【cheero gem(CHE-631)レビュー】3000円以下で新定番となる完全ワイヤレスイヤホン

安くて良いワイヤレスイヤホンが欲しいんだけど、なにかない?

カジェット

3000円以下でおすすめがありますよ〜!

ポータブルオーディオ専門ブログを運営していますカジェット (@kajet_jt)です。

左右をつなぐケーブルのないイヤホンで『完全ワイヤレスイヤホン』ですが、街中でも着けている人がめちゃ多くなってきましたね。

「完全ワイヤレスイヤホンを使ってみたい!」

そう考えている人も多いのではないでしょうか?

ただ、完全ワイヤレスイヤホンってどれだけ安くても5000円ほどするため、ちょっと高め。

3000円くらいだと怪しい中国メーカーの製品や性能が低いもの、そしてブツブツと音途切れするものが多いんですよね。

そこでおすすめのイヤホンが今回紹介する『cheero gem』!

レビュー用にメーカーから提供頂いたのですがこれコスパまじで高いですよ!

なんとこちらの製品は2980円という価格でありつつ、音途切れがほぼなくスペックも5000円級の実力

100製品以上のワイヤレスイヤホンをレビューしてきた筆者から見ても、価格のわりに音質・装着感・デザイン性もよく弱点のないイヤホンと感じるほど。

Cheero(チーロ)はモバイルバッテリーで有名な日本のメーカーで、品質も安心できます。

『よつばと』キャラクター『ダンボー』とのコラボがかわいいとSNSで話題になるこも多いメーカーですね。

今回はこちらのcheero gemを実機を使ってレビューしていきます。ぜひ最後までご覧ください。

説明

総合評価

4.9/5

cheero gem

  • 3000円以下で十分すぎる音質とスペック
  • USB Type Cに対応
  • 音途切れもなく安定した接続性
  • おしゃれなデザイン
  • 装着感がめちゃめちゃ良い
  • マイク性能が悪い

2.9

高音

3.1

中音

3.3

低音

5.0

コスパ

4.8

装着感

4.5

利便性

Bluetooth5.1最大再生時間本体5時間/
ケース込み20時間
コーデックSBC, AAC充電時間約2時間
ドライバーダイナミック型充電端子Type C
専用アプリ防水
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
3.8g/48g
外音取り込みゲームモード
自動装着検出保証1年
マルチポイント公式サイトこちら
目次

cheero gem 概要

cheero gemの特徴はこちら。

cheero gemの特徴
  • 税込2980円で買える完全ワイヤレスイヤホン
  • Bluetooth5.1搭載
  • アルミ仕上げのおしゃれな充電ケース
  • 充電端子『USB Type C』に対応
  • 超軽量&コンパクトデザイン
  • 最大5時間/ケース込みで20時間連続再生可能

3000円以下で『Bluetooth5.1』『USB Type C』『本体5時間/ケース込み20時間再生』に対応はけっこう凄いんですよね。

この価格帯だと『Bluetooth5.0』『microB(一世代前の規格)』『本体3時間/ケース込み12時間再生』くらいが平均なので、市場価格に対してスペックはかなり高め

カラーバリエーションはダークグレー、ピンク、シルバーの3色です。

今回はシルバーを選びました。

cheero gem レビュー

それではcheero gemの実機をチェックしていきましょう。

パッケージ・付属品

cheero gemの外箱は女性の装着画像をアイキャッチにしたデザイン。Loftや東急ハンズに並んでそうなパッケージですね。

開封するとプラスチックで簡易包装された本体と付属品がお目見え。

付属品一覧はこちら。

付属品一覧
  1. イヤーピース(シリコン製)3ペア
  2. USB Type Cケーブル
  3. マニュアル

イヤーピースはシリコン製で、本体装着済みのものを含めS,M,Lの3ペア付属。傘が浅めで薄い素材ですが、もう少し肉厚な素材のほうが装着感が良さそう。

充電用のUSB Type Cケーブルも付属。コンセントで充電するACアダプターは付属していないので、自宅にあるものか100均などで買っておきましょう。

充電ケース・本体

cheero gemの充電ケースは表面がアルミで加工されたアクセサリーケースのようなおしゃれなデザイン。価格以上に高級感を感じさせてくれます

手の中にすっぽり収まりそうなほどコンパクト。バッグに入れても全然かさばりませんね。

充電ケースの寸法は60.6×34.8×29.8(mm)

縦横サイズは洗濯バサミと同じくらいでかなりコンパクトです。

充電端子はUSB Type Cに対応。3000円以下だと一世代前のmicroBであることが多いのに、最新のType Cに対応しているのは凄いですね。

最近のスマートフォンやノートパソコンの充電もUSB Type Cで統一されていることが多く、ひとつのケーブルでいろんなデバイスを充電できるので便利ですよ。

再生時間は本体のみで5時間、ケース込みで20時間。3000円以下だと3時間前後しか再生できない製品が多い中、5時間はかなり長めです。

勉強中や仕事中で長時間イヤホンをつける場面があってもバッテリー切れが起こる心配が少ないので、再生時間は長いにこしたことはないですよ!

充電ケースを開けると、内側は樹脂素材。表面はアルミ素材で高級感がありましたが、内側は価格なりの少しチープな印象を受けますね。

イヤホンを取り出すと全面のLEDインジゲーターが点灯し、バッテリー残量を目視できます。

イヤホン本体は表面がアルミ加工が施された超軽量設計。gemの名のごとく宝石のように彩られ、まるでアクセサリーのようなデザインに仕上げています。

イヤホン本体はアルミ加工ではなく、樹脂のような素材。近くで見るとチープさはありますが、その分軽量設計になっています。

内側にL(左)/R(右)の表記があり、どちらの耳につければいいかわかりやすくなっています。

cheero gemの重さですが、実測値で総重量は55.0g、本体片耳で3.7g、ケースのみは47.8g。

本体重量は他の完全ワイヤレスイヤホンだと5.0gほどが多いのですが、3.7gはかなり軽いですね。

耳に装着しても軽快にフィットしてくれそうです。

ここまでまとめると、デザインはおしゃれで軽量。そして3000円という価格にしては再生時間が長く、価格以上の品質を持ち合わせているように感じました。

スマートフォンとの接続方法(ペアリング)

スマートフォンと接続する際のペアリング方法はこちら

STEP
充電ケースから本体を取り出す
STEP
「設定」→「Bluetoothを開く」
STEP
「cheero gem」をタップする

cheero gemのペアリングはこちらで完了です。

次回以降は充電ケースから取り出しただけで、接続したスマートフォンと自動的に接続されます。

また、cheero gemはイヤホン本体どちらかを充電ケースに入れた状態にして、片耳のみ使うこともできます。

意外とL/Rどちらも片耳で使えるイヤホンって少なくて、3000円でどちら側も片耳で使えるのは凄いですよ。

ちなみに片耳で使えると、周りの音を聞きながら動画を見たり、友達と電話をするときは自分の声がモゴモゴせずに会話をできるのでめちゃめちゃ快適です。

自分の耳用に作られたかのようにぴったりフィット

cheero gemを装着してみると、まるで自分の耳向けにオーダーメイドで作られたかのようにぴったりフィットしてくれます。

低価格帯の完全ワイヤレスイヤホンの中では一番装着感がいいのではと思ったほど

女性の方や耳の小さな方でも耳内にすっぽりと収まり、全く落ちる気がしません。

耳の奥までグッと入り込みますが、イヤーピースが薄めの素材のため長時間装着していると痛みを感じることも。

それ以外はかなり満足できる装着感ですね。

装着感(4.9)
カジェット

イヤホンが耳に合わないって方でもcheero gemならぴったりフィットするかも!?

低域寄りの豊かで広がりのあるサウンド

cheero gemの音質は中低域寄りにふわっと広がる豊かな音作り。迫力も十分あり、臨場感あふれるサウンドを提供してくれます。

高域は少しこもるようにも感じますが、あくまで3000円以上のイヤホンと比較しての印象。

2000円台と考えれば十分クリアで刺さりがなく聴きやすい音作りです。

高域に対して中域であるボーカルラインは意外とハリが良く、女性ボーカル・男性ボーカル問わず伸びやかな声色を乗せて届けてくれますね。

得意なジャンル
  • ポップス
  • ヒップホップ
  • スロージャズ
  • ヒーリングミュージック

低域の量感の多さとボーカルのハリ良さからポップスとの相性が良く、米津玄師や星野源、藤井風、宇多田ヒカル、yamaなど電子サウンドを用いたソロアーティストが特に心地よく聴けるように感じましたね。

総評して、3000円以下で買える完全ワイヤレスイヤホンとしては十分すぎる性能。

迫力のある豊かな低音が好きな方ボーカルものやポップスが好きな方におすすめです。

高音(2.9)
中音(3.1)
低音(3.3)
カジェット

音にこだわりがなければ十分な性能だよ!

他の3000円以下の完全ワイヤレスイヤホンとの比較は下記記事をご覧ください。

音途切れもほぼなし

3000円以下の完全ワイヤレスイヤホンを使っていると、通信感度が悪くて電車を乗ると音途切れが多発することもあります。

それに対してcheero gemの接続性はかなり安定している模様。通勤時に使ってみましたが、一度も音途切れが発生することがありませんでした

今まで安いイヤホンを買ってブチブチと音が途切れていた方は、cheero gemを使えばかなり安定するかと思います。

接続するスマートフォンによって音途切れが発生する場合もあります。

接続安定性(4.5)

操作性も良好

cheero gemの操作はタッチパネルでおこないます。

操作方法一覧はこちら。

操作方法一覧

▽音楽再生

  • 再生/停止 → L or R側を1回タップ
  • 曲送り → R側を2回タップ
  • 曲戻し → L側を2回タップ
  • 音量を上げる → R側を3回タップ
  • 音量を下げる → L側を3回タップ

▽通話

  • 電話を受ける → L or R側を1回押す
  • 着信拒否 → L or R側を2秒間長押し
  • 通話終了 → L or R側を1回押す

▽その他

  • 電源を入れる → L側 or R側を3秒間長押し
  • 電源を切る → L側 or R側を5秒間長押し
  • 音声アシスタント → L側 or R側を長押し

音楽の再生はもちろんのこと、曲送りから音量調整まで本体のみでおこなえます。

1タップで再生/停止が作動してしまうため、耳の奥に押し込んだ時に音楽が停止してしまうことがありますが、ふち側を持って耳に押し込むと誤動作は起きません。

タッチパネル感度も強すぎず弱すぎずほどよい印象。操作性はとくに不満はないですね。

操作性(4.0)

マイク性能は高くない

cheero gemのマイク性能はそこまで高くはなく、ガサガサな音声で伝えてしまいます。

マイク音声を録音してみましたので、以下の音声をお聞きください。

音声が聞き取りづらいので、仲の良い友達との通話用としては使えますが、大事なビジネスシーンやテレワークで使うことはおすすめしません。

通話品質(2.5)

音の遅延はかなり少ない

完全ワイヤレスイヤホンを使って映像をみると無線という接続方式上、音声を映像がどうしてもズレてしまいます。

しかし、cheero gemでYouTubeを見てみると、ほとんど音声のズレを感じません。

スマホゲームをすると流石にズレが気になりますが、アニメや動画、ライブ映像くらいであれば違和感なく楽しめます。

遅延の少なさ(4.5)

cheero gem レビューまとめ

cheero gemをまとめると以下のとおりです。

総合評価

4.9/5

cheero gem

  • 3000円以下で十分すぎる音質とスペック
  • USB Type Cに対応
  • 音途切れもなく安定した接続性
  • おしゃれなデザイン
  • 装着感がめちゃめちゃ良い
  • マイク性能が悪い

2.9

高音

3.1

中音

3.3

低音

5.0

コスパ

4.8

装着感

4.5

利便性

Bluetooth5.1最大再生時間本体5時間/
ケース込み20時間
コーデックSBC, AAC充電時間約2時間
ドライバーダイナミック型充電端子Type C
専用アプリ防水
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
3.8g/48g
外音取り込みゲームモード
自動装着検出保証1年
マルチポイント公式サイトこちら

予算3000円以下ならイチオシ!

cheero gemは3000円以下の完全ワイヤレスイヤホンとしては非常に質が良く、音質や装着感・スペックまで十分満足できる実力を備えています。

cheero gemはこんな人におすすめ!

こんな人におすすめ
  • お手頃な価格でワイヤレスイヤホンが欲しいけど、どれを選べばいいかわからない
  • 耳から落ちる心配が少なく、フィットしやすいイヤホンが欲しい
  • おしゃれでかわいいイヤホンが欲しい
  • プレゼント向けのイヤホンを探している

初心者向けのイヤホンとしては十分な実力で、初めて完全ワイヤレスイヤホンを買いたいと考えている方に特におすすめしたいですね。

価格もお手頃でデザインもおしゃれでかわいいので、プレゼント用としてもおすすめしやすいです。

カジェット

予算3000円以下でワイヤレスイヤホンを考えている方にイチオシ!

以上!cheero gemのレビューをお送りしました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる