【5000円以下も】安い!コスパ最強完全ワイヤレスイヤホン価格帯別おすすめ20選

コスパ最強完全ワイヤレスイヤホン アイキャッチ
-読み飛ばしガイド-
価格帯別おすすめ完全ワイヤレスイヤホン

元イヤホン専門店スタッフのかじかじ (@kajet_jt)です!

左右をつなぐケーブルのないイヤホン「完全ワイヤレスイヤホン」が世間でも大人気ですが、

  • 種類が多すぎて選び方がわからない!
  • そもそも予算はどれくらいで考えておくべき?
  • どこを見て良いイヤホンかどうか判断すればいいの?

とお悩みの方もいらっしゃるかと思います。

こちらの記事では元オーディオ販売スタッフである筆者が、コスパ最強の完全ワイヤレスイヤホンを価格帯別に厳選!これを選べば間違いないというものをチョイスし、ランキング形式で発表します。

選び方も併せてご案内しますので、これを見ればどれを選べばかわかるようになるまで徹底解説していきます。

かじかじ

ちなみにレビューしたことのあるイヤホンしか紹介しないから参考になりやすいかと!

まず、完全ワイヤレスイヤホンの選び方からお伝えしますが、「そんなの知ってる!」って方は>>目次から気になる価格帯のランキングまでジャンプしちゃってください。

目次
かじかじ
元イヤホン専門店スタッフ
オーディオ販売歴9年。元々イヤホン専門店で店長やWEBマーケを担当してました。

2021年11月からYouTubeのレビューも始めました!

完全ワイヤレスイヤホンの選び方5つ

かれこれ当ブログで100機種ほどのワイヤレスイヤホンをレビューしてきましたが(本業を含めれば数百機種以上…。)、その経験から完全ワイヤレスイヤホンの選び方を解説していきます。

ちなみに完全ワイヤレスイヤホンは日進月歩!半年も経てば市場がガラっと変わっていきますので、その時々のトレンドに合わせて選び方を更新していきます。

かじかじ

2018年ごろとか再生時間3時間で音途切れは当たり前、それで2万円とかしていた時代だったもの…。

最低でも欲しいスペックの数値

悩んでいる人

再生時間の表記があるけど、これが長いのか短いのかわからないよー!バージョンってなに?プロファイルってなに??IPXなんたらってなに!?

かじかじ

それぞれのスペックの解説と、最低限必要なスペックを紹介するよ!

完全ワイヤレスイヤホンの主要スペックと、僕の経験則から最低限これくらいは欲しいと思えるスペックをまとめてみましたので、以下の表を参考にしてみてください。

スペック説明
Bluetoothバージョン5.0以上であれば接続は安定するものが多い。
市場の完全ワイヤレスイヤホンの99%は5.0以上。バージョンが高いに越したことはないが、5.0以上であれば気にしなくても良い。
コーデック音声データをイヤホン側に飛ばす時の規格のようなもの。
AACには対応しておいて欲しい。

SBC → 標準コーデック 音質× 遅延×
AAC → 音質△ 遅延△
-以下はiPhoneは対応していません
aptX → 音質○ 遅延○
aptX LL → 音質○ 遅延◎
aptX HD → 音質◎ 遅延○ ハイレゾ対応
aptX Adaptive →  音質◎ 遅延◎ ハイレゾ対応
LDAC → 音質★ 遅延× ハイレゾ対応
プロファイル音楽を聴けるか?動画を見れるか?通話ができるか?などイヤホンでできることがわかる。
全て対応しているものがほとんどなので気になくて良い
ドライバー音を鳴らすパーツ。ドライバーが大きくても音が悪いことはザラにあるので、完全ワイヤレスイヤホンの場合は基本的に気にしなくても良い
再生時間本体は4時間以上、ケース込みで16時間以上はほしい
充電時間平均2時間程度で満充電になる
充電端子USB Type Cに対応していれば最新機種であることが多い。
Qi(ワイヤレス充電)に対応していればさらに便利。
防水IPX1〜IPX8まであり、値が高いほど防水性能が高い。スポーツや雨天時の使用であればIPX4以上は欲しい。
質量軽いと携帯性や装着感が良好になる。軽いに越したことはない。
ノイズキャンセリング周りの音を遮音する機能。1万円以上の製品に備えていることが多い。あれば便利。
外音取り込みイヤホンをつけながら周りの音を聴くことができる機能。家やオフィスでBGM感覚で音楽やラジオを聴きたい時にあれば便利。
自動装着検出イヤホンを耳に装着すると自動で音楽が再生したり、外すと止まったりする機能。なくても問題はないが、あれば便利。

スペックを見てていつも思うんだけど、意外と気にしなくても良い項目も多いんですよね。

今回紹介するイヤホンは主要スペックが必要な数値を満たしている製品のみ紹介しているためご安心ください。

かじかじ

大事なのは「音質」「装着感」「携帯性の良さ」そして機能が備わっていれば「ノイズキャンセリングや外音取り込みの精度の高さ」

イヤホンの良し悪しがスペックだけでは分からない部分も多いですが、音質面装着感などもレビューしていきますので参考にしてみてください!

予算を決める

悩んでいる人

そもそも予算ってどれくらいで見ておけばいいの?

かじかじ

ピンキリだけど、予算を掛けたくない初心者の方なら5,000円〜10,000円くらいでもいいかな?ただ20000円以上のイヤホンはやっぱり満足度は高いよ!

完全ワイヤレスイヤホンの価格帯は3,000円〜40,000円ほど。それ以上やそれ以下の価格帯の製品もありますが、おおよそこれくらいです。

僕の経験則ですが、ざっくりと価格帯別に完全ワイヤレスイヤホンの性能を分けるとこんな感じです。

  • 〜3000円 → 音質やスペックは普通。
  • 〜5,000円 → 十分なスペックの高さ、音質のグレードも少しUP
  • 〜10,000円 → 音質のグレードがかなり上がる、またはノイズキャンセリングや外音取り込みなどの機能を備える
  • 〜20,000円 → 音質の良さとノイズキャンセリングなどの機能性をどちらも備える、またはどちらかのグレードが高い。
  • 20,000円〜 → 音質の良さとノイズキャンセリングなどの機能性、どちらのグレードも高い。

だいたい上記のようなイメージですが、中には1万円以下で2万円級の性能、または音質を備えるイヤホンも存在します。このような製品が「コスパ最強」と話題になり人気が出ることが多いように感じます。

そのイヤホンで何をしたい?

かじかじ

どんな場面で使います?そしてどんな音源聴きます?

悩んでいる人

うーん、通勤中に音楽を聴く用にかな〜。あとはWEB会議にも使いたいし、ジョギングにも使いたい。

完全ワイヤレスイヤホンといってもその性能は多種多様。

とにかく良い音で聴ける「音質」に特化したイヤホンもあれば、周りの音を遮音する「ノイズキャンセリング」など性能面に特化したイヤホンなどさまざま。

普段、自分がイヤホンを使っているシーンを思い出しながら、何を聴きたいか?何に使いたいか?で完全ワイヤレスイヤホンの予算やスペック、形状の選び方が異なってきます。

音源別とシーン別のイヤホンの使い方はざっとこの通り

音源
  • 音楽鑑賞
  • 映画、アニメなど動画鑑賞
  • テレワーク、通話
  • 音声学習やラジオ
  • etc
シーン
  • 通勤、通学
  • スポーツ、ジョギング
  • オフィス
  • 自宅
  • etc

この「音源」と「シーン」を掛け合わせて、そこにどれだけの「予算」をつぎ込むかによって自分にぴったりのイヤホンの選び方が見えてきます。

音楽鑑賞メインの場合は音質にも注目

かじかじ

普段どんな音楽を聴きます?音の良さって結構こだわります?

悩んでいる人

うーん、ロックとか聴くかな〜。RADWIMPSとか。音質はこだわってはいないけど、良いに越したことはないかな?

音楽鑑賞を軸に完全ワイヤレスイヤホンを選ぶ場合、製品によって

  • ロックに最適
  • 重低音の迫力がすごい
  • ボーカルが色っぽい

など音の傾向が異なります。

普段、ロックやEDMなど激しい楽曲を聴くのに、しっとりとした柔らかな音のイヤホンを選んでしまうと相性が悪く、楽器やトラックを聴きたいのにボーカルばかりが目立って聴こえてしまうことも。

また、音の傾向はスペックでは判断することができません

今回紹介するイヤホンは全て音質レビューも掲載していますので参考にしてみてください。

予算と欲しい性能、音質とのバランスが大事

以上、選び方をご紹介しましたが、最終的には予算と自分が欲しい性能、そして音質とのバランスが重要になってきます。

悩んでいる人

じゃあ予算1万円までで通勤通学中で聴きたい!ロックにおすすめのイヤホンで、できればスポーツや通話にも使いたい!

かじかじ

だったら「SoundCore Life P3」がおすすめです!

ここで「SoundCore Life P3」を選んだ理由としては以下の通り

  1. 価格が8,980円と予算内。
  2. 「通勤」に最適な周りの雑音をかき消す「ノイズキャンセリング機能」を搭載し、電車の走行音やオフィスの空調音をストレスのないレベルまで遮音。
  3. 音質はロックに最適で、低音が多く高域もシャキっと元気よく出るサウンド。アプリで自分好みの音にカスタマイズもできる。
  4. IPX4相当の防水性能を備え、スポーツ時の汗や雨天時での使用でも壊れる心配がなく安心。
  5. マイク品質も高く、テレワークやWEB会議でも問題なく使用できる。

このように予算や好きな音や音楽のジャンル、利用シーンによっておすすめのイヤホンはさまざま。さらに携帯性の高さや装着感も気にする必要もあります。

ここからは各予算別におすすめのイヤホンをランキング形式で発表していきます!

おすすめの利用シーンや音の傾向、装着感など、できる限り細かく掲載しますので参考に見て頂ければ幸いです。

かじかじ

イヤホンは趣味・副業・本業含め数千種類と聴いてきたので、選定商品に自信はあります!

ランキングの決め方

ランキングを選定するにあたり、以下の項目を重点的にチェックしています。

ランキングのポイント
Soundcore Liberty Neo 2 外箱

①実機でレビューをした商品のみ選定

今回選定したイヤホンはカジェログにて実際に購入、または提供いただいた製品のみをレビューし、ランキング形式で発表しています

②音質

音質は高音・中音・低音・その他解像度や迫力などを総合的に評価。あくまで筆者の主観での評価になります。

③コスパの高さ

5000円前後の価格帯でも特にコストパフォーマンスが高いと感じたものを5点満点で評点しています。

④装着感

完全ワイヤレスイヤホンを使っていく上で特に重要な装着感も5点満点で評点。こちらも筆者の耳で検証したため主観での評価となります。

⑤利便性

スペックを中心にノイズキャンセリング・外音取り込み・通話品質や充電ケースの小ささなど利便性を総合的に評価し、5点満点で評点をつけています。

⑥総合評価

音質・コスパ・装着感・利便性、それぞれの性能を総合的に評価し、筆者の主観にて5点満点で評点をつけています。

ランキングの概要は以上のとおりですが、ぶっちゃけ独断と偏見のランキングです。

全部試してみて筆者が良かったと思った順で価格帯別にランキングTOP5をつけていますので、参考になれば幸いです!

かじかじ

早速1位から発表!

【5000円以下】コスパ最強完全ワイヤレスイヤホン TOP5

まずはじめに、5,000円以下で買えるコスパ最強の完全ワイヤレスイヤホンTOP5をご紹介!

この辺りの価格帯はノイズキャンセリングや外音取り込み機能はついていないため、音質と装着感、スペックの高さが重要になってきますね。商品一覧はこちら!

スクロールできます
ランキング1位2位3位4位5位
商品名sonic
SoundLiberty 97
EarFun Free ProSoundcore Liberty Neo 2
Soundcore Liberty Neo 2
Soundcore Life P2 mini
Soundcore Life P2 Mini
総合評価(5.0)(4.9)(4.8)(4.8)(4.7)
音質(3.9)(3.7)(3.6)(3.7)(3.7)
装着感(4.3)(4.0)(4.3)(4.5)(4.5)
ノイズ
キャンセリング
(4.2)
外音取り込み(3.6)
利便性(4.0)(4.2)(4.3)(4.3)(4.0)
低遅延モード
Bluetooth5.25.05.25.25.2
コーデックSBC,AAC,
aptX Adaptive
SBC,AAC,aptXSBC,AACSBC,AACSBC,AAC
防水IPX5IPX8IPX5IPX7IPX5
再生時間本体:15時間
ケース込:35時間
本体:9時間
ケース込:36時間
本体:6時間
ケース込:27時間
本体:10時間
ケース込:40時間
本体:8時間
ケース込:32時間
充電端子Type CType CType C
Qi
Type C
Qi
Type C
価格¥4,980¥4,280¥5,999¥4,999¥4,499
リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら

1位 SOUNDPEATS sonic

総合評価

5/5

sonic

  • SOUNDPEATS sonic
  • 音質のコスパもやばい
  • 最大15時間再生はおかしいレベル
  • 物理ボタンで操作しやすい
  • ゲームができるくらい遅延がない
  • 5000円以下という価格設定はおかしい
  • ないけど、欲を言えば外音取り込みが欲しい

4.0

高音

3.8

中音

3.9

低音

4.3

装着感

ノイズキャンセリング

外音取り込み

4.0

マイク性能

4.0

利便性

Bluetooth5.2/
QCC3040
再生時間本体:15時間
ケース込:35時間
コーデックSBC,AAC,aptX adaptive充電時間本体:約1.5時間
ケース:約2時間
ドライバーダイナミック型充電端子USB Type C
専用アプリ×質量本体(片耳):6g
ケース込:47g
ノイズキャンセリング×防水IPX5
外音取り込み×ゲームモード
自動装着検出×保証1年
マルチポイント公式サイトこちら

SOUNDPEATS sonicは2020年11月27日に発売。最新チップ「QCC3040」を搭載し、本体のみで15時間再生できるという化け物スペックイヤホンです。

音質は5,000円とは思えないほどクリアで済んだ音で、ストリングスやアコースティックギターなど、低価格ワイヤレスだと難しい高音の表現も難なく再現。

低音の量感も多く、締まりと迫力のある上質な低音を提供してくれます。

映像と音の遅延を極力少なくする「ゲームモード」を搭載し、映画やゲームも音声ズレの違和感がなく見ることができます。

かじかじ

ほんとに5,000円以下なのが意味わからないくらいのコスパの高さ…っ!

▲製品一覧に戻る

2位 TaoTronics SoundLiberty 97

総合評価

4.9/5

SoundLiberty 97

  • TaoTronics SoundLiberty 97
  • コスパがヤバイ
  • 再生時間が9時間/36時間と長い
  • 充電ケースが胸ポケットサイズ
  • 音質も価格に対してレベルが高い
  • ケースから取り出すときに落としそうになる
  • 片耳利用がペアリングした側しかできない

3.6

高音

3.6

中音

3.7

低音

5.0

コスパ

4.0

装着感

4.2

利便性

Bluetooth5.0/
QCC3020
再生時間本体:9時間
ケース込:36時間
コーデックSBC,AAC,aptX充電時間約1-2時間
ドライバーダイナミック型充電端子USB Type C
専用アプリ質量本体(片耳):4.2g
ケース:34.1g
ノイズキャンセリング防水IPX8
外音取り込みゲームモード
自動装着検出保証1年
マルチポイント公式サイトこちら

SoundLiberty 97は2020年11月13日に発売したTaotronicsの最新完全ワイヤレスイヤホンです。

胸ポケットサイズの充電ケースで、本体9時間/ケース込みで36時間とかなりのタフネスバッテリー!IPX8という最高クラスの防水性能も誇り、耐久性もかなりのものです。

音質は4,000円台ということを考えれば良く、一聴して「悪くない」と思えるような中低域寄りのバランスの良い音作りです。

かじかじ

充電ケースもコンパクトでスペック、音質、携帯性、装着感、それぞれかなり高レベルです!

▲製品一覧に戻る

3位 EarFun Free Pro

総合評価

4.8/5

EarFun Free Pro

  • ノイズキャンセリング機能がそれなりに高い
  • 低遅延モードで映像と音声のズレなし
  • 音質も十分なレベル
  • コンパクトで軽量な充電ケース
  • ワイヤレス充電が便利
  • これだけの機能が備わって5000円台
  • 外音コントロールの切り替えが煩わしい

3.6

高音

3.6

中音

3.8

低音

4.2

ノイズキャンセリング

3.6

外音取り込み

4.3

利便性

Bluetooth5.2最大再生時間
(ノイキャンON)
本体6時間/
ケース込み27時間
コーデックSBC,AAC,充電時間イヤホン:約1.5時間
ケース:約2.0時間
ドライバーダイナミック型/
6.1mm
充電端子Type C
Qi
専用アプリ防水IPX5
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
4.4g/41.4g
外音取り込みゲームモード○(100ms以下)
自動装着検出保証18ヶ月
マルチポイント公式サイトこちら

約6000円で全部入り!?

EarFun Free Proは中国深センのイヤホンメーカー「EarFun」より2020年12月に発売された完全ワイヤレスイヤホン。

特徴が5000円台でノイズキャンセリングだけでなく、外音取り込みワイヤレス充電、そして低遅延のゲームモードまで搭載した全部入りイヤホンです。

外音取り込みは微妙ですがそれ以外の機能のクオリティがそれなりに高く、総合的な実力はなかなか。

音質はsonicと比べると劣りますが、締まりと迫力のある低音とこもりのない中高音で、こだわりがなければ十分高音質と思えるようなレベル。

イヤーフックがついてることにより安定した装着感で、満員電車の中やジョギング中でも耳から落ちる心配が少ないです。

5000円を少し超えてもいいなら、試してきた中で機能性は一番高い完全ワイヤレスイヤホンです。

かじかじ

ほぼ毎日クーポン適用可能で5000円以下で買える!

4位 Anker Soundcore Liberty Neo 2

総合評価

4.5/5

Soundcore Liberty Neo 2

  • 再生時間が10時間/ケース込み40時間ととにかく長い
  • ワイヤレス充電に対応
  • アプリによるカスタマイズが豊富
  • 装着感が最高
  • 豊かで迫力のある重低音とクリアな高音
  • 遅延が少なくストレスなく動画が見れる
  • 通話品質もかなりクリア
  • 充電ケースはやや大きめ

3.7

高音

3.6

中音

3.8

低音

4.5

装着感

ノイズキャンセリング

外音取り込み

4.3

マイク性能

4.5

利便性

Bluetooth5.2最大再生時間本体10時間/
ケース込み40時間
コーデックSBC,AAC充電時間約2時間
ドライバー8mm
ダイナミック型
充電端子Type C
Qi
専用アプリ防水IPX7
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
6g/59g
外音取り込みゲームモード
自動装着検出保証18ヶ月
会員登録で+6ヶ月
マルチポイント公式サイトこちら

スポーツから動画鑑賞、通話まで超マルチに使える!

Soundcore Liberty Neo 2はモバイルバッテリーで有名なAnkerから2021年5月に発売されたワイヤレスイヤホン。

連続再生時間が10時間、ケース込みで40時間と超タフネスバッテリー。さらにワイヤレス充電にも対応しており、バッテリー周りの利便性最強です。

音質は派手目で1位のsonicには若干劣りますが、高域の刺さりは少なく低域も豊かで迫力もありつつもブーミーになり過ぎないちょうど良いドンシャリサウンド。

装着感はイヤーウイングがついていることもあり、完全ワイヤレスイヤホンの中でもトップクラスに良く、IPX7の防水性もあるのでジョギングでも大活躍してくれそうです。

低遅延モードはついていませんが、動画を見てもほぼ違和感がないレベルで遅延が少なく、プライムビデオやNetflixをストレスなく楽しめますよ!

マイク性能も高くて相手に音声を綺麗に伝えてくれるので、片耳だけ装着してテレワーク用途でも使えちゃいます。

音楽鑑賞やゲームメインならsonicですが、動画鑑賞や通話・スポーツならSoundcore Liberty Neo 2がおすすめです。

かじかじ

音楽鑑賞・動画鑑賞・スポーツ・テレワークなんでもこいのイヤホンです!

▲製品一覧に戻る

5位 Anker Soundcore Life P2 mini

総合評価

4.2/5

Soundcore Life P2 Mini

  • Soundcore Life P2 Mini
  • 『Soundcore Life P2』より小型化し、性能もUP
  • コンパクトな筐体で装着感が良好
  • 連続再生時間が8時間とタフネスなバッテリー
  • 雑音を取り入れにくい
  • イコライザーによる変化が極端

3.6

高音

3.5

中音

3.6

低音

4.7

装着感

ノイズキャンセリング

外音取り込み

3.8

マイク性能

4.0

利便性

Bluetooth5.2最大再生時間本体8時間/
ケース込み32時間
コーデックSBC,AAC充電時間約2時間
ドライバー10mm
ダイナミック型
充電端子Type C
専用アプリ防水IPX5
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
4.4g/47g
外音取り込みゲームモード
自動装着検出保証18ヶ月
会員登録で+6ヶ月
マルチポイント公式サイトこちら

スマート&万能型のワイヤレスイヤホン

Soundcore Life P2 miniは2021年9月にAnkerより発売された、5000円以下で買えるワイヤレスイヤホンの名器『Soundcore Life P2』を小型化し性能面をブラッシュアップさせたモデル。

他の製品のように低遅延モードやノイズキャンセリングなど特別な機能は備えていませんが、音質・装着感・スペックを全て高水準で備える万能型の完全ワイヤレスイヤホンです。

基本性能はワイヤレス充電やアプリ対応を備えた『Soundcore Liberty Neo 2』の方が上ですが、Soundcore Life P2 miniは本体がスティック型ということもあり、見た目がスマート

本体も軽くて耳の小さな方でもフィットしやすい軽快な装着感が特徴です。

音質はAnkerらしいTHE・ドンシャリといった感じのサウンドですが、高域は刺さるギリギリ一歩手前で止まり、中低域も豊かで一昔前のAnker製品より聴きやすいサウンドに進化しています。ただ、個人的にはNeo2の音の方が好きかな。

マイク性能も高く周りの雑音を全然取り込まないので、屋外や車内など騒がしい環境下での通話にも最適です。

かじかじ

Soundcore Liberty Neo 2より見た目でアプリやワイヤレス充電が必要なければ、こちらでもOK!

▲製品一覧に戻る

【10000円以下】コスパ最強完全ワイヤレスイヤホン TOP5

次に10,000円以下でおすすめの完全ワイヤレスイヤホンTOP5をご紹介!

このあたりからノイズキャンセリング機能外音取り込み機能のついたイヤホンがチラホラと出てきますね!

紹介イヤホン一覧は下記表をご覧ください。

スクロールできます
ランキング1位2位3位4位5位
商品名Soundcore Life P3Soundcore Life P3TE-D01q
TE-D01q
FreeBuds 4i
FreeBuds 4i
Soundcore Life A2 NC
Soundcore Life A2 NC
TW-E3B
TW-E3B
総合評価(5.0)(4.9)(4.8)(4.7)(4.7)
音質(3.8)(4.0)(3.7)(3.8)(4.2)
装着感(4.5)(4.8)(4.5)(4.8)(4.3)
ノイズ
キャンセリング
(4.5)(4.3)(4.5)(4.4)
外音取り込み(3.8)(4.2)(4.7)(3.8)
利便性(4.7)(4.0)(4.0)(4.5)(3.8)
低遅延モード
Bluetooth5.05.25.25.05.0
コーデックSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AAC,aptX
防水IPX5IPX4IPX5IPX5IPX5
再生時間
※ANC ON時
本体:6時間
ケース込:30時間
本体:7.5時間
ケース込:33時間
本体:7.5時間
ケース込:22時間
本体:6時間
ケース込:30時間
本体:6時間
ケース込:24時間
充電端子Type C
ワイヤレス充電
Type CType CType CType C
マルチポイント
価格¥8,990¥7,590¥8,700¥9,990¥6,300
リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら
かじかじ

1位はこちら!

1位 ANKER Soundcore Life P3

総合評価

5/5

Soundcore Life P3

  • Soundcore Life P3
  • 1万円以下でトップクラスの遮音性
  • アプリのカスタマイズ性が高い
  • ワイヤレス充電が便利
  • ケースもコンパクトで携帯性が高い
  • 通話時に雑音が全然入らない
  • ゲームモードで音声のズレがほとんどない
  • 外音取り込みが少し聞き辛い
  • ダブルタップ時の感度が悪い

3.9

高音

3.7

中音

3.9

低音

4.5

装着感

4.5

ノイズキャンセリング

3.8

外音取り込み

4.3

マイク性能

4.6

利便性

Bluetooth5.0最大再生時間
※ANC ON時
本体6時間/
ケース込み30時間
コーデックSBC,AAC充電時間約3時間
ドライバーダイナミック型充電端子Type C
QI
専用アプリ防水IPX5
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
5.3g/60.4g
外音取り込みゲームモード
自動装着検出保証18ヶ月
会員登録で+6ヶ月
マルチポイント公式サイトこちら

Soundcore Life P3はモバイルバッテリーなどで有名なAnker(アンカー)より、2021年8月に発売された完全ワイヤレスイヤホンです。

8000円台という価格でありつつ『ノイズキャンセリング』『外音取り込み』『低遅延モード』『ワイヤレス充電』『アプリ対応』とまさに全部入り!

装着感も良好でケースもコンパクトと隙のないハイコストパフォーマンスを誇るイヤホンです。

ノイズキャンセリング性能は1万円以下のイヤホンとしてはトップクラスの実力で、電車の中やオフィスで使えば静寂が訪れ、音楽や作業に全集中できるようになります。

外音取り込み機能も価格を考えれば優秀ではありますが、若干こもり気味で聞こえづらい印象。この機能は HUAWEI FreeBuds 4iの方がかなり自然ですね。

音質は締まりと迫力のある低音と、元気に鋭く鳴る高域が特徴のドンシャリサウンド。ロックやEDMといったノリの良いサウンドとの相性が良く、音が気に入らない場合はアプリでもイコライザーによるカスタマイズが行えます。

個人的に2021年ベストバイだと思っていたAnkerの1万円オーバーの上位機種『Soundcore Liberty Air 2 Pro』とほぼ同性能で4000円ほど安く、同社内でベストバイを超えてきました。

かじかじ

1万円以下で完全ワイヤレスイヤホンを探している方は、これを選べば間違いなし!

▲製品一覧に戻る

2位 AVIOT TE-D01q

総合評価

4.8/5

TE-D01q

  • TE-D01q
  • 1万〜2万クラスのノイズキャンセリング性能
  • 自然に音を取りこめる外音取り込み性能
  • フレッシュな音でJ-POPに最適
  • イヤーウイングにより耳から落ちにくい
  • 本体のみで11時間再生可能
  • これだけの機能を備えて約7500円
  • 外音モードの切り替えに難あり

3.9

高音

4.1

中音

3.8

低音

4.3

ノイズキャンセリング

4.2

外音取り込み

4.0

利便性

Bluetooth5.2最大再生時間本体11時間/
ケース込み33時間
※ANC ON時 7.5時間
コーデックSBC,AAC充電時間約1.5時間
ドライバー10mm
ダイナミック型
充電端子Type C
専用アプリ防水IPX4
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
6.2g/48.1g
外音取り込みゲームモード
自動装着検出保証1年
マルチポイント公式サイトこちら

TE-D01qは2021年7月に日本のオーディオブランド『AVIOT(アビオット)』から発売された約7500円で買えるノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤホンです。

ノイズキャンセリング性能の高さ、外音モードの切り替えのしやすさなどの利便性はSoundcore Life P3に劣りますが、音質や外音取り込み性能はTE-D0qが上です

音の傾向はボーカル帯をクリアに鳴らすフレッシュなサウンドで、J-POPとの相性が良く、『YOASOBI』や『ずっと真夜中でいいのに。』などハイトーン系の女性ボーカルを気持ちよく聴けます。

外音取り込みは少しホワイトノイズがありますが、イヤホンを装着した状態でも会話ができるレベルで取り込み、周りの音を聴きながらBGM感覚でも音楽が聴けます。

外音モードの切り替えに難があり、起動時は毎回OFFに初期化され、ノイズキャンセリングONまでに2アクションが必要だったりと色々と不便。

そのデメリットを差し引いても、音質・機能性・スペックに対してのコスパの高さが非常に高いイヤホンですね。

かじかじ

Life P3より利便性は悪いけど、音質と価格の安さは上!

▲製品一覧に戻る

3位 HUAWEI FreeBuds 4i

総合評価

4.8/5

HUAWEI FreeBuds 4i

  • HUAWEI FreeBuds 4i
  • 外音取り込み性能は1万円以下でトップクラス
  • BGM感覚で聴くのに最適
  • 高いノイズキャンセリング性能
  • ノイズキャンセリングONでも7.5時間と長い再生時間
  • 通話性能が高い
  • 操作項目が少ない
  • アプリのカスタマイズ項目が少ない
  • 防水がついていない

3.7

高音

3.7

中音

3.8

低音

4.5

装着感

4.5

ノイズキャンセリング

4.7

外音取り込み

4.5

マイク性能

4.3

利便性

Bluetooth5.2最大再生時間
※ANC ON時
本体7.5時間/
ケース込み22時間
コーデックSBC,AAC充電時間10分の充電で4時間駆動
ドライバー10mm
ダイナミック型
充電端子Type C
専用アプリ防水
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
5.5g/47.5g
外音取り込みゲームモード
自動装着検出保証1年
マルチポイント公式サイトこちら

FreeBuds 4iはスマートフォンブランド『HUAWEI(ハーウェイ)』より2021年4月に発売されたノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤホン。

防水性能はついていませんが、ノイズキャンセリングレベル、そして外音取り込み機能の自然さは1万円以下でトップレベル

外音取り込み機能が特に素晴らしく、普段耳で聞いている感覚に近い音で取り込むことができ、小音量で音楽を聴いていても普通に会話ができます。

自動装着検出機能も搭載しており、イヤホンを外すだけで音楽の再生が止まるといった機能もあり利便性も高め。

音質は柔らかく優しいサウンド。高域はそこまで伸びないので好みがあるかもしれませんが、ずっと聴いていても聴き疲れがしにくくBGM感覚で聴くのに最適!

操作ボタンの割り振りが3つしかなく、アプリを使ってもカスタマイズがしにくいなどの難点はありますが、外音取り込み性能、ノイズキャンセリング性能、そして優しい音が好きな方にぴったりだと思います。

かじかじ

家事や仕事中など、ラジオを聴きながらBGM感覚で作業したい人におすすめ!

▲製品一覧に戻る

4位 ANKER Soundcore Life A2 NC

総合評価

4.3/5

Soundcore Life A2 NC

  • ANKER Soundcore Life A2 NC
  • AirPods Proと同等クラスの遮音性
  • アプリのカスタマイズ性が高い
  • 音質も上位機種に匹敵する良さ
  • ケースもコンパクトで携帯性が高い
  • 再生時間が長い
  • これだけの性能を備えて1万円以下
  • 外音取り込みがやや聞こえにくい
  • ワイヤレス充電に対応していない

3.8

高音

3.6

中音

3.9

低音

4.5

装着感

4.4

ノイズキャンセリング

3.8

外音取り込み

4.0

マイク性能

4.5

利便性

Bluetooth5.0
最大再生時間
※ノイキャンON
本体6時間/
ケース込30時間
コーデックSBC,AAC充電時間約2時間
15分充電で3時間動作
ドライバー11mm
ダイナミック型
充電端子Type C
専用アプリ防水IPX5
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
6.2g/68.7g
外音取り込み保証18ヶ月
会員登録で+6ヶ月
自動装着検出公式サイトこちら

Soundcore Life A2 NCSoundcore Liberty Air2 proと同時期に発売した姉妹機で、ノイズキャンセリングと外音取り込みが搭載しています。

音質やノイズキャンセリング、外音取り込みはSoundcore Life P3とほぼ同レベルの性能ですが、「ワイヤレス充電」や「低遅延モード」は省かれています。

イヤーウイングがついているため耳から落ちにくく、防水性も高いためジョギングなどスポーツ用途にもおすすめです。

1万円以下としては優れた製品ではあることは間違いないのですが、後発のSoundcore Life P3が1000円ほど安くてSoundcore Life A2 NCより性能が高いため、良い製品なのに選択肢には入りにくい状況です。

かじかじ

Soundcore Life P3のコスパが良すぎるのだよ…。

▲製品一覧に戻る

5位 YAMAHA TW-E3B

総合評価

4.7/5

TW-E3B

  • 1万円以下でトップクラスの音質の良さ
  • 生楽器系の再現力が高い
  • リスニングケアで小音量でも音が豊か
  • アプリ機能が少ない

4.3

高音

4.1

中音

4.1

低音

4.3

解像度

4.3

装着感

3.8

利便性

Bluetooth/
チップ
5.0/
QCC3026
最大再生時間本体6時間/
ケース込み24時間
コーデックSBC,AAC,aptX充電時間約2時間
ドライバー6mm
ダイナミック
充電端子Type C
専用アプリ防水IPX5
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
5.1g/49.2g
外音取り込みゲームモード
自動装着検出保証1年
マルチポイント公式サイトこちら

TW-E3Bは『YAMAHA(ヤマハ)』より発売された完全ワイヤレスイヤホンです。

今まで紹介したイヤホンとは違い、ノイズキャンセリングや外音取り込み機能が備わっておらず、機能性はそこまで備わっていません。

その分のコストを音質に極振りしたかのようなイヤホンですね。

その音質は1万円以下でトップクラスの実力で、ジャズやクラシックなどワイヤレスだと難しい生楽器系の音ですらも再現するナチュラルなサウンド。

さらに『リスニングケア』という機能により、小音量時でも豊かな中低音を鳴らすことができ、耳に負担をかけずにポップスやロックもノリ良く聴かせることもできます。

本体は小ぶりで装着感も良く、耳栓効果による遮音性も高いため、「ノイズキャンセリングなんていらないから音質にこだわりたい!」という方にイチオシのイヤホンです。

かじかじ

1万円以下で音質にこだわるならこれ!

▲製品一覧に戻る

【15,000円以下】コスパ最強完全ワイヤレスイヤホン TOP5

次は15,000円までのおすすめ完全ワイヤレスイヤホンTOP5をご紹介!

このあたりからノイズキャンセリングや音質がより本格的な性能になっていきますね。

長く使っていける実力があるので、初めての1台としてもおすすめしやすい価格帯です。

スクロールできます
ランキング1位2位3位4位5位
商品名
※タップでレビュー欄までジャンプ
JBL LIVE FREE 2
JBL LIVE FREE 2

final ZE300
ZE3000

Jabra Elite 4 Active
Jabra Elite 4 Active
EDIFIER NeoBuds Pro
Jabra Elite 75t
Elite 75t
総合評価(5.0)(5.0)(4.8)(4.7)(4.5)
音質(4.3)(4.8)(4.2)(4.2)(4.2)
装着感(4.4)(4.8)(4.8)(4.3)(4.5)
ノイズキャンセリング(4.4)(4.3)(4.5)(4.3)
外音取り込み(4.4)(4.3)[(4.5)(4.3)
利便性(4.8)(3.5)(4.7)(4.3)(4.5)
アプリ
Bluetooth5.25.25.25.05.1
コーデックSBC,AAC
LEオーディオ対応予定
SBC,AAC,aptX,aptX AdaptiveSBC,aptXSBC,AAC,LHDC,LDACSBC,AAC
防水IPX5IPX4IP57IP54IP55
再生時間
※ANC ON時
本体:6時間
ケース込:22時間
本体7時間/
ケース込み35時間
本体:7時間
ケース込:28時間
本体:5時間
ケース込:20時間
本体:5.5時間
ケース込:24時間
充電端子Type C
ワイヤレス充電
Type CType CType CType C
※ワイヤレス充電(別モデル)
マルチポイント
価格(税込)14,500円15,800円13,500円13,999円12,700円
リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら
かじかじ

1位はこちら!

1位 JBL LIVE FREE 2

総合評価

4.8/5

LIVE FREE 2

LIVE FREE 2
  • 音質・ノイキャン・外音取り込み性能のコスパが高い
  • マルチポイントが便利すぎ
  • ワイヤレス充電にも対応
  • JBLの中では装着感がかなり良い
  • ビデオモードにしないと遅延が大きい
  • 操作方法を自由にカスタマイズできない

4.0

高音

4.0

中音

4.1

低音

4.3

装着感

4.4

ノイズキャンセリング

4.0

外音取り込み

4.3

マイク性能

4.7

利便性

Bluetooth5.2最大再生時間
※ANC ON時
本体6時間/
ケース込み22時間
コーデックSBC,AAC
LEオーディオ対応予定
充電時間約2時間
ドライバー11mm
ダイナミック型
充電端子Type C
ワイヤレス充電
専用アプリ防水IPX5
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
4.9g/43.7g
外音取り込みゲームモード
自動装着検出保証1年
マルチポイント公式サイトこちら

LIVE FREE 2は老舗オーディオメーカー「JBL」より、2022年4月1日発売の最新完全ワイヤレスイヤホンです。

約15,000円という価格でありつつ、音質も良く装着感も良好、ノイズキャンセリング性能や外音取り込みは同価格帯でもかなりの実力。

さらに2台同時接続に対応するマルチポイントワイヤレス充電も搭載、アプリ低遅延モードも搭載と究極の全部入りイヤホンです。

15,000円以下の完全ワイヤレスイヤホンのなかではコスパの高さが群を抜いており、現時点では「コスパ最強」の名にふさわしい製品です。

予算が許すのであれば今回紹介したイヤホンの中ではイチオシしたいイヤホンのひとつです。

かじかじ

LIVE FREE 2だけ規格外にコスパが高い!イチオシです!

▲製品一覧に戻る

2位 final ZE3000

総合評価

5/5

ZE3000

  • ZE3000
  • まるで有線のような音質の良さ
  • 音場が広く高域の抜けが凄い
  • アコースティックな楽曲との相性が抜群
  • 音質のコスパ最強クラス
  • 装着感がかなり良い
  • タッチセンサーの感度が良すぎる

4.9

高音

4.8

中音

4.7

低音

4.8

装着感

ノイズキャンセリング

外音取り込み

4.0

マイク性能

3.5

利便性

Bluetooth5.2最大再生時間
※ANC ON時
本体7時間/
ケース込み35時間
コーデックSBC,AAC,aptX,aptX Adaptive充電時間イヤホン本体:約1.5時間
充電ケース:約2時間
ドライバーf-Core for Wireless
(ダイナミック型)
充電端子Type C
専用アプリ防水IPX4
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
42.6g/4.9g
外音取り込みゲームモード
自動装着検出保証1年
マルチポイント公式サイトこちら

ZE3000は日本のオーディオメーカー「final」より2021年12月17日に発売した初の完全ワイヤレスイヤホンです。

1万5000円台の完全ワイヤレスイヤホンとしては珍しく、ノイズキャンセリングも外音取り込み機能も備わっていません。代わりに”音質”にステータスを極振りしたかのようなイヤホンです。

その実力は3万円の大定番イヤホン「SONY WF-1000XM4」とタメを張るほどの音質の良さ。完全ワイヤレスなのにケーブルがないことに違和感を覚えるほどのノイズ感がなく伸びのよいサウンドを奏でます。

価格帯関係なく「ノイズキャンセリングや機能性はいらないから音質にこだわりたいんだ!」という方にイチオシの完全ワイヤレスイヤホンです

かじかじ

YouTubeでも2021年おすすめの完全ワイヤレスイヤホンとして3位で紹介したほど素晴らしい製品です!

▲製品一覧に戻る

2位 Jabra Elite 4 Active

総合評価

4.8/5

Elite 4 Active

  • 豊かでバランスの良いサウンド
  • 軽快かつ安定した装着感
  • 十分実用的なノイキャンと外音取り込み
  • 高いマイク品質
  • IP57と防水性能もかなり高い
  • なによりコスパが非常に高い
  • 欲を言えばマルチポイントが欲しい
  • 欲を言えばワイヤレス充電が欲しい

4.1

高音

4.1

中音

4.1

低音

4.8

装着感

4.3

ノイズキャンセリング

4.3

外音取り込み

4.8

マイク性能

4.7

利便性

Bluetooth5.2最大再生時間
※ANC ON時
本体7時間/
ケース込み28時間
コーデックSBC,aptX充電時間3.5時間
ケース+本体フル充電
ドライバー6mm
ダイナミック型
充電端子Type C
専用アプリ防水IP57
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
5g/47.5g
外音取り込みゲームモード
自動装着検出保証2年
マルチポイント公式サイトこちら

Elite 4 Activeはデンマークのヘッドセットメーカー「Jabra」より2022年1月13日に発売された全部入りの完全ワイヤレスイヤホンです。

1万3000円という価格でありつつも、音質・スペック・ノイズキャンセリング・外音取り込み、全てのバランスがちょうど良い!

充電ケースもコンパクトで装着感も良く、さらにマイク性能も高いなど本当に弱点の少ない完全ワイヤレスイヤホンです。物理ボタンを採用しているので操作性も非常に高く、ストレスフリーな操作が可能。

予算1万円台で初めてのイヤホンに迷ったら、今だとElite 4 Activeをおすすめします。

かじかじ

Elite 4 Activeも完成度は高いのですが、JBLのコスパがヤバすぎる

▲製品一覧に戻る

3位 EDIFIER NeoBuds Pro

総合評価

5/5

NeoBuds Pro

  • 歯切れの良い高解像度サウンド
  • 1万円台前半でトップクラスのノイズキャンセリング
  • 1万円台前半でトップクラスの外音取り込み
  • アプリによるカスタマイズが豊富
  • LDACにも対応
  • ゲームモードも搭載
  • 再生時間がやや短い

4.3

高音

4.1

中音

4.2

低音

4.3

装着感

4.5

ノイズキャンセリング

4.5

外音取り込み

4.0

マイク性能

4.3

利便性

Bluetooth/
チップ
5.0最大再生時間
(NC ON時)
本体5時間/
ケース込み20時間
コーデックSBC,AAC,LHDC,LDAC充電時間本体:約1時間
ケース:約1時間
ドライバーダイナミック×1
BA×1
ハイブリッド型
充電端子Type C
専用アプリ防水IP54
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
5.4g/57.4g
外音取り込みゲームモード
自動装着検出保証
マルチポイント公式サイト

NeoBuds Proは中国のオーディオメーカー「EDIFIER」25周年モデルとして、2021年7月に発売した完全ワイヤレスイヤホンです。

クラウドファンディングサイト「Makuake」でも4,700万円を募り、非常に注目を集めたイヤホンでもあります。

特徴は、1万円台前半でありつつも「LDAC」に対応しており、さらにハイブリッドドライバーにバイアンプ方式を採用した音質への徹底的なこだわり

音質は鋭利なドンシャリサウンドで高域がキツめなので好みは少しわかれそうですが、メタルやアニソン、ロックなど歯切れの良い疾走感のあるジャンルとの相性は良いですね。

ノイズキャンセリングと外音取り込み性能もかなり高く、音質・機能性ともにコスパ最強クラスのイヤホンです。ただ、操作性や見た目はイマイチ。

かじかじ

音質だけでなくノイズキャンセリングや外音取り込み性能もかなり高め!

▲製品一覧に戻る

4位 Jabra Elite 75t

総合評価

4.5/5

Elite 75t

  • 重低音がズンと響く
  • ケースと本体がコンパクト
  • 装着感が良くスポーツにも使える
  • 通話にも最適
  • マルチポイントが便利
  • 人によっては低域が多い(イコライザーで調整可能)
  • 片耳利用が右側しかできない

4.2

高音

4.1

中音

4.3

低音

4.5

装着感

4.3

ノイズキャンセリング

4.3

外音取り込み

4.7

マイク性能

4.5

利便性

Bluetooth5.1
最大再生時間
※ノイキャンON
本体5.5時間/
ケース込24時間
コーデックSBC,AAC充電時間約140時間
ドライバー6mm
ダイナミック型
充電端子Type C
専用アプリ防水IP55
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
5.9g/44.8g
外音取り込み保証2年
自動装着検出公式サイトこちら

Elite 75tはJabraより2019年11月に発売された完全ワイヤレスイヤホンです。

2年前と完全ワイヤレスとしてはかなり古い製品ではありますが、元々2万円台で販売されていたイヤホンということもありコスパは非常に高いです。

Elite 4 Activeと比べると片耳利用が右側しかできなかったり、装着感も少し劣ります。そして音質がドンシャリ感が強めなどの違いがあります。

しかし、Elite 75tは2台のデバイスに同時接続できる「マルチポイント」に対応しているため、自分のスマホと会社のパソコン同時接続といった便利な使い方ができます。

ノイズキャンセリングと外音取り込み、マイク性能もElite 4 Activeと同等の実力があるので、利便性も非常に高いですよ!

かじかじ

マルチポイントを使いたい人はこれ!……でしたがLIVE FREE 2の登場で強みがなくなりました……。

▲製品一覧に戻る

5位 ANKER Soundcore Liberty Air 2 Pro

総合評価

4.7/5

Soundcore Liberty Air 2 Pro

  • ANKER Soundcore Liberty Air 2 Pro
  • AirPods Proと同等クラスの遮音性能
  • 音質もかなりの良さ HearIDでさらに化ける
  • アプリのカスタマイズ性が高い
  • ワイヤレス充電が便利
  • ケースもコンパクトで携帯性が高い
  • ハイレゾ対応コーデック『LDAC』にも対応
  • 外音取り込み性能がもう少し優秀であって欲しい

4.0

高音

3.9

中音

4.1

低音

4.6

装着感

4.6

ノイズキャンセリング

4.0

外音取り込み

4.5

マイク性能

4.8

利便性

Bluetooth5.0最大再生時間
※ノイキャンON
本体6時間/
ケース込21時間
コーデックSBC,AAC充電時間約2時間
15分充電で2時間動作
ドライバーダイナミック型充電端子Type C
Qi
専用アプリ防水IPX4
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
5.2g/60.7g
外音取り込み保証18ヶ月
会員登録で+6ヶ月
自動装着検出公式サイトこちら

Soundcore Liberty Air 2 ProはAnkerより2021年1月に発売した同社初のノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤホン。1

ノイズキャンセリング性能だけで言えば1万5000円以下の価格帯だとトップクラス!さらにワイヤレス充電対応自動装着検出や、自分の耳に対して音を最適化する「HearID」に対応しているのなど機能が豊富!

音質は価格相応でAnkerらしいドンシャリサウンドですが、ノイズキャンセリングやその他機能面はは2万〜クラスに匹敵し、価格からは考えられない圧倒的コストパフォーマンスの高さを誇ります。

かじかじ

発売当初は圧倒的コスパでしたが今は5位

▲製品一覧に戻る

【20,000円以下】コスパ最強完全ワイヤレスイヤホン TOP5

最後に20,000円前後でコスパ最強の完全ワイヤレスイヤホンTOP5をご紹介します。

2万円前後だと、ノイズキャンセリングなどの性能面と音質を両立したイヤホンが多くなってきますね。

エントリーモデルからのステップアップとしても、ずっと使っていく愛機としてもおすすめしやすい価格帯です。

スクロールできます
ランキング1位2位3位4位5位
商品名
※タップでレビュー欄までジャンプ
JBL TOUR PRO+ TWS
JBL Tour Pro+ TWS
Jabra Elite 7 Pro
jabra elite 7 pro
JBL LIVE PRO 2
LIVE PRO 2

Jabra Elite 85t
Jabra Elite 85t
SENNHEISER CX Plus True Wireless
CX Plus True Wireless

総合評価(5.0)(4.8)(4.8)(4.7)(4.5)
音質(4.7)(4.5)(4.3)(4.4)(4.7)
装着感(4.0)(4.5)(4.8)(4.0)(4.5)
ノイズキャンセリング(4.5)(4.3)(4.7)(4.9)(3.8)
外音取り込み(4.7)(4.3)(4.4)(4.8)(4.3)
利便性(4.7)(4.8)(4.9)(4.8)(4.5)
アプリ
Bluetooth5.25.25.2
5.15.2
コーデックSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AAC,aptX,aptX Adaptive
防水IPX5IP57IPX5IPX4
再生時間
※ANC ON時
本体;6時間
ケース込:24時間
本体:8時間
ケース込:30時間
本体:8時間
ケース込:32時間
本体;5.5時間
ケース込:24時間
本体:8時間
ケース込:24時間
充電端子Type C
ワイヤレス充電
Type C
ワイヤレス充電
Type C
ワイヤレス充電
Type C
ワイヤレス充電
Type C
マルチポイント
価格(税込)19,755円17,800円17,600円19,800円19,800円
リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら
かじかじ

1位はこれだ!

1位 JBL TOUR PRO+ TWS

総合評価

4.7/5

TOUR PRO+ TWS

  • JBL TOUR Pro+ TWS
  • ノリよく上質に楽しめる高音質サウンド
  • トップクラスのマイク性能
  • 必要十分なノイズキャンセリング性能
  • 自然に取り込める外音取り込み性能
  • ワイヤレス充電に対応
  • 充電ケースに本体を収めにくい
  • 本体がやや大きい

4.6

高音

4.6

中音

4.6

低音

4.0

装着感

4.5

ノイズキャンセリング

4.5

外音取り込み

4.8

マイク性能

4.6

利便性

Bluetooth5.0最大再生時間本体6時間/
ケース込み24時間
コーデックSBC,AAC充電時間約2時間
ドライバー6.8mm
ダイナミック型
充電端子Type C
専用アプリ防水IPX5
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
7.5g/56.8g
外音取り込みゲームモード
自動装着検出保証1年
マルチポイント公式サイトこちら

TOUR PRO+ TWSは米国のスピーカーメーカー「JBL」より2021年10月1日に発売したノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤホンです。

その特徴は”全ての性能がハイレベル”と思える総合的な実力高さ

ノイズキャンセリング性能も高で、外音取り込み機能もかなり自然ワイヤレス充電にも対応や映像と音声のズレを少なくするビデオモードも搭載。

音質はボーカルが際立つメリハリ感のあるサウンドで、20,000円以下でロック・ポップスを聴くなら間違い無くコレ!と言えるほどの実力

元々23,000円ほどでしたが最近値下がりし、ついに20,000円以下に!Amazonセールでプライム会員限定で安くなることも多く、コスパがさらに最強クラスになります。

かじかじ

最近のJBL製品は本当にコスパ高すぎ!

▲製品一覧に戻る

2位 Jabra Elite 7 Pro

総合評価

4.8/5

Elite 7 Pro

  • フラットで高解像度系のサウンド
  • ノイズに強いクリアなマイク性能
  • IP57の高い防水性能
  • 非常に少ない遅延
  • 片耳モードを採用でより便利に
  • マルチポイント対応
  • 価格を考えれば外音取り込み性能はややイマイチ

4.5

高音

4.4

中音

4.5

低音

4.5

装着感

4.3

ノイズキャンセリング

4.3

外音取り込み

4.8

マイク性能

4.8

利便性

Bluetooth5.2最大再生時間
※ANC ON
本体8時間/
ケース込み30時間
コーデックSBC,AAC充電時間5分の充電で1時間使用可能
ドライバー6mm
ダイナミック型
充電端子Type C
ワイヤレス充電
専用アプリ防水IP57
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
5.4g/49.4g
外音取り込みゲームモード
自動装着検出保証2年
マルチポイント公式サイトこちら

Elite 7 Proはデンマークの大手ヘッドセットメーカー「Jabra(ジャブラ)」より、2021年10月に発売されたElite 75tの後継機です。

発売当初はマルチポイントは搭載しておらず、価格も25,000円台ということもあり、個人的には酷評しておりました。アップデートによってマルチポイントに正式に対応し、価格も2万円以下になったことにより再評価しました。

音質は、従来のJabraサウンドと比べると軽快でスナップ感が良くなり、より万人受けしやすくなった印象です。前作のElite 75t85tよりも確実に良くなっていますね!

ノイズキャンセリングや外音取り込み機能は、1位として紹介したTOUR PRO+ TWSに劣る印象で、価格相応といったところです。

装着感はTOUR PRO+TWSよりも本体が小ぶりで、耳が小さな方でもぴったりとフィットしやすい仕様。ケースはコンパクトで持ち運びしやすく、ワイヤレス充電にも対応しており、さらにマルチポイント対応と利便性に非常に特化しています。

かじかじ

小ぶりなサイズで、マルチポイントなど利便性に特化するならコレ!

▲製品一覧に戻る

3位 JBL LIVE PRO 2

総合評価

5/5

LIVE PRO 2

  • 音質・ノイキャン・外音取り込み性能のコスパが高い
  • マルチポイントが便利すぎ
  • ワイヤレス充電にも対応
  • 8時間の長い再生時間
  • LIVE FREE 2より軽快な装着感&高マイク性能
  • ビデオモードにしないと遅延が大きい
  • 操作方法を自由にカスタマイズできない

4.3

高音

4.3

中音

4.4

低音

4.8

装着感

4.7

ノイズキャンセリング

4.4

外音取り込み

4.8

マイク性能

4.9

利便性

Bluetooth5.2最大再生時間
※ANC ON時
本体8時間/
ケース込み36時間
コーデックSBC,AAC
LEオーディオ対応予定
充電時間2時間
ドライバー11mm
ダイナミック型
充電端子Type C
ワイヤレス充電
専用アプリ防水IPX5
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
4.9g/43.7g
外音取り込みゲームモード
自動装着検出保証1年
マルチポイント公式サイトこちら

LIVE PRO 2は15000円以下1位で紹介したLIVE FREE 2の姉妹機です。LIVE FREE 2との違いは「ショートスティック型」という形状と、本体再生時間が2時間アップしたという点です。

形状の違いによる恩恵が個人的に影響が大きく感じましたね。ノイズキャンセリング効果がかなりアップし、周りの雑音をさらにグッと引き下げるようになりました。

装着感も軽快になり、長時間耳につけていても痛くなりにくくなりましたね。また、マイクから口元への距離が近くなり、通話品質もさらに向上。

15000円以下で1位のLIVE FREE 2も素晴らしい製品ですが、もう少し予算を出せるならショートスティック型のLIVE PRO 2もおすすめです。

装着感は軽快、ノイズキャンセリングは最強クラス、マルチポイントにも対応で再生時間も長くケースもコンパクトでワイヤレス充電にも対応と利便性最強クラスの完全ワイヤレスイヤホンです。

かじかじ

総合力はTOUR PRO± TWSが上ですが、マルチポイントや装着感など利便性で言えばLIVE PRO 2が上!

▲製品一覧に戻る

4位 Jabra Elite 85t

総合評価

4.8/5

Elite 85t

  • Jabra Elite 85t
  • セミオープン型で閉塞感がない
  • 外音も体内の音もノイズキャンセリング
  • 通話品質の高さNo.1
  • 外音取り込み音が超自然
  • 豊かで広がりのあるサウンド
  • マルチポイントが便利
  • 充電ケースが胸ポケットサイズでQiにも対応
  • イヤーピースの選択肢が少ない(おすすめはあり)

4.3

高音

4.4

中音

4.6

低音

4.9

ノイズキャンセリング

4.8

外音取り込み

4.9

利便性

Bluetooth5.1最大再生時間
(ノイキャンON時)
本体5.5時間
/ケース込24時間
コーデックSBC,AAC充電時間約3時間
15分の充電で1時間の再生
ドライバー6.8mm ダイナミック型充電端子Type C
Qi
専用アプリ質量
(本体片耳/ケース)
7g/45.1g
ノイズキャンセリング防水IPX4
外音取り込みゲームモード
自動装着検出保証2年
マルチポイント公式サイトこちら

Elite 85tは2020年11月に発売したJabraのハイエンドモデルです。かつて僕がもっとも愛用していた完全ワイヤレスイヤホンでもありますね。

ノイズキャンセリング性能がとにかく高く、2万円以下の完全ワイヤレスイヤホンのなかではケタ違いのレベルの高さです。

外音取り込み性能も高く、普段耳で聴いている感覚に近い状態で周りの音を取り込めます。

音質は中低域よりの豊かなサウンドで、長時間聴いていても聴き疲れしにくい音作りです。同価格帯の中でもかなりの実力ですね。

マイク性能はあらゆる完全ワイヤレスイヤホンのなかでもトップクラスの実力で、クリアかつノイズの少ない音声を伝えられます。マルチポイントも備わっておりビジネスユース最強のイヤホンですよ!

欠点は装着感が人によっては合わないという点と、少し古い製品ということもあり片側利用時は右耳側しかつかないという点。あとは再生時間が少し短いという点でしょうか。

それらを除けば2万円以下のなかでは総合力No.1の実力を誇ります。

かじかじ

2万円以下で買えるようになり、コスパも優れたイヤホンになりましたね!

▲製品一覧に戻る

5位 SENNHEISER CX Plus True Wireless

総合評価

4.8/5

CX Plus True Wireless

  • CX Plus True Wireless
  • 2万円以下最強クラスの音質
  • 生楽器系に最適なチューニング
  • かなり自然な外音取り込み性能
  • アプリによる豊富なカスタマイズ性
  • aptX Adaptive対応でさらに高音質に
  • ノイズキャンセリングの効果が薄い

4.8

高音

4.5

中音

4.7

低音

4.5

装着感

3.8

ノイズキャンセリング

4.7

外音取り込み

4.2

マイク性能

4.5

利便性

Bluetooth5.2最大再生時間本体8時間/
ケース込み24時間
コーデックSBC,AAC,aptX,aptX Adaptive充電時間約1.5時間
ドライバー7mm
ダイナミック型
充電端子Type C
専用アプリ防水IPX4
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
6g/47g
外音取り込みゲームモード
自動装着検出保証2年
マルチポイント公式サイトこちら

CX Plus True Wirelessはドイツの老舗オーディオメーカーSENNHEISER「ゼンハイザー」より、2021年9月に発売したミドルクラスの完全ワイヤレスイヤホンです。

ハイエンドモデル「Momentum True Wireless 2」と肉薄した実力を持ち、ノイズキャンセリングなどの機能性はCX Plus True Wirelessの方が上。

音質はゼンハイザーらしい高域が硬めでありつつ、こもりを一切感じさせない伸びやかなサウンド。ジャズやクラシックなどの楽曲との相性が良く、オーディオ玄人も納得のサウンドです。

ハイエンドモデルのMomentum True Wireless 2と音質を比べると少しだけ劣る気がしますが、価格差以上の実力差はありません。

2万円以下で音質にこだわりたい方におすすめの完全ワイワイヤレスイヤホンです。

かじかじ

安心と信頼のゼンハイザー

▲製品一覧に戻る

一番コスパ最強のイヤホンはこれ!

JBL LIVE FREE 2

1位に選んだ理由はこちら!

1位に選んだ理由
  • 15,000円以下でノイズキャンセリング、外音取り込み、マルチポイント、アプリ、ワイヤレス充電を搭載
  • 音質のレベルも高くイコライザー機能も優秀で、初心者であれば間違いなく良い音と感じる
  • ケースもコンパクトで、最大再生時間も本体6時間 / ケース込28時間となかなかに長め
  • イヤホン本体もJBL製品としてはコンパクトでフィットしやすい
  • IPX5相当の防水性能で雨天時やスポーツにも使える
  • マイク品質も高くマルチポイントも相まってテレワーク用途にもバッチリ

15,000円以下でこの性能の高さ、マジで完璧すぎません?

もちろん価格をもう少し出せば、SONY WF-1000XM4Technics EAH-AZ60など他にも選択肢はあります。

しかし、価格を抑えてコスパ重視で考えた場合、JBL LIVE FREE 2に勝るイヤホンはないと感じました。

予算1万円前後でワイヤレスイヤホンを探している方、個人的にはLIVE FREE 2一択ですよ!

以上、コスパ最強の完全ワイヤレスイヤホン20選をお送りしました!

予算度外視でおすすめの完全ワイヤレスイヤホンが欲しいという方は、次の記事も参考にしてみてくださいね!

【最強はこれ!】ノイズキャンセリング対応完全ワイヤレスイヤホンおすすめランキングTOP10|コスパ最強モデルも紹介!

ワイヤレスイヤホン記事一覧

コスパ最強完全ワイヤレスイヤホン アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次