TinHiFi T3 Plus レビュー|柔らかさと心地よさ、1万円以下のダークホース

こんにちは、元イヤホン専門店スタッフのかじかじ (@kajet_jt)です。

今回は中国のイヤホンメーカー「TinHiFi(ティンハイファイ)」より、1万円以下で買える1DD搭載の有線イヤホン「T3 Plus」をレビューします。

前作の6000円台で買える金属筐体のイヤホン「T2 Plus」が非常に高評価で、コスパ最強の地位を名実ともに手に入れたTinHiFiの最新作。

果たしてどれほどの実力なのか? 今回メーカー様より提供をいただけましたが、いつも通り率直なレビューでお伝えしていきます。

ぜひ最後までご覧ください。

総合評価

4.8/5

T3 Plus

  • 柔らかく心地の良さを重視したサウンド
  • 質感もかなり高い
  • 個人的に音の傾向はドンピシャ
  • 特になし

4.1

高音

4.2

中音

4.2

低音

4.0

解像度

4.1

迫力

4.5

装着感

音の傾向
狭い
広い
硬め
柔らかめ
分析的
余韻重視
繊細
迫力
楽器寄り
ボーカル寄り
目次
かじかじ
元イヤホン専門店スタッフ
オーディオ販売歴9年。元々イヤホン専門店で店長やWEBマーケを担当してました。

2021年11月からYouTubeのレビューも始めました!

TinHiFi T3 Plus 概要・スペック

TinHiFi T3 Plusの特徴
  • 大人気イヤホン「T2 Plus」の上位モデル
  • 液晶ポリマー(LCP)振動板を備えた10mmダイナミックドライバーを採用
  • 3Dプリントを用いたレジン筐体
  • 大理石調のフェイスプレートを採用

ドライバーは新開発のリキッド・クリスタル・ポリマー・ダイアフラム(LCP)採用し、歪みのない音を実現しているとのこと。

金属筐体であった前作の「T2 Plus」から3Dプリンターを用いたレジン筐体に変更されています。

スペックはこちら!

スペック一覧商品名
形式カナル型
ドライバー10mmL CPダイナミックドライバー
インピーダンス 32Ω±15% @1kHz
再生周波数帯域10Hz〜20kHz
音圧感度105±3dB
プラグ形状3.5mm3極
コード長1.2m
リケーブル対応○(0.78mm)
リモコンマイク×
保証期間1年

概要はこんなところにして、実際にT3 Plusを開封していきましょう。

TinHiFi T3 Plus 外観・付属品

パッケージ

TinHiFi T3 Plusのパッケージは型番がオシャレなフォントで印字されたシンプルなデザイン。

開封すると、まるでギフトラッピングのように高級感のあるパッケージングになっていますね。、

付属品一覧

付属品一覧
  1. イヤーピース黒軸3ペア
  2. イヤーピース赤軸3ペア
  3. 低反発イヤーピース(青)1ペア
  4. マニュアル

付属のイヤーピースは黒軸、赤軸のイヤーピースが、本体装着分含めてそれぞれ3ペアと、低反発イヤーピースが1ペア。

そこまで質が良いというわけでもないので、他社製のイヤーピースを使っています。

付属品一覧で撮り忘れたのですが、キャリングポーチもついています。

個人的にはハードケースで持ち歩く派なので、使わないかな?

本体・ケーブル

イヤホン本体をチェックしていきましょう。

前作のT2 Plusは金属筐体でしたが、今回は3Dプリントで製作されたレジン筐体を採用しています。

フェイスプレートは大理石調

金属筐体は冬に使うと耳が冷たいですし、個人的に当たりにそこまで出会ったことがないため、レジン筐体のほうがありがたいですね。

内側は特に表記や装飾などはない、シンプルなデザインです。

ケーブルの着脱にも対応しており、フラットタイプの0.78mm 2pinに対応しています。

ノズルは中華イヤホンで良く見る金属系の音道管を採用していますね。

ケーブルは上位モデルである「T5」と同等グレードで、非常に取り回しが良く質感の高いOFCケーブルを採用しています。

耳掛け部は形状固定型で、分岐部は金属素材のアジャスターを搭載。

プラグはこれと言って特徴はありませんが、マットグレー調で質感は高そうに感じますね。

全体的に質感は高く、価格相応かそれ以上の作りの細やかさは感じられるイヤホンでしたね。

外観のチェックはこれくらいにして、実際にTinHiFi T3 Plusを使っていってみましょう。

TinHiFi T3 Plus レビュー

装着感|かなり良い

TinHiFi T3 Plusは耳にすっぽりと収まるような装着感で、個人的にかなり良く感じましたね。

耳からの飛び出しもなく、歩行中に使っていてもズレてきたり、落ちたりする気配もありません。

パッと見の外観もカスタムIEM(オーダーメイドイヤホン)のようで、所有欲を満たしてくれますね。

音質|柔らかさと心地よさ

TinHiFi T3 Plusは、柔らかく心地の良い豊潤なサウンドのように感じました。

試聴環境はSR25 MKii にApple Musicのハイレゾ音源で再生

音の特徴は次の通りです。

音の特長
音の傾向
狭い
広い
硬め
柔らかめ
分析的
余韻重視
繊細
迫力
楽器寄り
ボーカル寄り
  • 高音:ハイハットの細かく薄い音まで拾い上げ、繊細な音までしっかりと描写。刺激的な部分は削ぎ落とし、聴き心地を重視したような音。
  • 中音:厚みと広がりのある中音で、ハリよく瑞々しく鳴らすような印象。
  • 低音:中音同様に広がりがあり、つつみ込むような優しい低音。かといってモヤっとはならず、付帯音と共に解像度高く鳴らす。
  • 音場:特別広すぎるということもないが、やや広めにも感じる。
  • 傾向:ウォーム系で柔らかく優しいサウンド。
  • 解像度:それなりに高め。

得意なジャンル

  • ポップス
  • ジャズ
  • バラード
  • R&B

ボク自身が柔らかく広がる音作りが好みなので、ドンピシャに好きな音でしたね!

付帯音が多めではありつつも音の粒立ちも良く、細かな音が埋もれない解像度の高さと繊細さも持ち合わせていますね。

同価格帯のイヤホンと比べると、特別クリアな音というわけでもないですが、心地よさという意味で1万円以下のイヤホンの中では、かなりの実力のようと感じました。

TinHiFi T3 Plus まとめ

総合評価

4.8/5

T3 Plus

  • 柔らかく心地の良さを重視したサウンド
  • 質感もかなり高い
  • 個人的に音の傾向はドンピシャ
  • 特になし

4.1

高音

4.2

中音

4.2

低音

4.0

解像度

4.1

迫力

4.5

装着感

音の傾向
狭い
広い
硬め
柔らかめ
分析的
余韻重視
繊細
迫力
楽器寄り
ボーカル寄り
こんな人におすすめ
  • 予算1万円以下でコスパの高い有線イヤホンを探している
  • 柔らかく優しいサウンドが好き
  • ポップスやジャズ、バラードが好き

IE 100 ProやRS ONEのような高解像度系のサウンドではないですが、この価格帯では珍しい柔らかく広がる優しめのサウンドで耳あたりの良さが抜群に良かったですね!

音がウォームなだけではなく、奥底に細かさや繊細さもあり、バランスも整ったちょうど良い音作りです。

1万円以下の有線イヤホンの中でかなりお気に入りなので、ウォームなサウンドが好きな方は、ぜひ候補に入れてみてくださいね!

以上、かじかじがお送りしました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる