コスパ最強はどれ?5000円以下/前後の完全ワイヤレスイヤホン23製品を徹底比較!

コスパ最強はどれ?5000円台/以下の完全ワイヤレスイヤホンを検証

左右の繋がるケーブルがなく、超快適に使える完全ワイヤレスイヤホン。

かつては最安でも10000円ほどしていましたが、最近では3000円台でも買える時代に。

しかし価格だけで完全ワイヤレスイヤホンを購入するとこんなリスクも

安い完全ワイヤレスイヤホンのリスク
  • 接続が安定せず、音楽が途切れ途切れになる
  • スペックは良いけど音が悪い
  • すぐに壊れて音が鳴らなくなる
カジェット

安さだけで選ぶと痛い目をみますよ!

こちらの記事では、「カジェログ」で試してきた5000円以下、5000円前後完全ワイヤレスイヤホンを一斉比較

完全ワイヤレスイヤホン一覧

本当にコスパ最強と感じた完全ワイヤレスイヤホンを発表していきます!ぜひ最後までお付き合いください!

予算は度外視でとにかく性能の良い完全ワイヤレスイヤホンをお探しの方はこちらの記事をご覧ください。

目次

5000円以下/前後の完全ワイヤレスイヤホン23製品を試してみた

ランキング1位2位3位4位5位6位7位8位9位10位11位12位13位14位15位16位17位18位19位20位21位22位23位
商品名
※タップでレビュー欄までジャンプ
sonic
SoundLiberty 97
TWS-X
TrueShift2
M30
TrueFree 2
Soundcore Life P2
TWS03R
TrueAir2
TrueFree+
Truengine 3SE
TrueCapsule2
TWS-520
【第2世代】Soundcore Liberty Neo
SoundLiberty 92
TrueAir
EarFun Air
Truengine SE
CHE-627
ワイヤレスイヤホン cheero Wireless Earphones powered by Qualcomm®aptX™ audio technology Bluetooth 5.1 自動ペアリング 高音質 CVC8.0 ノイズキャンセリング...
Mpow m5
SoundLiberty 53
TruebudsEarFun Free
コスパ(5.0)(5.0)(5.0)(5.0)(4.8)(4.8)(4.8)(4.8)(4.8)(4.7)(4.6)(4.5)(4.5)(4.5)(4.5)(4.5)(4.2)(4.0)(4.0)(4.0)(4.0)(3.8)(3.5)
特徴他と比べても圧倒的すぎるスペックと音質3000円台最強あらゆる面で隙なし耳から落ちる気がいない、音質もかなりのもの安くてスペック、装着感・音質のバランスよし3000円で機能性抜群万能マルチイヤホン音質バランス最強最強のインナーイヤー型3000円で音質最強sonicの発売で出番がなくなた…通話品質と利便性を兼ね備えた万能型ロック好きにおすすめライブ感のある低音ハイスペックインナーイヤー型高音質インナーイヤー型機能性はいいけど音質はイマイチsonicを買ったほうが良い180時間再生可能ハイスペックだけどケースが大きいハイスペックだけど本体が大きいいろいろと中途半端スペックが良いだけで音質も装着感もイマイチ
Bluetooth5.25.05.05.05.05.05.05.05.25.05.05.05.05.05.05.05.05.05.15.05.05.05.0
コーデックSBC,AAC,aptX AdaptiveSBC,AAC,aptXSBC,AAC,aptXSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AAC,aotXSBC,AACSBC,AAC,aptXSBC,AACSBC,AAC,aptXSBC,AAC,aptXSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AAC,aptXSBC,AACSBC,AAC,aptXSBC,AAC,aptXSBC,AAC,aptXSBC,AACSBC,AACSBC,AAC
防水IPX5IPX8IPX5IPX7IPX7IPX7IPX7×IPX4IPX7IPX5IPX6IPX5IPX7IPX7IPX4IPX7IPX4IPX5IPX7IPX7IPX4IPX7
再生時間本体;15時間
ケース込:35時間
本体;9時間
ケース込:36時間
本体;9時間
ケース込:20時間
本体:6時間
ケース込:100時間
本体のみ:5時間
ケース込:25時間
本体;4時間
ケース込:20時間
本体:7時間
ケース込:40時間
本体;5時間
ケース込:17時間
本体;5時間
ケース込:25時間
本体;5時間
ケース込:20時間
本体のみ:6.5時間
ケース込:30時間
本体のみ:8時間
ケース込:40時間
本体;6.5時間
ケース込:20時間
本体;5時間
ケース込:20時間
本体;5時間
ケース込:30時間
本体:5時間
ケース込:30時間
本体:7時間
ケース込:35時間
本体:6時間
ケース込:27時間
本体;10時間
ケース込:180時間
本体:6時間
ケース込:42時間
本体:6時間
ケース込:40時間
本体:3.5時間
ケース込:70時間
本体:6時間
ケース込:30時間
充電端子Type CType CType CType CType CType CType CmicroUSBType CmicroUSBType CType CType CmicroUSBType CType CType C
QI(ワイヤレス充電)
Type CType CmicroUSBmicroUSBType CType C
QI(ワイヤレス充電)
質量本体:5.6g
ケース:45.8g
本体:4.2g
ケース:34.1g
本体:5g
ケース込:33g
本体:5.4g
ケース込:112.2g
本体:4.5g
ケース込:48.3g
本体:4.7g本体:5.1g
ケース:62.0g
本体:4g
ケース込:55g
本体:3.5g
ケース込:33g
本体:4.7g本体:6.0g
ケース込:52.5g
本体(片耳):4.6g
ケース込:52.9g
本体:5g
ケース込:37g
ケース込:51g本体:4.7g
ケース込:43g
本体:3.77g
ケース込:41.3g
本体:5.5g
ケース込:55.2g
本体:5.2g
ケース込:54.3g
本体:5g
ケース込:80g
本体:5g
ケース込:53g
本体:5g
ケース込:41g
本体:5.2g
ケース込:54.3g
本体:5.5g
ケース込:60g
価格(税込)4,980円3,980円5,480円4,680円3,999円3,980円4,999円5,502 円4,990円3,980円6,290円4,980円4,980円4,999円4,999円4,990円5,499円5,980円5,980円5,299円4,999円5,280円4,580円

Anker Soundcore Liberty Neo

総合評価

4.5/5

Anker 【第2世代】Soundcore Liberty Neo

  • 5000円以下で音質で選ぶなら最強
  • 迫力のある低音
  • クリアな高音
  • マイク性能も高い
  • 耳の小さな方はフィットしにくい
Bluetoothコーデック防水
5.0SBC,AACIPX7
再生時間充電端子質量
本体:5時間
ケース込:20時間
microUSB51g

3.4

高音

3.5

中音

3.8

低音

4.5

コスパ

4.0

装着感

3.8

利便性

モバイルバッテリーで有名なAnkerより、【第2世代】Soundcore Liberty Neo。安心と信頼のAnker製なので品質もよく保証も最大2年間と安心です。

音質は中低域寄りのダイナミックなサウンド。ライブ会場に近い迫力のある低域を表現してくれます。かといってゴリゴリの低域というわけではなく、高域もマスクせずにハリの良い音を出してくれます。

音質:迫力の低音とクリアな高音
装着感:やや圧迫感があるけど安定した装着性

古い製品ということもあり、充電端子はmicroUSB、最大再生時間も20時間とやや短めなのが欠点ですね。あとは本体がやや大きいので耳の小さな方には向いていないです。

利便性やスペック重視であれば次に紹介する「Soundcore Life P2」の方が良いですね。

カジェット

音質は最高!利便性は普通!

▲ランキング一覧に戻る

Anker Soundcore Life P2

総合評価

4.5/5

Soundcore Life P2

  • とにかくスペックが高い
  • aptXに対応している
  • 急速充電がいざというとき便利
  • 雑音が入らない通話性能
  • 充電ケースが大きい
Bluetoothコーデック防水
5.0SBC,AAC,aotXIPX7
再生時間充電端子質量
本体:7時間
ケース込:40時間
Type C本体(片耳):5.1g
ケース:62.0g

3.6

高音

3.4

中音

3.6

低音

4.5

コスパ

3.9

装着感

4.5

利便性

Soundcore Life P2価格.comでも常に5位以内に君臨する大人気の完全ワイヤレスイヤホンです。

音の傾向はメリハリ感のあるドンシャリ傾向。シャリ付きがやや強く平面的な音質で、先ほど紹介した「Soundcore Liberty Neo」のほうが音質のグレードは高いです。ロックやEDMとの相性は良いですね。

イヤホン本体
装着感|圧迫感はないけどイヤーピースだけで支えている感覚

装着感はイヤーピースだけで支えているような感覚が強く、スポーツには不向きなように感じました。

同価格帯の完全ワイヤレスイヤホンと比べるとスペックは非常に高く、本体のみで7時間/ケース込みで40時間と長く、防水性能も水に落としても壊れない「IPX7」相当。

ビームフォーミングマイクを採用しており、騒がしい環境でもノイズのない通話ができます。

音楽鑑賞だけでなく、ビジネスユースにもおすすめのマルチプレイヤーなイヤホンです。

カジェット

マルチに使える万能イヤホン。ランキングサイトで上位、そしてAnker製ということもあり品質も保証されているので安心して購入できますね。

▲ランキング一覧に戻る

ag TWS03R

総合評価

4.6/5

ag TWS03R

  • 5000円台で最高の音質
  • デザインがコンパクトで可愛い
  • カラバリが6色展開と豊富
  • 耳の小さな方でも女性でもフィットしやすい
  • 音が途切れにくくて、快適に使える
  • ケース込みの最大再生時間がやや短い
  • 充電端子がUSB-microB
Bluetoothコーデック防水
5.0SBC,AAC×
再生時間充電端子質量
本体:5時間
ケース込:17時間
microUSB本体:4g
ケース込:55g

3.4

高音

3.6

中音

3.8

低音

4.8

コスパ

4.0

装着感

3.5

利便性

TWS03Rは”音”にこだわりをもつイヤホンメーカー「final」のワイヤレスイヤホンブランド「ag」の製品。完全ワイヤレスイヤホンでも音へのこだわりは引き継いでおり、5000円台とは思えない音のクオリティの高さです。

一聴して感じるのは音のバランスの良さ。温かみのある低域、刺激の少ない高域、そしてボーカルを艶やか且つ色っぽく奏でる中域。全体域のバランスが”ちょうど良い”と思える絶妙なチューニングです。

ag(エージー) TWS03R ボタン部
ag(エージー) TWS03R 装着画像 女

弱点としては、再生時間が短く充電端子もmicroUSB。防水性能はなく、最新の完全ワイヤレスイヤホンと比べるとやや利便性に欠けるという点です。

マカロンのようなコロンとした見た目で、本体も小さく女性の方でも耳にフィットしやすく、カラーバリエーションも6色と豊富なためプレゼント用にもおすすめですね。

カジェット

音質ガチ勢メーカーが作った完全ワイヤレスイヤホン。見た目はこんなにカジュアルなのに、音が良すぎる。

▲ランキング一覧に戻る

EarFun Free

総合評価

3.5/5

EarFun Free

  • 5000円以下でワイヤレス充電対応
  • スペックは全体的に高め
  • 装着感が良好
  • 音質に対するコスパが悪い
  • 特徴が少ない
Bluetoothコーデック防水
5.0SBC,AACIPX7
再生時間充電端子質量
本体:6時間
ケース込:30時間
Type C
QI(ワイヤレス充電)
本体:5.5g
ケース込:60g

3.2

高音

3.2

中音

3.2

低音

3.8

コスパ

4.0

装着感

4.0

利便性

EarFun Freeは5000円以下でQi(ワイヤレス充電)にも対応した完全ワイヤレスイヤホン です。

IPX7の防水性能や再生時間が6時間/30時間と全体的にハイスペック

本体|コロンとしたかわいらしいデザイン
装着画像

装着感は普通。音質は価格を考えれば平均以下

音質にこだわりがなければ”悪くはない”と感じる程度ではありますが、無理にEarFun Freeを選ぶ必要もないかなと感じます。

カジェット

スペックが高い=良い製品とは限らないのだよ。

▲ランキング一覧に戻る

EarFun Air

総合評価

4.2/5

EarFun Air

  • 自動装着機能が便利
  • Qi(ワイヤレス充電)に対応
  • スペックが全体的に高い
  • 音質のコスパが悪い
Bluetoothコーデック防水
5.0SBC,AACIPX7
再生時間充電端子質量
本体:7時間
ケース込:35時間
Type C
QI(ワイヤレス充電)
本体:5.5g
ケース込:55.2g

3.2

高音

3.2

中音

3.2

低音

4.0

コスパ

4.0

装着感

4.7

利便性

EarFun Airは先ほど紹介したEarFun free の上位機種で5000円台でQi(ワイヤレス充電)自動装着検出機能にも対応した完全ワイヤレスイヤホン です。

自動装着検出とは、耳に装着するだけで音楽が再生され、外すと再生が止まる機能で、この価格帯で採用されているのは大変珍しいです。

本体|スティック型を採用
装着画像

耳の下にアンテナ部が伸びる「スティック型」を採用しており、装着感は小さな耳の方でもフィットしやすい印象。

音質は価格を考えればやはり平均以下。上位機種とはいえEarFun Freeとの差を感じません。

カジェット

音質以外は良いんだけど、肝心の音質がなぁ…。

▲ランキング一覧に戻る

SOUNDPEATS TrueFree+

総合評価

4.5/5

TrueFree+

  • 3000円台とは思えないほど高音質
  • ボーカルの表現力が素晴らしい
  • 充電ケースがチープ
  • 充電端子がmicroUSB
  • たまに音途切れが発生する
Bluetoothコーデック防水
5.0SBC,AACIPX5
再生時間充電端子質量
本体:4時間
ケース込:35時間
microUSB本体:4.7g

3.3

高音

3.5

中音

3.5

低音

4.7

コスパ

4.5

装着感

4.0

利便性

中国深センのオーディオメーカー「SOUNDPEATS」のシリーズ累計200万台を販売する大ヒットイヤホンTrueFree+。AMAZONでも3000レビュー以上を獲得しており、人気の高さを伺えます。

音質:ボーカルの表現力が素晴らしい
装着感:耳の中に収まりやすい

この価格でワイヤレスイヤホン特有の高域のザラつきを感じることがなく、刺さりのないスムースな音です。中域が特に綺麗でボーカルが際立つためポップスとの相性が良いですね。

充電ケースがチープな見た目で充電端子もmicroUSB、再生時間は本体が最大4時間と価格相応のスペックにも気になりますが、音質が全ての欠点をカバーしてくれています。

カジェット

3000円でこの音質だったら十分すぎる。

▲ランキング一覧に戻る

SOUNDPEATS TrueFree 2

総合評価

4.7/5

TrueFree 2

  • フィット感が高く落ちる気がしない
  • 防水性が高い
  • USB-Cを採用
  • 超高域はややザラつく
  • イマイチな点
Bluetoothコーデック防水
5.0SBC,AACIPX7
再生時間充電端子質量
本体:4時間
ケース込:20時間
Type C
本体4.7g

3.2

高音

3.3

中音

3.5

低音

5.0

コスパ

4.5

装着感

4.5

利便性

再びSOUNDPEATSより、先ほど紹介した「TrueFree+」の後継機「TrueFree 2」。

音質はメリハリの良いサウンドでノリの良いロックやポップスとの相性が良いですが、TrueFree+と比べると超高域にザラつき荒さを感じるようになりました。それでも価格を考えれば十分音質は良い方です。

片耳のみの使用もできる
装着感:激しく動いても取れない

最大再生時間はケース込みで20時間とTrueFree+と比べても短くなりましたが、充電ケースがシンプルでオシャレになっており、価格も同じ3000円台と据え置きながらもUSB Type C採用、IPX7の防水に対応と価格に対して高いスペックを誇ります。

さらに、耳からの脱落防止用にイヤーフィンも備え付けられ利便性が大幅UPしました。”利便性”に対するコストパフォーマンスの高さが高いイヤホンです。

カジェット

音質で選ぶなら「TrueFree+」
利便性で選ぶなら「TrueFree 2」

▲ランキング一覧に戻る

SOUNDPEATS TrueAir

総合評価

4.2/5

TrueAir

  • インナーイヤー型TWSの中ではかなりの高音質
  • aptXに対応
  • 充電ケースが安っぽい
  • 最小音量が大きい
Bluetoothコーデック防水
5.0SBC,AAC,aptXIPX4
再生時間充電端子質量
本体:5時間
ケース込:30時間
USB-C本体:3.77g
ケース込:41.3g

3.5

高音

3.6

中音

3.4

低音

4.5

コスパ

4.0

装着感

4.0

利便性

再びSOUNDPEATSより、耳をふさがないAirPodsのような形状のインナーイヤー型採用完全ワイヤレスイヤホン「TrueAir」。

インナーイヤー型の中でも価格に対しての音質レベルはかなり高く、こもりがなくバランスの良いサウンドを奏でてくれます。耳が肥えていない限りは誰もが高音質と思えるサウンドです。

TrueAir 本体画像
TrueAir 装着画像

充電ケースはAirPodsを意識した形状ですが、どこか安っぽくいかにも中華イヤホンな見た目がマイナス印象です。しかし、USB-C対応にしているのはありがたい。

カジェット

音質は初代AirPodsとそこまで変わらないんじゃないかな。ただ次に紹介する「TrueAir2」の方が良いです。

▲ランキング一覧に戻る

SOUNDPEATS TrueAir2

総合評価

4.7/5

TrueAir2

  • 音質・スペック、サイズ、あらゆる面でコスパ最強すぎる
  • 耳が痒くなりにくく開放的な装着感
  • 動画視聴時の遅延がかなり少ない
  • ホワイトノイズ(サーっとした音)がやや大きい
  • 最小音量が大きい
  • タッチパネルの操作がしにくい
Bluetooth/チップコーデック防水
5.2/
QCC3040
SBC,AAC,aptXIPX4
再生時間充電端子質量
本体のみ:5時間
ケース込:25時間
Type C本体(片耳):3.5g
ケース込:33g

3.8

高音

3.8

中音

3.8

低音

4.8

コスパ

4.3

装着感

4.3

利便性

TrueAir2は最新チップ「QCC3040」を搭載し、さらに接続安定性や利便性を高めた「TrueAir」の後継機です。

今回紹介する完全ワイヤレスイヤホンの中では、充電ケースが一番薄く胸ポケットにも収まるほどの薄さと軽さで、ポータブル性抜群です。

TrueAir2 本体
TrueAir2 装着画像

前作「TrueAir」同様インナーイヤー型を採用し、長時間装着していても閉塞感がなく快適な装着感を得られます。

価格は据え置きながらも、音質で定評のある「TrueAir」をさらに上回り、高域から低域までのレンジがさらに広くなり、奥行きもでるようになりました。

インナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホンのなかではAirPodsを含めトップクラスの音質です。

カジェット

インナーイヤー型を探しているなら、「TrueAir2」一択でOKです。

▲ランキング一覧に戻る

SOUNDPEATS Truebuds

総合評価

3.7/5

Truebuds

  • モバイルバッテリーとして使える
  • インナーイヤー型採用で閉塞感がない
  • 充電ケースが大きくて重い
  • ケースから本体を取り出しにくい
  • タッチパネルの感度が高すぎる
  • 本体の再生時間が3.5時間と短い
Bluetooth/チップコーデック防水
5.0/
RTL8763BFP
SBC,AACIPX4
再生時間充電端子質量
本体のみ:3.5時間
ケース込:70時間
Type C本体:5.1g
ケース込:114.3g

3.5

高音

3.3

中音

3.3

低音

3.8

コスパ

4.0

装着感

4.0

利便性

Truebudsはインナーイヤー型でモバイルバッテリー機能を搭載した珍しい完全ワイヤレスイヤホンです。

再生時間がケース込みで70時間と長く感じますが、本体再生時間が3.5時間と短め。移動中やWEB会議中などで長時間使うと、いつの間にか充電が切れており満充電になるまで待たないといけなくなることも。

Truebuds 本体
Truebuds 装着画像

音質については癖はないが特徴もないサウンドで、「TrueAir2」のほうが断然良いですね。

総評して「インナーイヤー型」と「モバイルバッテリー機能」、どちらも活かし切れていないように感じましたね。

カジェット

TrueAir2と別途モバイルバッテリーを用意した方が絶対便利

▲ランキング一覧に戻る

SOUNDPEATS Truengine SE

総合評価

3.9/5

Truengine SE

Truengine SE
  • 音の解像度が高い
  • 価格を考えれば音質が良い
  • 充電端子がmicroB
  • 全体的にTruengine 3SEに劣る
Bluetooth/チップコーデック防水
5.0/
QCC3020
SBC,AAC,aptXIPX4
再生時間充電端子質量
本体のみ:6時間
ケース込:27時間
microUSB本体(片耳):5.2g
ケース込:54.3g

3.8

高音

3.8

中音

3.7

低音

4.0

コスパ

3.5

装着感

4.0

利便性

Truengine SEは2つスピーカーを搭載した「デュアルドライバー」を採用した完全ワイヤレスイヤホンです。

上記の特徴により、同価格帯の完全ワイヤレスイヤホンと比べても特に音の解像度が高く、ひとつひとつの音を分離します。

弱ドンシャリ傾向のサウンドで、メリハリがよくバランスの良い音でロックやポップスなどを楽しく聴かせます。

Truengine SE 本体
Truengine SE 装着画像

2019年9月に発売されたモデルということもあり、充電端子はmicroUSBと一世代前の規格を採用。本体も大きく、装着感にも少し難があるように感じました。

300円だけ高い後継機種「Truengine 3SE」はこれらの弱点を全て解消しながらも音質もブラッシュアップされているので、そちらを選んだ方が幸せになれます。

カジェット

Truengine SEを買おうか迷っている方、絶対「Truengine 3SE」のほうがいいやで。

▲ランキング一覧に戻る

SOUNDPEATS Truengine 3SE

総合評価

4.8/5

Truengine 3SE

  • 価格に対して音の分離が良い
  • 邦楽ロックとの相性が最高
  • 再生時間が長い
  • 1ペア1,000円のイヤーピースが付属で入っている
  • とくになし
Bluetooth/チップコーデック防水
5.0/
QCC3020
SBC,AAC,aptXIPX5
再生時間充電端子質量
本体のみ:6.5時間
ケース込:30時間
Type C本体(片耳):6.0g
ケース込:52.5g

4.0

高音

3.9

中音

3.8

低音

4.6

コスパ

4.5

装着感

4.0

利便性

Truengine 3SEは2020年6月に発売された最新のデュアルダイナミックドライバー搭載完全ワイヤレスイヤホンです。今回紹介するイヤホンの中で唯一6000円台の製品です。

前作のTruengine SEと比べると300円ほど価格は上がりましたが、音質・スペック・装着感、あらゆる面でブラッシュアップされました。

Truengine 3SE 本体
Truengine 3SE 装着画像

デュアルダイナミックドライバーを搭載していることにより、他のイヤホンを凌駕する解像度の高さと、高域の伸びの良さが特徴。1万円台の完全ワイヤレスイヤホンに匹敵するレベルの高音質を6000円台で体感できます。

装着感も前作よりコンパクトになり、耳の形状に合わせてピタッとはまりやすくなりました。音にこだわりたい方におすすめの完全ワイヤレスイヤホンです。

カジェット

唯一6000円台のイヤホンですが、音質で選ぶならおすすめですよ。

▲ランキング一覧に戻る

SOUNDPEATS TrueShift2

総合評価

4.8/5

TrueShift2

  • オーダーメイドイヤホンかのような装着感の良さ
  • 臨場感のある低音とハリの良い中高音
  • 驚愕の100時間再生対応
  • いざというときのモバイルバッテリー機能
  • これだけ高性能で5000円以下で買える
  • 充電ケースが大きい
Bluetooth/チップコーデック防水
5.0/
Airoha AB1536U
SBC,AACIPX7
再生時間充電端子質量
本体のみ:6時間
ケース込:100時間
Type C本体(片耳):5.4g
ケース込:112.2g

3.7

高音

3.7

中音

3.9

低音

5.0

コスパ

5.0

装着感

4.5

利便性

TrueShift2はモバイルバッテリー機能を備えた完全ワイヤレスイヤホンです。ケース込みで最大100時間再生ができる驚きのバッテリー容量で、通勤・通学用に使えば1ヶ月は充電なしで運用できそうです。

バッテリー面に目がいきがちですが、それ以上驚いたのが装着感の良さ。まるでオーダーメイドで作られたかのように耳にぴったりとハマり、「耳から落ちない」と確信できる装着感の良さです。

TrueShift2 本体
TrueShift2 装着画像

音質は中低域寄りのパワフルなサウンドですが、中高域はマスクせずハリの良いボーカルを出してくれます。価格を考えれば音質のグレードは高いですね。

唯一のデメリットが充電ケースが大きいという面ですが、それを差し引いても装着感と音質に優れたコストパフォーマンスの高いイヤホンです。

カジェット

装着感がとにかく良い。音質やスペックも高く、かなりのコストパフォーマンスの高さです。

▲ランキング一覧に戻る

SOUNDPEATS TrueCapsule2

総合評価

4.3/5

TrueCapsule2

  • 装着検出機能が便利
  • マイク性能がかなり高い
  • 小さな耳でもフィットしやすい
  • 聴き疲れしにくいサウンド
  • タッチ操作にやや難あり
Bluetooth/チップコーデック防水
5.0/
QCC3020
SBC,AAC,aptXIPX6
再生時間充電端子質量
本体のみ:8時間
ケース込:40時間
Type C本体(片耳):4.6g
ケース込:52.9g

3.5

高音

3.6

中音

3.5

低音

4.5

コスパ

4.3

装着感

4.6

利便性

TrueCapsule2は2020年11月22日に発売されたSOUNDPEATSの最新作です。

スティック型(うどん型)を採用しており、ノイズの少ないマイク性能自動装着検出機能が特徴の完全ワイヤレスイヤホンです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC03862.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: DSC03893.jpg

音質は特徴はありませんが価格を考えれば及第点。聴き疲れのしにくい柔らかい音でクセがありません。

装着感もよく、性能・音質・価格・装着感のバランスが取れた優等生です。

カジェット

マイク品質が高いので、通話用ヘッドセットとしてメインで使うのにもおすすめ!

▲ランキング一覧に戻る

SOUNDPEATS sonic

総合評価

5/5

sonic

  • 音質のコスパもやばい
  • 最大15時間再生はおかしいレベル
  • 物理ボタンで操作しやすい
  • ゲームができるくらい遅延がない
  • 5000円以下という価格設定はおかしい
  • ないけど、欲を言えば外音取り込みが欲しい
Bluetooth/チップコーデック防水
5.2/
QCC3040
SBC,AAC,aptX adaptive IPX5
再生時間充電端子質量
本体のみ:15時間
ケース込:35時間
Type C本体(片耳):5.6g
ケース込:45.8g

4.2

高音

4.0

中音

3.8

低音

5.0

コスパ

4.7

装着感

4.5

利便性

SOUNDPEATS sonicは2020年11月27日発売。最新チップ「QCC3040」を搭載し、「TrueWireless Mirroring」や「aptX Adaptive」など最新機能に対応した4980円で買えるイヤホンです。

再生時間が本体のみで15時間と恐ろしいほど長く、今回紹介するイヤホンの中では最長。5000円以下ながらも他の製品と比べても群を抜いたスペックの良さです。

スペックだけではなく音質も同価格帯と比べても明らかによく、生楽器さえも再現する伸びやかな高音と解像度の高い音を提供してくれます。装着感も良く、耳から落ちる気がしません。

さらに「ゲームモード」という映像と音声にズレを感じさせないモードを搭載しており、FPSや音ゲーも普通にプレイできてしまいます。

カジェット

他のイヤホンと比べても群を抜きすぎているコスパの良さ。

▲ランキング一覧に戻る

TaoTronics SoundLiberty 53

総合評価

3.8/5

SoundLiberty 53

  • 中低域寄りの優しい音
  • 防水性能が高い
  • 再生時間が長い
  • イヤホン本体をケースに入れにくい
  • 本体が大きい
  • 充電部がmicroUSB

3.0

高音

3.2

中音

3.5

低音

4.0

コスパ

3.5

装着感

4.0

利便性

Bluetoothコーデック防水
5.0SBC,AACIPX7
再生時間充電端子質量
本体:6時間
ケース込:40時間
microUSB本体:5g
ケース込:41g

コスパ最強系のイヤホンメーカーとして名を連ねる「TaoTronics」より、AMAZONレビュー2500件超えの名機SoundLiberty 53

ギリギリ5000円台を切る価格ながらもスペックは高く、再生時間は本体のみで6時間、ケース込みで40時間都かなり長め。さらにIPX7の防水性能を備えています。

TaoTronis SoundLiberty 53 イヤホン本体
TaoTronis SoundLiberty 53 装着画像

音質は中低域よりで聴き疲れがしにくく柔らかなサウンドで、長時間音楽を聴いていても聴き疲れがしにくい癖のないサウンドです。

スペックと音質についでは十分ですが、本体が大きくケースも縦長の設計で本体も取り出しにくい印象。ワイヤレスイヤホンとして少し運用がしにくいようにも感じました。

カジェット

スペックは十分高いんだけど、本体の大きさが気になる。

▲ランキング一覧に戻る

TaoTronics SoundLiberty 92

総合評価

4.3/5

SoundLiberty 92

  • 耳が密閉されず開放的
  • BGM感覚で音楽や動画を楽しめる
  • 充電ケースがコンパクトでかっこいい
  • 全体的にスペックが高い
  • 音質がややこもり気味
  • ボタン操作がややしづらい
Bluetoothコーデック防水
5.0SBC,AACIPX7
再生時間充電端子質量
本体:5時間
ケース込:30時間
Type C本体:4.7g
ケース込:43g

3.0

高音

3.0

中音

3.0

低音

4.5

コスパ

4.0

装着感

4.0

利便性

再びTaoTronicsより、耳を塞がないインナーイヤー型採用の完全ワイヤレスイヤホン「SoundLiberty 92」TaoTronicsの最新作ということもあり、充電端子はType Cを採用しています。

充電ケースが薄くてかっこよく、”できる男の愛用ガジェット”のような所有欲を満たすデザインです。再生時間も本体5時間、ケース込みで30時間と十分長く、運用しやすいです。

イヤホン本体
装着画像

音質は解像度が甘くモコっとしたような印象を受けます。聞き流す程度やラジオ感覚で音声コンテンツを楽しむのには良いですが、良い音をしっかり遮音して楽しみたいという方には向かないです。

カナル型(耳栓型)が苦手な人で、テレワーク用のヘッドセットとして使いたい方にもおすすめですよ。

カジェット

充電ケースが超絶かっこいい。
もう少し音質がよければなぁ〜。

▲ランキング一覧に戻る

TaoTronics SoundLiberty 97

総合評価

5/5

SoundLiberty 97

  • コスパがヤバイ
  • 再生時間が9時間/36時間と長い
  • 充電ケースが胸ポケットサイズ
  • 音質もかなりレベルが高い
  • ケースから取り出すときに落としそうになる
Bluetooth/チップコーデック防水
5.0/
QCC3020
SBC,AAC,aptXIPX8
再生時間充電端子質量
本体のみ:9時間
ケース込:36時間
Type C本体(片耳):4.2g
ケース:34.1g

3.4

高音

3.5

中音

3.5

低音

5.0

コスパ

4.2

装着感

4.8

利便性

SoundLiberty 97は2020年11月13日に発売したTaotronicsの最新完全ワイヤレスイヤホンです。

胸ポケットサイズのコンパクトな充電ケースなのに、「再生時間 9時間/36時間」「IPX8」「aptX対応」それでいて「3999円」というバケモノスペック。

イヤホン本体は小ぶりなサイズ
イヤホンを装着

音質も同社の中では特に良く、3000円台という価格を考えればかなり高音質。クセが少なく「刺さりのない高音」「締りのある低音」を出してくれます。

装着感もそれなりに良好で、スポーツ用途には難しいですが、普段使いであればストレスを感じにくい安定した装着感です。

カジェット

3000円台コスパ最強イヤホン。

▲ランキング一覧に戻る

JPRiDE TWS-520

総合評価

4.5/5

JPRiDE TWS-520

  • ロックとの相性最高
  • 薄型の充電ケースでかさばらない
  • TWS-Xと比べると音がやや荒い
  • 充電端子がmicroUSB
Bluetoothコーデック防水
5.0SBC,AACIPX5
再生時間充電端子質量
本体:6.5時間
ケース込:20時間
microUSB本体:5g
ケース込:37g

3.5

高音

3.5

中音

3.9

低音

4.5

コスパ

4.0

装着感

4.0

利便性

日本のオーディオメーカーJPRiDEより、雑誌や各メディアでも多数の評価を得る名器「TWS-520」。初期AirPodsのような「うどん型」と呼ばれる形状で、耳の収納部が小さくフィット感も良好です。

本体|下にアンテナが伸びるうどん型
装着感|収まりはいいけど落ちそうな感覚もある

音質については低域がかなり強く、迫力のある音で強調してきます。高域はこもりは一切なく、刺さりのないドンシャリ傾向。後に紹介するTWS-Xと比べると音作りが荒く感じますが、激しいロックとの相性は最高です。

ケースも薄くてコンパクトでスペックも申し分なく、コストパフォーマンスはかなり高いと感じます。

カジェット

JPRiDEをレビュー用に初めて使ったけど、コスパ最強の名に相応しいメーカーと感じました。

▲ランキング一覧に戻る

JPRiDE TWS-X

総合評価

5/5

JPRiDE TWS-X

  • 高音質コーデックaptXも対応
  • 充電ケースが超コンパクト
  • 9時間の連続再生対応
  • USB type Cに対応
  • とくになし
Bluetoothコーデック防水
5.0SBC,AAC,aptXIPX5
再生時間充電端子質量
本体:9時間
ケース込:30時間
Type C本体:5g
ケース込:33g

3.6

高音

3.8

中音

3.9

低音

5.0

コスパ

4.5

装着感

4.8

利便性

引き続きJPRiDEより、最新完全ワイヤレスイヤホンの「TWS-X」。今回紹介する完全ワイヤレスイヤホンの中では充電ケースが特にコンパクトです。

高音質コーデック「aptX」にも対応し、Androidスマホであればさらに高音質で聴くことができます。

音質については迫力のある低音はそのままにTWS-520の雑味や荒々しさが解消され、超高域からボーカル帯域までスムースに鳴らしてくれるようになりました。

再生時間も本体のみで9時間とかなり高寿命。最新の充電端子「USB Type C」にも対応し、あらゆる面で隙なし。これぞ”コスパ最強”の完全ワイヤレスイヤホンなのでは?

カジェット

音質・携帯性・スペック、どこをとっても隙がないっ。
5000円台までであればTWS-Xが最強か?

▲ランキング一覧に戻る

Mpow M5

総合評価

3.9/5

M5

  • ボーカルがクリアで滑らか
  • 全体的に高スペック
  • 所有欲を満たすデザイン
  • 充電ケースが大きい
  • 充電端子がmicroUSB
Bluetoothコーデック防水
5.0SBC,AAC,aptXIPX7
再生時間充電端子質量
本体:6時間
ケース込:42時間
microUSB本体:5g
ケース込:53g

3.2

高音

3.5

中音

3.3

低音

4.0

コスパ

4.0

装着感

4.0

利便性

2020年に日本法人が設立された中国深センのデバイスメーカー「Mpow」の完全ワイヤレスイヤホン「M5」。中国だからとといって品質が悪いわけではなく、コストを抑えながらも非常に質の高い製品を作り出すメーカーです。

MPOW M5 本体
MPOW M5を耳に装着

ボーカルラインが滑らかに聴こえ、バラードや女性ボーカルをしっとりと色っぽく鳴らしてくれます。中域を中心とした滑らかなサウンドでクセが無く、あらゆるジャンルに対応できます。

充電ケースはレザー調で所有欲を満たすデザインですがやや大きく、ポケットに入れると膨らみが気になってしまいます。その分再生時間は長く、1週間は充電をしなくても通勤通学くらいであればバッテリー切れを起こさないでしょう。

カジェット

前まではかなりハイスペックのように感じましたが、今は他に選択肢があるかな。

▲ランキング一覧に戻る

Mpow M30

総合評価

4.7/5

M30

  • 価格がとにかく安い
  • 耳から落ちにくい
  • 価格を考えればスペックは十分高い
  • 中低域の量感が豊か
  • 高域はそこまで伸びない
Bluetooth/チップコーデック防水
5.0/
Airoha AB1536U
SBC,AACIPX7
再生時間充電端子質量
本体のみ:5時間
ケース込:25時間
Type C本体(片耳):4.5g
ケース込:48.3g

3.4

高音

3.5

中音

3.7

低音

4.8

コスパ

4.5

装着感

4.5

利便性

M30はMpowから発売された3999円で買える完全ワイヤレスイヤホンです。

耳からの脱落を防ぐ「イヤーフィン」や「IPX7」の防水対応など、スポーツ用途に使いやすい機能が備わっています。

本体|イヤーフィン付き
操作方法|タッチパネルで操作

音質は中低域寄りの太ましいサウンド。ダイナミックさと豊かさを両立しており、ブラックミュージックやEDM全般と相性の良いサウンドです。高域はあまり伸びません。

イヤーフィンのおかげで装着感がかなり良いので、耳からイヤホンが落ちるのが心配な方におすすめしたい完全ワイヤレスイヤホンです。

カジェット

安くてスポーツ向けに探しているならおすすめだよっ。

▲ランキング一覧に戻る

cheero Wireless Earphones Bluetooth 5.1(CHE-627)

総合評価

4.0/5

Wireless Earphones Bluetooth 5.1(CHE-627)

  • 最大180時間再生の超ロングバッテリー
  • モバイルバッテリー代わりになる
  • ダンボーverがかわいい
  • 付属イヤーピースがイマイチで装着感が悪い
Bluetoothコーデック防水
5.1SBC,AAC,aptXIPX5
再生時間充電端子質量
本体:10時間
ケース込:180時間
Type C本体:5g
ケース込:80g

3.2

高音

3.2

中音

3.5

低音

4.5

コスパ

3.5

装着感

4.8

利便性

モバイルバッテリーやよつばとの「ダンボー」とのコラボで有名な「cheero」の完全ワイヤレスイヤホン「Wireless Earphones Bluetooth 5.1(CHE-627)」。レビューをしたのはダンボーverですが、性能は通常verと同じです。

その特徴が完全ワイヤレスイヤホンながら、モバイルバッテリーとしても使うことができます。2200mAhのバッテリー容量を備えており、iPhoneだと大体50%くらいは充電できます。

付属イヤーピース
耳に装着

完全ワイヤレスイヤホンとしてはかなり大容量のバッテリーのため、なんとケース込みで最大180時間の再生ができます。1か月くらい充電しなくても使えそうですね。

音質は低域の量感が多く、迫力のある低音が特徴です。高域はややこもりを感じますが音質にこだわりが無ければ気にならないレベルです。

カジェット

ダンボーverは超かわいいっ!可愛すぎて嫁さんに取られました。

▲ランキング一覧に戻る

コスパ最強の完全ワイヤレスイヤホンはこれだ!

あらゆる5000円以下、5000円前後の完全ワイヤレスイヤホンを試してみましたが、一番良いと感じた完全ワイヤレスイヤホンはこちら!

SOUNDPEATS SONIC

コスパ最強の理由
  • 4980円で「再生時間が本体15時間/ケース35時間」
  • QCC3040を搭載し「aptX adaptive」「TrueWireless Mirroring」など最新機能満載
  • 10000円台の完全ワイヤレスに匹敵する音質の良さ
  • ゲームモードを搭載し、音のズレなくゲームを楽しめる

SONICは、あらゆるコスパ最強イヤホンが過去のものとなってしまうほど、価格からは考えられない恐ろしいコストパフォーマンスの高さを誇る完全ワイヤレスイヤホンです。

音質も非常によく、有線イヤホン並みに伸びやかな高音を奏でてくれます。

コスパ最強どころか、市場の価格破壊です。他メーカーもこれほどの実力を持った機種が出てきたら、なかなか太刀打ちできないでしょうね。

カジェット

文句なしのコスパ最強1位!

タイプ別おすすめ

タップでレビュー欄にジャンプします。

ランキング一覧はこちら

ランキング1位2位3位4位5位6位7位8位9位10位11位12位13位14位15位16位17位18位19位20位21位22位23位
商品名
※タップでレビュー欄までジャンプ
sonic
SoundLiberty 97
TWS-X
TrueShift2
M30
TrueFree 2
Soundcore Life P2
TWS03R
TrueAir2
TrueFree+
Truengine 3SE
TrueCapsule2
TWS-520
【第2世代】Soundcore Liberty Neo
SoundLiberty 92
TrueAir
EarFun Air
Truengine SE
CHE-627
ワイヤレスイヤホン cheero Wireless Earphones powered by Qualcomm®aptX™ audio technology Bluetooth 5.1 自動ペアリング 高音質 CVC8.0 ノイズキャンセリング...
Mpow m5
SoundLiberty 53
TruebudsEarFun Free
コスパ(5.0)(5.0)(5.0)(5.0)(4.8)(4.8)(4.8)(4.8)(4.8)(4.7)(4.6)(4.5)(4.5)(4.5)(4.5)(4.5)(4.2)(4.0)(4.0)(4.0)(4.0)(3.8)(3.5)
特徴他と比べても圧倒的すぎるスペックと音質3000円台最強あらゆる面で隙なし耳から落ちる気がいない、音質もかなりのもの安くてスペック、装着感・音質のバランスよし3000円で機能性抜群万能マルチイヤホン音質バランス最強最強のインナーイヤー型3000円で音質最強sonicの発売で出番がなくなた…通話品質と利便性を兼ね備えた万能型ロック好きにおすすめライブ感のある低音ハイスペックインナーイヤー型高音質インナーイヤー型機能性はいいけど音質はイマイチsonicを買ったほうが良い180時間再生可能ハイスペックだけどケースが大きいハイスペックだけど本体が大きいいろいろと中途半端スペックが良いだけで音質も装着感もイマイチ
Bluetooth5.25.05.05.05.05.05.05.05.25.05.05.05.05.05.05.05.05.05.15.05.05.05.0
コーデックSBC,AAC,aptX AdaptiveSBC,AAC,aptXSBC,AAC,aptXSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AAC,aotXSBC,AACSBC,AAC,aptXSBC,AACSBC,AAC,aptXSBC,AAC,aptXSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AAC,aptXSBC,AACSBC,AAC,aptXSBC,AAC,aptXSBC,AAC,aptXSBC,AACSBC,AACSBC,AAC
防水IPX5IPX8IPX5IPX7IPX7IPX7IPX7×IPX4IPX7IPX5IPX6IPX5IPX7IPX7IPX4IPX7IPX4IPX5IPX7IPX7IPX4IPX7
再生時間本体;15時間
ケース込:35時間
本体;9時間
ケース込:36時間
本体;9時間
ケース込:20時間
本体:6時間
ケース込:100時間
本体のみ:5時間
ケース込:25時間
本体;4時間
ケース込:20時間
本体:7時間
ケース込:40時間
本体;5時間
ケース込:17時間
本体;5時間
ケース込:25時間
本体;5時間
ケース込:20時間
本体のみ:6.5時間
ケース込:30時間
本体のみ:8時間
ケース込:40時間
本体;6.5時間
ケース込:20時間
本体;5時間
ケース込:20時間
本体;5時間
ケース込:30時間
本体:5時間
ケース込:30時間
本体:7時間
ケース込:35時間
本体:6時間
ケース込:27時間
本体;10時間
ケース込:180時間
本体:6時間
ケース込:42時間
本体:6時間
ケース込:40時間
本体:3.5時間
ケース込:70時間
本体:6時間
ケース込:30時間
充電端子Type CType CType CType CType CType CType CmicroUSBType CmicroUSBType CType CType CmicroUSBType CType CType C
QI(ワイヤレス充電)
Type CType CmicroUSBmicroUSBType CType C
QI(ワイヤレス充電)
質量本体:5.6g
ケース:45.8g
本体:4.2g
ケース:34.1g
本体:5g
ケース込:33g
本体:5.4g
ケース込:112.2g
本体:4.5g
ケース込:48.3g
本体:4.7g本体:5.1g
ケース:62.0g
本体:4g
ケース込:55g
本体:3.5g
ケース込:33g
本体:4.7g本体:6.0g
ケース込:52.5g
本体(片耳):4.6g
ケース込:52.9g
本体:5g
ケース込:37g
ケース込:51g本体:4.7g
ケース込:43g
本体:3.77g
ケース込:41.3g
本体:5.5g
ケース込:55.2g
本体:5.2g
ケース込:54.3g
本体:5g
ケース込:80g
本体:5g
ケース込:53g
本体:5g
ケース込:41g
本体:5.2g
ケース込:54.3g
本体:5.5g
ケース込:60g
価格(税込)4,980円3,980円5,480円4,680円3,999円3,980円4,999円5,502 円4,990円3,980円6,290円4,980円4,980円4,999円4,999円4,990円5,499円5,980円5,980円5,299円4,999円5,280円4,580円

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる