>>【11/27-12/1】AMAZON ブラックフライデー&サイバーマンデー開催!詳しくはここをタップ

【レビュー】okcsc Sabbat X12 Pro|軽くて開放的!

インナーイヤー型というイヤホンをご存知だろうか?簡単に言えば、iPhoneの付属イヤホンの「EarPods」や、大人気完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」のような構造のイヤホンのこと。イヤホンで主流の耳栓タイプではなく、耳の上に乗っけるだけの密閉しないイヤホンのことを指します。

今回は、珍しいインナーイヤー型なのに完全ワイヤレスなイヤホン「okcsc Sabbat X12 Pro」を紹介します!特徴がこちら!

okcsc Sabbat X12 Pro 特徴
  • 耳を塞がないインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン
  • 超軽量設計で、つけていないかのような装着感
  • BGMに最適な外音の取り込み具合

今回はこちらのSabbat X12 Proをレビューしていきます!

目次

okcsc Sabbat X12 Pro 外観と付属品

パッケージ

パッケージ

両サイドに記載されている漢文が、いかにも中華メーカーって感じですね。TIME BURNINGってどういう意味だろう。

開封

開封

中身は厳重なパッケージングで、意外と高級感がありますね。

付属品一覧

付属品一覧
付属品一覧
  1. ポーチ
  2. 落下防止用スタビライザー2種類
  3. USB-C ケーブル

こちらの3種類が付属。スタビライザーがなぜか色違い2種類が付属していますが、白のイヤホンに黒のスタビライザーはつけないかな・・・。

充電ケース

充電ケース
充電ケース

充電ケースはプラスチック感があり、持った瞬間から安物感が漂うチープな感触。

裏はUSB-C端子が搭載しており、LEDインジゲーターでバッテリーの残量がわかります。microB端子ではないのはありがたい。

Sabbat X12 Pro本体

本体
本体
本体

ケースとは異なり、樹脂の詰まった堅牢な見た目。Sabbat X12 Proの形状はインナーイヤー型を採用しており、うどんじゃないAirPodsって感じです。

全体的にチープな印象を受けますが、価格だけに仕方がないですね。

okcsc Sabbat X12 Pro スペック

スペック一覧TrueFree 2
Bluetooth5.0
コーデックSBC,AAC
防水規格IPX5
再生時間本体のみ:6時間
ケース込:30時間
充電端子USB Type C

再生時間はそれなりに長く、最近の完全ワイヤレスイヤホンの中では及第点といったところでしょうか。IPX5の水性能がついているのがうれしいですね。大雨の中通勤をしたり、汗だくになりながらスポーツをしていても壊れる心配がありません。

AMAZONの販売ページでノイズキャンセリング対応と記載されていますが、cVcノイズキャンセリングのことを指しているので注意が必要です。通話時に相手側にノイズを伝えない機能であって、周りの音を遮断する機能ではありません。詳しくはこちらの記事でも注意喚起をしておりますのでご覧ください。

okcsc Sabbat X12 Pro ペアリングと操作方法

ペアリング方法

スマートフォンと接続する際のペアリング方法はこちら!

STEP
充電ケースから本体を取り出す
充電ケースから本体を取り出す
STEP
ランプが点滅する
ランプが点滅する
STEP
「設定」→「Bluetoothを開く」
「設定」→「Bluetoothを開く」
STEP
「Sabbat X12 Pro」をタップする
「Sabbat X12 Pro」をタップする

Sabbat X12 Proのペアリングはこちらで完了です。「オートペアリング」に対応しているため、次回以降はケースから取り出すだけで自動的に電源オン→スマホと接続されます。

操作方法

操作方法一覧
  • 再生/停止:L/Rどちらかを1回押す
  • 音量を上げる:R側を3回連続で押す
  • 音量を下げる:L側を3回連続で押す
  • 次の曲へ:R側を2回連続で押す
  • 前の曲へ:L側を2回連続で押す

ボタンの反応に関してはそこまでシビアではなく、「タンタンタン」くらいの遅めのタッチでも、音量を調節してくれます。ただボタンをタッチしたときの「パチっ」とした音が大きくて気になります。

okcsc Sabbat X12 Pro 良かった点

良かった点
  • 周りの音を取り込みやすく、BGMに最適
  • つけていないかのような身軽な装着感
  • スポーツにも使いやすい

BGMに最適

BGMに最適

Sabbat X12 Proですが、インナーイヤー型ということもあり、完全ワイヤレスで一番外の音が聞こえるのでは?と感じるくらい周りの音を自然に取り込むことができます。AirPodsだとほんの少しだけ遮音されるのですが、Sabbat X12 Proは良い意味で全然遮音されないです。

電車での通勤・通学には外音が入りすぎてしまうので全く向かないですが、家の中で家族と会話しながら、または勤務先で仕事をしながら会話もしつつ、音楽をBGM感覚で聴くのに最適です。

音質について

音質はかなりチルい音で、賛否両論あると思います。やわらかく広がりのある音ですが、高域はそこまで伸びずにボーカルもクリアではないです。低域もそこまで迫力があるわけではなく、中低域に包み込まれる優しいサウンドです。ボヤけた音像で、トラックの細かな音まで聴き分けることは難しいです。

耳への刺激がないため、チルいトラックのヒップホップや、アンビエントなど輪郭が定まらないジャンルとの相性は良いですね。マラソンが終わった後に歩いてクールダウンするかのように、解像度の高いイヤホンでガンガン聴いた後に、疲れてきたらSabbat X12 Proに切り替えて耳を休めるような使い方もいいと思います。

身軽な装着感

身軽な装着感

なんと、AirPods(片側4g)を超えるイヤホン本体の軽さで、片側3g!実際に装着していても外音の聞き取りやすさも相まって、まるで装着していないかのような身軽さです。

インナーイヤー型ということもあり、耳の奥までイヤホンを挿入せず上にポンっと置くだけなので、圧迫感や閉鎖感がないのが最高。長時間装着していも、耳の痒さや痛みがでないです。

防水性が強くスポーツにもつかいやすい

防水性が強くスポーツにもつかいやすい

IPX5相当の防水性能があるため、イヤホン本体に水がかかったとしても壊れる心配がありません。雨の日やスポーツ・ジョギング時でも安心して使えます。

カナル型のイヤホンでジョギングをすると、自分自身の息の音が頭の中で響き、音楽以上にその音が気になってストレスを感じることがあります。インナーイヤー型ですと、その心配がないため快適に使えます。

軽い装着感や外音の聞こえやすさも含め、ズレ防止用の付属のスタビライザーをつかってスポーツ用に使うこともオススメです。

okcsc Sabbat X12 Pro イマイチな点

イマイチな点
  • 落下防止のスタビライザーを使うとケースに入らないあ
  • ボタンのクリック音がうるさい

スタビライザーをつけるとケースに入らない

スタビライザーをつけるとケースに入らない

軽い装着感で身軽に使えるSabbat X12 Proですが、耳のサイズやスポーツ中などは、イヤホンが落ちるかもという不安があります。

落下防止用として付属しているスタビライザーですが、イヤホンに装着するとケースに干渉し入らなくなってしまいます。せっかく付属品なのだから、スタビライザーをつけた状態でもケースに入るようにしてほしかったですね。

ボタンのクリック音が大きい

ボタンのクリック音が大きい

物理ボタンを採用しているため、本体操作の際にボタンをクリックして再生/停止などを行うのですが、押した時のカチっとした音がかなり大きくうるさく感じます。

操作自体はシビアではなく、わりとゆっくり3回クリックしても音量操作ができるのですが、その度に「カチカチカチ」と耳に響くので、わりとストレスがたまります。

okcsc Sabbat X12 Pro まとめ

総合評価

3.5/5

Sabbat X12 Pro

本体
  • BGMに最適
  • 身軽な装着感
  • 高い防水性能
  • スタビライザーがつかいにくい
  • ボタンのクリック音が大きい

2.5

高音

2.5

中音

3.0

低音

3.5

コスパ

4.0

装着感

3.5

利便性

こんな人におすすめ
  • 音楽をBGM感覚でいつも流していたい
  • カナル型のイヤホンが苦手
  • ジョギング用のイヤホンがほしい

音楽を本格的に聴きたい方におすすめできませんが、BGM感覚で聴きたい方や、カナル型(耳栓型)イヤホンの密閉感が苦手という方、ジョギング用に気軽に使いたいという方にオススメです。

AirPodsを購入するには高いという方は、こちらを検討してみてもいいと思います。再生時間も防水性能もSabbat X12 Proのほうが高く、価格もやすいため気軽に使えると思います。カラーバリエーションもかなり豊富です。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる