CCZ Plume レビュー|超濃密サウンド!1DD+4BAの金ピカ中華イヤホン

こんにちは、ポータブルオーディオ専門ブログを運営していますカジェット (@kajet_jt)です。

今回は新興ブランド『CCZ』より、片側1DD +4BAのハイブリッド型イヤホン『Plume』をレビューします。

キンキラキン

CCZってあまり聞き馴染みがありませんが、生まれたばかりの新しい中華イヤホンブランドのようですね。

本体もキンキラキン

2万円台と絶妙な価格ですが、最近この辺の価格帯も割とアツいですもんね。QoAのAdonisとか、IKKOのOH10とかめちゃめちゃ好きです。

ということで今回はCCZの『Plume』をメーカー様より提供いただきましたので、実機を使ってレビューしていきます。

ぜひ最後までご覧ください。

総合評価

4.3/5

Plume

  • 情報量が豊富な濃密サウンド
  • 良好な装着感
  • タッチノイズが少ない
  • 豊富な付属品
  • 2.5mm、4.4mmなど付属品だけであらゆる端子に対応できる

4.3

高音

4.3

中音

4.6

低音

4.3

解像度

4.5

装着感

4.5

コスパ

音の傾向
狭い
広い
繊細
迫力
硬め
柔らかめ
分析的
余韻重視
楽器寄り
ボーカル寄り
目次

CCZ Plume 概要・スペック

Plume 羽の特徴
  • 10mmDD+4BAのハイブリッド構成
  • アルミ合金筐体を採用
  • 6N単結晶銅ケーブル

2万円台前半としては、豪勢な素材を採用しており、チューニング次第ではコストパフォーマンスに優れるサウンドを提供してくれそうです。

カジェット

1DD+4BAに惹かれがちだけど、付属で6N単結晶銅ケーブルを採用してるのもすごい!

スペックはこちら!

スペック一覧Plume
形式カナル型
ドライバー10mmダイナミックドライバー×1
BA×4
インピーダンス 16Ω±2Ω
再生周波数帯域20Hz〜20kHz
音圧感度110dB±2dB
プラグ形状2.5mm4極
2.5mm4極 → 3.5mm3極 変換プラグ
2.5mm4極 → 4.4mm5極 変換プラグ
コード長1.2m
リケーブル対応○(2pin凸型 0.78mm)
リモコンマイク×
保証期間1年

Plumeのカラーバリエーションはゴールドの一色のみです。

ちょっと色味が派手すぎるので、シルバーとかも欲しいですね。

カジェット

さっそく開封していきましょう!

CCZ Plume パッケージ・付属品

商品名の外箱は本体同様に金ピカ仕様。ただ、中華感は隠せません。

開封してみると、なんともラグジュアリーな佇まい。イヤーピースも豊富に入っていますね。

充実した付属品

付属品一覧
  1. イヤーピース ハードタイプ 5ペア
  2. イヤーピース ソフトタイプ 2ペア
  3. レザーキャリングケース
  4. クリーニングツール
  5. クリーニングクロス
  6. 2.5mm4極 → 3.5mm3極変換プラグ
  7. 2.5mm4極 → 4.4mm5極変換プラグ
  8. マニュアル

上記の通り、かなり充実した付属内容になっています。

商品名に付属するイヤーピースはカラフルなハードタイプと、黒地のソフトタイプの2種類。

ハードタイプのほうが若干音が硬くなる印象を受けますが、個人的にはフィット感も音質もソフトタイプが好みでした。

キャリングケースはレザー調で剛性のあるケースが付属。高級感はあって便利ですが、中央の漢字が台無しにしてる感がすごい。

カーボン調の品質が高そうな3.5mm3極、4.4mm5極変換プラグも一つずつ付属しています。

単体で購入したいくらいカッコイイ見た目で、心なしか音の損失も少なそうに見えますね。

CCZ Plume 本体・ケーブル

Plumeの本体はアルミ合金を採用した金ピカデザイン。アルミということもあり、見た目以上に軽いですよ?

耳の形状に沿ったデザインで、フィット感も良いですね。

Plumeのノズル径は5.7mm、くびれ部は5.3mm、ノズル長は4.5mmとやや太め。一般的なイヤーピースであれば適応するかとは思います。

金属タイプのノズルを採用しており、音に余韻を良い感じに乗せてくれそうですね。

端子は凸型の0.78mm2pinを採用しています。

ケーブルは6N単結晶銅を採用したダークブラウン調の極太ケーブルが付属します。なかなか太っ腹な付属品ですね。

耳掛け部は形状固定型。耳の形状に合わせて調整はできませんが、付け根へのフィット感は良好です。

分岐部にはカーボン調のスプラッターが搭載しており高級感があります。。球体状のアジャスターもついているので、ケーブル長も調整できますね。

ケーブルは布皮膜で覆われており見ての通り極太仕様ですが、見た目以上にしなやかで取り回しが良いですね。

タッチノイズも入りにくく、使いやすい印象です。

プラグはカーボン調のパーツを採用しており、高級機らしい品質の高さを放ちます。

デフォルトで2.5mm4極プラグを採用しており、スマートフォンやその他のイヤホンジャックで聴くためには変換アダプターを付ける必要があります。

その点に関しては付属で3.5mm、4.4mmに変換するプラグがついているので問題なし。

ただ、プラグ部が見てのとおり長くなるで、負荷が掛かった時に折れそうで怖いですね。

CCZ Plume レビュー

装着感|カスタムIEMかのようにピッタリ

装着感は良好でカスタムIEMかのようにピッタリとフィットしてくれますね。遮音性はそこまで高くはなく普通といったところでしょうか。

ケーブルもタッチノイズが少なく、耳掛け部も安定しているのでストレスなく音楽に浸れますね。

装着感に不満はありませんが、この金ピカイヤホンを身につけて街中を歩くのは少し勇気が必要です……。

音質|極太濃密サウンド

Plumeの音質は簡単に伝えると、とにかく情報量が多く豊かで高域やボーカルはまったく埋もれさせない濃密サウンドです。

試聴は以下の環境で検証しました。

  • DAP:SHANLING M3X LOWゲイン
  • 接続方式:4.4mmバランス
  • エージング:50時間

今回は付属の4.4mmバランスにて試聴しましたが、インピーダンスは低く能率は高いのでスマートフォン直結でも充分鳴らせますよ。

Plumeの音質の詳細は以下の通りです。

音の特長
  • 高音:伸びやかでありつつも刺さりを感じさせず、粒立ちも良いサラッと系の音。
  • 中音:中低域〜中高域にかけてたっぷりとした厚みがあり、一音一音が豊かで太いサウンド。ボーカルはまったく埋もれさせずに伸びやかに聴かせる。
  • 低音:締まりはやや悪めですが、とてつもなく豊かで優しく包み込むような大らかな低音を鳴らす。
  • 音場:広く伸びやかで余韻もたっぷり。
  • 傾向:ウォーム系ドンシャリサウンド。
  • 解像度:音の太さに対して解像度も高め。

得意なジャンル

  • ハードロック
  • ジャズ
  • ヒップホップ
  • ブラックミュージック全般

Foo Fightersや後期Arctic Monkeysなどコッテリ系のハードロックや、スロージャズやバラードなど優しく広がりのある楽曲との相性が良いですね。

かといってYOASOBIやずっと真夜中でいいのに。など、最新の邦楽POPSでも音がモタつくことはなく、レスポンス良く鳴らしますね。

他のイヤホンを引き合いに出すとすれば、finalのE5000をもっと濃密にして情報量を増やしたような感覚ですね。NobleのKeiser10の傾向に近いかも。

最近の2万円前後の中華系はボーカル重視の美音系サウンドが多い中、Plumeは超濃密サウンドと他のイヤホンとの差別化はうまくできていると思います。

カジェット

NobleのKeiser10の音が好きな人は絶対好きだと思う!

ちなみに僕自身もかなり好みのサウンドでした。

CCZ Plume まとめ

総合評価

4.3/5

Plume

  • 情報量が豊富な濃密サウンド
  • 良好な装着感
  • タッチノイズが少ない
  • 豊富な付属品
  • 2.5mm、4.4mmなど付属品だけであらゆる端子に対応できる

4.3

高音

4.3

中音

4.6

低音

4.3

解像度

4.5

装着感

4.5

コスパ

音の傾向
狭い
広い
繊細
迫力
硬め
柔らかめ
分析的
余韻重視
楽器寄り
ボーカル寄り

濃厚なサウンドが好きな方におすすめ

こんな人におすすめ
  • 中華イヤホンが好き
  • 予算2万円くらいで濃密なサウンドが好き
  • ハードロックやバラード、スロージャズ、ブラックミュージックなどのジャンルが好き

スッキリ高解像度系のサウンドのイヤホンが多くなっているなか、CCZ Plumeは情報量が多めの濃密サウンド。

2万円台ではこの手のチューニングのイヤホンは珍しいので、濃い音が好きな方におすすめですね。

カジェット

星野源の『不思議』を聴くとイイ味を出してくれて心地良いよ!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる