▶ Amazon Music HD 3か月無料 5/24まで!

【KBEAR KS1 レビュー】1000円台ならコスパ最強?1DD搭載の中華イヤホン

KBEAR KS1

こんにちは、ポータブルオーディオ専門ブログを運営していますカジェット (@kajet_jt)です!

今回は中国のイヤホンメーカーKBEARより、1000円台で買えるエントリー向け有線イヤホン「KS1」をレビューしていきます。

KBEARといえば、前回紹介したKBEAR Larkが3000円台でフラットでクセのない高解像度サウンドでコストパフォーマンスに優れたイヤホンだったため、今回のKS1も期待しています。

メーカー様からKS1の試聴機を提供頂けたので、実機を使ってレビューしていきましょう!

総合評価

4.8/5

KBEAR KS1

  • 1000円台でトップクラスの音質の良さ
  • 伸びの良いボーカルと豊かな低音
  • 2pinリケーブルに対応
  • とくになし

3.2

高音

3.5

中音

3.3

低音

3.3

解像度

3.5

迫力

4.3

装着感

音場
狭い
広い
音の傾向
クール
ウォーム
目次

KBEAR KS1 概要

KBEAR KS1の主な特徴はこちら。

KBEAR KS1の特徴
  • 1000円台で買える中華イヤホン
  • 2pinリケーブルに対応
  • 臨場感のあるサウンドとパワフルな低音
  • デュアル高精細ドライバーを搭載

1000円台で2pinリケーブル対応は凄まじいコストパフォーマンスですね。

スペックはこちら

スペック一覧KS1
形式カナル型
ドライバーダイナミックドライバー
インピーダンス 16Ω
再生周波数帯域20hz〜20khz
音圧感度109dB
プラグ形状3.5mm3極
コード長1.2m
重量18.5g
リケーブル対応○(2pin 0.78mm)
リモコンマイク※○
保証期間1年

KBEAR KS1のカラーバリエーションはシルバーブラックの2色です

カジェット

今回はシルバーを選びました。どっちかと言うとホワイトって感じだけどね。

パッケージ、付属品

KBEAR KS1のパッケージはこちら。外箱がちょっと凹んでたけど気にしない。気にしない。

KBEAR KS1 パッケージ
KBEAR KS1 パッケージ開封

付属品一覧はこちら

付属品一覧
KBEAR KS1 付属品一覧
  1. 2pinケーブル
  2. イヤーピース(シリコン製)3ペア
  3. マニュアル

KBEAR KS1に付属するイヤーピースはシリコン製のものがS,M,Lと3ペア付属。

そこまで質は悪くはなく、純正イヤーピースでも十分密閉されます。

イヤホンケースなど、その他アクセサリーは付属していません。

イヤホン本体・ケーブル

イヤホン本体はTHE•プラスチックって感じのチープな見た目ですが、真ん中のロゴのおかげで安っぽさはそこまで感じさせません。

KBEAR KS1 本体

ケーブルの着脱にも対応しており、凸型の2pin(0.78mm)を採用しています。

KBEAR KS1 ケーブルコネクタ根元

中華イヤホンのせいで感覚が狂うけど、1000円台で2pinの着脱対応ってこの時点でコスパ高すぎるんだよね。

ドライバーは10mmのダイナミックドライバー1基を採用しています。

ドライバーの種類
  • ダイナミック(D)型ドライバー → イヤホンで一般的に採用しているスピーカー。豊かで自然な音が特徴。

KBEAR KS1のノズル径は5.7mm、くびれ部は5.0mm。

KBEAR KS1のノズル径は5.7mm
KBEAR KS1のノズルくびれ部は5.0mm

ノズル長は4.3mmです。

KBEAR KS1のノズル長は4.3mm

KS1のノズル径は一般的なサイズなので、他社製のイヤーピースでも相性問わずに使えそうです。

KBEAR KS1 ノズル部

KBEAR KS1の重量ですが、本体片耳で3.2g、ケーブル込みで18.5g。

KBEAR KS1の本体の重さは3.2g
KBEAR KS1の総重量は18.5g

ケーブルは4芯、4N銅を採用。割としなやかで取り回しも良好。

KBEAR KS1 ケーブル

分岐部の長さを調整するアジャスターはついていません。プラグはL字タイプを採用しています。

KBEAR KS1 分岐部
KBEAR KS1 プラブ部はL字

本体装着部のコネクタの耳掛け部は形状固定タイプで、自分の耳に形に合わせて調整することができません。

KBEAR KS1 のケーブルコネクタ部にはL/Rの表記あり

僕の耳だとかなり安定して耳の根本に引っかかってくれますね。

2pin部は少し凹型になっており、コネクタ部がフラットなタイプのイヤホンには流用できません。

KBEAR KS1 のコネクタは0.78mm

装着するとこんな感じ。とても1000円台には見えず、パッと見ミドルクラス感がありますね。

KBEAR LARK

総評すると、1000円台で2pinリケーブルにも対応し、耳掛け装着にも対応。

品質も申し分なく、この時点でもコスパの高さを感じます。

カジェット

大事なのは装着感、そして音質!レビューしていきましょう!

KBEAR KS1 レビュー

装着感|耳掛け仕様のおかげで安定

KBEAR KS1の装着感はかなり良好で、本体も軽くそこまで筐体も大きくないため、ストレスのない装着感です。

KBEAR KS1の装着画像
KBEAR KS1の装着画像 前アングル

ケーブルの耳掛け仕様のおかげでタッチノイズも入りにくく、耳からも落ちにくい。

密閉度も高いため、遮音性もそれなりには高いです。

カジェット

装着感は不満なし!

音質|1000円台と考えれば良すぎる

試聴環境はiPhone直結。KBEAR KS1はインピーダンス値が低く感度も高いため、かなり鳴らしやすいですね。

音質はボーカルが際立つカマボコ型で、ほんのりウォームな音作り。

1000円台ということを考えれば、かなりの音質グレードを誇ります。

音の特長
  • 高音:伸びがそれなりによく、それでいて全く刺さりのない音。1000円台ということを考えればかなりの質の良さ。音数が多くなるサビ部では埋もれがちになる。味付けは少なめ。
  • 中音:女性ボーカルを聴いてもレスポンス良くピークラインまでこもりなくハリ良く鳴らす。コーラス部も音が被らず分離し、各パートを輪郭よく聴かせる。
  • 低音:重低音までは鳴らしにくく迫力はそこまでないが、楽曲を支える豊かな中低域を鳴らしてくれる。
  • 音場:普通よりほんの少し広め
  • 傾向:ほんの少しウォーム寄り。
  • 解像度:価格を考えればかなり高い。final E1000より上。

得意なジャンル

  • ポップス
  • アニソン
  • ボーカルもの全般

「ずっと真夜中でいいのに。」など、ハイトーン系の女性ボーカルでもこもりを感じさせず、ピークラインまで鋭く鳴らすレスポンスの良さはかなりのもの。

1000円台の有線イヤホンの中でもかなりの実力。

低価格帯の定番機「final E1000」と比べても、解像度やレスポンスの良さ、レンジの広さはKS1の方が上。

KBEAR Larkと比べると、価格差やドライバー構成、ハウジングの素材が異なります。

KBEAR KS1とLarkの本体を比較
KBEAR KS1 コネクタ根元
KS1とLarkの違い
  • KS1→ハウジング:樹脂素材 ドライバー:DD1基
  • Lark→ハウジング:ジュラルミン ドライバー:DD1基+BA1基

素材やドライバーの影響か、KS1と比べるとLarkはさらに解像度が高く、一音一音の描写もクッキリとしつつも金属的な余韻もあり。

ただ、KS1はボーカルラインの音作りが上手なおかげか、価格差ほどの実力の差を感じにくいように聴こえました。

予算との兼ね合いにもなりますが、とにかく安くてとりあえず使える有線イヤホンが欲しい方にはKS1をおすすめします。

カジェット

ボーカルをメインで聴くならKS1はおすすめ!

>>KBEAR Larkのレビューはこちら

KBEAR KS1 まとめ

総合評価

4.8/5

KBEAR KS1

  • 1000円台でトップクラスの音質の良さ
  • 伸びの良いボーカルと豊かな低音
  • 2pinリケーブルに対応
  • なし

3.2

高音

3.5

中音

3.3

低音

3.3

解像度

3.5

迫力

4.3

装着感

音場
狭い
広い
音の傾向
クール
ウォーム
こんな人におすすめ
  • 予算2000円までで音質の良いイヤホンが欲しい
  • ボーカルがめっちゃ綺麗に聴こえるイヤホンが欲しい
  • サブ機として気軽に使えるイヤホンが欲しい

KBEAR KS1は価格を考えればかなりの実力で、中華イヤホンデビューをしたい中級者の方から、とりあえずイヤホンが欲しい初心者の方まであらゆる方におすすめできます。

ボーカルラインが際立って綺麗に聴こえるため、ポップスやアニソンをメインで聴く方におすすめですよ!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる