【Tribit FlyBuds NC レビュー】6000円台で買えるノイキャンTWS!果たして実力は?

悩んでいる人

 安いノイズキャンセリングイヤホンを探していたら「Tribit FlyBuds NC」ってイヤホン見つけたんだけど、これ良いのかな?

カジェット

とりあえず買ってきたからレビューしてみるで!

ポータブルオーディオ専門ブログを運営していますカジェット (@kajet_jt)です。

今回は6000円台で買えるノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホン「Tribit FlyBuds NC」を紹介します!

Tribit FlyBuds NCの特徴
  • アクティブノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤホン
  • 外音取り込みにも対応
  • ノイズキャンセリングONで本体再生時間8時間、ケース込み24時間
  • 急速充電にも対応
  • IPX4相当の防水性能

ノイズキャンセリング搭載TWSとしては格安のTribit FlyBuds NCですが、果たして実力はいかに?

購入してきましたので実機を作ってレビューをしていきます。ぜひ最後までご覧ください。

総合評価

4.2/5

FlyBuds NC

  • 聴き疲れしにくい、まろやかなサウンド
  • 外音取り込み音の刺さりが少ない
  • 良好な装着感
  • なにより安い
  • ノイズキャンセリング性能はそこまで高くはない
  • イヤーピースの品質がイマイチ

3.5

高音

3.5

中音

3.5

低音

3.7

ノイズキャンセリング

4.5

コスパ

4.3

利便性

Bluetooth5.0
最大再生時間
※ノイキャンON
本体8時間/
ケース込24時間
コーデックSBC,AAC充電時間90分
ドライバー10mm
ダイナミック型
充電端子Type C
専用アプリ防水IPX4
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
5.6g/53.4g
外音取り込み保証1年
自動装着検出公式サイトこちら

ほかの製品との比較は➡︎高コスパのノイズキャンセリング対応完全ワイヤレスイヤホンランキングをご覧ください。

目次

Tribit FlyBuds NC 概要

カラーバリエーションはブラックの一色のみです。

パッケージ・付属品

Tribit FlyBuds NCのパッケージ。ブランドカラーのオレンジとホワイトのみのシンプルなパッケージングです。Taotronicsにちょっと似てる。

付属品一覧はこちら。

付属品一覧
  1. イヤーピース(シリコン製)5ペア
  2. USB Type Cケーブル
  3. マニュアル

イヤーピースはシリコン製のものが5ペア付属。低価格帯のワイヤレスイヤホンでここまでイヤーピースが入っているのも珍しいですね。かなりのペア数ですが、ペラッペラの材質で遮音性が薄そう…。

USBケーブルは短めのType Cケーブルが付属。特にロゴの印字などはありません。

充電ケース・本体

Tribit FlyBuds NCの充電ケースはプラスチックの正円形デザインで皮脂がついたらテッカテカになるのが気になります。

充電ケースの寸法は60.0×60.0×32.7(mm)

iPhone XRや、最初クラスと言われている完全ワイヤレスイヤホンの「AirPods Pro」や「Jabra Elite 85t」と比べるとこんな感じ。

厚みもそこまでなく、携帯性は悪くないですね。

充電端子はUSB Type Cに対応。天面についています。

再生時間はノイズキャンセリングONで、本体のみで8時間、ケース込みで24時間。ノイズキャンセリング対応機だと本体5時間持てば良い方なのですが、8時間はかなり長いですね!

側面はインジゲーターが点灯しており、バッテリー残量が確認できます。

バッテリー残量の確認は下の表をご覧ください。

インジゲーター点灯数バッテリー残量
LED1つ点灯〜25%
LED2つ点灯〜50%
LED3つ点灯〜75%
LED4つ点灯〜100%

イヤホン本体はドライバーが10mm口径のダイナミック型を搭載していることもあり、頭でっかちな印象。内側にはL/Rの印字があります。

Tribit FlyBuds NCのノズル径は5.6mm、くびれ部は4.4mm。

ノズル長は2.7mmです。

ノズル径は短めで充電ケース収納部も浅いため、他社性のイヤーピースを使う場合、完全ワイヤレス向けの特化した軸部が短いイヤーピースでないと使えないですね。

Tribit FlyBuds NCの総重量は53.4g。

本体片耳で5.6g、ケースのみは42.3gです

また、Tribit FlyBuds NCはIPX4相当の防水に対応しています。

IPX4とは?

水の飛まつに対して保護される防まつ形。スポーツ時の汗からの保護や雨天時でも安心して使えます。

総評すると、この携帯性は良好でコンパクトな充電ケースでありつつも、8時間再生対応であればなかなかスペックが良いのでは?と感じました。

カジェット

ただ、イヤホンが頭でっかちなのが気になる。

ペアリング・操作方法

スマートフォンと接続する際のペアリング方法はこちら

STEP
充電ケースから本体を取り出す
STEP
「設定」→「Bluetoothを開く」
STEP
「Tribit FlyBuds NC」をタップする

Tribit FlyBuds NCのペアリングはこちらで完了です。

「オートペアリング」に対応しているため、次回以降はケースから取り出すだけで自動的に電源オン→スマホと接続されます。

両耳同士の接続がうまくいかない場合は、一度リセットしてみましょう。

リセットの手順はこちら
  1. 充電ケースからイヤホンを取り出す
  2. 両方のイヤホンを6回素早くタップ
  3. L側のランプが消え、R側のランプが白とオレンジに点滅

こちらでリセット完了です。

また、Tribit FlyBuds NCはイヤホン本体どちらかを充電ケースに入れた状態にして、片耳のみ使うこともできます。

カジェット

通話用ヘッドセットとして使ったり、BGM感覚でYouTubeを見るのにも適していますよ。

Tribit FlyBuds NCの操作はタッチパネルで行います。

タッチパネルも感度もほどよく、思い通りの操作がしやすい印象を受けます。

操作方法一覧

▽音楽再生

  • 再生/停止 → L or R側を2回タップ
  • 曲送り → L or R側を3回タップ
  • 曲戻し → 対応していない

▽通話

  • 電話を受ける → L or R側を2回タップ
  • 着信拒否 → L or R側を2秒間長押し
  • 通話終了 → L or R側を1回押す

▽その他

  • 電源を入れる → 本体を取り出す
  • 電源を切る → 本体を充電ケースに入れる
  • 音声アシスタント → L側を2秒間長押し
  • ノイズキャンセリング/外音取り込み → R側を2秒間長押してピープ音がなったら離す

Tribit FlyBuds NC レビュー

装着感|意外と良好

Tribit FlyBuds NCの装着感は見た目以上に良好

耳の小さな方がつけると、耳からの飛び出しが少し気になります。

走っても頭を振っても、イヤホン本体が耳から落ちる気がせず良好な装着感です。

装着感(4.5)
カジェット

耳につけていてもグラつきがなく安定した装着感です。

音質|まろやかサウンド

Tribit FlyBuds NCの音質は抑揚が少なく、全体的にまろやかな印象。締まりや迫力は少ないですが、その分聴き馴染みの良い優しいサウンドのように感じました。

音の特長
  • 高音:伸びはそこまで良くはないが刺さりも少ないサウンド。刺激的な音が抑えられているので聴き馴染みは良い。
  • 中音:やや厚みがあり楽曲全体を豊かな音で包み込むようなサウンド。女性より男性ボーカルの方が得意
  • 低音:厚みのある豊かなサウンド。締まりはないためEDMやハードロックなど激しい楽曲は苦手だが、緩やかなシティポップやヒップホップなどは相性が良い。
  • 音場:ほんの少し広め
  • 傾向:かなりウォーム寄り
  • 解像度:低め。

得意なジャンル

  • ポップス
  • チル
  • ヒップホップ
  • ヒーリングミュージック
  • アンビエント

激しい楽曲との相性はイマイチですが、チル系のポップスやヒップホップなどブラックミュージック寄りの楽曲との相性が良いと感じました。

高音(3.5)
中音(3.5)
低音(3.5)
カジェット

聴き疲れのしないまろやかなサウンド!

他の1万円以下/前後の完全ワイヤレスイヤホンとの音質比較はこちらの記事をご覧ください。

ノイズキャンセリング|効果は薄め

Tribit FlyBuds NCのノイズキャンセリング性能は、低音の響くような音が軽減されますが、高音はそこまで遮音されない印象を受けます。

ノイズキャンセリング機能をONにしたほうが当然遮音性は高いですが、高い遮音性能を求めて購入すると肩透かしを喰らうかも?と感じる性能です。

ノイズキャンセリング(3.7)
カジェット

ただ、音楽を流しておけば周りの雑音はそこまで気にならないですね!

関連記事:【最強はこれだ!】ノイズキャンセリング対応完全ワイヤレスイヤホン

外音取り込み|刺激的な音が抑えられた集音性能

Tribit FlyBuds NCの外音取り込みはやや聞こえにくいけど、音楽の再生を止めれば普通に会話ができるレベルまでは周りの音を集音してくれます。

この価格帯の外音取り込み対応イヤホンはマイク性能がイマイチで、耳にツンざくような刺さりのある音で集音してしまうことが多いのです。

しかし、Tribit FlyBuds NCは刺さりが抑えられておりストレスのない音で集音してくれます。

外音取り込み(4.2)
カジェット

この価格帯で外音取り込みがついているのが珍しいのに性能も高い!

関連記事:【外の音が聞こえる!】外音取り込み機能が凄いおすすめの完全ワイヤレスイヤホン

通話品質|ふつう

Tribit FlyBuds NCの通話品質は良くも悪くもなく普通。一般的なワイヤレスイヤホンと同等のマイク性能です。

周りの音もほど良く取り入れてしまい、自分の声も相手には伝わりやすい程度の品質です。

通話品質(3.0)
カジェット

特筆すべき点もないかな。

関連記事:【テレワークにおすすめ!】通話品質の高い完全ワイヤレスイヤホン

音の遅延|少なめ

Tribit FlyBuds NCを使ってiPhone XRで動画を見たときの映像と音声のズレは少なめで、ゲームだとズレが気になるため厳しいですが、映画やアニメ、ライブ映像を見てもそこまで違和感のない視聴ができます。

遅延の少なさ(4.3)
カジェット

動画であれば違和感なし!

関連記事:【低遅延!】ゲームモード搭載の完全ワイヤレスイヤホン|音ゲーやFPSでも使えるの!?

Tribit FlyBuds NC 口コミ

https://twitter.com/Homahoma_mori/status/1314561127704076288
https://twitter.com/komomo27/status/1311458837610725376
https://twitter.com/monolog_gadged/status/1325015134905851905

イヤーピースが薄いという意見が多いですね。ノイキャンは効いていると感じる人といない人の差が激しい気がします。

個人的には効いてはいるけど低音だけが少し消えるような印象ですね。

全体を通してコストパフォーマンスは高いと思います。

Tribit FlyBuds NC レビューまとめ

総合評価

4.2/5

FlyBuds NC

  • 聴き疲れしにくい、まろやかなサウンド
  • 外音取り込み音の刺さりが少ない
  • 良好な装着感
  • なにより安い
  • ノイズキャンセリング性能はそこまで高くはない
  • イヤーピースの品質がイマイチ

3.5

高音

3.5

中音

3.5

低音

3.7

ノイズキャンセリング

4.5

コスパ

4.3

利便性

Bluetooth5.0
最大再生時間
※ノイキャンON
本体8時間/
ケース込24時間
コーデックSBC,AAC充電時間90分
ドライバー10mm
ダイナミック型
充電端子Type C
専用アプリ防水IPX4
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
5.6g/53.4g
外音取り込み保証1年
自動装着検出公式サイトこちら
こんな人におすすめ
  • 安価なノイズキャンセリング対応の完全ワイヤレスイヤホンを探している
  • レジでイヤホンを毎回外すのがわずらわしい
  • 刺さりの少ない柔らかな音が好み

Tribit FlyBuds NCはノイズキャンセリング性能こそやや薄めではありますが、価格に対してのスペックや音質、装着感や外音取り込みなど、そのほかの機能のコストパフォーマンスは高いと感じました。

イヤホンに高い予算は掛けれないけど、できるだけ多機能な物が欲しい方再生時間が長いモデルを探している方、まろやかな音が好きな方にはおすすめかなと思います。

カジェット

6,999円だけど、定期的にクーポン配布やセールをやっているみたいだから、そのタイミングで買った方がいいかと。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる