【コスパ最強】5000円以下の完全ワイヤレスイヤホンTOP10|安くておすすめはこれだ!

左右の繋がるケーブルがなく、超快適に使える完全ワイヤレスイヤホン

かつては最安でも10000円ほどしていましたが、最近では3000円台でも買える時代に。

しかし価格だけで完全ワイヤレスイヤホンを購入するとこんなリスクも

安い完全ワイヤレスイヤホンのリスク
  • 接続が安定せず、音楽が途切れやすい
  • スペックは良いけど音が悪い
  • すぐに壊れて音が鳴らなくなる
カジェット

安さだけで選ぶと痛い目をみますよ!

こちらの記事では、「カジェログ」で試してきた5000円以下完全ワイヤレスイヤホンを一斉比較

本当にコスパ最強と感じた完全ワイヤレスイヤホンを発表していきます!ぜひ最後までお付き合いください!

ランキング一覧はこちら!

ランキング1位2位3位4位5位6位7位8位9位10位
商品名sonic
SoundLiberty 97
EarFun Free ProSoundcore Liberty Neo 2
Soundcore Liberty Neo 2
GEOノイズキャンセリング

JPRiDE TWS-335
TrueAir2
TrueShift2
M30
EarFun free 2

ひとこと
レビュー
コスパ最強NO.1完全ワイヤレスイヤホン3000円台なら最強!約6000円で全部入り!?スポーツ・動画視聴・テレワークなどマルチに使える5000円以下で買える全部入りイヤホン3000円台前半で音質最強インナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホンの決定版!バッテリー切れ知らず耳から落ちにくいスポーツ最強イヤホンとにかく遅延が少なくてゲームに最適!
総合評価(5.0)(4.9)(4.9)(4.8)(4.8)(4.8)(4.7)(4.7)(4.5)(4.5)
音質(4.0)(3.7)(3.6)(3.7)(3.6)(3.6)(3.8)(3.7)(3.5)(3.6)
ノイズ
キャンセリング
(4.3)(4.2)
外音取り込み(3.6)(3.5)
低遅延モード
Bluetooth5.25.05.25.25.05.05.25.05.05.2
コーデックSBC,AAC,
aptX Adaptive
SBC,AAC,aptXSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AAC
防水IPX5IPX8IPX5IPX7IPX4IPX5IPX4IPX7IPX7IPX7
再生時間本体:15時間
ケース込:35時間
本体:9時間
ケース込:36時間
本体:6時間
ケース込:27時間
本体:10時間
ケース込:40時間
本体:4.5時間
ケース込:27時間
本体:5時間
ケース込:25時間
本体:5時間
ケース込:25時間
本体:6時間
ケース込:100時間
本体:5時間
ケース込:25時間
本体:7時間
ケース込:30時間
充電端子Type CType CType C
Qi
Type C
Qi
Type C
Qi
Type CType CType CType CType C
ワイヤレス充電
価格¥4,980¥3,980¥5,999¥4,999¥4,990¥3,480¥4,380¥4,980¥3,999¥4,999
レビューこちらこちらこちらこちらこちらこちらこちらこちらこちらこちら
目次

5000円以下の完全ワイヤレスイヤホンランキングTOP10

それでは実際にレビューしてきた5000円以下の完全ワイヤレスイヤホンを比較し、どのイヤホンが一番よかったかをランキング形式で発表していきます!

ちなみに今回のランキングに伴い、以下の29製品を実際に購入しひとつひとつレビューしました。

またランキングを選定するにあたり、以下の項目を重点的にチェックしています。

ランキングのポイント
Soundcore Liberty Neo 2 外箱

①実機でレビューをした商品のみ選定

今回選定したイヤホンはカジェログにて実際に購入、または提供いただいた製品のみをレビューし、ランキング形式で発表しています

②音質

音質は高音・中音・低音・その他解像度や迫力などを総合的に評価。あくまで筆者の主観での評価になります。

③コスパの高さ

5000円前後の価格帯でも特にコストパフォーマンスが高いと感じたものを5点満点で評点しています。

④装着感

完全ワイヤレスイヤホンを使っていく上で特に重要な装着感も5点満点で評点。こちらも筆者の耳で検証したため主観での評価となります。

⑤利便性

スペックを中心にノイズキャンセリング・外音取り込み・通話品質や充電ケースの小ささなど利便性を総合的に評価し、5点満点で評点をつけています。

⑥総合評価

音質・コスパ・装着感・利便性、それぞれの性能を総合的に評価し、筆者の主観にて5点満点で評点をつけています。

ランキングの概要は以上のとおりですが、ぶっちゃけ独断と偏見のランキングです。

全部試してみて筆者が良かったと思った順でランキングTOP10をつけていますので、参考になれば幸いです!

ランキング一覧はこちら!

ランキング1位2位3位4位5位6位7位8位9位10位
商品名sonic
SoundLiberty 97
EarFun Free ProSoundcore Liberty Neo 2
Soundcore Liberty Neo 2
GEOノイズキャンセリング

JPRiDE TWS-335
TrueAir2
TrueShift2
M30
EarFun free 2

ひとこと
レビュー
コスパ最強NO.1完全ワイヤレスイヤホン3000円台なら最強!約6000円で全部入り!?スポーツ・動画視聴・テレワークなどマルチに使える5000円以下で買える全部入りイヤホン3000円台前半で音質最強インナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホンの決定版!バッテリー切れ知らず耳から落ちにくいスポーツ最強イヤホンとにかく遅延が少なくてゲームに最適!
総合評価(5.0)(4.9)(4.9)(4.8)(4.8)(4.8)(4.7)(4.7)(4.5)(4.5)
音質(4.0)(3.7)(3.6)(3.7)(3.6)(3.6)(3.8)(3.7)(3.5)(3.6)
ノイズ
キャンセリング
(4.3)(4.2)
外音取り込み(3.6)(3.5)
低遅延モード
Bluetooth5.25.05.25.25.05.05.25.05.05.2
コーデックSBC,AAC,
aptX Adaptive
SBC,AAC,aptXSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AAC
防水IPX5IPX8IPX5IPX7IPX4IPX5IPX4IPX7IPX7IPX7
再生時間本体:15時間
ケース込:35時間
本体:9時間
ケース込:36時間
本体:6時間
ケース込:27時間
本体:10時間
ケース込:40時間
本体:4.5時間
ケース込:27時間
本体:5時間
ケース込:25時間
本体:5時間
ケース込:25時間
本体:6時間
ケース込:100時間
本体:5時間
ケース込:25時間
本体:7時間
ケース込:30時間
充電端子Type CType CType C
Qi
Type C
Qi
Type C
Qi
Type CType CType CType CType C
ワイヤレス充電
価格¥4,980¥3,980¥5,999¥4,999¥4,990¥3,480¥4,380¥4,980¥3,999¥4,999
レビューこちらこちらこちらこちらこちらこちらこちらこちらこちらこちら
カジェット

早速1位から発表!

1位 SOUNDPEATS sonic

総合評価

5/5

sonic

  • SOUNDPEATS sonic
  • 音質のコスパもやばい
  • 最大15時間再生はおかしいレベル
  • 物理ボタンで操作しやすい
  • ゲームができるくらい遅延がない
  • 5000円以下という価格設定はおかしい
  • ないけど、欲を言えば外音取り込みが欲しい

4.1

高音

3.8

中音

3.9

低音

5.0

コスパ

4.7

装着感

4.3

利便性

Bluetooth5.2/
QCC3040
再生時間本体:15時間
ケース込:35時間
コーデックSBC,AAC,aptX adaptive充電時間本体:約1.5時間
ケース:約2時間
ドライバーダイナミック型充電端子USB Type C
専用アプリ×質量本体(片耳):6g
ケース込:47g
ノイズキャンセリング×防水IPX5
外音取り込み×ゲームモード
自動装着検出×保証1年
マルチポイント公式サイトこちら

コスパ最強NO.1完全ワイヤレスイヤホン

SOUNDPEATS sonicは2020年11月27日発売。最新チップ「QCC3040」を搭載し、「TrueWireless Mirroring」「aptX Adaptive」など最新機能に対応した4980円で買えるイヤホンです。

再生時間が本体のみで15時間と恐ろしいほど長く、今回紹介するイヤホンの中では最長。

5000円以下ながらも他の製品と比べても群を抜いたスペックの良さです。

スペックだけではなく音質も同価格帯と比べても明らかによく、生楽器さえも再現する伸びやかな高音と解像度の高い音を提供してくれます。

装着感も良く、耳から落ちる気がしません。

さらに「ゲームモード」という映像と音声にズレを感じさせないモードを搭載しており、FPSや音ゲーも普通にプレイできてしまいます。

カジェット

他のイヤホンと比べても群を抜きすぎているコスパの良さ。ぶっちゃけこれ1択でもいいくらい!

▲ランキング一覧に戻る

2位 TaoTronics SoundLiberty 97

総合評価

4.9/5

SoundLiberty 97

  • TaoTronics SoundLiberty 97
  • コスパがヤバイ
  • 再生時間が9時間/36時間と長い
  • 充電ケースが胸ポケットサイズ
  • 音質もかなりレベルが高い
  • ケースから取り出すときに落としそうになる

3.6

高音

3.6

中音

3.7

低音

5.0

コスパ

4.2

装着感

4.8

利便性

Bluetooth5.0/
QCC3020
再生時間本体:9時間
ケース込:36時間
コーデックSBC,AAC,aptX充電時間約1-2時間
ドライバーダイナミック型充電端子USB Type C
専用アプリ質量本体(片耳):4.2g
ケース:34.1g
ノイズキャンセリング防水IPX8
外音取り込みゲームモード
自動装着検出保証1年
マルチポイント公式サイトこちら

3000円台なら最強!

SoundLiberty 97は2020年11月13日に発売したTaotronicsの最新完全ワイヤレスイヤホンで、テレビでも取り上げられて話題になりました。

胸ポケットサイズのコンパクトな充電ケースなのに、「再生時間 9時間/36時間」「IPX8」「aptX対応」それでいて「3999円」というバケモノスペック。

イヤホン本体は小ぶりなサイズ
イヤホンを装着

音質も同社の中では特に良く、3000円台という価格を考えればかなり高音質。クセが少なく「刺さりのない高音」「締りのある低音」を出してくれます。

装着感もそれなりに良好で、スポーツ用途には難しいですが、普段使いであればストレスを感じにくい安定した装着感です。

カジェット

3000円台コスパ最強イヤホン。予算を抑えたい方はこちらもおすすめ!

▲ランキング一覧に戻る

3位 EarFun Free Pro

総合評価

4.9/5

EarFun Free Pro

  • ノイズキャンセリング機能がそれなりに高い
  • 低遅延モードで映像と音声のズレなし
  • 音質も十分なレベル
  • コンパクトで軽量な充電ケース
  • ワイヤレス充電が便利
  • これだけの機能が備わって5000円台
  • 外音コントロールの切り替えが煩わしい

3.6

高音

3.6

中音

3.8

低音

4.2

ノイズキャンセリング

3.6

外音取り込み

4.8

利便性

Bluetooth5.2最大再生時間
(ノイキャンON)
本体6時間/
ケース込み27時間
コーデックSBC,AAC,充電時間イヤホン:約1.5時間
ケース:約2.0時間
ドライバーダイナミック型/
6.1mm
充電端子Type C
Qi
専用アプリ防水IPX5
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
4.4g/41.4g
外音取り込みゲームモード○(100ms以下)
自動装着検出保証18ヶ月
マルチポイント公式サイトこちら

約6000円で全部入り!?

EarFun Free Proは中国深センのイヤホンメーカー「EarFun」より2020年12月に発売された完全ワイヤレスイヤホン。

特徴が5000円台でノイズキャンセリングだけでなく、外音取り込みワイヤレス充電、そして低遅延のゲームモードまで搭載した究極の全部入りイヤホンです。

外音取り込みは微妙ですがそれ以外の機能のクオリティが高く、総合的な実力はかなりもの。

EarFun Free Proのイヤホン本体
EarFun Free Proの装着画像

音質はsonicと比べると劣りますが、締まりと迫力のある低音とこもりのない中高音で、こだわりがなければ十分高音質と思えるようなレベル。

イヤーフックがついてることにより安定した装着感で、満員電車の中やジョギング中でも耳から落ちる心配が少ないです。

5000円を少し超えてもいいなら、試してきた中で機能性は一番高い完全ワイヤレスイヤホンです。

カジェット

5000円ちょっと超えるけど、利便性最強ですよ!

▲ランキング一覧に戻る

4位 Anker Soundcore Liberty Neo 2

総合評価

4.9/5

Soundcore Liberty Neo 2

  • 再生時間が10時間/ケース込み40時間ととにかく長い
  • ワイヤレス充電に対応
  • アプリによるカスタマイズが豊富
  • 装着感が最高すぎる
  • 豊かで迫力のある重低音とクリアな高音
  • 遅延が少なくストレスなく動画が見れる
  • 通話品質もかなりクリア
  • 充電ケースはやや大きめ

3.7

高音

3.7

中音

3.9

低音

5.0

コスパ

5.0

装着感

4.5

利便性

Bluetooth5.2最大再生時間本体10時間/
ケース込み40時間
コーデックSBC,AAC充電時間約2時間
ドライバー8mm
ダイナミック型
充電端子Type C
Qi
専用アプリ防水IPX7
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
6g/59g
外音取り込みゲームモード
自動装着検出保証18ヶ月
マルチポイント公式サイトこちら

スポーツから動画鑑賞、通話まで超マルチに使える!

Soundcore Liberty Neo 2はモバイルバッテリーで有名なAnkerから2021年5月に発売されたワイヤレスイヤホン。

連続再生時間が10時間、ケース込みで40時間と超タフネスバッテリー。さらにワイヤレス充電にも対応しており、バッテリー周りの利便性最強です。

Soundcore Liberty Neo 2 装着画像

音質は派手目で1位のsonicには若干劣りますが、高域の刺さりは少なく低域も豊かで迫力もありつつもブーミーになり過ぎないちょうど良いドンシャリサウンド。

装着感はイヤーウイングがついていることもあり、完全ワイヤレスイヤホンの中でもトップクラスに良く、IPX7の防水性もあるのでジョギングでも大活躍してくれそうです。

低遅延モードはついていませんが、動画を見てもほぼ違和感がないレベルで遅延が少なく、プライムビデオやNetflixをストレスなく楽しめますよ!

マイク性能も高くて相手に音声を綺麗に伝えてくれるので、片耳だけ装着してテレワーク用途でも使えちゃいます。

音楽鑑賞やゲームメインならsonicですが、動画鑑賞や通話・スポーツならSoundcore Liberty Neo 2がおすすめです。

カジェット

音楽鑑賞・動画鑑賞・スポーツ・テレワークなんでもこいのイヤホンです!

▲ランキング一覧に戻る

5位 GEOノイズキャンセリング搭載モデル

総合評価

4.8/5

GEOノイズキャンセリング搭載モデル

  • GEOノイズキャンセリング搭載モデル
  • ノイズキャンセリング効果がなかなか高い
  • この価格で外音取り込み対応
  • ワイヤレス充電にも対応
  • ゲーミングモードにも対応
  • 音質も価格相応で十分なレベル。
  • 装着感がやや浅い
  • ケースから取り出しにくい

3.4

高音

3.5

中音

3.5

低音

4.1

ノイズキャンセリング

3.5

外音取り込み

4.7

利便性

 Bluetooth5.0
最大再生時間
※ノイキャンON
本体4.5時間/
ケース込27時間(5回分)
コーデックSBC,AAC充電時間本体約2時間/ケース約3時間
ドライバー7mm
ダイナミック型
充電端子Type C
専用アプリ防水IPX4
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
5.5g/48.7g
外音取り込みゲームモード
自動装着検出保証1年
マルチポイント公式サイトこちら

5000円以下で買える全部入りイヤホン

GEOから発売した5000円以下で買える完全ワイヤレスイヤホンで、ノイズキャンセリング性能も搭載。

それだけでなく、イヤホンをつけていても外の音を取り込むことができる「外音取り込み」や、専用充電器に置くだけで充電できる「ワイヤレス充電」、着脱で再生/停止を自動で行う「自動装着検出」、遅延を少なくする「ゲームモード」も搭載。

GEOノイズキャンセリング搭載モデル 本体
GEOノイズキャンセリング搭載モデル 装着画像

多機能ですがそれぞれの機能が価格以上の性能を発揮し、ノイズキャンセリング機能も”とりあえず搭載した”だけではなく実用レベルで周りの音を遮音してくれます。

外音取り込み機能は周りの音がやや聴こえにくいですが、電車のアナウンスやコンビニの店員さんの声は聞こえる程度。

音質は中低域寄りの癖のないバランス重視の音で、音にこだわりがなければ十分なレベル

装着感はやや浅めですが、悪すぎるわけではないので気にはなりません。

カジェット

機能性は5000円以下の中で間違いなく一番良い!

▲ランキング一覧に戻る

6位 JPRiDE TWS-335

総合評価

4.8/5

TWS-335

  • 3000円台の完全ワイヤレスで音質はトップクラス
  • 中低域寄りの滑らかなサウンド
  • 充電ケースがコンパクトで携帯性は良好
  • 小ぶりな本体で耳にフィットしやすい
  • 動画を見たときの遅延は若干感じる

3.5

高音

3.6

中音

3.7

低音

5.0

コスパ

4.5

装着感

3.8

利便性

Bluetooth5.0最大再生時間本体5時間/
ケース込み25時間
コーデックSBC,AAC充電時間不明
ドライバー7mm
ダイナミック型
充電端子Type C
専用アプリ防水IPX5
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
4.5g/31.5g
外音取り込みゲームモード
自動装着検出保証1年
マルチポイント
公式サイトこちら

3000円台なら音質最強

TWS-335は日本のオーディオメーカー『JPRiDE』から2021年6月に発売されたエントリー向けの完全ワイヤレスイヤホン。

3000円台という価格でありつつも、再生時間5時間、充電端子はType C、IPX5相当の防水性能、そしてコンパクトなサイズ感など高いスペックを誇ります。

TWS-335 装着画像

何より、3000円台とは思えないくらい音が良く、音質だけなら2位のSoundLiberty 97を超える実力。

解像度は高く、中低域寄りで聴き疲れがしにくい音で高域の刺さりもないため聴きやすい印象です。

ポップスやロック、ヒップホップなどあらゆるジャンルに対応できますね。

カジェット

とにかく安くて音質の良いイヤホンを探しているならこれ!

▲ランキング一覧に戻る

7位 SOUNDPEATS TrueAir2

総合評価

4.5/5

TrueAir2

  • SOUNDPEATS TrueAir2
  • 音質・スペック、サイズ、あらゆる面でコスパ最強すぎる
  • 耳が痒くなりにくく開放的な装着感
  • 動画視聴時の遅延がかなり少ない
  • ホワイトノイズ(サーっとした音)がやや大きい
  • 最小音量が大きい
  • タッチパネルの操作がしにくい

3.8

高音

3.8

中音

3.8

低音

4.8

コスパ

4.3

装着感

4.3

利便性

Bluetooth5.2/
QCC3040
最大再生時間本体5時間/
ケース込25時間
コーデックSBC,AAC,aptX充電時間約1.5時間
ドライバー14.2mm ダイナミック型充電端子Type C
専用アプリ防水IPX4
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
3.5g/33g
外音取り込み保証1年
自動装着検出公式サイトこちら

インナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホンの決定版!

TrueAir2は最新チップ「QCC3040」を搭載し、さらに接続安定性や利便性を高めた「TrueAir」の後継機です。

今回紹介する完全ワイヤレスイヤホンの中では、充電ケースが一番薄く胸ポケットにも収まるほどの薄さと軽さで、ポータブル性抜群です。

TrueAir2 本体
TrueAir2 装着画像

前作「TrueAir」同様インナーイヤー型を採用し、長時間装着していても閉塞感がなく快適な装着感を得られます。

価格は据え置きながらも、音質で定評のある「TrueAir」をさらに上回り、高域から低域までのレンジがさらに広くなり、奥行きもでるようになりました。

インナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホンのなかではAirPodsを含めトップクラスの音質です。

カジェット

インナーイヤー型を探しているなら、「TrueAir2」一択でOKです。

ちなみにワイヤレス充電と低遅延モードを備えたマイナーチェンジバージョンのTrueAir2+というイヤホンもあります。

若干価格は上がりますが、上記の性能が必要な方にはおすすめ。

▲ランキング一覧に戻る

8位 SOUNDPEATS TrueShift2

総合評価

4.5/5

TrueShift2

  • SOUNDPEATS TrueShift2
  • オーダーメイドイヤホンかのような装着感の良さ
  • 臨場感のある低音とハリの良い中高音
  • 驚愕の100時間再生対応
  • いざというときのモバイルバッテリー機能
  • これだけ高性能で5000円以下で買える
  • 充電ケースが大きい

3.7

高音

3.7

中音

3.9

低音

4.8

コスパ

5.0

装着感

4.5

利便性

Bluetooth5.0/
Airoha AB1536U
再生時間本体:6時間
ケース込:100時間
コーデックSBC,AAC充電時間約1.5時間
ドライバーダイナミック型充電端子USB Type C
専用アプリ質量本体(片耳):5.4g
ケース込:112.2g
ノイズキャンセリング防水IPX7
外音取り込みゲームモード
自動装着検出保証1年
マルチポイント公式サイトこちら

バッテリー切れ知らず

TrueShift2はモバイルバッテリー機能を備えた完全ワイヤレスイヤホンです。

ケース込みで最大100時間再生ができる驚きのバッテリー容量で、通勤・通学用に使えば1ヶ月は充電なしで運用できそうです。

バッテリー面に目がいきがちですが、それ以上驚いたのが装着感の良さ。

まるでオーダーメイドで作られたかのように耳にぴったりとハマり、「耳から落ちない」と確信できる装着感の良さです。

TrueShift2 本体
TrueShift2 装着画像

音質は中低域寄りのパワフルなサウンドですが、中高域はマスクせずハリの良いボーカルを出してくれます。価格を考えれば音質のグレードは高いですね。

唯一のデメリットが充電ケースが大きいという面ですが、それを差し引いても装着感と音質に優れたコストパフォーマンスの高いイヤホンです。

カジェット

装着感がとにかく良い。音質やスペックも高く、かなりのコストパフォーマンスの高さです。

▲ランキング一覧に戻る

9位 Mpow M30

総合評価

4.5/5

M30

  • MPOW M30
  • 価格がとにかく安い
  • 耳から落ちにくい
  • 価格を考えればスペックは十分高い
  • 中低域の量感が豊か
  • 高域はそこまで伸びない

3.4

高音

3.5

中音

3.7

低音

4.8

コスパ

4.5

装着感

4.5

利便性

Bluetooth5.0/
Airoha AB1536U
再生時間本体:5時間
ケース込:25時間
コーデックSBC,AAC充電時間約2時間
ドライバー6mm ダイナミック型充電端子USB Type C
専用アプリ質量本体(片耳):4.5g
ケース込:48.3g
ノイズキャンセリング防水IPX7
外音取り込みゲームモード
自動装着検出保証2年
マルチポイント公式サイトこちら

耳から落ちにくいスポーツ最強イヤホン

M30はMpowから発売された3999円で買える完全ワイヤレスイヤホンです。

耳からの脱落を防ぐ「イヤーフィン」や「IPX7」の防水対応など、スポーツ用途に使いやすい機能が備わっています。

本体|イヤーフィン付き
操作方法|タッチパネルで操作

音質は中低域寄りの太ましいサウンド。ダイナミックさと豊かさを両立しており、ブラックミュージックやEDM全般と相性の良いサウンドです。高域はあまり伸びません。

イヤーフィンのおかげで装着感がかなり良いので、耳からイヤホンが落ちるのが心配な方におすすめしたい完全ワイヤレスイヤホンです。

カジェット

安くてスポーツ向けに探しているならおすすめだよっ。

▲ランキング一覧に戻る

10位 Earfun Free 2

総合評価

4.5/5

EarFun Free 2

  • EarFun Free 2
  • 音ゲーができるくらい遅延が少ない
  • ワイヤレス充電が便利
  • 胸ポケットサイズでコンパクトな充電ケース
  • 低遅延モードだとたまに音途切れやノイズが入る

3.7

高音

3.6

中音

3.6

低音

4.0

コスパ

4.5

装着感

4.5

利便性

Bluetooth
/チップ
5.2
QCC3040
最大再生時間本体7時間/
ケース込み30時間
コーデックSBC,AAC,aptX充電時間イヤホン:1.5時間
充電ケース:2時間
10分の充電で2時間稼働
ドライバーダイナミック型充電端子Type C
ワイヤレス充電
専用アプリ防水IPX7
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
5.8g/48g
外音取り込みゲームモード
自動装着検出保証18ヶ月
マルチポイント公式サイトこちら

ゲームをするならこれ!

Earfun Free 2は最新チップ『QCC3040』を搭載し、さらに5000円以下で低遅延モードも搭載した完全ワイヤレスイヤホンです。

最新チップ×低遅延モードということもあり、その遅延の少なさはあらゆる完全ワイヤレスイヤホンの中でトップクラス!

音ゲーでさえも少しのタイミング調整でプレイできるほど遅延が少なく、FPSでも自然にプレイができてしまいますね。

Earfun Free 2 本体
EarFun Free 2 装着画像

音質は中高域寄りにフレッシュに鳴らす万能型で、クセがなく聴きやすい印象。価格を考えても音質はなかなか良く、ライブ映像やPVを見るときにもおすすめです。

装着感も良く、長時間イヤホンを着けていても耳が痛くなりにくいですね。

音楽だけでなく、ゲームやアニメ、映画鑑賞などエンタメを総合的に楽しむのにうってつけの完全ワイヤレスイヤホンです。

カジェット

ゲームをするならこれ!

▲ランキング一覧に戻る

一番おすすめのコスパ最強完全ワイヤレスイヤホンはこれ!

あらゆる5000円以下、5000円前後の完全ワイヤレスイヤホンを試してみましたが、一番良いと感じた完全ワイヤレスイヤホンはこちら!

SOUNDPEATS SONIC

コスパ最強の理由
  • 4980円で「再生時間が本体15時間/ケース35時間」
  • QCC3040を搭載し「aptX Adaptive」「TrueWireless Mirroring」など最新機能満載
  • 10,000円台の完全ワイヤレスに匹敵する音質の良さ
  • ゲームモードを搭載し、音のズレなくゲームや動画を楽しめる

SONICは、あらゆるコスパ最強イヤホンが過去のものとなってしまうほど、価格からは考えられない恐ろしいコストパフォーマンスの高さを誇る完全ワイヤレスイヤホンです。

音質も非常によく、有線イヤホン並みに伸びやかな高音を奏でてくれます。

コスパ最強どころか、市場の価格破壊です。他メーカーもこれほどの実力を持った機種が出てきたら、なかなか太刀打ちできないでしょうね。

カジェット

文句なしのコスパ最強1位!

タイプ別おすすめ

タップでレビュー欄にジャンプします。

ランキング一覧はこちら

ランキング1位2位3位4位5位6位7位8位9位10位
商品名sonic
SoundLiberty 97
EarFun Free ProSoundcore Liberty Neo 2
Soundcore Liberty Neo 2
GEOノイズキャンセリング

JPRiDE TWS-335
TrueAir2
TrueShift2
M30
EarFun free 2

ひとこと
レビュー
コスパ最強NO.1完全ワイヤレスイヤホン3000円台なら最強!約6000円で全部入り!?スポーツ・動画視聴・テレワークなどマルチに使える5000円以下で買える全部入りイヤホン3000円台前半で音質最強インナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホンの決定版!バッテリー切れ知らず耳から落ちにくいスポーツ最強イヤホンとにかく遅延が少なくてゲームに最適!
総合評価(5.0)(4.9)(4.9)(4.8)(4.8)(4.8)(4.7)(4.7)(4.5)(4.5)
音質(4.0)(3.7)(3.6)(3.7)(3.6)(3.6)(3.8)(3.7)(3.5)(3.6)
ノイズ
キャンセリング
(4.3)(4.2)
外音取り込み(3.6)(3.5)
低遅延モード
Bluetooth5.25.05.25.25.05.05.25.05.05.2
コーデックSBC,AAC,
aptX Adaptive
SBC,AAC,aptXSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AACSBC,AAC
防水IPX5IPX8IPX5IPX7IPX4IPX5IPX4IPX7IPX7IPX7
再生時間本体:15時間
ケース込:35時間
本体:9時間
ケース込:36時間
本体:6時間
ケース込:27時間
本体:10時間
ケース込:40時間
本体:4.5時間
ケース込:27時間
本体:5時間
ケース込:25時間
本体:5時間
ケース込:25時間
本体:6時間
ケース込:100時間
本体:5時間
ケース込:25時間
本体:7時間
ケース込:30時間
充電端子Type CType CType C
Qi
Type C
Qi
Type C
Qi
Type CType CType CType CType C
ワイヤレス充電
価格¥4,980¥3,980¥5,999¥4,999¥4,990¥3,480¥4,380¥4,980¥3,999¥4,999
レビューこちらこちらこちらこちらこちらこちらこちらこちらこちらこちら

こちらの記事も参考になります!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる