【JVC HA-A50T レビュー】1万円以下でノイキャンも外音取り込みも搭載!

悩んでいる人

ノイズキャンセリング機能が搭載しているイヤホンが欲しいんだけど、どれも高い…

カジェット

1万円以下でも買えるやつあるで!

ポータブルオーディオ専門ブログを運営していますカジェット (@kajet_jt)です!

今回は日本のオーディオメーカーJVC(ジェーブイシー)より、1万円以下で買えるアクティブノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤホン「HA-A50T」をご紹介します!

HA-A50Tの特徴
  • アクティブノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホン
  • 外音取り込み機能も搭載
  • 口径10mmの高音質ドライバーを搭載
  • IPX4相当の防水性能

1万円以下のノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤホンって今までパッとしたものがなかったのですが、HA-A50Tは国内メーカーのJVCが発表したということもあり期待しています。

果たして実力はどうなのか?買ってきましたので実機を使ってレビューしていきましょう!

総合評価

4.3/5

HA-A50T

  • 価格にしてはノイズキャンセリング効果が強い
  • こだわりがなければ十分満足できる音質
  • 1万円以下で外音取り込みも搭載している
  • マイク性能が優秀
  • ノイズキャンセリングは手動でONにしないといけない
  • 音ズレが大きい

3.8

高音

3.9

中音

4.2

低音

4.3

ノイズキャンセリング

4.0

装着感

4.2

利便性

他の製品との比較はこちら➡︎最強のノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホンランキング

目次

JVC HA-A50T 概要

スペック一覧HA-A50T
Bluetooth5.0
コーデックSBC,AAC
防水規格IPX4
ドライバー10mm ダイナミックドライバー
質量本体(片耳):7.1g
充電ケース:62g
再生時間本体のみ:8時間(NC ON時 6時間)
ケース込:32時間(NC ON時 24時間)
充電時間本体:約2.5時間
充電ケース:約3.5時間
急速充電10分充電で1時間再生対応
充電端子Type C
ノイズキャンセリング
外音取り込み
保証期間1年
定価9,900円

カラーバリエーションはブラック、ブルー、トープの3色。

HA-A50Tのパッケージ。ノイズキャンセリングを強みとして打ち出しています。

付属品一覧はこちら。

付属品一覧
  1. シリコンイヤーピース S,M,L 3ペア
  2. 低反発イヤーピース S,M 2ペア
  3. USB Type Cケーブル
  4. マニュアル

イヤーピースはシリコンタイプと低反発タイプの2種類が付属。

耳の形状や好みに合わせて選べばいいと思いますが、個人的には低反発タイプがノイズキャンセリング効果も高く、音のこもりも発生しないのでおすすめです。

USBケーブルは短めのType Cケーブルが付属します。

HA-A50Tの充電ケースは樹脂素材の堅牢な作り。表面に傷がつきやすい印象を受けます。

手で持ってみると重量感はありませんが、やや大きくは感じます

充電ケースの寸法は85.4×33.8×41.9(mm)

iPhone XR、AirPods Proと比べるとこんな感じ。

他の完全ワイヤレスイヤホンの充電ケースと比べても、全体的に大きめかな?とは感じます。

厚みはそこまでないため、ポケットに入れて持ち運んでも膨らみが気になることはありません。

カジェット

欲を言えばもう少しコンパクトにしてほしかったかな。

充電端子はUSB Type Cに対応。

再生時間はノイズキャンセリングON時で本体のみ6時間、ケース込みで24時間

最近の完全ワイヤレスイヤホンの中では平均的な再生時間の長さです。

充電ケース内部も深いため、他社のイヤーピースをつけても干渉することが少なそうです。

イヤホン本体はJVCのロゴがプリントされたシンプルで男らしいデザイン。

ドライバーは10mm口径のダイナミック型ドライバー。

ドライバーの種類
  • ダイナミック(D)型ドライバー → イヤホンで一般的に採用しているスピーカー。
    豊かで自然な音が特徴。

完全ワイヤレスイヤホン向けのドライバーは6mmほどで採用していることが多いのに、HA-A50Tは10mmと大口径。

本体サイズが大きめですが、その分迫力のある低音をズンッと出してくれます。

HA-A50Tのノズル径は5.9mm、くびれ部は4.8mm。

ノズル長はだいたい4.4mmです。

口径はやや大きく長めのノズルですが、他社のイヤーピースでもある程度使うことができそうですね。

HA-A50Tの総重量は75.2g。

本体片耳で7.0g、ケースのみは61.0gです

一般的な完全ワイヤレスイヤホンは総重量50g、本体が5gほどなので、平均よりやや重めです。

カジェット

ただ、そこまでズシッとした重みは感じない印象です。

また、HA-A50TはIPX5相当の防水に対応しています。

IPX4とは?

水の飛まつに対して保護される防まつ形。スポーツ時の汗からの保護や雨天時でも安心して使えます。

まとめるとHA-A50Tはやや大きく重みもありますが、それ以外は他社の完全ワイヤレスイヤホンと比べても平均的なスペックのように感じました。

カジェット

後述しますが、ノイズキャンセリングと外音取り込み機能がついているのは強い!

JVC HA-A50T ペアリング・操作方法

スマートフォンと接続する際のペアリング方法はこちら

STEP
充電ケースから本体を取り出す
STEP
「設定」→「Bluetoothを開く」
STEP
「JVC HA-A50T」をタップする

HA-A50Tのペアリングはこちらで完了です。

「オートペアリング」に対応しているため、次回以降はケースから取り出すだけで自動的に電源オン→スマホと接続されます。

両耳同士の接続がうまくいかない場合は、一度リセットしてみましょう。

リセットの手順はこちら
  1. 充電ケースにいれたままL側を20秒間触れ続ける

引用元:JVC

こちらでリセット完了です。

HA-A50Tはイヤホン本体どちらかを充電ケースに入れた状態にして、片耳のみ使うこともできます。

カジェット

どちら側でも片耳利用ができるので、BGM感覚で動画を見たり、通話用ヘッドセットとして使うのにもおすすめ。

HA-A50Tの操作はタッチパネルで行います。

タッチパネルも感度もほどよく、思い通りの操作がしやすい印象を受けます。

操作方法一覧

▽音楽再生

  • 再生/停止 → L側を1回タップ
  • 曲送り → R側を1秒間長押ししてから離す
  • 曲戻し → L側を1秒間長押ししてから離す
  • 音量を上げる → R側を3回タップ
  • 音量を下げる → L側を2回タップ
  • ノイズキャンセリング/アンビエントモード → R側を1回タップ

▽通話

  • 電話を受ける → L or R側を1回タップ
  • 着信拒否 → L or R側を1秒間長押し
  • 通話終了 → L or R側を1回押す

▽その他

  • 電源を切る → L側 と R側を3秒間長押し
  • 手動でペアリングモード → L側を5秒間長押し
  • 音声アシスタント → L側を3回タップ

JVC HA-A50T レビュー

装着感|大きさの割にはフィットしやすい

まず、HA-A50Tの装着感は大きめの本体の割に、意外とフィットします。

耳への挿入部であるノズルの形状が耳の形に沿った設計のため、イヤホン本体を耳全体で支えるような感覚。

別アングルから見ても耳からの飛び出しは少なく、野暮ったい見た目になりません。

頭を動かしてもぐらつきが少なく、見た目に反して割と安定した装着感です。

装着感(4.0)
カジェット

ぱっと見は大きいけど、耳につけた瞬間に「意外と良い!」と感じるような装着感。

音質|こだわりがなければ十分と感じるレベル

HA-A50Tの音質は中低域寄りのサウンドで、今まで高音質のイヤホンを使ったことがなければ

「これで十分音良いじゃん!」と思えるような音質です。

音の特長
  • 高音:刺さりが少ないまろやか高域。こもりも感じない。
  • 中音:女性ボーカルの伸びやかさが少し足りないように感じる。男性ボーカルは得意。厚みもありギターサウンドも得意。
  • 低音:迫力と広がりのある低音で、HA-A50Tの強みとも感じる。
  • 音場:大口径ドライバーを搭載していることもあり、やや広めでダイナミックな印象。
  • 傾向:ウォーム寄り。聴き疲れのしない優しい音だけど迫力もある。
  • 解像度:程よく高め。

得意なジャンルは以下の通りです。

得意なジャンル
  • ロック
  • ポップス
  • ヒップホップ
  • EDM
  • テクノ
  • チル

価格を抑えたノイズキャンセリングモデルは、その性能と引き換えに音質レベルがイマイチなことが多いのですが、HA-A50Tは音にこだわりがない限りは満足できるクオリティだと感じました。

高音(3.8)
中音(4.0)
低音(4.2)
カジェット

JVCの低価格ラインナップは今まで苦手だったけど、意外とよかった。

ノイズキャンセリング|なかなかに効果は高いが

低価格隊のノイズキャンセリングモデルは効いているかどうかわかりにくい性能のものが多いですが、HA-A50Tのノイズキャンセリング性能は、ONにすると十分効果を感じることができます。

電車の中やタイピング音、空調音を自然にかき消し、耳障りな音をシャットアウトしてくれますね。

ただ、電源ON時に毎回「ノイズキャンセリングOFF」になっており、ONにするためには

  1. 電源ON→
  2. アンビエントモード→
  3. ノイズキャンセリングON

この手順を毎回行わないとノイズキャンセリングモードにならないため、わずらわしく感じます。

カジェット

手動ノイズキャンセリングはめんどくさいですが、遮音効果はかなり高め!

ノイズキャンセリング(4.3)

他の製品との比較はこちら➡︎最強のノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホンランキング

外音取り込み|自然に外の音が聞こえる

HA-A50Tの外音取り込み(アンビエントモード)は、マイクで拾った感覚が少なく、普段耳で聞いているような自然な音で集音してくれます。

外音取り込みをONにしてBGM感覚で音楽を聴こうと音量が自動的に下がった状態になるため、他のモードに移行した時に元の音量に戻り、爆音で音楽が流れはじめます

BGM感覚での利用はおすすめしません。コンビニでのお会計などワンポイントだと使いやすい設計です。

外音取り込み(4.0)

通話品質|めっちゃ聴き取りやすい

HA-A50Tのマイク性能ですが、周りの音が入りやすい印象ではありますが、音声はかなりキレイに録れており聴き取りやすい音声を相手に伝えてくれます。

今まで聞いてきた完全ワイヤレスイヤホンのマイク性能の中でも、特にキレイな音声だったため、JVCの意外な特技に驚きました。

マイク性能(4.5)

音の遅延|結構気になるレベル

HA-A50Tの映像と音のズレは大きく、普通のYouTube動画でも口元と声のズレにやや違和感を覚えます。

映画やライブ映像の視聴、ゲームプレイには向いてません。

遅延の少なさ(3.0)

JVC HA-A50T レビューまとめ

総合評価

4.3/5

HA-A50T

  • 価格にしてはノイズキャンセリング効果が強い
  • こだわりがなければ十分満足できる音質
  • 1万円以下で外音取り込みも搭載している
  • マイク性能が優秀
  • ノイズキャンセリングは手動でONにしないといけない
  • 音ズレが大きい
こんな人におすすめ
  • 1万円以内でノイズキャンセリングモデルが欲しい人
  • お会計時にイヤホンを外すのが煩わしい人
  • 聴き疲れしにくい刺さりのない音が好きな方

3.8

高音

3.9

中音

4.2

低音

4.3

ノイズキャンセリング

4.0

装着感

4.2

利便性

1万円以下のノイズキャンセリング機能を搭載した完全ワイヤレスイヤホンはどれも「とりあえず搭載しました」って感じの微妙な仕上がりのものばかり。

しかし、HA-A50Tはノイズキャンセリングも外音取り込みも、どちらもなかなかの出来栄え!

音質レベルも価格にしてはなかなかに高く、コストパフォーマンスの高さを十分に感じる完全ワイヤレスイヤホンでした。

カジェット

JVCって音質メインか重低音のイメージだったけど、ノイキャンもなかなかよかった!


よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる