radius HP-T200BT レビュー|超コンパクトなノイズキャンセリングイヤホン【PR】

ポータブルオーディオ専門ブログを運営していますカジェット (@kajet_jt)です。

日本のオーディオサプライメーカー『radius(ラディウス)』より、業界最小・最軽量クラスのノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホン『HP-T200BT』をご紹介します。

見てくださいこの小ささ!手の中にスッポリと収まりますね!ノイズキャンセリング搭載機としては本当に最小クラスかもっ。

手のひらサイズ!
手の中にスッポリ収まる!

ズボンや胸ポケットに入れていても、持っていることさえ忘れてしまいそうなほどの軽量設計です。

イヤホン本体もモチロン小さく、耳の小さな方でもスッポリと収まりますね。

耳が小さい人でもぴったりフィット!

もちろん小さいだけでなく、音質やノイズキャンセリングなど性能面もなかなかに優秀!

今回はこちらのHP-T200BTの良さや気になる点を存分に伝えていきたいと思いますので、ぜひ最後までご覧ください。

こちらの記事はradius様に製品をご提供をいただき、プロモーションとして記事を制作しています。

目次

radius HP-T200BT 概要

HP-T200BTの特徴
  • ノイズキャンセリング対応!最小・最軽量クラスの完全ワイヤレスイヤホン
  • 周りの音を取り込める『アンビエントサウンドモード』を搭載
  • 最小クラスの筐体に最大限の高音質
  • 最大30時間駆動のロングバッテリー
  • IPX5相当の防水性能

特徴をざっくり伝えると「めっちゃ小さくて軽いけど、高音質だしノイキャンや外音取り込みもついてるでー!」って感じの完全ワイヤレスイヤホンですね!

スペックはこちら

Bluetooth5.1
最大再生時間
※ノイキャンON
本体7時間/
ケース込21時間
コーデックSBC,AAC充電時間本体約2時間/ケース約2時間
ドライバー6mm
ダイナミック型
充電端子Type C
専用アプリ×防水IPX5
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
4.2g/36.2g
外音取り込み保証1年
自動装着検出×公式サイトこちら
付属品一覧はこちら
  1. イヤーピース(シリコン製)3ペア
  2. USB Type Cケーブル
  3. マニュアル

イヤーピースは小さな充電ケースに干渉しないようかなり薄型で、傘部も浅めに設計されています。

充電用のケーブルはUSB-Cを採用しています。

カラーバリエーションは『ブラック』『カッパー』『ゴールド』の3色。ラグジュアリー感のあるデザインで、アクセサリー感覚でも身につけられそうです。

radius HP-T200BT レビュー

概要を紹介したところで、それでは本体をチェックしていきましょう。

充電ケース・本体|とにかく小さくて軽い

HP-T200BTの充電ケースは丸みを帯びたデザイン。

一見厚みがあるようにも見えますが、そもそも本体がコンパクトすぎるだけで、奥行きもかなり薄いですね。

手のひらに乗せるとこんな感じで、グーにすれば手の中にすっぽりと収まってしまいます。

充電ケースが特に小さいAirPods Proと比べても一回り小さく、同価格帯のノイズキャンセリング搭載イヤホンと比べてもこの通り。

左上からHP-T200BT、AirPods Pro、Soundcore Life P3、HUAWEI FreeBuds 4i
左からHP-T200BT、AirPods Pro、Soundcore Life P3、HUAWEI FreeBuds 4i

胸ポケットに入れても厚みや重みを感じにくく、他のイヤホンと比べても携帯性はトップクラスに良いですね。

充電端子はUSB Type Cに対応しているので、他のガジェットやスマートフォンと同じ充電ケーブルを流用できます。

再生時間は本体のみで10時間、ケース込みで30時間。ノイズキャンセリングをONにしていても本体7時間、ケース込みで21時間となかなかのタフネスバッテリー。

本体で7時間持てば、仕事中や休日の外出先でずっとBGM感覚で聴いていても、バッテリーが切れる心配が少ないですね。

イヤホン本体も充電ケース同様、非常にコンパクト。

耳の形状に沿ったデザインで、耳の中にすっぽりと収まります。

また、HP-T200BTはIPX5相当の防水に対応していますので、雨天時やスポーツ時に汗まみれになっても壊れる心配が少ないです。

ただ、後述しますが、風切り音が結構うるさく感じるため、ジョギング時はノイズキャンセリング機能をOFFにすることをおすすめします。

ノズル径は短く浅めの設計。

充電ケースの収納部もかなり浅めに作られているため、他社製のイヤーピースを使う場合は軸がかなり短めの製品を使う必要があるのでご注意ください。

最後にHP-T200BTの重さですが、総重量は36.2g、本体片耳で4.2g、ケースのみは27.8gです

AirPods Proでも50gほどなのに対して、 HP-T200BTは約36g!

ポケットに入れていても、軽すぎて逆に入れていたことを忘れてしまうくらい存在感がなくなるほどの軽さです。

胸ポケットに入れて持ち運んだり、容量が少ないバッグに入れる時にも使えますね。

装着感|耳の小さな人でもスッポリ

HP-T200BTはイヤホン本体が非常に小型ということもあり、筐体全体が耳の中にスッポリと収まります

耳の小さい妻に着けてもらってもぴったり
耳からも全然飛び出さないので寝転がって使うのにも最適

「いろんな完全ワイヤレスイヤホンを試してもどれもフィットしなかった」

そんな方はHP-T200BTを使えばぴったりフィットする可能性が高いですよ。

音質|ポップスに馴染みやすい

HP-T200BTの音質は高域の刺さりが少なく、中低域寄りの豊かな音作りで、洋楽・邦楽問わずポップスに馴染みやすい印象を受けました。

各帯域ごとの音の特徴は以下の通りです。

音の特長
  • 高音:刺激が少なくサラッとした質感。聴きなじみの良い音作りですね。
  • 中音:主旋律を際立たせつつ、ボーカルだけが目立ちすぎない印象。男性ボーカルの低くて響くような声の方が相性が良く感じましたね。
  • 低音:中低域寄りに広がりを見せつつ、ベースラインは一音一音が聴き取りやすい印象。
  • 音場:標準レベル。
  • 傾向:やや中低域寄りの刺激の少ないサウンド。
  • 解像度:価格相応レベルだが、低域の解像度は高め。

得意なジャンル

  • ポップス
  • ヒップホップ
  • ソウル
  • ディスコ/ファンク

長時間聴いていても耳が疲れにくく、聴きなじみの良いチューニングのように感じましたね。

低音の解像度が特に高く、埋もれがちなベースラインも一音一音が手にとるようにわかります。

ポップスだけではなくヒップホップやディスコ、ファンクなど、ブラックミュージックを基調としたジャンルとの相性もなかなか良いですね。

操作性|ノイズキャンセリングモードに移行しにくい

HP-T200BTの操作はタッチパネルで行います。

操作方法一覧

▽音楽再生

  • 再生/停止 → L or R側を1回タップ
  • 曲送り → R側を2回タップ
  • 曲戻し → L側を2回タップ
  • 音量を上げる → R側を長押し
  • 音量を下げる → L側を長押し

▽通話

  • 電話を受ける → L or R側を1回タップ
  • 着信拒否 → L or R側を2回タップ
  • 通話終了 → L or R側を1回タップ

▽その他

  • ノイズキャンセリング/外音取り込み → L側を3回タップ
  • 音声アシスタント → R側を3回タップ

再生から選曲、音量調整までイヤホンに必要なあらゆる操作を可能としています。

ノイズキャンセリングや外音取り込みに切り替えるときはL側を3回タップしないといけませんが、この3回タップの判定がやや厳しく、モードの切り替えを行いにくい印象を受けました。

電源を落とすたびにノイズキャンセリングモードが毎回OFFになってしまうのも個人的には欠点かな?とは感じました。

ノイズキャンセリング|響くような低音を軽減する

HP-T200BTのノイズキャンセリング性能は、電車の走行音など低いところから響くような音は軽減してくれるように感じました。

電車の音で検証

何もかもを遮音するような強烈なノイズキャンセリングというほどでもありませんが、音楽を流してしまえば気にならない程度に遮音してくれますね。

風切り音がやや目立つので、風が強い日に使う際はOFFにした方が良いかもしれません。

こちらも参考にしてね!

外音取り込み|声が聞き取りやすい

HP-T200BTはイヤホンを装着していても周りの音を聞き取ることができる『外音取り込み性能』も備わっています。

「マイクで拾った音をそのまま耳に伝える」ような機械音のような不自然さはありますが、声の帯域だけとても聞き取りやすく、コンビニでもスムーズにお会計ができますね。

こちらも風切り音が目立つので、ジョギング時や風の強い日に屋外で外音取り込み機能をONにすることはおすすめしません。

こちらも参考にしてね!

マイク性能|ノイズが入りにくい

HP-T200BTのマイク性能は、音声はそこまでクリアというわけではありませんが、周りのノイズは取り入れにくい印象を受けました。

マイク音声も録音してみましたので、よければチェックしてみてください。

生活音を相手側に伝えにくいので、テレワーク用途でも十分に使えそうですね。

こちらも参考にしてね!

音の遅延|少なめ

HP-T200BTで動画を見た時の音声と映像のズレですが、ほんの少し遅延があるくらいで違和感なく見ることができます。

画像はイメージ

FPSや音ゲーをプレイするのは流石に厳しいですが、YouTubeやAmazonプライムビデオを見るくらいであれば十分な遅延の少なさです。

こちらも参考にしてね!

radius HP-T200BT まとめ

  • ノイズキャンセリング搭載の完全ワイヤレスイヤホンを探している
  • 耳が小さくてもぴったりフィットするイヤホンを探している
  • 刺さりの少ない柔らかい音が好み

※タブで切り替えができます

HP-T200BTは最小・最軽量クラスの筐体でありつつも、ノイズキャンセリングや外音取り込みなど豊富に機能が備わるイヤホンです。

ズボンや胸ポケット・小さなバッグに入れて気軽にイヤホンを持ち運びたい方や、耳が小さくてフィットするイヤホンがないという方におすすめですね。

カジェット

ノイキャン搭載でここまで小さいのはすごいね!

以上!HP-T200BTのレビューをお送りしました。

他にもこんな記事があるよ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる