【EarFun Air Pro レビュー】7000円台で全部入り!?ノイズキャンセリング対応のTWS

悩んでいる人

「ノイズキャンセリング」や「外音取り込み」がついていて、できるだけ安くて良いイヤホン探しているんだけど、なんかない?

カジェット

7000円台で「ノイズキャンセリング」も「外音取り込み」、さらに「自動装着検出」もついてるおすすめのイヤホンがあるで!

ポータブルオーディオ専門ブログを運営していますカジェット (@kajet_jt)です。

今回は中国深センのオーディオメーカー「EarFun(イヤーファン)」より、1万円以下で買えるアクティブノイズキャンセリング対応の完全ワイヤレスイヤホン「EarFun Air Pro」をご紹介します!

EarFun Air Proの特徴
  • 最大-38dBハイブリッド式のノイズキャンセリング機能
  • 外音取り込みモードを搭載
  • 6マイクを搭載しクリアな音声通話が可能
  • 自動装着検出機能を搭載
  • 最大32時間の再生が可能

周りの音をかき消す「アクティブノイズキャンセリング」搭載。

さらにイヤホンをつけていても周りの音が聞こえる「外音取り込み」、耳に装着したら自動的に音楽の再生が始まる「自動装着検出」も搭載で7000円台ってかなりのコスパの良さを感じますね。

ただ、EarFun製品は「EarFun Free」と「EarFun Air」の過去2回のレビューで個人的には微妙な評価だったので、ちょっと心配…。

果たして実力はどれほどのものなのか?購入してきましたので実機を使ってレビューをしていきます。

総合評価

4.5/5

EarFun Air Pro

  • ノイズキャンセリング性能が高い
  • 自動装着検出機能が便利
  • 音質も十分に良い
  • 外音取り込みは聞こえやすいが、高音の刺さりが気になる
  • タッチ操作がしづらい
  • 気軽にノイキャン→外音取り込みの切り替えができない
  • 音漏れが少しある

3.7

高音

3.6

中音

3.7

低音

4.2

ノイズキャンセリング

4.0

外音取り込み

4.5

利便性

Bluetooth5.0再生時間本体7時間/
ケース込25時間
コーデックSBC,AAC充電時間本体1.5時間
ケース2時間
ドライバーダイナミック型充電端子Type C
専用アプリ×質量
(本体片耳/ケース)
6.1g /53.2g
ノイズキャンセリング防水IPX4
外音取り込み保証18ヶ月
自動装着検出×公式サイトこちら

1万円以下のおすすめ完全ワイヤレスイヤホンをお探しの方は以下の記事をご覧ください。

目次

EarFun Air Pro 概要

7999円の完全ワイヤレスイヤホンなのに、「アクティブノイズキャンセリング」「外音取り込み」「自動装着検出」など機能てんこ盛り!

保証も18カ月間ついており安心です。

カジェット

さらに「aptX」と「ワイヤレス充電」に対応していれば完璧であった。

EarFun Air Proのパッケージはこちら。

開封すると英語表記ですがペアリング方法が記載されています。

付属品一覧はこちら。

付属品一覧
  1. イヤーピース(シリコン製)3ペア
  2. USB Type Cケーブル
  3. マニュアル

イヤーピースはシリコン製のものが3ペア付属。

軸が短く傘が広いタイプで、密閉性が高そうな仕様。

充電用のUSB Type Cケーブルも付属します。

EarFun Air Proの充電ケースは簡素な樹脂素材。安っぽい印象を否めません。

ただし薄くコンパクトではあるため携帯性は抜群

充電ケースの寸法は66.5×54.8×30.7(mm)

有田ミカンと比べても小さい!

手のひらにも収まるかなりのコンパクトさです。

充電端子はUSB Type Cに対応。

今までのEarFun製品はワイヤレス充電にも対応していたので期待していたのですが、EarFun Air Proにはついていませんでした…。残念。

ノイズキャンセリングをONにした時の再生時間は本体のみで7時間、ケース込みで25時間

AirPods Proでも4.5時間しか再生できないのでノイキャン搭載機としてはかなりのロングバッテリーではないでしょうか。

イヤホン本体はガジェット感とスマートさを両立したかのようなデザイン。カックカクです。

ノイズキャンセリング搭載で7時間の連続再生に対応して、ここまで本体がコンパクトなのはすごい。

通電保護シールがついているイヤホンは大体当たり説。

ドライバーはダイナミック型を採用。

ドライバーの種類
  • ダイナミック(D)型ドライバー → イヤホンで一般的に採用しているスピーカー。
    豊かで自然な音が特徴。

マイクはノイズキャンセリング用に本体側面に1つ、内部に一つ、そして通話用に下部にひとつの片側3つ、両耳合わせて6つマイクを搭載しています。

EarFun Air Proのノズル径は5.6mm、くびれ部は4.6mm。

ノズル長は2.4mm。

径は平均的な大きさですが、ノズル長は短め。

また、充電ケースの内部が浅く、他社のイヤーピースだと干渉することが多かったです。純正イヤーピースで運用することをおすすめします。

EarFun Air Proの総重量は53.2g。卵1個分より軽いです。

本体片耳で6.1g、ケースのみは40.9g。完全ワイヤレスイヤホンの中でも平均的な重さですね。

また、EarFun Air ProはIPX5相当の防水に対応しています。

IPX5とは?

あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない(防噴流形)。スポーツ時の汗からの保護や雨天時でも安心して使えます。

まとめると、ノイズキャンセリング機能自動検出機能を備えつつも再生時間が7時間連続再生ができるのにサイズがコンパクト

どこにそんな機能を詰め込んでいるんだろう?と思うくらいハイスペックです。

カジェット

軽いし薄いし持ち運びやすいし再生時間も長くて使いやすいですね。

EarFun Air Pro ペアリング・操作方法

スマートフォンと接続する際のペアリング方法はこちら

STEP
充電ケースから本体を取り出す
STEP
「設定」→「Bluetoothを開く」
STEP
「EarFun Air Pro」をタップする

EarFun Air Proのペアリングはこちらで完了です。

2回目以降のペアリングは本体をケースに収納し、ケースのボタンを約3秒間押し続けるとペアリングモードになります。

「オートペアリング」に対応しているため、次回以降はケースから取り出すだけで自動的に電源オン→スマホと接続されます。

両耳同士の接続がうまくいかない場合は、一度リセットしてみましょう。

リセットの手順はこちら
  1. イヤホンを充電ケースにしまう
  2. ケースの蓋をあけたまま内部のボタンを2回連続で押す。

こちらでリセット完了です。

また、EarFun Air Proはイヤホン本体どちらかを充電ケースに入れた状態にして、片耳のみ使うこともできます。

カジェット

片耳だけつけて通話用ヘッドセット代わりにも使えるよ!

EarFun Air Proの操作はタッチパネルで行います。

操作方法一覧

▽音楽再生

  • 再生/停止 → R側を2回タップ
  • 曲送り → R側を3回タップ
  • 外音コントロール → L側を3回タップ

▽通話

  • 電話を受ける → L or R側を2回タップ
  • 着信拒否 → L or R側を3回タップ
  • 通話終了 → L or R側を2回タップ

▽その他

  • 電源を入れる → 充電ケースから取り出す
  • 電源を切る → 充電ケースに入れる
  • 音声アシスタント → L側を2回タップ

タッチパネル感度はやや悪い印象。

ノイズキャンセリング/外音取り込みは3回タップで行いますが

ノイズキャンセリング→外音取り込み→ノーマルモード→ノイズキャンセリング

と切り替わっていくため、外音取り込みからノイズキャンセリングに戻すのが一苦労。また、感度が悪く切り替えをうまく行えないこともあります。

音量調整を本体のみで行えず、本体操作は課題ありかなと感じました。

カジェット

操作性は悪い!

EarFun Air Pro レビュー

圧迫感がなく落ちる気がしない装着感

まず、EarFun Air Proの装着感ですが、本体部がコンパクトで耳に挿入しても圧迫感がなく快適な装着性

前アングルから見ても耳からの飛び出しが少なく、エージェントのようにスマートな見た目。

首を振っても走っても耳から本体が落ちる気がせず、かなり良好な装着感ですね。

ただ、嫁さんに装着してもらいながら音楽を聴いてもらいましたが、割と普通の音量でもシャカシャカと音が漏れているのが気になりました。

普段電車で大音量で音楽を聴く方は音量に注意したほうがいいかも。

装着感(4.5)
カジェット

ノイキャン搭載機としてはかなり装着感が良い!

中低域寄りの聴き疲れしないサウンド

EarFun Air Proの音質は中低域寄りで、聴き疲れしにくい豊かな音が特徴です。

音の特長
  • 高音:こもりは一切粒立ちよく鳴らす粒立ちの良い音。しっとりとした余韻もある。
  • 中音:余韻が多めの厚みのあるサウンド。ボーカルもマスクされずに元気に鳴らす。
  • 低音:広がりと迫力のあるサウンド。締まりは少ないが豊かな音。ベースラインが心地良い。
  • 音場:やや広め。
  • 傾向:温かみのあるサウンドですが超高域は良い感じに乾きがある。
  • 解像度:価格相応の高さ。

今までのEarFun製品は特徴がなく何の感想もない音でしたが、EarFun Air Proは中低域寄りで豊かなサウンドでありながらも高域もクリアで小気味よい。

一聴して「良い音」と感じるまでに仕上げてきました。

得意なジャンル
  • ロック
  • ポップス
  • スロージャズ
  • チル
  • ヒップホップ
  • ヒーリングミュージック

低音の量感が多く、ロックやポップス、ヒップホップが気持ちよく聴けます。

広がりのある低音も体感できるのでチルやヒーリングミュージックでも心地よくBGM感覚で聴けますね。

高音(3.8)
中音(3.7)
低音(3.8)
カジェット

機能満載のTWSとしては普通に良い音だわ。

他の1万円以下/前後の完全ワイヤレスイヤホンとの音質比較はこちらの記事をご覧ください。

ノイズキャンセリング性能について

EarFun Air Proのノイズキャンセリングは価格を考えればかなり高め。本体に内蔵する2つのマイクを使い集音し、雑音をシャットアウト。

メーカー交渉値である-38dBまでは感じませんが、音楽を流せば電車内であっても走行音が全く気になりません

Taotronics「Soundliberty 94」と比べると遮音性は少しだけ劣りますが、十分な遮音性の高さですね。

ノイズキャンセリング(4.2)
カジェット

通勤時のストレスが軽減されるよ!

耳で聞いている感覚と近い外音取り込み

EarFun Air Proは外音取り込み機能を搭載しており、本体内臓のマイクで音を拾い、イヤホンを装着した状態で周りの音を聞くことができます。

高周波帯がやや刺さるような音で拾ったような感覚になるため、レジ袋をクシャッとした音や水道で水を流す音は耳障りに感じてしまいます。

それ以外は耳で普段聞いている感覚に近く、装着した状態で小音量で音楽を流していても会話ができるほどの高い集音性能です。

こちらは「Soundliberty 94」以上の性能を持ち合わせていますね。

外音取り込み(4.0)
カジェット

10000円以下で外音取り込み機能が付いていることが珍しいのに、その性能もさらに良い!

通話品質も高い

EarFun Air Proはマイク性能も良く、ガサつきのないかなりクリアな音声を相手に伝えてくれます。

指向性は広く周りの音を拾いやすい印象がありますので、騒がしい環境や生活音を聞かれたくない方は他のマイクを用意したほうが良いです。

しかし、そこまでマイク品質にこだわりがなければEarFun Air Proでも十分すぎる性能を持っています。

マイク性能(4.5)
カジェット

想像以上に音声がクリアでびびった。

音の遅延は少ない

EarFun Air Proで動画を見た時の映像と音声のズレですが、そこまで感じません。

スマホゲームは厳しいですが、映画やライブ映像でも違和感なく視聴できますね。

遅延の少なさ(4.5)

EarFun Air Pro 口コミ

https://twitter.com/tshimizu09/status/1343199935819173889

まだブロガーの方のレビューが多い印象で、あまり一般の方に浸透していなさそうですね。

耳にフィットしなかった方はうまくノイズキャンセリング機能を発揮できていないように感じますね。フィットすればノイズキャンセリング性能は結構高いですよ。

個人的にもかなり良かった製品だと感じたため、もっと評価されても良いイヤホンだと思っています。

EarFun Air Pro レビューまとめ

総合評価

4.5/5

EarFun Air Pro

  • ノイズキャンセリング性能が高い
  • 自動装着検出機能が便利
  • 音質も十分に良い
  • 外音取り込みは聞こえやすいが、高音の刺さりが気になる
  • タッチ操作がしづらい
  • 気軽にノイキャン→外音取り込みの切り替えができない
  • 音漏れが少しある

3.7

高音

3.6

中音

3.7

低音

4.2

ノイズキャンセリング

4.0

外音取り込み

4.5

利便性

Bluetooth5.0再生時間本体7時間/
ケース込25時間
コーデックSBC,AAC充電時間本体1.5時間
ケース2時間
ドライバーダイナミック型充電端子Type C
専用アプリ×質量
(本体片耳/ケース)
6.1g /53.2g
ノイズキャンセリング防水IPX4
外音取り込み保証18ヶ月
自動装着検出×公式サイトこちら
こんな人におすすめ
  • 周りの音を遮音して作業に集中したい方
  • できるだけ安くノイズキャンセリング機能付きのイヤホンを探している方
  • 低音が好きだけど、こもりのない音の完全ワイヤレスイヤホンを探している方

EarFun Air Proは7000円台でノイズキャンセリングや外音取り込み機能を備えつつも性能面で一切妥協なしのイヤホンでした。

格安ノイキャンTWS系って微妙な製品が多かったですが、EarFun Air Proはノイズキャンセリング搭載機で一番コスパが良かったと自信を持って言えますね!

カジェット

EarFunさん今まで酷評してきてごめんなさい。EarFun Air Proは間違いなく良い製品です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる