【レビュー】AVIOT TE-D01gv|大進化を遂げた大人気TWS!前作とも比較!

2019年5月に発売し、大ヒットとなった完全ワイヤレスイヤホン「AVIOT TE-D01g」が、さらにパワーアップして帰ってきました!その名も「TE-D01gv」!

TE-D01gvの特徴

  • 最新コーデックaptX Adaptiveに対応!(けど対応機種が少ない)
  • 前作より音質がさらに向上!
  • 外音取り込みを新たに搭載!

今回はこちらの「TE-D01gv」のレビューをしていきます。記事後半では前作との比較もしていますので、ぜひ最後までご覧ください。

AVIOT TE-D01gv レビュー

TE-D01gv


総合評価
(5.0)
良かったところ
  • 1万円以下としては音質が最高クラス
  • 再生時間が11時間と長い
  • デザインがおしゃれ
  • 高い防水性
イマイチなところ
  • 外音取り込みの性能はイマイチ
  • ケースから取り出しにくい
  • aptX Adaptive対応機種が少ない

スペック一覧

Bluetooth/チップコーデック防水規格ドライバー質量
5.2SBC,AAC,aptX,aptX AdaptiveIPX76mmケース込:約49g
本体:約4.7g
再生時間充電時間充電端子ノイキャン外音取り込み
本体のみ:最大11時間
ケース込:最大50時間
約1.5時間USB-C×

付属品:イヤーピースとUSBケーブル

付属品はイヤーピースとUSB-Cケーブル

付属品はイヤーピースとUSB-Cケーブルとシンプルです。

イヤーピースはS,M,Lの3サイズ

イヤーピースは装着しているものも含め、S,M,Lの3ペア付属しています。

充電ケース:コンパクトでおしゃれ

TE-D01gvの充電ケースはコンパクトでおしゃれ

TE-D01gvの充電ケースはコンパクトでコロンした可愛いデザイン。今回レビューしているアイボリーに関してははバッグの中にいれておけば、一種のコスメ製品と勘違いしてしまうほどのおしゃれさです。

やや厚みがあるので、パンツのポケットに入れて運用すると膨らみが目立つかもしれません。

充電端子:USB-C

TE-D01gvの充電端子はUSB-C

充電端子はUSB-Cを搭載。上位機種であるTE-D01d mk2のようにワイヤレス充電機能は備わっていません。

再生時間:本体は11時間、ケース込みで最大50時間

TE-D01gvの本体の再生時間は11時間、ケース込みで最大50時間

TE-D01gvの再生時間は11時間、ケース込みで最大50時間再生ができます。1万円以下の完全ワイヤレスイヤホンとしてはかなり再生時間が長く、長時間の移動や作業でもバッテリー切れを起こす心配がありません。

指がすべって本体を取り出しにくい

TE-D01gvを取り出すとき、滑って取り出しにくい

イヤホン本体が楕円形のツルッとしたデザインで滑りやすく、ケースからイヤホン本体を取り出しにくかったり、駅のホームやエレベーターで取り出そうとすると落としそうになったりして怖いです。

バッテリー残量はインジーゲータで表示

TE-D01gvのインジゲーター

バッテリーの残量は充電ケース側面についているインジゲーターで表示されます。

インジゲーター点灯数バッテリー残量
〜25%
〜50%
〜75%
〜100%

デザイン:まるでアクセサリーのようなおしゃれなイヤホン本体

TE-D01gvの本体

TE-D01gvのイヤホン本体は、まるでアクセサリーかのようなおしゃれなデザインです。ボタンロゴ部がゴールド色であしらわれており、1万円以下という価格ながらも所有欲を満たす高級感の演出をしています。

防水性能も高く、30分間水の中にいれても浸水しないIPX7に対応し、汚れた時の水洗いもできます!

ノズル径は5.5mm

 TE-D01gvのノズル径は5.5mm
TE-D01gvのくびれ部は4.4mm

TE-D01gvのノズル径は5.5mm、くびれ部は4.4mmです。一般的なノズル径で充電ケースのイヤホン収納部も深いため、他社製のイヤーピースでも完全ワイヤレスイヤホン向けであれば問題なく装着できます。

目次に戻る

操作方法:本体操作は物理ボタン

TE-D01gvの操作は物理ボタン

操作方法一覧

▽音楽再生

  • 再生/停止 → R側を1回押す
  • 音量を上げる → L側を3回押す
  • 音量を下げる → L側を2回押す
  • 曲送り → R側を2回押す
  • 曲戻し → R側を3回押す
  • 外音取り込み → L側を1回押す

▽通話

  • 電話を受ける → R側を1回押す
  • 着信拒否 → L or R側を1秒間長押し
  • 通話終了 → R側を1回押す

▽音声アシスタント・その他

  • 音声アシスタントを起動 → L側 or R側を2秒間長押し
  • 電源を切る → L側 or R側を長押し

本体の操作は物理ボタンのため、タッチパネルのように誤作動がなく使えます。ボタンを押した時の音も消音対策がされており、耳内にそこまで響かずストレスのない操作ができます。

外音取り込みモードがL側を1度押すだけでONになるのは、操作が少なく便利ですね。

ペアリング:簡単!取り出したらすぐペアリングモード

手順1
充電ケースから本体を取り出す
TE-D01gvのペアリングはケースから本体を取り出す接続していない状態でLorR側のボタンを2回連続で押してもペアリングモードになります。
手順2
「設定」→「Bluetoothを開く」
iPhoneのホーム画面から設定、Bluetoothをタップする
手順3
「AVIOT TE-D01gv」をタップする

ペアリングはこちらで完了です。「オートペアリング」に対応しているため、次回以降はケースから取り出すだけで自動的に電源オンスマホと接続されます。

両耳のペアリングがうまくいかなくなったらリセットをしよう

両耳同士の接続がうまくいかない場合は、一度リセットしてみましょう。

リセットの手順はこちら。

  1. スマートフォンのBluetooth接続リストから「AVIOT TE-D01gv」を削除する
  2. 両方のイヤホンの電源を「オフ」にし、充電ケースにいれ両方のイヤホンを10秒間長押しする

こちらでリセット完了です。

本体の操作やリセット方法を詳しく確認したい方は公式サイトのマニュアルをご覧ください。

参考 TE-D01gv マニュアルAVIOT

特徴:最新コーデックaptX Adaptive対応!しかし・・・

TE-D01gvは最新チップ「QCC3040」を搭載しBluetoothバージョン5.2と、電波の混雑や音声データに応じて279kbps〜420kbps間の最適なビットレートに可変させる最新コーデック「aptX Adaptive」に対応。

これによって街中でも音声の途切れがなくなり、動画でも低遅延、音声も高音質と状況に応じて最適な圧縮率で伝送してくれる超万能な無敵コーデックです。

しかし、iPhoneも含めaptX Adaptiveに対応したスマホがほとんどなく、今のところ「このようなコーデックが使える!」というスペックがあるだけです。これから発売するAndroidスマホで搭載される可能性が高いので、今後に期待しましょう!

装着感:耳にすっぽりと収まる安定した装着感

TE-D01gvは耳にすっぽりと収まる安定した装着感

装着感
(4.0)

TE-D01gvの装着感は良好です。イヤホン本体がコンパクトで、上記の写真のように女性の耳でもすっぽりとイヤホン全体が収まります。首を振ったりしても特に落ちる気配がありません。

音質:1万円以下の完全ワイヤレスでトップクラス

TE-D01gvの音質は1万円以下のTWSの中でトップクラス

高音
(4.0)
中音
(4.5)
低音
(4.0)

TE-D01gvの音質は1万円以下の完全ワイヤレスイヤホンの中ではトップクラスです。

軽くて強度の高いチタン蒸着PU振動板と高磁束密度を誇るネオジウムマグネットを採用しています。なんのこっちゃって感じかもしれませんが、良いドライバー使ってると思っておいてください。

全体的にスッキリとした音ですが、薄い感じではなく勢いがあり、弾けるような瑞々しい音です。高域はよく伸びますがワイヤレスイヤホン特有のザラつきは感じず、アコースティックギターやストリングスの音も雑味なくサラっと奏でます。

低域については必要十分な迫力を保っており、ブーミー過ぎず薄過ぎず”ちょうど良い量感の低音”を出してくれます。

中域は特に明瞭に聞こえ、ボーカルの息遣いから奥行き、音量の強弱まできっちりと表現してくれます。アイドルソングやJ-POP、アニソン、ロックとの相性が良く、歌い手やボーカロイドなどインターネット世代の日本の音楽を聴いている方にはこの上のない製品でしょう。

前作のTE-D01gと比べると、TE-D01gvのほうが低域から高域までのレンジが広がり、ボーカルメインだった前作より楽器隊が目立つようになった印象です。間違いなくパワーアップしていると感じました。

上位機種のTE-D01d mk2と比べると、音の傾向はかなり似通っていますが、全体的なレンジの広さはTE-D01d mk2のほうが上のように感じます。しかし、価格差ほどの音質の違いがないため、スペックやデザイン、予算次第でどちらを選んでも良いかなと思います。

外音取り込み:必要最小限レベル

外音取り込み
(3.0)

TE-D01gvの外音取り込みはそこまで性能が高いわけはなく、音楽を止めた状態でギリギリ声を聞き取ることができる必要最小限のレベルです。

あきらかにマイクから集音したかのような音でノイズが多く、BGM感覚で聴いたり、イヤホンをつけた状態で会話をするのは難しいです。

目次に戻る

通話品質:普通

マイク性能
(3.0)

TE-D01gvのマイク性能は普通レベルです。ややノイズ混じりの音声ですが周りの雑音は伝えにくいため、音声は相手側には伝えやすいと思います。

音途切れ:一切なし

接続安定性
(5.0)

通勤時に使用しましたが、TE-D01gvの音途切れは一切ありませんでした。iPhoneでの接続での検証のため、コーデックは「AAC」で接続されていますが、「aptX Adaptive」で接続されていなくても、問題なく安定しますね!

遅延:少ない

遅延の少なさ
(3.0)

iPhoneでの検証になりますが、TE-D01gvの音の遅延は少なめでYouTubeを見てみても、口元と音声のズレはほぼありませんでした。タイミングがシビアな音ゲーやFPSでの使用はややズレが発生するためおすすめできません。

目次に戻る

シリコンケースも別売りで販売

TE-D01gvはシリコンケースも別売りで販売しています。TE-D01g専用と表記されていますが、前作と寸法は全く同じのため問題なく装着できます。長く愛用したい方は必須のアイテムですね!

他のイヤホンと比較

前作である「TE-D01g」と上位機種「TE-D01d mk2」と比較しました。

比較表TE-D01gvTE-D01gTE-D01d mk2
Bluetooth5.25.05.0
コーデックSBC,AAC,aptX,aptX AdaptiveSBC,AAC,aptXSBC,AAC,aptX
防水規格IPX7IPX7IPX5
ドライバー6mm6mm6mm
再生時間本体のみ:11時間
ケース込:50時間
本体のみ:10時間
ケース込:50時間
本体のみ:11時間
ケース込:120時間
充電時間約1.5時間約2時間約2時間
充電端子USB-CUSB-CUSB-C
ワイヤレス充電
ノイキャン×××
外音取り込み×
アプリ対応×× 
モバイルバッテリー機能×× 
価格約8,900円約7,100円約11,300円

TE-D01gvとTE-D01gを比較:断然gvがおすすめ

TE-D01gvとTE-D01gを比較しました。上記のスペック上で比較するとそこまで変わらないように見えますが、スペック上ではわからない音質面がかなりグレードアップしています。

低域から高域までレンジが広がり音に締まりがでるようになりました。ひとつひとつの音がよりクリアになり、楽器隊がより鮮明に聴こえるようになったため、ボーカルものだけでなくあらゆるジャンルに対応しやすくなった印象を受けます。

aptX Adaptiveはまだまだ使える機種が少なくメリットを感じにくいですが、音質だけでも十分な進化を遂げているため、安さに惹かれず最新の「TE-D01gv」をおすすめします!断言します!ブログであんまり断言という言葉を使いたくないけど断言します!!

TE-D01gvとTE-D01d mk2を比較:音質はほぼ同等クラス?

TE-D01gvとTE-D01d mk2を比較しました。スペック上は TE-D01d mk2が再生時間が長かったり、そのほかに機能としてワイヤレス充電にも対応。モバイルバッテリー機能もついていたり、アプリにも対応しています。イヤーフィンもついているためスポーツ時も耳から落ちにくく安心して使えたりと、全体的な機能性はTE-D01d mk2に軍配があがります。

音質は、TE-D01d MK2のほうがややレンジが広く感じる気がするが、ほぼ同等クラスです。ケース込みの再生時間やワイヤレス充電などが特に必要がないと感じる場合は、デザインやサイズ感の好みで選んでも良いと思います。

TE-D01d MK2 本体 【TE-D01d mk2 レビュー 】邦楽ロックとの相性抜群 & 脅威の120時間再生

AVIOT TE-D01gv レビュー まとめ

TE-D01gvの評価
高音
(4.0)
中音
(4.5)
低音
(4.0)
迫力
(4.0)
利便性
(4.0)
装着感
(4.0)
コスパ
(5.0)
総合評価
(5.0)
良かったところ
  • 1万円以下としては音質が最高クラス
  • 再生時間が11時間と長い
  • デザインがおしゃれ
  • 高い防水性
イマイチなところ
  • 外音取り込みの性能はイマイチ
  • ケースから取り出しにくい
  • aptX Adaptive対応機種が少ない

1万円以下で買える完全ワイヤレスの大本命!!

こんな人におすすめ
  • 完全ワイヤレスイヤホンがほしいけど、1万円は出せない!
  • けど音が良くて、機能性も質も高いものが欲しい!
  • さらにオシャレであれば言うことなし!
  • 彼女(彼氏)や友達に誕生日のプレゼントとして渡したい!

TE-D01gvは1万円以下で購入できる完全ワイヤレスイヤホンの中では、特に音質が良いと感じました。スペックも申し分なく音質、性能どちらをとっても非常に高いコストパフォーマンスです。

外音取り込みはあまり性能は高くないですが、そもそもこの価格帯で外音取り込み機能がついていることが珍しいです。デザインもおしゃれで言うことなしですね!

初めての一台にも、知人へのプレゼントにもおすすめのイヤホンです!

目次に戻る

Amazonで安く買い物する方法

AMAZONでイヤホンやヘッドホン、イヤーピースを買う場合、AMAZONギフトにあらかじめチャージしてから購入するのがおすすめです。

 

Amazonギフト券は現金でチャージするたびにポイントが 最大2.5% 貯まります。

AMAZONギフト説明

 

1回のチャージ額通常会員プライム会員
90,000円~2.0%2.5%
40,000円~1.5%2.0%
20,000円~1.0%1.5%
5,000円~0.5%1.0%

クレジットカードを持っていない方や現金で購入したい方も、Amazonギフト券を活用するとお得です!プライム会員ならさらにお得!

 

最大2.5%還元!

AMAZONギフトのチャージはこちらから!

プライム会員の登録はこちらから!

 

 現金派の方におすすめ
 クレジットカードが無くてもAMAZONで購入できる
 さらに最大2.5%AMAZONポイント還元

 

日用品とかも買ってると、いつの間にかAMAZONで総額10万以上使ってるかも・・・。AMAZONギフトのチャージを使えばポイントも溜まるし、クレジットカードだと自分でいくら使ったか分からなくなる方とかもおすすめですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA