2024年最新版 おすすめの完全ワイヤレスイヤホンはこちら>>

エッグい解像度 中低域に骨伝導ドライバーを採用した有線イヤホン「BQEYZ Wind」レビュー

当ページのリンクには広告が含まれています。

こんにちは、元イヤホン屋のかじかじです。 イヤホン・オーディオの情報を発信していますので @kajet_jt ←よければフォローお願いします。

以前BQEYZ Winterという有線イヤホンをレビューしたんですけど、クラウドファンディングでも有線イヤホンながら1400万突破していて、めちゃめちゃ人気だったんですよね。

3万円台という価格で超高解像度でボーカルも映え映えで最高に良かったんですよ。個人的ミドルクラス有線イヤホンランキングでも3位で紹介したくらい。

そのBQEYZから、新作がクラウドファンディングで公開されました。

それが今回紹介する「Wind」です。本日からマクアケでクラウドファンディングスタートしました。

今回もすんごいです。

ドライバー構成が、10mmの特性デュアルキャビティダイナミックドライバーと、独自開発のコイル式中低域派骨伝導ユニットを採用したハイブリッド構成になっています。

「どんな音になるんやろ?」って思う方も多いと思いますが、今回もめちゃくちゃ良いですよ!

ということで今回はこちらのWindをメーカーさんより提供いただいたので、実機を使ってレビューしていきます。

ぜひ、最後までご覧ください。

PR:BQEYZ

早割で〜30%OFF!/

▼動画版はこちら▼

目次
かじかじ
元イヤホン専門店スタッフ
オーディオ販売歴9年。元々イヤホン専門店で店長やWEBマーケを担当してました。

イヤホンをレビューすることは空気を吸うようなものだと思ってます。


2024年1月時点で月間100万PV。
YouTubeチャンネル登録者は7万人ほど

BQEYZ Wind 外観・付属品

それではBQEYZ Windの外観や付属品をチェックしていきましょう。

パッケージ

BQEYZ Windのパッケージはこちら。「風 -fang- WIND」と表記されたシンプルなデザインです。

一瞬「凧(たこ)」に見えた。

開封するとこんな感じ。なかなかの高級感。

付属品

付属品一覧
  1. 低音寄り イヤーピース3ペア(黒)
  2. ボーカルイヤーピース3ペア(半透明)
  3. バランス型イヤーピース(黄色軸)
  4. 低反発イヤーピース 1ペア
  5. キャリングケース
  6. ケーブル
  7. マニュアル

付属品はかなり充実していますね。

本体・ケーブル

BQEYZ Windのイヤホン本体はこちら。

ハウジングはセミオープン型のような構成になっています。心なしか開口部も「風」っぽい文字になってる。

内側には二つのネジが組み込まれていますね。骨伝導ユニットを固定するためのネジのようです。

前作のWinterと比べるとこんな感じ。Winterは完全にクローズドタイプになっています。

内側の設計も異なり、Winterはくびれが大きいわりにノズルはそこまで長くなかったので、装着感がイマイチという方も多い印象でしたが、今回は平面的なデザインに変更されていますね。

インピーダンスは38Ω、音圧感度は113dB。特に鳴らしにくいこともないのでアンプは必要ないかと。

コネクタは0.78mmの2pinを採用。

ノズルは一般的な口径の金属ノズルを採用しています。

ケーブルは単結晶銅の銀メッキケーブルを採用。

単結晶銅にしては取り回しが非常に良く、質感も高いので、基本的にはこのケーブルを使用して問題ないと思います。

耳掛け部は形状固定型。

分岐部には「BQEYZ」の印字があります。ケーブルアジャスター付。

プラグはストレートタイプを採用。今回は4.4mmバージョンをお送りいただきましたが、3.5mmタイプも用意されています。

本体とケーブルを装着するとこんな感じ。

しっかりと価格相応の質感と高級感のあるデザインに仕上がっていますね。

BQEYZ Wind レビュー

装着感|Winterより改善されている

BQEYZ Windの装着感ですが、前作のWinterよりも改善されていますね!

Winterはわりと装着感が浅めでうまくフィットしない人も多い印象でしたが、今作は形状が改善されたことによってフィット感がましたように感じました。

実際につけてみるとこんな感じ。

前から見るとこんな感じ。

外出先で使っても耳から落ちたりしにくく、Winterよりも安心して使えるように感じました。

ただ、セミオープン型になっている影響か、少し外の音は入ってきやすいようにも感じました。

装着感(4.0)

音質|エッグい解像度感

BQEYZ Windの音質ですが、解像度がエッグいです。Winterとはまた異なる傾向ですね。

今回の検証では、DAPはSONY NW-WM1AM2、アプリはApple Music、エージングはガッツリ100時間ほど行いました。

BQEYZ Windの音の特長は次のとおりです。

音の特長

※5万円以下の有線イヤホンを基準とした評価軸です

4.7

高音

4.9

中音

4.6

低音

音の傾向
狭い
広い
硬め
柔らかめ
分析的
余韻重視
繊細
迫力
楽器寄り
ボーカル寄り
低域寄り
フラット
高域寄り
  • 高音:前作のWinterと同様に、一音一音の粒だちがとても良くてキラキラとしつつも、刺さり感は一切なし。煌びやかさはWinterより落ち着いていて、より抜け感が良くなった印象を受けますね。同価格帯の中でも高音の表現力はかなりのものです。
  • 中音:中音の解像度が特にエッグいです。中低域から中高域にかけて、サビで音圧を感じるところでも全ての音をクッキリと拾いあげます。音がほっとんど団子にならないですね。それでいてボーカルは艶っぽくて瑞々しく鳴らしてくれます。女性ボーカルの伸びやかさと艶感がとてもいいです。
  • 低音:とても見晴らしの良い低音という感じでしょうか。Winterとは違って骨伝導ドライバーが高域から中低域に変更されたことで、解像度の重心が高域から中低域に移ったように感じましたね。決して低域の迫力や厚みの重心が変わったわけではなく、”解像度感の重心が下がった”という感覚ですね。同価格帯のイヤホンと比べると音圧は低めで、とにかく丁寧に描写することに特化した低音という印象です。
  • 音場:かなり広めで、縦にも横にも広く、そして音の奥行きに対する解像度感がとても高いですね。フォトショップみたいにレイヤー分けされているように聴こえますし、距離感もわかりやすいです。音がセミオープン型のような構造になっている影響かしら?
  • 傾向極高解像度サウンドでありつつもモニター的なアプローチではなく、繊細な音でありつつも、一音一音の細かな音に対して余韻も足されているようなリスニング向けの音作りです。Winterが「華やか」だとすれば、Windは「誠実さ」「丁寧さ」といった感じでしょうか。

得意なジャンル

  • アニソン
  • ポップス
  • バラード
  • ジャズ

とにかく解像度が高いので、音数が多いスピーディーな楽曲にめちゃくちゃ合います。

たとえば、「ずっと真夜中でいいのに。」とか「Cö shu Nie」「Eve」「TK from 凛として時雨」「星街すいせい」あたりの繊細な楽曲との相性はとても良いですね。

「宇多田ヒカル」や「星野源」でも、余韻感をまといながらしっとりとも鳴らしてくれますね。

ただ、音圧は少ないので「ONE OK ROCK」や「ELLEGARDEN」などのラウドロック系は苦手ですね。キレイになりすぎる。

「結束バンド」はボーカルを中心に聴く場合はとても良いですが、ロックさを感じたい場合は他の選択肢があるか持って感じですね。

Winterとどっちがいい?

Winterとどっちがいい?と気になっている人もいるかと思いますが、楽曲次第ですかね。

  • Winter
    →きらびやかな音で、シンセサイザーやボーカルもキラキラと華やかに鳴らすので、明るいアニソンとの相性が良い
  • Wind
    →超高解像度で奥行き感のある音場が特徴で、繊細だけど音数の多い楽曲との相性が良い

BIUMP OF CHICKENで例えると、「Small World」はWinterだけど、「SOUVENIOR」はWind。

ずっと真夜中でいいのに。で例えると、「脳裏上のクラッカー」はWinterだけど、「暗く黒く」はWind。

「凛として時雨」はWinterだけど、「TK from 凛として時雨」はWindなんですよ。

音質自体は同レベルなので、ホント音の傾向の好み次第って感じです。

僕もどっちのテイストも好きなので、音質だけに関して評価するなら甲乙つけ難いです。

ただ、装着感に対するストレスはWinterより少ないので、今ならWind推しかな。

BQEYZ Wind まとめ

BQEYZ Windをまとめると以下のとおりです。

総合評価

4.8/5

Wind

  • 同価格帯でもかなりの解像度の高さ
  • 奥行き感のある音場感
  • 充実した付属品
  • Winterより改善された装着感
  • 遮音性がやや悪い
  • 音圧はやや薄め

4.7

高音

4.9

中音

4.6

低音

4.8

解像度

4.4

迫力

4.0

装着感

音の傾向
狭い
広い
硬め
柔らかめ
分析的
余韻重視
繊細
迫力
楽器寄り
ボーカル寄り
低音寄り
フラット
高音寄り

BQEYZ Windはこんな人におすすめ

こんな人におすすめ
  • 予算3万円前後でおすすめの有線イヤホンを探している
  • 音に迫力より繊細さを求めたい人
  • 高解像度な音は好きだけどモニター的な音は苦手
  • アニソンやボーカルものが好きな方
  • Winterで装着感が合わなかった人

今作もすばらしい完成度でしたね! さすがBQEYZ。

これからミドルクラス帯の有線イヤホンを買ってみたいと思っていた方や、複数のイヤホンを所持しているオーディオマニアまで、あらゆる方におすすめしたい製品のように感じました。

これ、クラウドファンディング中は早割で30%OFFで3万円以下で買えるんですよ。

この音で3万以下であればめっちゃ得だと思うんで、アニソンやボーカルものが好きな方は普通にGOしてもOKです、

以上! BQEYZ Windのレビューをお送りしました。

早割で〜30%OFF!/

おすすめ記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次