【AUKEY EP-T21 レビュー】3000円以下で買える完全ワイヤレス!実力はいかに!?

AUKEY EP-T21
悩んでいる人

完全ワイヤレスイヤホンをとにかく安く買いたくて、EP-T21ってイヤホンを見つけたんだけど、これ良いの?

カジェット

買ってみたから試してみるで!

ポータブルオーディオ専門ブログを運営していますカジェット (@kajet_jt)です。

今回はモバイルバッテリーやACアダプターで有名AUKEY(オーキー)より、2,990円で買える格安完全ワイヤレスイヤホンEP-T21」をレビューします!

完全ワイヤレスだと、いくら安くても3,000円台後半ほどするのに、3,000円以下はなかなかの安さ!

AUKEY製であれば、ある程度品質も保証されてそうですが、聴いてみないことには実力はわかりません。

ということでAmazonで購入してみましたので、実機を使ってレビューしていきます。

総合評価

4.7/5

EP-T21

  • AUKEY EP-T21
  • 3000円以下のワイヤレスイヤホンとしては十分な音質とスペック
  • 再生時間が最大35時間と長い
  • 保証期間が2年と長い
  • 音途切れがほぼない
  • 装着感がやや浅め
  • 充電端子がmicroUSB

3.0

高音

3.2

中音

3.0

低音

4.8

コスパ

3.8

装着感

3.5

利便性

Bluetooth5.0最大再生時間本体5時間/
ケース込み35時間
コーデックSBC,AAC充電時間約2時間
ドライバー6mm
ダイナミック
充電端子microB
専用アプリ防水IPX5
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
4.6g/43.5g
外音取り込みゲームモード
自動装着検出保証2年
マルチポイント公式サイトこちら
目次

AUKEY EP-T21 概要

AUKEY EP-T21の特徴はこちら。

EP-T21の特徴
  • 3000円以下で買える完全ワイヤレスイヤホン
  • 再生時間 本体5時間/ケース35時間
  • 汗や雨に強いIPX5相当の防水性能
  • 片耳でも使用できる
  • 安心の2年保証

価格を考えれば十分すぎる性能のように見えますね。

保証が2年間付いているのは安心です。

カラーバリエーションはブラック、ホワイト、ピンクの3色展開と豊富です。

AUKEY EP-T21 ブラック
AUKEY EP-T21 ホワイト
AUKEY EP-T21 ピンク
カジェット

今回はブラックを選びました。

パッケージ・付属品

EP-T21の外箱。ダンボール感むき出しの質素なパッケージです。

AUKEY EP-T21のパッケージ

EP-T21の付属品一覧はこちら。

付属品一覧
AUKEY EP-T21の付属品一覧
  1. イヤーピース(シリコン製)3ペア
  2. USB Type Cケーブル
  3. マニュアル
  4. 保証カード

鍵みたいな絵柄のカードは保証カードです。

イヤーピースはシリコン製のものが3ペア付属。

AUKEY EP-T21のイヤーピース

USBケーブルは短めのmicroUSBケーブルが付属します。

AUKEY EP-T21のUSBケーブルはmicroB

充電ケース・本体

EP-T21の充電ケースは、上部にロゴが印字された”よくある”感じのデザイン。

AUKEY EP-T21の充電ケース

充電ケースについて厚みはそこまでないですが、一度使っただけで表面や側面に傷がつきました

皮脂汚れが擦り傷が目立ちやすいです。

AUKEY EP-T21の充電ケース 側面
AUKEY EP-T21の充電ケースを持っている

充電ケースの寸法は71.6×35.7×28.3(mm)

AUKEY EP-T21の横幅71.6mm
AUKEY EP-T21の縦幅35.7mm
AUKEY EP-T21の厚み28.3mm

名刺サイズと比べると以下の通り。やや厚みはありますが、パンツのポケットに入れて持ち運んでも膨らみが気になりません。

AUKEY EP-T21と名刺をサイズ比較

充電端子はmicroUSBに対応。最新規格である「USB-C」ではないのが残念。

USB-CであればAndroidや他のガジェットとケーブルを流用できるのに…。

AUKEY EP-T21の充電端子はmicroUSB

再生時間は本体のみで5時間、ケース込みで35時間と価格を考えればかなりロングバッテリー。再生時間だけ見ればコストパフォーマンスはかなり高いですね。

AUKEY EP-T21の再生時間は本体のみで5時間、ケース込みで35時間

イヤホン本体はアンテナ部が下に伸びるスティック型。通称うどん型。

アンテナ部が太く長いので、装着すると残念な見た目になりそうな予感。

AUKEY EP-T21イヤホン本体
AUKEY EP-T21イヤホン本体

ドライバーは6mmのダイナミックドライバーを採用しています。

ドライバーの種類
  • ダイナミック(D)型ドライバー → イヤホンで一般的に採用しているスピーカー。豊かで自然な音が特徴。

EP-T21の総重量は43.5g。

AUKEY EP-T21の総重量は43.5g。

本体片耳で4.6g、ケースのみは34.4g。

AUKEY EP-T21のイヤホン本体の重さは4.6g。
AUKEY EP-T21のケースの重さは34.4g。

ポケットに入れていても重みは感じにくく、充電ケースのコンパクトさも込みで携帯性は高いですね。

また、EP-T21はIPX5相当の防水に対応しています。水回りや雨の日に使っても壊れる心配がなく安心ですね。

以上、付属品や外観を紹介してきました。

価格が安いからといって付属品が少ない、本体が重たい、ケースが大きいといったこともなく、他の完全ワイヤレスイヤホンと同等のスペックを備えていますね。

この時点で十分コスパは高そうに感じます。

カジェット

次にペアリング方法や操作方法を紹介するよ!

ペアリング・操作方法

スマートフォンと接続する際のペアリング方法はこちら

STEP
充電ケースから本体を取り出す
AUKEY EP-T21の充電ケースから本体を取り出す
STEP
「設定」→「Bluetoothを開く」
STEP
「AUKEY EP-T21」をタップする

EP-T21のペアリングはこちらで完了です。

「オートペアリング」に対応しているため、次回以降はケースから取り出すだけで自動的に電源オン→スマホと接続されます。

また、EP-T21はイヤホン本体どちらかを充電ケースに入れた状態にして、片耳のみ使うこともできます。

AUKEY EP-T21は片耳のみの使用もできる
カジェット

片耳での使用はBGM感覚で動画を見たり、ラジオを聴くときにおすすめ!

EP-T21の操作はタッチパネルで行います。

操作方法一覧
AUKEY EP-T21 操作

▽音楽再生

  • 再生/停止 → L or R側を2回タップ
  • 曲送り → R側を2秒間長押し
  • 曲戻し → L側を2秒間長押し

▽通話

  • 電話を受ける → L or R側を2回押す
  • 着信拒否 → L or R側を2秒間長押し
  • 通話終了 → L or R側を2回押す

▽その他

  • 電源を入れる → L側 or R側を1秒間長押し
  • 電源を切る → L側 or R側を8秒間長押し
  • 手動でペアリングモード → L側 or R側を6秒間長押し
  • 音声アシスタント → L側 or R側を3回タップ

EP-T21を使っていると耳の装着位置を調整することが多いのですが、耳の奥に本体を押し込むときに「長押し」が反応してしまって「曲送り」が動作してしまうことが多いです。

ちなみに音量調整は本体のみではできません。

カジェット

タッチパネルの感度は程よい塩梅で操作はしやすいよ。

AUKEY EP-T21 レビュー

装着感|やや浅め

EP-T21の装着感は、やや浅めですが特に不満はないレベル。

AUKEY EP-T21 装着画像

アンテナ部が長く太いので、見た目はそこまでスマートではないように感じます。

AUKEY EP-T21 装着画像 前アングルから

装着した状態で食事をしたり口を動かそうとすると、耳の形状が変わることにより本体が落ちそうになります。

防水性が高いのでスポーツ用におすすめとは記載がありますが、実際に走ってみると耳から落ちそうで少し不安です。

装着感(3.5)
カジェット

装着感は悪くはないけど良くもない。

音質|価格を考えれば十分すぎる実力

EP-T21の音質は、高音の破綻やザラつきなどはなく、価格を考えれば十分な音質の良さのように感じました。

音の特長
  • 高音:価格だけはあり伸びの良さはイマイチですが、ザラつきは一切なくマイルドにまとめられている。耳が肥えてなければ十分クリアと思える音。
  • 中音:他の帯域と比べれば一歩前にいるような聴こえ方で、ボーカルラインを特に追いやすい。J-POPなど歌物系に最適
  • 低音:控えめだけど楽曲の重心はしっかり下支えするような鳴り方。
  • 音場:ふつう。
  • 傾向:ややウォームよりで聴き疲れしにくいサウンド。
  • 解像度:ふつう。

得意なジャンル

  • ボーカルメインのポップス

3000円以下の完全ワイヤレスイヤホンとしては良くまとめられたバランスの良い音だと思います。

ボーカルラインが際立って聴こえやすいので、歌モノ系全般は得意

音質は気にしないけど、とりあえず安く完全ワイヤレスイヤホンが欲しいという方におすすめしやすい音質の良さですね。

高音(3.0)
中音(3.2)
低音(3.0)
カジェット

これで3000円以下なら十分すぎる!

音途切れ|一切なし

通勤中にEP-T21を使いましたが、電車内でも音途切れが一切ありませんでした。

格安の完全ワイヤレスだと音途切れが少し発生することもありますが、EP-T21は一度もなかったので驚きです。

カジェット

接続はかなり安定してる!

通話品質|ふつう

EP-T21の通話品質は一般的なワイヤレスイヤホンと同等レベル。

ガサつきは少ないですが声は拾いやすい印象。しかし、周りの音を拾いやすく生活音も入りです。

テレワーク用としても使えなくはないですが、質はそこまで良くはありません。

通話品質(3.0)
カジェット

友達と通話する程度であれば普通に使えます。

音の遅延|割と少なめ

EP-T21の映像と音声のズレはそこまで感じず、ある程度は違和感なく動画鑑賞ができます

ライブ映像は演奏と音が少しだけ合っていない程度。アニメを観ても激しいアクションシーン以外は違和感がなく聴けます。

遅延の少なさ(4.0)
カジェット

YouTubeを見るくらいであれば気にならない遅延の少なさ。

AUKEY EP-T21 レビューまとめ

総合評価

4.7/5

EP-T21

  • AUKEY EP-T21
  • 3000円以下のワイヤレスイヤホンとしては十分な音質とスペック
  • 再生時間が最大35時間と長い
  • 保証期間が2年と長い
  • 音途切れがほぼない
  • 装着感がやや浅め
  • 充電端子がmicroUSB

3.0

高音

3.2

中音

3.0

低音

4.8

コスパ

3.8

装着感

3.5

利便性

Bluetooth5.0最大再生時間本体5時間/
ケース込み35時間
コーデックSBC,AAC充電時間約2時間
ドライバー6mm
ダイナミック
充電端子microB
専用アプリ防水IPX5
ノイズキャンセリング質量
※片耳/ケース込
4.6g/43.5g
外音取り込みゲームモード
自動装着検出保証2年
マルチポイント公式サイトこちら
  • おすすめ音源 ➡︎ 音楽鑑賞、音声コンテンツ、動画、ゲーム
  • おすすめジャンル ➡︎ ポップス
  • おすすめ利用シーン ➡︎ 通勤通学、自宅やオフィスでのながら聴き、動画鑑賞、ゲームプレイ

EP-T21は完全ワイヤレス仕様なのに3000円以下と格安でありつつも、弱点が少なくバランスの取れた製品のように感じました。

装着感が浅めなのと充電端子がmicroUSBという点が気になりますが、音はざらつきが無く聴きやすい印象。

なにより格安なのに音途切れは一切なしという接続の安定性の高さも評価できますね!

予算3000円ほどで、ある程度性能の良い完全ワイヤレスイヤホンをお探しの方には最適かなとは思いました。

カジェット

2999円でこれだけ音質良ければ十分すぎる!

3000円以下でおすすめの完全ワイヤレスイヤホンは以下の記事をご覧ください。

>>3000円以下で買える完全ワイヤレスイヤホン|おすすめはどれ?

AUKEY EP-T21

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる