XROUND FORGE NC レビュー|ノイキャン・マルチポイント・ゲーミングモードに対応のハイコスパTWS

こんにちは、元イヤホン専門店スタッフのかじかじ (@kajet_jt)です。

台湾の新鋭オーディオブランド『XROUND(エックスラウンド)』より、初のノイズキャンセリング対応の完全ワイヤレスイヤホン『FORGE NC』がMakuakeにてクラウドファンディングが開始しました。

前作の完全ワイヤレスイヤホン『VERSA』の音がめちゃめちゃ好きで「これにノイズキャンセリングと外音取り込みがついてくれたらなぁ〜」と思ってたら、まさに理想的な製品が開発されていました。

しかも、僕が一番好きな機能、2台のデバイスに同時に接続できる『マルチポイント』付き!

FORGE

それでいて、価格は約14,000円(Makuakeの応援ならもっと安い)とミドルクラスのため、これはコスパ最強なのでは?

ということでFORGE NCをメーカー様よりレビュー用に先行でご提供いただきましたので、実機を使ってレビューしていきます。

ぜひ最後までご覧くださいませ。

総合評価

4.5/5

FORGE NC

  • FORGE NC
  • 伸びやかで広大なサウンド
  • 落ちる気がしない装着感の良さ
  • 完全防水レベルの耐水性能
  • マルチポイント対応
  • ゲーミングモードで遅延も少ない
  • 外音取り込みの刺さりがキツイ(アプリで調整可)

4.4

高音

4.1

中音

4.0

低音

5.0

装着感

4.0

ノイズキャンセリング

3.8

外音取り込み

4.3

マイク性能

4.5

利便性

Bluetooth5.2最大再生時間
※ANC ON時
本体9時間/
ケース込み32時間
コーデックSBC、AAC、aptX、aptX Adaptive充電時間約1時間
ドライバー7mm
複合チタンコートドライバー
充電端子Type C
Qi
専用アプリ防水IPX67
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
5.44g/52.42g
外音取り込みゲームモード
自動装着検出保証1年
マルチポイント公式サイトこちら

\早割実施中!/

目次
かじかじ
元イヤホン専門店スタッフ
オーディオ販売歴9年。元々イヤホン専門店で店長やWEBマーケを担当してました。

2021年11月からYouTubeのレビューも始めました!

XROUND FORGE NC 概要

FORGE NCの特徴
  • ノイズキャンセリング・外音取り込みに対応
  • IP67の完全防滴・防塵設計
  • aptX Adaptiveに対応
  • 『TailorID』によって自分の耳に音を最適化
  • マルチポイントに対応

FORGE NCはXROUNDとしては初のノイズキャンセリングを搭載したイヤホンです

XROUNDの上質なサウンドクオリティと、高い装着感、そして完全防水レベルの設計によって、音質と利便性のバランスが備わったモデルです。

また、約14000円という価格で2台のデバイスに同時に接続ができるマルチポイントにも対応。タブレットやパソコンなど、スマホ以外にもマルチにデバイスを使う方はマジで便利すぎる機能ですよ!

また『TailorID』という個人の耳に対して音を最適にチューニングを行う機能も備わっています。

Ankerの『HearID』と良く似た機能ですね。HearIDでも音質が良くなったので、XROUND版も期待したいところです。

カラーバリエーションはブラックゴールドとホワイトゴールドの2色です。

FORGE
右端のFORGEはNC無しモデル

今回はブラックゴールドを提供いただきました。

FORGE NCとFORGEの違い

FORGE
製品名FORGE NCFORGE
Bluetooth5.25.2
ドライバー7mm複合チタンコートドライバー7mm複合チタンコートドライバー
コーデックSBC、AAC、aptX™、aptX™ AdaptiveSBC、AAC、aptX™
再生時間
※ANC ON時
本体:9時間
ケース込:32時間
本体:10時間
ケース込:35時間
充電端子Type C
ワイヤレス充電
Type C
防水IPX4IPX4
自動装着検出
マルチポイント
ノイズキャンセリング
外音取り込み
(調整可能)
アプリXROUND MyTune
無段階外音調節対応、EQ調整、操作変更、TailorID、トレーニングタイマー設定 など
XROUND MyTune
EQ調整、操作変更、TailorID、トレーニングタイマー設定 など
価格14,000円9,980円

大きな違いとしては以下の3つです。

  • ノイズキャンセリングの有無
  • aptX™ Adaptiveの有無
  • ワイヤレス充電の有無

こう見てみると、ノイズキャンセリングが必要がなければノーマル版の『FROGE』も意外とアリなのかな?とも思ってきますね。

ドライバーも同じなので音質も同じはずですしね。

なにより1万円以下でマルチポイント対応はアツい。

\早割実施中!/

XROUND FORGE NC 外観・付属品

概要はここまでにして、FORGE NCの外観や付属品をチェックしていきましょう。

パッケージ

FORGE NCのパッケージは斜線上にスキマが空いていて、横にスライドするとパラパラ漫画のように絵柄が動いているように見えるユニークなデザイン(テキストだけで伝えるの難しい…….)

開封してみると本体がお目見え。右隣にはアプリ用のQRコードも掲載している親切設計です。

付属品|2種類のイヤーピース、イヤーフック、USB-Cケーブル

付属品一覧
  1. コンフォートイヤーピース4ペア
  2. 低音強化イヤーピース3ペア
  3. イヤーフック4ペア
  4. USB Type Cケーブル

イヤーピースとイヤーフックが豊富に付属しており、個人の耳に合わせてサイズ感を調整することができますね。

イヤーピースは軽快な装着感の『コンフォートイヤーピース』と、高い密閉感を提供する『低音強化イヤーピース』の2種類が付属しています。

左:コンフォートイヤーピース、右:低音強化イヤーピース
左:コンフォートイヤーピース、右:低音強化イヤーピース

個人的には遮音性と低音の量感を優先したいので『低音強化イヤーピース』を使っています

充電ケース・本体

FORGE NCの充電ケースは樹脂製で、『XR』のロゴがキラリと輝くデザイン。

皮脂や汚れが若干目立ちやすい素材感で、間違って家の鍵と一緒にポケットに入れてしまうとズタボロになりそうです。

厚みは少しあるようには感じますが、ズボンのポケットであればすっぽりと収まってくれます。

充電端子はUSB Type Cに対応。

さらにワイヤレス充電にも対応しています。

ワイヤレス充電を一度使い出すと「充電しているつもりがないのに、いつも満充電になってる!」のような感覚で使えるので本当に便利ですよ。

とりあえずワイヤレス充電デビューしたい方は安心と信頼のAnkerがおすすめです。

再生時間はノイズキャンセリングONで本体のみ9時間、ケース込みで32時間とかなりのロングバッテリー。

9時間持てば仕事中にずっとイヤホンをつけていても急にバッテリー切れが起こる心配も少なそうです。

イヤホン本体はイヤーフックとロゴが際立つデザインで、高級感とスポーティ感が合わさったかのようなデザイン。

こちらもXRのロゴがキラリと光ります。ちょっと目立ちすぎ?

奥行きも薄く、耳への収まりもかなり良さそうですね。

イヤーフックもついているので、耳から本体が落ちる心配も少なく、装着感はかなり良さそうです

ハデな表面とは裏腹に、内側はとてもシンプルで『L』『R』の表記のみ薄く印字されています。

防水性能はIP67と完全防水レベルで、お風呂で使っても大丈夫なレベル(自己責任)。

汗にも強いのでワークアウトやジョギング用途にもおすすめですね。

ノズル径は短く、くびれも細め。付属のイヤーピースは豊富なので、サードパーティー製のイヤーピースを使う必要はないかなといったところ。

最後に重さですが、総重量は54.2g、本体片耳で5.8g。重さ的には平均的な数値になりますね。

外観、付属品のチェックはこんなところにして、実際にFORGE NCを使って行ってみましょう。

XROUND FORGE NC レビュー

装着感|完璧に近いなにか

FORGE NCの装着感は本体の小ささと圧迫感の少なさ、そしてイヤーフックによるホールド力も相まって、ほぼ完璧とも言える装着感の良さです。

前から見ても耳からの飛び出しは少なく、野暮ったさもありません。

圧迫感も少ないので、耳が小さな方でもフィットしやすそうですね。

防水・防塵性能もIP67と完全防水レベルで高いので、スポーツ・ワークアウト・ジョギング用途にも超おすすめです。

装着感(5.0)

音質|伸びやかで広大なサウンド

FORGE NCの音質は価格に対してクオリティはかなり高いように感じました。

各帯域の音の特徴はこんな感じです。

音の特長
  • 高音:スッキリとした伸びやかな音で、刺さりがなく非常にスムースな印象。同価格帯の中のTWSの中では高域の伸びの良さはかなりのもの
  • 中音:クリアでサラッとした感じの音。ボーカルラインもこもり感がなく明瞭ですが、艶感・ハリ感はやや控えめな印象です。
  • 低音:スカスカにならない程度に豊かに鳴らすような控えめな低音。EDMやロックをゴリゴリに聴きたい方には少し物足りないかも。
  • 音場:非常に伸びやかで広がりのあるサウンド。同価格帯最強クラス。
  • 傾向:フラットに近いやや中高域寄りのサウンド。余韻は少なめ。
  • 解像度:価格を考えればやや高めの解像度。

得意なジャンル

  • ギターロック
  • ポップス
  • エレクトロニカ

スッキリ系のサウンドで、音場が広大に広がっていくような印象です。

『ストレイテナー』や『the band apart』のようなチャキっとした感じのギターロックや、『TK from 凛として時雨』のようなストリングスを多用した音数の多いアーティストとの相性がめちゃめちゃ良いですね。

逆に余韻が少なくボーカルに艶感が乗りにくいので、バラード系との相性はイマイチ。低音も迫力がそこまで乗らないので『ONE OK ROCK』のようなラウド系サウンドもイマイチな印象です。

フラットでありつつもジャンルを選ぶ音作りではありますが、価格を考えればサウンドクオリティは高いように感じました。

高音(4.4)
中音(4.1)
低音(4.0)

マルチポイント対応

これが非常にうれしい機能ですが、FORGE NCはマルチポイントに対応しています。

マルチポイントとは、『スマートフォンとタブレット』、『スマートフォンとパソコン』など、2台のデバイスに同時に接続できる機能のこと。

あらかじめ2台ともFORGE NCに接続しておけば、わざわざペアリング設定を行うことなく鳴らしたい側のデバイスから音声を流すことで』自動的に接続先が切り替えることができます。

マルチポイントがあればこんなことができます。

  1. スマートフォンでふつうに音楽を聴く
  2. タブレットで動画を見たくなったので、YouTubeで動画を流すと、タブレット側の音声がイヤホンから流れてくる
  3. またスマートフォンで音楽を聴きたくなったので、Apple Musicなどで音楽を流すとその音声がイヤホンから流れてくる

本来だったらタブレット側にイヤホンを切り替える際にペアリング設定が必要になるのですが、マルチポイントがあればその切り替えの必要なし!

マルチポイントがないと生きていけないくらい便利な機能なので、その機能がFORGE NCに搭載しているのは、かなりの強みのように感じましたね。

マルチポイントが好きすぎて熱く語っている記事もありますので、こちらも参考にしてみてくださいね。

アプリ|かなり豊富な機能性

FORGE NCはアプリにも対応しており、操作や音質のカスタマイズ、そしてカウントダウンタイマーや専用のエージング機能まで備わっています。

アプリはこちらからダウンロードできます。

XROUND MyTune

XROUND MyTune

無料posted withアプリーチ

アプリでできること
  • イコライザー調整
  • TailorIDの設定
  • 外音取り込み、ノイズキャンセリングのレベル調整
  • カウントダウンタイマー
  • エージング機能
  • 装着検知機能のON/OFF
  • マルチポイントのON/OFF

イコライザーと操作、TailorID、外音モードについては後半のトピックで詳しく解説します。

カウントダウンタイマーも秒数もアプリで変更できるので、仕事に集中したい方は「25分」に設定してポモロードタイマーのように使ったり、ワークアウトだと1分にしたり、好みの設定にできます。

ユニークだと思った機能は『エージング機能』。

非常に珍しいエージング機能

イヤホンは慣らし運転(エージング)をすることによって、高域の刺さりがなくなったり低域の深みが出たり、音の印象が変わることがあります。

FORGE NCはアプリ内で専用のエージング音源(サーというノイズなど)が用意されており、これを1時間行うことによってエージングが完了します。

けっこう音には敏感な方ですが、1時間のエージングでは正直違いは感じませんでした……。有線イヤホンで50時間くらいエージングしたら結構わかりやすかったりするんですけどねぇ。

TailorIDについて

イコライザー設定は『手動設定』と、『TailorID』という個人の耳に合わせて自動で音を調整する2種類のイコライザー機能を備えています。

手動設定
TailorID

TailorIDでは帯域別に「ピー」というビープ音を流し、聴力検査のように聞こえたかどうかを「Yes」「No」で答えていきます。

TailorIDのテスト画面

これを左右の耳ともに行います。大体3分ほどかかりますが、意外と長い……。

完成したチューニングがこちらで中高域帯が盛り上がったようなイコライジングになりました。

TailorIDの設定後がこちら。

実際に聴いてみるとボーカル帯域が際立つようなチューニングに変化しました。音質についてはTailorIDを設定後の方が良いというわけではなく、好み次第という感じですね。

僕はなんだかんだで初期のフラット状態に戻しました。

操作|若干クセあり

FORGE NCの操作はタッチパネルで行います。

操作方法は以下をご覧ください。

L(左耳)R(右耳)
トレーニングタイマー2秒間長押し
ノイズキャンセリング
外音取り込みの切り替え
2秒間長押し
音楽の再生/停止2回タップ
前の曲-(デフォルトでは未設定)-(デフォルトでは未設定)
次の曲-(デフォルトでは未設定)-(デフォルトでは未設定)
音量を上げる2回タップ
音量を下げる3回タップ
電話に出る着信時に2回タップ着信時に2回タップ
着信拒否着信時に3回タップ着信時に3回タップ
電話を切る通話時に2回タップ通話時に2回タップ
マイクのミュート-(デフォルトでは未設定)-(デフォルトでは未設定)
音声アシスタント3回タップ

操作性は少しシビアで、思い通りには操作をしにくいように感じました。

ノイズキャンセリング(外音取り込み)をONにする際、長押しし続けるのではなく

「ピンっ」と音が鳴ってからタッチパネルを離すととONになる

という、微妙に直感的にONにしにくいような操作方法なので、ここがクセがあるように感じましたね。

あと、特徴的な機能が『トレーニングタイマー』

FORGE

デフォルトでは左耳を2秒間タップするだけでトレーニングタイマーをONにすることができます。

この機能があれば、トレーニング中に「この1分が終わったら休憩!」「この1分は頑張ろう!」といった目先の目標設定をスマートウォッチを使わずイヤホン単体で設定できますね。

カウントダウンタイマーから設定可能
1秒単位で最大60分まで設定可能

これはスポーツ用イヤホンとしては非常に嬉しい機能ですね!

自分を追い込んでいきたい方、筋肉と向き合いたい方に、ぜひ使うことをおすすめしたい機能です。

操作方法についてはアプリでも自由にカスタマイズできます。

アプリで操作のカスタマイズも可能
ボタンの割り振りも自由!

ノイズキャンセリング|風切り音が少し気になる

FORGE NCのノイズキャンセリング性能は、『価格を考えればそれなり』な感じの遮音性の高さで、電車の中でも音楽さえ聴いていれば周りの音は気にならない印象ではありました。

いま打っているこの文章も、音楽を聴いていればキーボードのタイピング音がほとんど聞こえません。

ただ、風の強い日やジョギング中に使うと「ブオオッ」という風切り音がけっこう目立つような印象。

通勤中にビルの隙間から吹いてくる強い風によって、聴いている音楽以上に風切り音がうるさく感じることがあります。

また、「サー」というホワイトノイズも少し目立ちますね。

風さえなければ遮音性は高いので、電車の中やワークアウト用途であれば周りの音をキチンとシャットアウトして音楽に没頭することができますね。

アプリで風切り音防止モードを備えている

アプリ内でノイズキャンセリングレベルを調整できるのですが、遮音レベルMAXの『20』にするのではなく、1つ前の『19』にすることによって、『風切り音防止モード』に移行します。

『20』でノイズキャンセリングモード
『19』で風切り音防止モード

この状態で使うと少し遮音性は弱くなりますが、風切り音を大幅に軽減できるように感じました。

屋外では、できるだけ風切り音防止モードで使うことをおすすめします。

ノイズキャンセリング(4.0)

こちらも参考にしてくださいね

外音取り込み|音の刺さりが気になる

FORGE NCは外音取り込み機能も備わっていますが、こちらは個人的にイマイチなように感じました。

集音性能は高いので周りの音は聞こえやすく、イヤホンを装着した状態でも会話ができるくらいに音を拾ってくれます。

しかし、集音した音の刺さりが結構ひどいので、水を流したりレジ袋をクシャッとすると、耳をつんざくような不快な音に感じます。

また、右耳側から「チリチリ」としたノイズのようなものが常時聞こえる状態になるため、これもまた不快に感じますね。

アプリの設定である程度は調整できる

外音取り込みレベルをアプリで「1〜20(19〜20はノイズキャンセリングモード)」の間で調整することができ、これを最大の「0」にするのではなく、「10〜15」と控えめな設定にしておくと刺さり感がだいぶマシになります。

「0」だと刺さりやノイズもあるしうるさいし、そもそも警告も表示される
「15」くらいが個人的にちょうど良い

どのイヤホンでも外音取り込みレベルは基本MAXで使ってましたが、FORGE NCに限っては耳の刺さりが不快に感じないレベルで調整した方が良さそうです。

外音モードも「バランス」「トーク」「トレーニング」の3種類ありますが

バランス
トーク(おすすめ)
トレーニング

「トーク」が普段聞いている外音取り込みの自然さに近いように感じました。

外音取り込み(3.8)

こちらも参考にしてくださいね

通話品質|ノイズ対策がしっかりできている

FORGE NCの通話品質ですが、声が聞き取りやすく通話用途でも十分に使える性能を備えているように感じました。

音声も録音してみましたので、一度視聴してみてくださいね。

ノイズに対しても強く、バックでカフェの音を流した状態でも雑音が相手に伝わりにくい印象でした。

マルチポイントも備えているため、パソコンや会社用のスマートフォンとの切り替えもしやすく、通話用のイヤホンとしてはかなり優秀なように感じましたね。

通話品質(4.3)

こちらも参考にしてくださいね

音の遅延|ゲーミングモードで遅延なし

FORGE NCの映像と音声のズレですが、ノーマルモードiPhone XRで検証したところ少し遅延が気になるように感じました。

YouTubeでレビュー動画を見ると口元と音声が少しズレており、違和感を感じます。

これはXiaomi Redmi Note 9sで『aptx Adaptive』で視聴しても同様の遅延が見られましたね。

ただ、公式ページでは紹介がなかったので気づかなかったのですが、操作のカスタマイズに『ゲーミングモード』という遅延を少なくするモードが隠されていました。

ゲーミングモードをどこかのボタンに割り当ててONにすることによって、FPSをしても違和感がないくらい遅延が少なくなりましたね。

ノーマルモードで遅延が気になるようであれば、ゲーミングモードをどこかに割り当てておいた方が良いです。

遅延の少なさ
ノーマル時(3.5)
ゲーミングモード(4.8)

FORGE NC まとめ

FORGE NCをまとめると以下のとおりです。

総合評価

4.5/5

FORGE NC

  • FORGE NC
  • 伸びやかで広大なサウンド
  • 落ちる気がしない装着感の良さ
  • 完全防水レベルの耐水性能
  • マルチポイント対応
  • ゲーミングモードで遅延も少ない
  • 外音取り込みの刺さりがキツイ(アプリで調整可)

4.4

高音

4.1

中音

4.0

低音

5.0

装着感

4.0

ノイズキャンセリング

3.8

外音取り込み

4.3

マイク性能

4.5

利便性

Bluetooth5.2最大再生時間
※ANC ON時
本体9時間/
ケース込み32時間
コーデックSBC、AAC、aptX、aptX Adaptive充電時間約1時間
ドライバー7mm
複合チタンコートドライバー
充電端子Type C
Qi
専用アプリ防水IPX67
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
5.44g/52.42g
外音取り込みゲームモード
自動装着検出保証1年
マルチポイント公式サイトこちら

こんな人におすすめ

  • フラットでスッキリとした音が好き
  • ワークアウト、ジョギング用のイヤホンを探している
  • スマホ・タブレットやパソコンなどマルチに使うことが多い
  • スマホゲームをすることが多い

※タブで切り替えができます

FORGE NCは15000円以下でありつつも、音質も良くマルチポイントやゲーミングモードも備えており、あらゆるシチュエーションで使いやすいイヤホンのように感じました。

ノイズキャンセリングや通話性能もなかなかに高く、外音取り込みが少し刺さり気味という以外は隙のないイヤホンに感じました。

現在Makuakeにてクラウドファンディングを実施しているので、お安く手に入れたい方はお早めに!

\早割実施中!/

以上!FORGE NCのレビューをお送りしました。

おすすめ記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる