチューニングを行う機能や、イコライザー機能も豊富で自分好みの音質に変えることができます。

通話品質も高く、テレワーク向けのヘッドセットとしても最適!超マルチに活躍できる完全ワイヤレスイヤホンです。

カジェット

1万円以下の大定番!音質より利便性重視という方はこれ!

▲製品一覧に戻る

6位 XROUND VERSA

総合評価

4.6/5

VERSA

VERSA
  • 音場の広さに感動する
  • 意外とフラットな傾向で繊細な表現もできる
  • フィット感が最高
  • 防水性も高い
  • ワイヤレス充電にも対応
  • 圧倒的コスパの高さ
  • 外音取り込み機能が欲しかった

4.4

高音

4.3

中音

3.8

低音

4.6

コスパ

4.8

装着感

4.2

利便性

Bluetooth5.0再生時間本体:8時間
ケース込:32時間
コーデックSBC,AAC,aptX充電時間表記なし
ドライバー6mm
ダイナミック型
充電端子USB Type C
Qi
専用アプリ×質量本体(片耳):4.5g
ケース込:60g
ノイズキャンセリング×防水IP67
外音取り込み×保証1年
自動装着検出×公式サイトこちら

VERSAは台湾のオーディオメーカー「XROUND(エックスラウンド)」が販売する完全ワイヤレスイヤホンです。

ノイズキャンセリングや外音取り込み機能などは備えていませんが、音質は今回紹介するイヤホンの中では特によく、ホールで聴いているかのような広い音場と、伸びやかな高音フラットで高解像度のサウンドが特徴です。

本体が軽く、耳の軟骨に引っ掛けて固定する「イヤーフィン」がついているため、装着感も非常に軽やかで良好。

防水性もイヤホンをつけた状態でシャワーを浴びても壊れないほどの高さで、スポーツシーンでも大活躍。

音質と装着感にこだわりたい方におすすめの完全ワイヤレスイヤホンです。

カジェット

めっちゃ音場が広くてホール感がすごい!高域も伸びやかでスムース!

エックスラウンド(Xround)
¥12,980 (2021/03/02 15:48:45時点 Amazon調べ-詳細)

▲製品一覧に戻る

7位 AVIOT TE-D01d mk2

総合評価

4.6/5

TE-D01d mk2

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_2836.jpg
  • 邦楽ロックとの相性が最高
  • 超タフネスバッテリー
  • ワイヤレス充電対応
  • モバイルバッテリーとして使える
  • 安定した装着感
  • 付属品が超豊富
  • 充電ケースが大きい
  • 外音取り込みが不自然
  • ボタンの位置が悪い

4.2

高音

4.3

中音

4.1

低音

4.5

コスパ

4.4

装着感

4.3

利便性

TE-D01d mk2はAVIOTより2019年12月に発売した完全ワイヤレスイヤホンです。

TE-D01gv同様ノイズキャンセリング機能はついていませんが、高い音質と充電ケース含め最大120時間再生ができる驚愕のタフネスバッテリーが特徴です。

モバイルバッテリー代わりに使うこともでき、いざという時にお手持ちのスマートフォンを充電することもできます。

音質はTE-D01gvとほぼ同等レベルで、バッテリー容量の差と脱落防止用のイヤーフィンや首かけストラップの付属の違いがあるくらいです。

カジェット

コスパならTE-D01gv、ノイズキャンセリングなど性能面も含めだとTE-D01m、バッテリーの持ちや装着感だとTE-D01mk2って感じかな。

▲製品一覧に戻る

8位 Earfun Air Pro

総合評価

4.5/5

EarFun Air Pro

  • ノイズキャンセリング性能が高い
  • 自動装着検出機能が便利
  • 音質も十分に良い
  • 外音取り込みは聞こえやすいが、高音の刺さりが気になる
  • タッチ操作がしづらい
  • 気軽にノイキャン→外音取り込みの切り替えができない
  • 音漏れが少しある

3.7

高音

3.6

中音

3.7

低音

4.3

ノイズキャンセリング

4.3

外音取り込み

4.5

利便性

Bluetooth5.0再生時間本体7時間/
ケース込25時間
コーデックSBC,AAC充電時間本体1.5時間
ケース2時間
ドライバーダイナミック型充電端子Type C
専用アプリ×質量
(本体片耳/ケース)
6.1g /53.2g
ノイズキャンセリング防水IPX4
外音取り込み保証18ヶ月
自動装着検出×公式サイトこちら

Earfun Air Pro7000円台で購入できるノイズキャンセリング・外音取り込み機能付きの完全ワイヤレスイヤホンです。

音質は今まで紹介してきた製品と比べると劣りますが、こだわりがなければ一聴して良いと感じるレベルでロックやポップスとの相性が良いバランス型のサウンド。

ノイズキャンセリングレベルは中々高く、周りの騒音レベルをグッと引き下げてくれます。外音取り込みも周りの音が聞こえやすいですが、高音の刺さりが気になるため耳障りに感じる部分もあります。

価格を考えれば十分すぎる性能の高さ。コストパフォーマンスは非常に高いです。

カジェット

この価格で実用レベルのノイズキャンセリング機能がついていることが凄いのよね。

▲製品一覧に戻る

9位 TaoTronics SoundLiberty 94

総合評価

4.6/5

SoundLiberty 94

  • 1万円以下とは思えないくらいノイズキャンセリング効果が高い
  • 外音取り込みも自然
  • 音質もバランスが良く万人受けしやすい
  • 音の遅延もかなり少ない
  • タッチ操作がしにくい

3.5

高音

3.5

中音

3.6

低音

4.4

ノイズキャンセリング

4.0

外音取り込み

4.6

利便性

Bluetooth
/チップ
5.1/
AB1522A
最大再生時間
※ノイキャンON
本体5時間/
ケース込20時間
コーデックSBC,AAC充電時間約2時間
ドライバー9.2mm
ダイナミック型
充電端子Type C
専用アプリ防水IPX4
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
5.3g/49.8g
外音取り込み保証1年
自動装着検出公式サイトこちら

SoundLiberty 94はコスパの高さで定評のあるTaoTronicsから発売した初のノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤホンです。

1万円以下の完全ワイヤレスイヤホンの中ではノイズキャンセリング性能がとくに高く、高い遮音性を提供してくれます。

音質もバランスよく聴きなじみの良いサウンド。タッチ操作が若干しにくいという以外は弱点の少ないイヤホンです。

しかし、今回紹介しているAnkerのノイズキャンセリングイヤホンの登場により立場が中途半端に…。クーポンでかなり安くなっていることもあるので、そのタイミングで購入するのはおすすめです。

カジェット

決して悪い商品ではないんだけど、Ankerのノイキャンモデルの出来が良すぎたんだ…。

▲製品一覧に戻る

10位 SOUNDPEATS H1

総合評価

4.5/5

H1

  • 繊細さとパワフルさを両立したサウンド
  • ワイヤレス充電に対応
  • マイク性能も高い
  • スペックが全体的に高い
  • とくになし

4.3

高音

4.2

中音

4.0

低音

4.5

コスパ

4.5

装着感

4.5

利便性

H1は安く高品質なワイヤレスイヤホンを提供する「SOUNDPEATS(サウンドピーツ)」が発売するフラグシップモデル。

通常のドライバー構成とは異なり、一般的に普及しているダイナミックドライバーと、補聴器などで使用され繊細な音を得意とするバランスド・アーマチュアドライバーの2つを搭載したハイブリッド構成。

ダイナミックさと繊細さを両立したサウンドで、ノリよく高解像度でロックやポップスを気持ちよく鳴らしてくれます。

映像と音声のズレを極限まで少なくする「ゲームモード」も搭載し、完全ワイヤレスでゲームや映画を楽しむのにも最適です。

カジェット

艶やかさや色っぽさならTE-D01gv、音の広さと伸びやかさならVERSA、ダイナミックさと高解像度ならH1といったイメージです

▲製品一覧に戻る

11位 JVC HA-A50T

総合評価

4.3/5

HA-A50T

  • 価格にしてはノイズキャンセリング効果が強い
  • こだわりがなければ十分満足できる音質
  • 1万円以下で外音取り込みも搭載している
  • マイク性能が優秀
  • ノイズキャンセリングは手動でONにしないといけない
  • 音ズレが大きい

3.8

高音

3.8

中音

3.9

低音

4.3

ノイズキャンセリング

4.0

外音取り込み

4.2

利便性

Bluetooth5.0最大再生時間
※ノイキャンON
本体6時間/
ケース込24時間
コーデックSBC,AAC充電時間本体2.5時間
ケース3.5時間
10分充電で1時間動作
ドライバー10mm
ダイナミック型
充電端子Type C
専用アプリ防水IPX4
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
7.1g/62g
外音取り込み保証1年
自動装着検出公式サイトこちら

HA-A50Tは日本のオーディオメーカー「JVC(ジェーブイシー)」から発売したノイズキャンセリング対応完全ワイヤレスイヤホンです。

充電ケースと本体がやや大きめですが、特に携帯性が悪いとは感じず装着感も見た目以上に良好な印象。

ノイズキャンセリング性能は価格を考えれば十分な遮音性の高さ。音質も豊かで聴きやすいサウンドです。

ただ、Ankerのノイズキャンセリングイヤホンの発表により立ち位置が中途半端に。特に選ぶ理由はないかなというのが個人的な意見です。

カジェット

悪くはないんだけど、Ankerが良すぎるんだよ。

JVCケンウッド
¥9,288 (2021/03/02 16:03:44時点 Amazon調べ-詳細)

▲製品一覧に戻る

12位 Tribit FlyBuds NC

総合評価

4.2/5

FlyBuds NC

  • 聴き疲れしにくい、まろやかなサウンド
  • 外音取り込み音の刺さりが少ない
  • 良好な装着感
  • なにより安い
  • ノイズキャンセリング性能はそこまで高くはない
  • イヤーピースの品質がイマイチ

3.5

高音

3.5

中音

3.5

低音

3.7

ノイズキャンセリング

4.5

コスパ

4.3

利便性

Bluetooth5.0
最大再生時間
※ノイキャンON
本体8時間/
ケース込24時間
コーデックSBC,AAC充電時間90分
ドライバー10mm
ダイナミック型
充電端子Type C
専用アプリ防水IPX4
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
5.6g/53.4g
外音取り込み保証1年
自動装着検出公式サイトこちら

FlyBuds NCはTribitから発売したノイズキャンセリング機能付き完全ワイヤレスイヤホンです。

その特徴は、ノイズキャンセリング搭載で6000円台で購入できるという価格の安さ。ただ、ノイズキャンセリング性能はほんのりとした効果しかなく、あまり遮音性は高くありません。

外音取り込みは自然で音質もクセがなく、特徴は少ないけどバランスも良いイヤホンです。

カジェット

たまにクーポンで3000円台になったりと、とんでもなく安くなっていることもあるから、その時はコスパが異常になります。

▲製品一覧に戻る

13位 AUKEY EP-N5

総合評価

4.1/5

EP-N5

  • 中高域がクリアでボーカルものと相性が良い
  • ノイズキャンセリングも程よく効き目が良い
  • 充電ケースが薄く携帯性が良い
  • 外音取り込み機能がついていない
  • 映像と音のズレが激しい

3.8

高音

3.8

中音

3.7

低音

4.2

ノイズキャンセリング

4.2

装着感

4.0

利便性

Bluetooth5.0
最大再生時間
※ノイキャンON
本体4.5時間/
ケース込35時間
コーデックSBC,AAC充電時間約1.5時間
ドライバー10mm
ダイナミック型
充電端子Type C
専用アプリ防水IPX5
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
4.9g/47.9g
外音取り込み保証2年
自動装着検出公式サイトこちら

EP-N5はモバイルバッテリーで有名な「AUKEY(オーキー)」から発売するノイズキャンセリング対応完全ワイヤレスイヤホンです。

ボーカルラインが綺麗に聴こえる音質で、ポップスや女性ボーカルとの相性が良い印象。ノイズキャンセリング効果もそれなりには高いですが、ランキング上位の機種と比べるとやはり劣ります。

外音取り込みがついていないため、周りの音を聞きたい時はイヤホンを毎回外す必要があり煩わしく感じます。音と映像との遅延も激しく、動画・アニメなどは関連は一切向いていません。

カジェット

うーん、特に選ぶ理由は無いかなぁー。

▲製品一覧に戻る

14位 Mpow X3 ANC

総合評価

3.6/5

X3 ANC

パッケージ
  • ノイズキャンセリングが意外と強い
  • 音質のバランスがよい
  • 性能のバランスも良い
  • 安い
  • ノイズキャンセリングを手動でオンにしないといけない
  • 超高域に若干ザラつきあり
  • 皮脂汚れが目立つ

3.5

高音

3.5

中音

3.5

低音

3.5

ノイズキャンセリング

3.8

装着感

4.0

利便性

Bluetooth
/チップ
5.0
BES2300Z
最大再生時間
※ノイキャンON
本体6時間/
ケース込24時間
コーデックSBC,AAC充電時間約○時間
ドライバー10mm
ダイナミック型
充電端子Type C
専用アプリ防水IPX4
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
6g/44g
外音取り込み保証1年
自動装着検出公式サイトこちら

X3 ANCは中国深センのオーディオメーカーMpow(エムパウ)から発売する、ノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤホン。

音質は中低域寄りのバランスの良いサウンドで、特徴もないけどクセもありません。

ノイズキャンセリング性能は程よく高く、それなりのこ遮音性を提供してくれます。ただ、毎回手動でノイズキャンセリングをオンにする必要があり、煩わしく感じます。

また、外音取り込み機能はついていません、

発売当初は一万円以下でノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスが発表されたと話題になりましたが、今や競合製品が続々と発売している状況のため、特にX3 ANCを選ぶ必要はないかな?とは感じます。

カジェット

いまはX3 ANCより良い製品ばかりなので、選ぶ理由はなし。

▲製品一覧に戻る

15位 TaoTronics SoundLiberty 88

総合評価

3.5/5

SoundLiberty 88

充電ケース
  • 耳が密閉されず開放的
  • BGM感覚で音楽や動画を楽しめる
  • 通話中にノイズが入りにくい
  • 自動耳検出機能搭載
  • 最大再生時間がやや短い

3.4

高音

3.4

中音

3.3

低音

3.5

コスパ

4.0

装着感

4.0

利便性

SoundLiberty 88はTaoTronicsより発売する、耳を密閉しないインナーイヤー型を採用した完全ワイヤレスイヤホンです。

密閉しないため、BGM感覚で音楽やラジオを聴くのに最適!通話品質もそれなりに高いので、いま話題のclubhouseに使うのにもおすすめです。

ただ、インナーイヤー型の中では価格が高く感じるため、安くて性能が高いSOUNDPEATS TruAir2の方がおすすめです。

カジェット

インナーイヤー型にしてはちょっと高いんだよね。

▲製品一覧に戻る

16位 M-SOUNDS MS-TW3

総合評価

3.5/5

MS-TW3

MS-TW3 本体 ケース
  • マイルドなサウンド
  • テレワークでも声が聞き取りやすい
  • 安定した接続性
  • フィット感が良好
  • 丸洗いできる高い防水性
  • 充電端子がmicroUSB
  • 優等生がゆえに特徴が少ない

3.5

高音

3.6

中音

3.5

低音

3.5

コスパ

4.2

装着感

3.5

利便性

MS-TW3は「M-SOUNDS(エムサウンズ)」が販売する完全ワイヤレスイヤホン。

一世代前の製品のため、価格の割に性能が低く、未だに端子がmicroUSBという仕様。

音質はマイルドで聴きやすく、ある程度解像度も高いため満足はできますが、それ以外にパッとする特徴がないというのが現状。

性能・価格・音質面、どこを取っても今選ぶべきではない完全ワイヤレスイヤホンのように感じます。

カジェット

今では5000円以下の完全ワイヤレスイヤホンでMS-TW3より性能も音質も良い製品がゴロゴロありますね。

▲製品一覧に戻る

17位 SOUNDPEATS Truengine2

総合評価

3.5/5

Truengine2

Truengine2
  • イヤーフックにより耳から落ちにくい
  • ワイヤレス充電対応
  • 再生時間が長い
  • 充電ケースが大きい
  • 音質は6000円台のTruengine 3SEの方が良い

3.7

高音

3.7

中音

3.9

低音

3.5

コスパ

4.0

装着感

4.0

利便性

Truengine2はコスパで定評のある「SOUNDPEATS(サウンドピーツ)」より販売する完全ワイヤレスイヤホンです。

かつてはフラグシップモデルとして販売されており、2つのダイナミックドライバーを搭載したデュアル構成を採用。

一見スペックも音質も良さそうですが、個人的には低域の量感が多すぎるような印象で、中高域が少しこもっているように感じました。

Truengine2より安いTruengine 3SEsonicのほうが正直良い音と感じました。期待値が高かっただけに残念。

カジェット

充電ケースも大きく携帯性も悪め。SOUNDPEATSの製品は基本外れはないのですが、Truengine2は個人的にイマイチでしたね。

SoundPEATS(サウンドピーツ)
¥7,990 (2021/03/02 15:48:47時点 Amazon調べ-詳細)

▲製品一覧に戻る

18位 HUAWEI FreeBuds 3i

総合評価

3/5

FreeBuds 3i

イヤホン本体
  • ノイキャン効果がすごい
  • ノイキャン搭載なのに安い
  • 再生時間が短すぎる
  • 音質はイマイチ
  • iPhoneに専用アプリがない

2.5

高音

3.0

中音

3.5

低音

4.5

ノイズキャンセリング

2.0

コスパ

3.0

利便性

FreeBuds 3iはスマートフォンメーカー「HUAWEI(ハーウェイ)」より発売されたノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤホンです。

ノイズキャンセリング性能はAirPods Proに匹敵するレベルで高い遮音性を提供してくれますが、それ以外の音質や再生時間がダメダメすぎるイヤホン。

高域がざらつき、女性ボーカルのピークラインが「ジャリ」っとした音で鳴らしてしまうので心地よく聴けません。

カジェット

同じ価格なら、絶対Soundcore Liberty Air 2 Proを選んだほうが良い。僕は3000円でも買わない。

HUAWEI(ファーウェイ)
¥10,300 (2021/03/02 16:03:48時点 Amazon調べ-詳細)

▲製品一覧に戻る

おすすめの1万円以下/前後の完全ワイヤレスイヤホンまとめ

ということで、1万円以下/前後の完全ワイヤレスイヤホンをまとめて18点ご紹介しました!

一番おすすめはAnkerの「Souncore Liberty Air 2 Pro」です!

おすすめポイント
  • 1万円ほどでAirPods Proに匹敵するノイズキャンセリング性能の高さ
  • 外音取り込みやワイヤレス充電、自動装着検出、アプリ対応など機能性抜群
  • 音質はドンシャリ傾向だが、HearIDで自分好みの音に自動でチューニングしてくれる。
カジェット

これ1択でもいいよ!って言えるくらい機能性に優れたイヤホン!音質も十分に良い!

予算を1万円以下に収めたい方は、姉妹機であるSoundcore Life A2 NCがおすすめ!ワイヤレス充電、自動装着検出、HearIDを使わなければほぼ同等クラスの性能です。

そのほかタイプ別のおすすめイヤホンはこちら!

タイプ別おすすめのイヤホン
カジェット

僕の主観でのおすすめイヤホンなので、参考程度に見ていただけますと幸いです!

予算5000円前後で完全ワイヤレスイヤホンを探したい方はこちらの記事もご覧ください!

▲製品一覧に戻る

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる