【購入レビュー】intime 碧 (SORA) Light 2019 EDITION 透き通りすぎるクリアサウンド

intime(アンティーム)というメーカーはご存知でしょうか?イヤホンの製造・生産・販売を行なっている日本のメーカーです。創立は2016年と比較的新しい企業ではありますが、イヤホン界隈で非常に人気が出てきています。価格は決してマニア向けではなく、4000円ほどから一番高いモデルでも20000円台と、ちょっと頑張れば一般の方も手に届きそうな価格帯です。

intimeこそが「若者たちに低価格で本物の音を届けることができる」intime 渡部社長はそのように語ります。「日常に良い音を届ける」ことをコンセプトに、日々イヤホンの製造を行う日本のメーカーです。

その「日常に良い音」のレベルが高すぎて、初めてintimeのイヤホンを聴いた方はびっくりすると思います。

今回紹介するイヤホンは、intimeよりエントリーモデル「碧 (SORA) Light 2019」!価格からは考えられないくらいのクリアなサウンドで、へたな1万円程するイヤホンよりも音が良いと感じてしまうかもしれません。

 

碧 (SORA) Light 2019 EDITIONの特徴はこちら!

(SORA) Light 2019 EDITIONの特徴4000円台なのに、高級イヤホンに匹敵するクリアさ

・ハイブリッドドライバー搭載(Φ10mmダイナミックスピーカ+VST)

・透き通る美しい筐体

VSTとは?

正式名称「Vertical Support Tweeter」セラミックツイーターを使用しているのですが、素材の特性上、刺さるような音を発生されやすいので、その特性を克服するために独自開発した機構を採用。簡単に伝えると「超高域でるけど刺さらないドライバー」intimeだけの特許技術です。

このVSTがintimeのイヤホンのクリアなサウンドを作り出しているわけです。今回紹介する碧 (SORA) Light 2019 EDITIONにも採用されています。

コスパの良いイヤホンです!だけで終わらせたくなかったから前置きが長くなってしまいましたが、こちらの碧 (SORA) Light 2019 EDITIONを深掘りレビューしていきます!

 

碧 (SORA) Light 2019 EDITION概要

こちらのイヤホンは「碧 (SORA) Light 2019 EDITION」という名称ですが、それ以前に「碧 (SORA) Light 」というマイナーチェンジ前のイヤホンが発売されていました。違いはこちら!

碧 (SORA) Light 2019 EDITION 変更点・イヤーピース Spinfit 3ペア→Acoustune AET07 4ペアに変更

・ケーブルの皮膜変更 → タッチノイズを軽減

イヤーピースが変更され、よりフィット感がアップ!あとはケーブルを触った時のタッチノイズ(ガサゴソ音)をより軽減されるようになりました!

ラインナップは3色!こちらのシルバーの他にアクアマリンとガーネットがあります。

▼アクアマリン

▼ガーネット

碧 (SORA) Light 2019 EDITION外観

パッケージはこちら、今回は通常色を選びました。

碧 (SORA) Light 2019 EDITION パッケージ

 

パッケージ裏

碧 (SORA) Light 2019 EDITION パッケージ裏

 

碧 (SORA) Light 2019 EDITIONについての製品説明が記載されています。

碧 (SORA) Light 2019 EDITION パッケージ裏2

 

開封!

碧 (SORA) Light 2019 EDITION 開封

 

本体はこちら

碧 (SORA) Light 2019 EDITION 本体

 

透き通るハウジング。L/Rもロゴとともに印字されています。

碧 (SORA) Light 2019 EDITION ハウジング

 

ノズル部は真鍮(しんちゅう)素材。重たい真鍮と軽い樹脂を混合することによって、イヤホン本体をより軽量化しています。反射して撮影風景写っちゃう!!

碧 (SORA) Light 2019 EDITION 本体2

 

ケーブル分岐部。intimeの印字とケーブルアジャスターがついています。

碧 (SORA) Light 2019 EDITION ケーブル部分

 

L字プラグ部を採用。根元にブーツ加工が施されているため、断線リスクを軽減しています。

碧 (SORA) Light 2019 EDITION プラグ部

 

イヤーピースはイヤホンメーカー「Acoustune」の「AET07」を採用。3ペアで800円ほどするイヤーピースで、フィット感と迫力を向上させます。

碧 (SORA) Light 2019 EDITION イヤーピース

碧 (SORA) Light 2019 EDITION スペック

形式ハイレゾ対応カナル型イヤホン
ドライバーハイブリッド型(Φ10mmダイナミックスピーカ+VST)
感度102dB/mW
再生周波数帯域20Hz~40kHz
インピーダンス22Ω
ケーブルΦ3.5mmステレオプラグ(無酸素銅)
イヤピースAcoustune AET07 4ペア(S,M-,M+,L)
付属品説明書

 

碧 (SORA) Light 2019 EDITION 装着感と音質

装着感

碧 (SORA) Light 2019 EDITION 装着感

Acoustuneのイヤーピースの影響か、フィット感は良好です。筐体も軽いため、重みで落ちるような心配もなさそうです。遮音性も高く、タッチノイズも少ないため、通勤時に使用しても、音楽に集中できそうです。

 

音質

高域がめっちゃ伸びるのに、音が刺さる気が全然しない。

一聴して感じました。イヤホンによっては「高域がすごく伸びるけど、ちょっと音が刺さって若干気になるな・・・」と感じるものが多かったりしますが、こちらの碧 (SORA) Light 2019 EDITIONは、どの音源でも刺さらない!と確信できるくらいきらびやかだけど、刺激を見事に抑えている高音です。薄くてサラっとした高音というわけでもなく、しっかりと芯や圧もあってアタック感があるのですよ。なのに一切刺さらない、どうなってんのホントに。おそらくこれが独自開発のツイーター”VST”の効果なのだと思います。解像度も高くて音にもたつきもなく、音数の多いロックバンドやアニソンでも、ゴチャゴチャせず全ての音を描写しきります。

高音だけではなく、低音もなかなかの質の良さです。重低音や迫力が出るというわけではありませんが、クリアな高音を阻害しない程度に、しかし音としてスカスカにはならないように、イヤホンの特性を邪魔せずに支えるように、程よい迫力と低音を出してくれます。

また音の特性的に”若者向け”というコンセプトに出ているように感じます。高解像度でとにかくクリア。ジャンルは邦楽ロックやポップス、アニソンなど10〜20代が好むジャンルに非常に合います。ピアノ、エレキギター、シンセサイザー、女性(高音)ボーカル、シンバルの描写が鳥肌が立つほどキレイで、この条件にあったアーティストを聴くと、それはもう凄いですよ。ヨルシカってバンドなんですけどね。僕はそろそろ若者ではなくなってきたので、東京事変、宇多田ヒカル、凛として時雨、BUMP OF CHICKENとかが最高でした。

碧 (SORA) Light 2019 EDITION 評価まとめ

碧 (SORA) Light 2019 EDITIONの評価
高音
(4.5)
中音
(4.0)
低音
(4.5)
迫力
(3.5)
遮音性
(4.0)
装着感
(4.0)
コスパ
(5.0)
総合評価
(5.0)

 

良かった点

・高音がとにかく刺さらない!

・邦楽ロックやアニソンとの相性が最高!

この高音のきらびやかさに対して、刺さりがないのは驚きです。刺さらない刺激のあるキラキラサウンドで、独自開発のVSTの恩恵が凄まじいです。最近の邦楽ロックやアニソン、女性ボーカルの相性が抜群に良いです。

イマイチな点

・EDMやヒップホップ・R&B、ラウド系ロックには合わない

中低域を軸とした楽曲との相性はそこまで良くはないです。ブラックミュージック全般は得意ではないですね。あくまで得意ではないというレベルで、普通に音キレイじゃんと感じるとは思います。

ただ同価格帯だと、finalのE3000のほうが確実に中低域寄りのゆったりサウンドは得意なので、聴かれているジャンルによってはそちらをおすすめします。

▼E3000の記事はこちら

【final(ファイナル) E3000 購入レビュー】5000円以下で買える 暖かなオーディオルーム

こんな人におすすめ

・有線イヤホンでもいいので、安くて”高音質”を体感したい方

・邦楽ロック・アニソン・ポップス・女性ボーカルなどを好んで聴く方

総評してコストパフォーマンスに優れた有線イヤホンです。中高域派は「碧 (SORA) Light 2019 EDITION」中低域派は「final E3000」がいいかなと思います。両方買えば、どちらのジャンルにも合わせることができて幸せです。
以上レビューでした。

最後までこちらの記事をご覧いただきありがとうございます!少しでもこのブログがお役にたてれば嬉しい限りです。

良い記事と思ったらSNSなどで拡散頂けると嬉しいです!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA