Anker Soundcore Life Note 3S レビュー|まさにAnker版AirPods!6,900円でなかなかいいぞ!

こんにちは、元イヤホン専門店スタッフのかじかじ (@kajet_jt)です。

大人気ガジェットメーカー「Anker(アンカー)」より、初のインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン「Soundcore Life Note 3S」が登場しました!

Soundcore Life Note 3S パッケージ

Soundcore Life Note 3Sの特徴はこちら!

Soundcore Life Note 3Sの特徴
  • Anker初のインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホン
  • 13mmドライバーを搭載した大迫力のサウンド
  • 最大再生時間は5時間、ケース込みで35時間
  • アプリ対応で自分好みにカスタマイズができる
  • ワイヤレス充電にも対応
Soundcore Life Note 3S 本体

インナーイヤー型とは、一昔前にiPhoneに付属でついてきた「EarPods」のように、耳穴をふさがずに上に乗せるようなイヤーチップのないイヤホンです。

完全ワイヤレスでインナーイヤー型はそこまで多くなく、定番と呼ばれるものAirPods以外はありませんでした。

唯一、1万円以下で推しているのはSOUNDPEATS Air3でしたが、AnkerということもありAir3以上の実力は期待できそうなところ。

果たしてどれほどの実力なのか? 今回はAnker様よりレビュー用に製品を提供いただいたので、実機を使ってレビューしていきます。

ぜひ最後までご覧ください。

総合評価

4.5/5

Soundcore Life Note 3S

Soundcore Life Note 3S スペック
  • 小音量でも豊かな低音を聴ける
  • 長時間装着していても疲れない
  • ワイヤレス充電に対応
  • ゲームモードで音の遅延が少ない
  • 保証が最大2年と長い
  • 装着センサーは非搭載
  • 複数タップの反応がイマイチ

3.8

高音

3.7

中音

3.9

低音

4.5

装着感

ノイズキャンセリング

外音取り込み

3.8

マイク性能

4.5

利便性

Bluetooth5.2最大再生時間
※ANC ON時
本体5時間/
ケース込み35時間
コーデックSBC,AAC充電時間約1.5時間
ドライバー13mm
ダイナミック型
充電端子Type C
専用アプリ防水IPX4
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
4.3g/59g
外音取り込みゲームモード
自動装着検出保証最大2年
マルチポイント公式サイトこちら

▼動画版はこちら▼

目次
かじかじ
元イヤホン専門店スタッフ
オーディオ販売歴9年。元々イヤホン専門店で店長やWEBマーケを担当してました。

2021年11月からYouTubeのレビューも始めました!

Soundcore Life Note 3S 外観・付属品

それではSoundcore Life Note 3Sの外観や付属品をチェックしていきましょう。

パッケージ

Soundcore Life Note 3Sのパッケージは、ティールブルー調で彩られたスマートなガジェット感のあるAnkerらしいデザイン。

Soundcore Life Note 3S パッケージ

開封してみると、袋に入ったマニュアルや保証書とビニールに包まれた本体が入っています。

Soundcore Life Note 3S 開封

いつものAnkerらしい小ぶりな印象ですね。

付属品|イヤホン本体、充電ケーブル、マニュアル

付属品一覧
Soundcore Life Note 3S   付属品
  1. 充電ケース
  2. USB Type C ケーブル
  3. クイックスタートガイド
  4. 安全マニュアル

充電用のケーブルはUSB Type Cが付属します。

Soundcore Life Note 3S 充電ケーブル

充電ケース・本体

Soundcore Life Note 3Sの充電ケースは本体はかなり小ぶりな感じで、胸ポケットにもすっぽりと収まりそうな印象ですね。

Soundcore Life Note 3S 充電ケース

横幅もそこまで厚みはないです。

Soundcore Life Note 3S 充電ケース側面

同社ノイズキャンセリングモデルのSoundcore Life P3と同じぐらいの大きさで、手に乗せてみるとこんな感じ。

Soundcore Life Note 3S 大きさ

AirPods Proと比較すると、横幅は大体同じぐらいです。

Soundcore Life Note 3S AirPodsと比較

厚みに関してはAirPodsのほうが薄くなってますね。

Soundcore Life Note 3S Air Podsと比較 側面

充電端子はUSB Type C に対応。

Soundcore Life Note 3S 充電端子

さらにワイヤレス充電にも対応しています。

Soundcore Life Note 3S ワイヤレス充電

ワイヤレス充電を一度使い出すと「充電しているつもりがないのに、いつも満充電になってる!」のような感覚で使えるので本当に便利ですよ。

ちなみに初心者の方にはAnkerのワイヤレス充電器がとりあえずおすすめです。安い割に品質も良く、問題なく充電ができますよ!

充電ケースを開けるとこんな感じです。

Soundcore Life Note 3S 外観

すごく落ち着いたデザインで、スタイリッシュでかっこいいんじゃないでしょうか!

取り出すときに、若干指の引っかかりが少なめかなという印象ですが、慣れたらつかみやすいですかね。

Soundcore Life Note 3S 取り出し

他のインナーイヤー型だとあまり見ないオリジナル感のあるデザインで、ボディのロゴがオシャレです。

Soundcore Life Note 3S イヤホン本体

ハウジングは小ぶりと思いきや内側にくびれがあり、そこにちょっと大型のインナーイヤーの部分がくっついているような感じですかね。

Soundcore Life Note 3S インナーイヤー部分

黒くて若干大きめのAir Podsといった感じがします。

Soundcore Life Note 3S 裏面

ノズルも同様で、先端だけ開いたようなデザインになっています。

Soundcore Life Note 3S ノズル

最後に重さですが、総重量は58.4g、本体片耳の重量は4.3gです。

Soundcore Life Note 3S 総重量
Soundcore Life Note 3S イヤホン片側重量

インナーイヤー型にしては総重量はやや重く、本体は4.3gと結構軽いですね。

Soundcore Life Note 3S レビュー

装着感|軽快でずっと着けていられる

Soundcore Life Note 3Sはインナーイヤー型を採用していることもあり、軽快かつ耳が痛くなりにくい装着感です。

装着感だけでいえば、ボクもカナル型よりインナーイヤー型の方が好きなんですよね〜。

SoundCoreブランドの「d」マークもおしゃれで、装着していてもスマートな印象を与えます。ただ、個人的には背面とステム部分の間に段差があるのが気になるかな。

Soundcore Life Note 3S 装着イメージ

前から見ても飛び出しが少なく、目立ちすぎません。

Soundcore Life Note 3S 飛び出し

個人的にはぴったりとフィットしており、屋内で使う分には耳から落ちる気がしないですね。ただ、屋外でジョギングやワークアウト用に使うと、振動で耳から落ちてしまうかもしれません。

5時間くらい連続で装着していましたが、耳穴がかゆくならず痛みも全然発生しませんでした。AIrPods 3のように圧迫感もそこまでないため、オフィスや自宅で長時間の作業にはかなり向いているように感じました。

装着感(4.5)

音質|小音量でも低音をしっかり体感できる

Soundcore Life Note 3Sは13mmの大口径ドライバーを搭載している影響か、低音の量感がかなり豊かです。

Soundcore Life Note 3S ドライバー

Soundcore Life Note 3Sの音の特長は次のとおりです。

音の特長

3.8

高音

3.7

中音

3.9

低音

音の傾向
狭い
広い
硬め
柔らかめ
分析的
余韻重視
繊細
迫力
楽器寄り
ボーカル寄り
低域寄り
高音寄り
  • 音質:低域がとにかく豊かで大迫力。低域の量感のわりに高域も意外とクリアで、ボーカルラインも埋もれすぎない印象。
  • 音場:インナーイヤー型を採用していることもあり、抜け感がよく、ダイナミックに広がっていくような鳴らし方。
  • 傾向低域寄りのドンシャリサウンド。いつものAnker製品とは異なり、高音が刺さらずスムースな鳴らし方。

得意なジャンル

  • ロック
  • ポップス
  • EDM
  • ヒップホップ

かなり低域寄りのサウンドですが、インナーイヤー型でここまでの低音を出せるのはすごいですね。人によっては多すぎると感じるかもしれません。

後述しますが、専用アプリのイコライザーで調整すれば低域をもう少しスッキリさせられます。ゴリゴリの低域が苦手な方でも、ある程度の音の調整が可能です。

SOUNDPEATS Air3と比べると?

個人的に推しのインナーイヤー型イヤホン「SOUNDPEATS Air3」と比較すると、音の緻密さや臨場感、高域の抜けの良さなど、全体的にSoundcore Life Note 3Sが上のように感じましたね。

1,000円ほど高いだけはあり、価格差に見合った実力は備えているようです。

AirPodsと比べると?

第2世代までのAirPodsと比べると、1万円以上価格差があるのにもかかわらず、音質は同程度の実力。

なんだったら、Soundcore Life Note 3Sのほうが臨場感があり、よりダイナミックなサウンドを楽しく体感できる印象でした。

AirPods 3と比べるとさすがに勝てず、音の細かな再現力や音場の広さ、ボーカルのクリアさなど、全体的にAirPods 3の方が一歩上手です。低音好きならSoundcore Life Note 3Sの方が良く聴こえるかもしれません。

どちらにしても1万円以下のインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホンとしては、とても実用的な音質を備えているのでは? と感じました。

こちらも参考にしてくださいね

操作性|複数タップの反応は悪め

Soundcore Life Note 3Sはタッチセンサー内蔵で、ハウジング(本体背面)をタップすることで操作を行います。

Soundcore Life Note 3S 背面タップ

操作方法一覧は次のとおりです。

項目操作方法(デフォルト)
再生/停止R側を2回タップ
曲送りL側を2回タップ
曲戻しアプリで設定可能
音量を上げるアプリで設定可能
音量を下げるアプリで設定可能
電話を受ける着信中にL or R側を2回タップ
着信拒否着信中にL or R側を長押し
通話終了通話中にL or R側を長押し
ゲームモード割り当て不可
音声アシスタントL or R側を長押し
ペアリングモードへの移行充電ケースのボタンを長押し

アプリを使えば、シングルタップの操作の割り振りができたり、操作項目のカスタマイズもできたりと、かなり自由度は高めです。

しかし、操作感はダブルタップ〜トリプルタップの感度がやや悪めのように感じました。よく使う項目に複数タップの項目を割り振ると、操作時にストレスが溜まる可能性があります。

総評して、操作性は良好なわけではないですが、操作項目の多さとカスタマイズ性の高さは評価できるポイントのように感じました。

アプリについて

Soundcore Life Note 3Sはアプリに対応しています。

Soundcore Life Note 3S アプリ

アプリでできることは次のとおりです。

アプリでできること
  • イコライザー設定
  • ゲームモードのON/OFF
  • 操作方法の変更
  • 睡眠モード
  • タッチ音のON/OFF
  • イヤホンを探す
  • ファームウェアアップデート
  • クイックスタートガイドの閲覧

アプリメニュー

Soundcore Life Note 3S ファームウェア

アプリのメニューから、タッチ音のオンオフ、イヤホンを探す機能、スタートガイドなどを確認できます。

イコライザー設定

イコライザー設定は自分好みのサウンドに調節ができる機能です。

Soundcore Life Note 3S イコライザ

イコライザー設定にはプリセットがあり、低域のブーストや、20種類近くの設定から選択可能です。

ボクはメニューの青いカスタムボタンから、帯域ごとに設定して使用しています。

操作方法の変更

メニューのコントロールから操作方法の変更が可能です。

Soundcore Life Note 3S 音量調節

シングルタップをオンにすることによって、ワンタップで操作が可能に。

音量アップや再生停止など、自分の使いたい機能を割り振れます。

二回タップの反応は少し悪いので、あまり使わない機能を割り当てておいたほうがいいかと思います。

睡眠モード

睡眠モードは自然の音をミックスして好みのヒーリングサウンドが設定可能。

Soundcore Life Note 3S カスタム

雨の音や風の音を自分でミックスして、お好みのヒーリングサウンドが作れます。インナーイヤー型とはいえ、横になったときに少し耳が痛い印象なのですが、

ほかのAnkerイヤホンと比べると、寝ホンとしては使いやすいかもしれません。寝る前や、ちょっと睡眠導入したいなっていう方はこれ使ってみてもいいんじゃないでしょうか。

アプリは以下のリンクからダウンロードできます。

Soundcore

Soundcore

posted withアプリーチ

通話品質|必要十分な実力

Soundcore Life Note 3Sのマイク性能ですが、それなりに品質が高いように感じました。

マイク音声も実際に録音してみました。以下の音声をよければチェックしてみてくださいね!

無音状態で聴いてみると、音声に少しガサつきはありますが、声は問題なく聞き取れるレベル。

雑音を流して録音をすると、周りのノイズは少し除去されるような印象です。ある程度騒がしい環境でも、ストレスのない通話ができそうですね。

マイク性能が非常に高いというわけでもないですが、十分実用的な性能は持っているように感じました。

通話品質(3.8)

こちらも参考にしてくださいね

音の遅延|

Soundcore Life Note 3Sの映像と音声のズレですが、かなり少なめですね。

動画を見てもズレがまったく気にならないため、YouTubeやNetFlixを見るときにも最適です。

さらにアプリから「ゲームモード」という設定ができます。

Soundcore Life Note 3S ゲームモード

こちらに設定すると、さらに遅延を少なくし、FPS時の足音や銃声を強調するような音に変化しますね。

音の迫力もすごいので、ダイナミックな音を体感しつつ、ゲームや映画鑑賞の用途にもぴったりですね!

遅延の少なさ(4.8)

Soundcore Life Note 3S まとめ

Soundcore Life Note 3Sをまとめると以下のとおりです。

総合評価

4.5/5

Soundcore Life Note 3S

Soundcore Life Note 3S スペック
  • 小音量でも豊かな低音を聴ける
  • 長時間装着していても疲れない
  • ワイヤレス充電に対応
  • ゲームモードで音の遅延が少ない
  • 保証が最大2年と長い
  • 装着センサーは非搭載
  • 複数タップの反応がイマイチ

3.8

高音

3.7

中音

3.9

低音

4.5

装着感

ノイズキャンセリング

外音取り込み

3.8

マイク性能

4.5

利便性

Bluetooth5.2最大再生時間
※ANC ON時
本体5時間/
ケース込み35時間
コーデックSBC,AAC充電時間約1.5時間
ドライバー13mm
ダイナミック型
充電端子Type C
専用アプリ防水IPX4
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
4.3g/59g
外音取り込みゲームモード
自動装着検出保証最大2年
マルチポイント公式サイトこちら

Soundcore Life Note 3Sはこんな人におすすめ

  • 予算6000円ほどで品質の高いイヤホンを探してる
  • カナル型のイヤホンが苦手
  • オフィスや自宅で、BGM感覚で音声を聴きたい方

※タブで切り替えができます

Soundcore Life Note 3Sは6,000円前後のインナーイヤー型完全ワイヤレスイヤホンとしては、コスパや性能に優れた製品のように感じました。

Soundcore Life Note 3S まとめ

豊かな低音と、高い装着感や利便性、ゲームや動画用途にもバッチリなど基礎能力はかなり高めです。

SOUNDPEATS Air3と比べると、筐体は少し大きめ。その分、音質や装着感もより高く、ワイヤレス充電にも対応しているなど価格差だけの実力はありますね。

低価格帯のインナーイヤー型の定番が少ない中、新たな定番としておすすめできそうです。

おすすめ記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる