【レビュー】COUMI ANC-860|6000円台でノイキャンと外音取り込み対応

カジェットのアイコン画像カジェット

こんにちは、ポータブルオーディオ専門ブログを運営していますカジェット (@kajet_jt)です!

今回は6000円台で買える”ノイズキャンセリング・外音取り込み対応完全ワイヤレスイヤホン”COUMI「ANC-860」のレビューをしていきます。

パッケージ
COUMI ANC-860の特徴
  • 約6000円台で買える完全ワイヤレスイヤホン
  • この価格ノイズキャンセリング・外音取り込みどちらも対応
  • クーポンでさらに安く買えることも

10000円以下で購入できるノイズキャンセリングと外音取り込み機能搭載のイヤホンが増えてきましたが、なんと今回ご紹介するCOUMI「ANC-860」は6000円台と格安!

たまにクーポンも配布しているので、さらに安く購入できることもあります。

今回はこちらCOUMI「ANC-860」をメーカーより提供いただいたので、早速レビューしていきましょう。

TOTAL

3/5

COUMI ANC-860

COUMI ANC-860
  • 6000円代としてはスペックが高い
  • 外音取り込み機能が優秀
  • ノイズキャンセリング効果がイマイチ
  • タッチパネルの操作がしにくい
  • 音質は良くはない

2.5

高音

2.5

中音

3.5

低音

4.0

コスパ

3.5

遮音性

3.5

利便性

40%OFFクーポン配付中! 2020-10-11 23:59まで

AMAZONで使えるクーポンコード:TXGSMYD5

目次

COUMI ANC-860 レビュー

スペック一覧

スペック一覧ANC-860
Bluetooth
/チップ
5.0/
RTL8773BFR
コーデックSBC,AAC
防水規格IPX7
ドライバー6mm
質量60g (ケース込)
再生時間本体のみ:7.5時間(ANC ON時:5.5時間)
ケース込:41時間(ANC ON時:30時間)
充電時間約1.5時間
充電端子USB Type C
ノイズキャンセリング
外音取り込み

カラーバリエーションは1色

COUMI ANC-860のカラーバリエーションはブラックの1色のみです。

付属品:イヤーピース、USB Type Cケーブル、マニュアル

付属品:イヤーピース、USB Type Cケーブル、マニュアル
付属品一覧
  1. イヤーピース
  2. USB Type Cケーブル
  3. マニュアル
  4. 保証書
  5. 割引カード

付属品は運用していく上で必要な物はすべてそろっています。

次回購入時に使える割引カードも入っています。期間限定とかではなく、しっかりマニュアルに付属品として記載されていて、なんだか不思議。

イヤーピースは各サイズ2ペア、計6ペア付属

イヤーピースは各サイズ2ペア、計6ペア付属

COUMI ANC-860に付属するイヤーピースはS,M,Lそれぞれ2ペアずつ同梱しています。

iPhone付属イヤホンのようなインナーイヤー型の形状にイヤーピースをはめ込む特殊な形状のため、市販のカナル型向けイヤーピースは使用できません。

そのため、スペア用にイヤーピースを多く入れてくれているのだと思います。

耳の奥までイヤホンを入れ込みたくない人には嬉しい形状ですね。

USBケーブルはType Cが付属

USBケーブルはType Cが付属

短めのUSB type Cケーブルが付属しています。

充電ケース:革製ストラップ付きのコンパクトデザイン

充電ケース:革製ストラップ付きのコンパクトデザイン

COUMI ANC-860の充電ケースは革製のストラップがついています。

バッグにぶら下げたり、指に引っ掛けて持ち運びやすかったりするかもしれませんが、個人的にこのストラップの用途を見出せません。

充電ケース

ケース自体はコンパクトなので、ポケットに入れてもかさばらず、ポータブル性も良好です。

充電端子はUSB Type C

充電端子はUSB Type C

充電端子はUSB type Cを採用。

最近の製品はtype Cが標準となりつつあるので、他のケーブルを用意する必要がなくありがたいです。iPhone早くtype Cになってくれ。

再生時間:最大7.5時間(ケース込で41時間)

再生時間:最大7.5時間(ケース込で41時間)

COUMI ANC-860の最大再生時間は7.5時間、ケース込みで最大41時間とかなりロングバッテリー。

ノイズキャンセリングONで運用すると本体5.5時間、ケース込みで30時間です。

これだけ再生時間が長ければ1週間くらい充電しなくても通勤・通学に使えそうですね。

本体:インナーイヤー型採用

本体:インナーイヤー型採用

COUMI ANC-860のイヤホン本体はiPhoneの付属イヤホンなどで採用されているインナーイヤー型。耳の奥まで挿入されずに、手前でフィットするような形状です。

イヤーピースを装着
イヤーピースをつけるとこんな感じ

奥まで入れると異物感があったり、痒くなったりする方はこの形状のイヤホンがおすすめです。個人的にもインナーイヤー型は大好きです。遮音性が悪いのがネックだけど…。

また、IPX7相当の高い防水性能も備えており、水に落としてしまったとしても壊れる心配が少ないです。

操作方法はタッチパネル

操作方法はタッチパネル
操作方法一覧

▽音楽再生

  • 再生/停止 → R側を2回押す
  • 曲送り → R側を2秒間押す
  • 曲戻し → Lを2秒間押す
  • 音量上げる  → R側を1回押す
  • 音量下げる  → L側を1回押す
  • 外音コントロール → L回押す
    ノイズキャンセリング → 外音取り込み → オフ → ノイズキャンセリング…と切り替わります

▽通話

  • 電話を受ける → L or R側を1回押す
  • 着信拒否 → L or R側を2秒間長押し
  • 通話終了 → L or R側を1回押す

▽その他

  • 電源を切る → L側 or R側を3秒間長押し
  • 音声アシスタント → L側 or R側を1秒間長押し

COUMI ANC-860は上記の操作をタッチパネルで行います。

あらゆる操作がスマホを介さず本体のみで可能ですが、タッチパネルの感度が少し悪く、ノイズキャンセリングをONにしたいときに、少し髪の毛が指とタッチパネルの間に挟まると反応がしないことが多かったです。

本体操作でストレスを感じることが多いように感じました。

ペアリングは簡単!取り出したらすぐペアリングモード

スマートフォンと接続する際のペアリング方法はこちら

STEP
充電ケースから本体を取り出す
充電ケースから本体を取り出す
STEP
「設定」→「Bluetoothを開く」
iPhoneホーム画面より、「設定」→「Bluetooth」と洗濯
STEP
「COUMI ANC-860」をタップする

ペアリングはこちらで完了です。「オートペアリング」に対応しているため、次回以降はケースから取り出すだけで自動的に電源オン→スマホと接続されます。

装着感:耳の手前でフィットし、異物感が少ない

装着感(3.5)

COUMI ANC-860は、耳の奥までイヤホンを挿入しないため、異物感の少ない快適な装着感です。

しかし、遮音性は低く周りの音が聞こえやすい印象です。ガッチリホールドしてる感覚もなく、ジョギングなど激しい運動をするとイヤホンが落ちてしまいそうですね。

音質:低音盛り盛り

高音(2.5)
中音(2.5)
低音(3.5)

COUMI ANC-860の音質は低音寄りの盛り盛りサウンドです。中高域はこもり気味で、決してクリアとは言い難いです。ボーカルものやクラシックを聴く方にはオススメできないですね。低音については、インナーイヤー型にしては量感が多く迫力も伴うゴリゴリサウンドです。

キラキラとした電子サウンドとは高域が伸びないため相性が悪いですが、低音を軸とした音作りのHIPHOPやラウドロックとは相性が良いかな?とは感じました。

総評すると、音質としてのコスパは悪めです。

ノイズキャンセリング性能はイマイチ

ノイズキャンセリング(3.0)

COUMI ANC-860のノイズキャンセリング性能は「最大-28dB」と謳っていますがそこまで高くありません。

ONにすると、周りの音が静かになったように感じますが、高周波の音が遮音できておらず車の走行音のみが目立ってしまい耳が痛くなるような感覚になりました。

インナーイヤー型ということもありイヤホンの構造上の問題もありそうですね。ノイズキャンセリング目当てで購入するとガッカリするかも。

外音取り込みは自然

外音取り込み(4.0)

ノイズキャンセリング性能とは打って変わって、COUMI ANC-860の外音取り込み性能はなかなか自然です。

装着した状態で小音量で音楽を流していても、人と会話できるくらい周りの音は自然に聴こえます

おそらく元々イヤホンの密閉度が低く、そこからそれなりに性能の高い外音取り込み機能が相まって、自然に聴こえるのではないかと思っています。

通話品質はふつう

通話品質(3.0)

COUMI ANC-860のマイク性能は良くも悪くも普通です。他のイヤホンと変わりがないレベルです。

音途切れは一切なし

接続安定性(4.5)

COUMI ANC-860の音途切れについては、通勤時に使用しましたが一切ありませんでした。

最近の完全ワイヤレスイヤホン同様、安定した接続性です。

遅延は感じやすい

遅延の少なさ(2.5)

COUMI ANC-860で動画を見た際の音の遅延ですが、iPhone Xと接続して検証しましたが口元と音が明らかにあっておらず、遅延はかなり多めです。

YouTubeのレビューやバラエティ動画でも気になるレベルなので、ライブ映像や映画には向いていません。

COUMI ANC-860まとめ

TOTAL

3/5

COUMI ANC-860

  • 6000円代としてはスペックが高い
  • 外音取り込み機能が優秀
  • ノイズキャンセリング効果がイマイチ
  • タッチパネルの操作がしにくい
  • 音質は良くはない

2.5

高音

2.5

中音

3.5

低音

4.0

コスパ

3.5

遮音性

3.5

利便性

こんな人におすすめ
  • ノイズキャンセリング対応モデルでとにかく安い機種が欲しい方
  • カナル型が苦手な方
  • ブーミーな低音が好みの方

COUMI ANC-860はインナーイヤー型でノイズキャンセリング対応、さらに外音取り込みもついており、6000円台とかなり珍しい機種ですが、性能や音質は良いところも悪いところもチラホラ。

カナル(耳栓)型が苦手で量感の多いゴリゴリ低音サウンドが好みの方におすすめですね。

カジェットのアイコン画像カジェット

購入するなら、クーポンを配布してる期間がおすすめ!

40%OFFクーポン配付中! 2020-10-11 23:59まで

AMAZONで使えるクーポンコード:TXGSMYD5

コメント

コメントする

目次
閉じる