【iBasso DC03 レビュー】iPhoneでも使える裏技も!?スマホ直結型ポタアンの決定版

こんにちは、ポータブルオーディオ専門ブログを運営していますカジェット (@kajet_jt)です。

スマートフォンでの音楽鑑賞が主流になるいま、より高音質で聴くためのデバイスが「音楽プレイヤー(DAP)」から「スマートフォン直結型のポタアン」に少しずつ移行しているような気がします。

カジェット

直結型DACはスマートフォン1台で完結できるから便利なんだよね

今回はスマートフォン直結型のUSB-DACの大定番、iBasso(アイバッソ)より「DC03」をご紹介します。

iBasso DC03

シーラスロジック社のDAC「CS43131」を2台搭載し、PCMは最大384kHz/32bit、DSDは11.2MHzをいずれもネイティブ再生に対応。

バッテリーいらずのバスパワー駆動で80mWの高出力で機能性と利便性に優れたUSB-DACです。

果たして実力はどれほどのものなのか?

購入してきましたので実機を使ってレビューしていきましょう!

カジェット

記事後半ではiPhoneで使う方法を解説するよ!

総合評価

4.5/5

DC03

iBasso DC03
  • 気軽にスマートフォンの音質を向上できる
  • イヤホンケーブルの一部のように使える
  • 充電いらず
  • 6000円台とコスパが高い
  • 音量調整が難しい

3.9

高音

3.8

中音

3.9

低音

4.0

解像度

3.7

迫力

4.8

利便性

音の傾向
狭い
広い
クール
ウォーム
モニター
リスニング
カマボコ
フラット
ドンシャリ

他の小型DAC、アンプとの比較はこちらの記事をご覧ください。

目次

iBasso DC03 概要

iBasso DC03 の特徴はこちら。

iBasso DC03 の特徴
  • USB-Cを採用したスマートフォン向け小型ポタアン
  • シーラス・ロジック社 CS43131×2を搭載
  • 透明感のある高解像サウンド
  • 優れたオーディオ特性とサウンドチューニング
  • ノイズレスでピュアなサウンド
  • スリムなボディにパワフルなエネルギー

ざっくり伝えると安価かつ小型で高音質化の期待できるスマートフォン直結型のUSB-DACって感じです。

スペックはこちら!

スペック一覧DC03
本体サイズ約105mm
重量11g
DACチップCS43131×2
THD+N<0.00028% (32Ω負荷時, 1.2Vrms)
出力電圧2Vrms (300Ω負荷時) / 1.61Vrms (32Ω負荷時)
出力レベル80mW@32Ω
S/N比127dB
周波数特性20Hz~40kHz +/-0.5dB
ノイズフロア<0.9µV
出力インピーダンス0.12Ω
対応ビットレートPCM:最高384kHz/32bitまでのネイティブ再生に対応
DSD:最高11.2MHzまでのネイティブ再生に対応

iBasso DC03 のカラーバリエーションはシルバーと後から発売されたブラックの2色です。

iBasso DC03 シルバー
iBasso DC03 ブラック

今回はブラックを選びました。

カジェット

さっそく開封していきましょう!

iBasso DC03 パッケージ・付属品

iBasso DC03の外箱。中華感満載のめちゃめちゃ簡素なパッケージです。

iBasso DC03の外箱

付属品はこちら。

付属品一覧
iBasso DC03の付属品一覧
  1. USB-TypeC to A コネクタ×1
  2. クイックスタートガイド

付属品は実質こちらのUSB-TypeC to Aコネクタのみ。USB-Aしか搭載していないパソコンとの接続に使用します。

USB-TypeC to A

余計な付属品がついて価格が上がるのなら必要最小限のパッケージングのほうがありがたいですね。

カジェット

続いて本体をチェックしていきましょう。

iBasso DC03 本体

DC03の本体は金属加工を採用し、価格以上に高級感のあるデザイン。

iBasso DC03  本体

サイズも非常にコンパクトかつ軽量。

イヤホンに装着しても、まるでケーブルの一部かのような取り回しで使うことができますね。

iBasso DC03を手で持っている

実際に重さを測ってみると8.6gと完全ワイヤレスイヤホン1個分程度の軽さ。

iBasso DC03の重さは8.6g

本体側のサイズは41.6×15.3×8.0(mm)

iBasso DC03の横幅41.6mm
iBasso DC03の高さ15.3mm
iBasso DC03の厚み8.0mm

単3電池1個分より小さくて軽いですよ。

イヤホンケースにイヤホンと一緒に入れても全然かさばりませんね。

iBasso DC03をイヤホンケースに入れている
iBasso DC03をイヤホンケースに入れている

この小さな筐体で80mW(32Ω時)の高出力とDual DAC構成を実現します。

小型のヘッドホンや鳴らしにくいイヤホンを十分すぎるくらいドライブできるほどの出力の高さです。

DACチップはシーラス・ロジック社の「CS43131」を採用。

DACチップはシーラス・ロジック社の「CS43131」を採用

CS43131はPCM:384kHz/32bit、DSD256まで対応したDACチップで、ざっくり伝えると低電力、低ノイズ、高出力を実現したチップです。

CS43131はPCM:384kHz/32bit、DSD256まで対応したDACチップ

他にCS43131を搭載している製品は少なく、DC03が代表的な機種ですね。

カジェット

DC03を使えばハイレゾ非対応のスマートフォンでハイレゾ音源が聴けるようになるよ!

CS43131技術情報の詳細はシーラスロジック社の公式ページをご覧ください。

外部リンク:CS43131|Cirrus Logic

ケーブルは4芯の銀メッキ銅ケーブルを採用。見た目以上にしなやかで取り回しの良い材質です。

iBasso DC03のケーブルは4芯の銀メッキ銅ケーブルを採用

ケーブルの材質にこだわっていれば音質にも悪影響が少なそうで気持ち的に安心できます。

Xiaomi Redmi Note 9sに装着するとこんな感じです。

iBasso DC03とXiaomi Redmi Note 9sを接続

あまりに小さいのでiPhoneのイヤホンジャック変換アダプターくらいの感覚で使えます。

ここまでまとめると、軽くて小さく、それでいて高出力でハイレゾ音源も聴けるといったところ。

次に音質のチェックをしていきましょう。

iBasso DC03 レビュー

音質|ニュートラル高解像系サウンド

試聴環境は以下の通りです。

試聴環境
iBasso DC03とRedmi Note 9s、CW-L52を接続して試聴
  • スマートフォン:Redmi Note 9s
  • 再生アプリ:Amazon Music HD
  • イヤホン:カナルワークス CW-L52

iBasso DC03経由で試聴するとイヤホンの音の特性はそのままに、音像を定め解像度を向上したように感じました。

音源はYOASOBIのハルジオン(24bit/48kHz)で試聴しました。

直差しで聴くと音が団子になって潰れていたアコースティックギターの音を耳で追うことができ、サビでもか細い音の存在感が消えることはありません。

他の楽器にも一音一音に情報量がたっぷりと詰まっており、瑞々しく生感のある音で奏でくれます。

低域〜高域間で特に主張される帯域もなく、イヤホンの特性をニュートラルに引き出してくれますね。

得意なジャンルもイヤホン次第のような印象を受けます。

音場はそこまで広いというわけでもないですが、ニアフィールド内で伸びやかに鳴らしてくれます。

DC03とDC04や他のポタアンと比較すると?

DC03の音の傾向は、他のスティック型のポタアンと比べると硬めのようにも感じますが、むしろDC03が1番味付けが少ないようにも感じます。

4.4mmバランス版であるDC04と比べると、音の分離や出力の高さはDC04が上ですが、DC03は音のまとまりの良さや自然さがあるため個人的にはDC03の方が好みでしたね。

iBasso DC03
iBasso DC03

より深みのある純度の高い音が好みの方はLotoo PAW S1、低域の量感や音の厚みが欲しい方はIKKOのITM03がおすすめです。

Lotoo PAW S1
Lotoo PAW S1
IKKO ITM03
IKKO ITM03

ちなみにAstell&Kernから発売するUSB-DACのPEE51はDC03をよりパワフルにして、音の芯を強くしたような印象でした。ロックを臨場感のあるサウンドで聴きたい方におすすめですね。

Astell&Kern PEE51
Astell&Kern PEE51

DC03は6000円台でありつつも、1万円台のITM03と同等以上の実力を持ち合わせています。PEE51ともそこまで大きな差はありません。

ポタアンデビューをしたい方やスマートフォンでもっと高音質で聴きたい方にとってはこの上のない製品のように感じました。

カジェット

初心者の方にイチオシのポタアン!

ポータブルヘッドホンは余裕で鳴らしきる

DC03は小型で低電力ながらも80mW(32Ω時)とそれなりに高出力です。

イヤホンであれば多数ドライバーの入った製品やインピーダンスの高い製品でもドライブしきります。

ヘッドホンだと、SONYのMDR-1AM2であれば余裕で鳴らしますが、インピーダンスの高いSENNHEISERのHD25やHD599だとギリギリでもう少し出力が欲しいところ。

据え置きヘッドホンだと厳しいですが、イヤホンやポータブルヘッドホンの運用メインであれば十分すぎる出力の高さですね。

熱もそこまでもたない

前作のDC01、DC02は本体に熱をかなり帯び、長時間駆動したあとに触ると「あつっ!」と感じるほど高温でした。

DC03は電気効率がよくなったのか熱処理がうまくなったのかわかりませんが、ほとんど熱くなりません

熱くなるだけで動作が不安定になったり、将来的な運用が心配になることもあるので、ここを改善してくれたのはありがたいですね。

アプリを使えば細かな音量調整ができる

DC03は1ボリュームを上げることによる音量の振れ幅が大きく、細かな音量調整ができません。

そんな方のために専用アプリが用意されており、64段階の細かな音量調整が可能になります。

アプリは以下よりダウンロードできます。

iBasso UAC
iBasso UAC
posted withアプリーチ

実際に使ってみると本当に音量調整のみですね。

iBasso UACを操作

基本は音量MAXで音量が大きいと感じたらその分だけアプリで調整するのが良いでしょう。

ちなみにiOSではアプリは配信されていません。

iBasso DC03をiPhoneで使う方法

DC03はUSB-C端子のため、Lightning端子であるiPhoneとそのままでは使うことができません。

Apple純正のLightning to USB Camera Adapterと付属のUSB-Aアダプタを使えば無理やり使うことはできましたが、アダプタを経由しすぎて取り回しが最悪に…。

Lightning to USB Camera Adapter、DC03、USB-Aアダプタ
Lightning to USB Camera Adapter、DC03、USB-Aアダプタを接続

DC03の「まるでケーブルの一部として使える」特徴を台無しにしてしまいます。

いいものはないかと色々探っていると、AliExpressでLightning to USB-CのOTGアダプタを見つけました!

それがこちらのDDHiFi「TC28i」です。

DDHiFi「TC28i」

TC28iがあれば、iPhoneでも一つのアダプタ経由でコンパクトにDC03を使うことができます。

DDHiFi「TC28i」とDC03を接続

Amazon Music HDでもこの通りハイレゾ音源を認識し、再生できています。

Amazon Music HDでもハイレゾ音源を認識

ただ、先ほど紹介した音量調整アプリは使うことができず、細かな音量調整が難しくなります。

iPhone XRでは再生できましたが、iPhoneの世代やiOSのバージョンによって使えない場合がありますので自己責任でお願いします。

他のアプリを起動したタイミングで音途切れが少し発生することもあり、やや不安定なこともありますが兼ね満足して運用しています。

カジェット

ちなみにこのアダプターで他のUSB-C対応ポタアンも使えたよ!

AliExpressはアリババが運営する中国の楽天のようなサイトで、日本では販売していないようなケーブルやイヤホンなどが安く手に入れることができます。

到着まで時間がかかりますが、日本にはないOTGとかも発売しているので色々見てみると面白いですよ。

iBasso DC03 まとめ

総合評価

4.5/5

DC03

iBasso DC03
  • 気軽にスマートフォンの音質を向上できる
  • イヤホンケーブルの一部のように使える
  • 充電いらず
  • 6000円台とコスパが高い
  • 音量調整が難しい

3.9

高音

3.8

中音

3.9

低音

4.0

解像度

3.7

迫力

4.8

利便性

音の傾向
狭い
広い
クール
ウォーム
モニター
リスニング
カマボコ
フラット
ドンシャリ
こんな人におすすめ
  • スマートフォンで高音質で聴きたい方
  • ポタアンデビューしたい方
  • 安価でコスパの高いポタアンを探している方

iBasso DC03はスマートフォンで高音質で聴きたいと考えているオーディオ初心者の方から、

音楽プレイヤーを持ち歩かずサブシステムで気軽に使いたい中級者の方まで幅広くおすすめできるポタアンです。

充電いらずでイヤホンケーブルの一部のような感覚で使えるし、スマートフォン直差しに比べればかなり高音質なので1台もっていれば超絶便利ですよ。

カジェット

お金を掛けなくても高音質は手に入れられる!

iPhoneで使いたいと考えている方はTC28iも併せてみるのもおすすめですよ。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる